FC2ブログ

銀座 いっぱし


東京出張の晩御飯に行ったんだ。
上京前に、どこかいいとこないかなぁとネットで探して、
食べログの評価が良かったこのお店をチョイス。
予約必須ということで、事前に予約して行ったわけ。

入り口はちょっと分かりにくいかもしれないけど、
すぐわかる。(どっちやねん w)
とあるビルの地下にあります。
1F入り口のとなりはローソンだったと思う。

18:30前に入店。入るとすでに満席状態。
凄い活気だ。
とりあえず生ビールを注文。
おすすめの「アサヒプレミアム熟撰 生」だ。
コクがあってうまい。
突き出しは「グルグルマカロニのカレー風味」
ん~~、まあマカロニサラダのカレー風味かな。
美味しい。

カウンターに座ったんだけど、目の前の爽やかな
お兄ちゃんが、刺身とか切りながら、若いスタッフの
動きを追って、指示を出し、なおかつ、僕ら客の
動向に目を光らせている。
スタッフもキビキビと丁寧な応対をしてる。
気持ちのいいお店だ。

薫玉ポテトサラダ、刺身の盛り合わせ、えびマヨ、
牛すじのあとひきシチュー withガーリックトースト、
ごぼうの唐揚げ、自家製合鴨の燻製(イチジクのソース)、
デザートに自家製キャラメルアイス

いっぱし1

いっぱし2


お酒は勧められたイモ焼酎「紅椿」のお湯割り、
生ライムサワーなど。

刺身の中に生のくらげが入っており、透明でコリコリ。
これは初めて食べた。まあ、食感だけのものだが。
刺身の種類は普通だが、炙ってあったりして、
美味しく食べる工夫がされている。
しかし、まあ、刺身のうまさは郷土岡山の勝ちです。

ごぼうのから揚げは、ごぼうは本来繊維質なのだが、
わざと太いスティック状に切断して揚げることで、
ポテトさながらホクホクとしてうまかった。
薫玉~は想像通りの味。黒コショウがピリリと効いていた。
えびマヨはカリッとエビが揚がってて香ばしく味付けも良し。
まあ、後の料理はまあまあ。
あっ、そうそう、「牛ハラミの西京漬け」も頼んだけど、
これはちょっと西京味噌との相性は良くなかったと思う。
肉の臭み(?)があって、ブヨブヨっとした食感で、
僕的にはいまいちの味でした。

しかし、まあ総じて、料理はおいしく、またスタッフの
接客も良いので、楽しく、おいしく、食べられるお店でした。

そうそう、僕らの目の前にいた青年。
客、お店、全体的な目配り、気配り、素晴らしいので
色々とお話をしていたら、最後に名刺くれて、
なんと店長さんでした。
将来的には自分のお店を持つという夢もあるそうな。
おー、彼のようなしっかりした若い人がうちの会社にも
欲しいなぁ~と思いながら、あとにしたお店。

銀座で居酒屋でいくなら、候補に入れるべきお店です。

居酒屋が好きなんです


僕は居酒屋が好きだ。
チェーン店ではなくて、その土地で頑張っている
地元の居酒屋。
地元のおいしいものが食べられて、旨い酒が飲める。
価格も高くなく、気楽に飲める。
これが僕の居酒屋の定義。

居酒屋には仲間で行くも良し、一人で行くのも良し。
仲間と行けば、とにかくいろんな話に花が咲く。
一緒にいろんな経験をして、それが後に飲みの肴話になる。
それがずいぶんと楽しい。
一人で飲むのもまた別の楽しみがある。
その店自慢の肴の味を堪能しながら、自分の中で自分と
対話して酔いの時間を楽しむ。
歳を経て、やっとこういう飲み方が出来るようになった。

太田和彦という方が居酒屋訪問番組をしている。

居酒屋の「居」は居心地の居。
自分ひとりの為の居心地を楽しめる場所。
会社も友人も家族も、全てのしがらみから離れ、
ひとりでぼんやりする所、それが居酒屋。

これが太田氏の居酒屋の定義。

番組では饒舌な店主やぼくとつな店主等、
様々な個性の店主と、ちびちびと魚のこと、酒のこと、
お店の歴史等、会話しながら酒を進める。
視聴者はあたかも一人でその居酒屋で飲んでいる様な
錯覚に陥る。
太田氏の飲み方はまさしく「独り飲み」の典型だ。

番組では、その居酒屋の雰囲気、歴史、料理、自慢の酒が、
さりげない注文時の会話や、少ない店側の方との会話の中で、
さらりと見事に紹介され尽くす。
太田氏が事前にそれぞれの居酒屋を研究しているからこそ、
出来る技だ。

もう一人、太田氏のパクリみたいな感じで
吉田類という方も居酒屋訪問番組をやっている。
こちらは周りの客とあいさつの乾杯をしたり、客から
肴をもらったり、終始ガヤガヤ。
その店の特色なんかわからない。
いつもどこに行っても、一緒のパターン。
居酒屋紹介の番組が、単なるおっさんの飲み番組に
なってしまっている。下品だ・・。

僕的には太田氏の上品で周りに迷惑を掛けない
一人静かな飲みに共感する。

本当に仲の良い仲間と飲んでるとき、1人飲みであえて
孤独に浸っている時に、吉田氏のような人が突発的に
割り込んできたら、僕はたぶん怒ると思う。
それはその時に構築しつつある、その時の
自分の飲みの世界がぶち壊されるからだ。
関係が薄っぺらい人たちの飲み会なら構わないけどね。

時々、岡山市内や鳥取県の米子市の居酒屋に僕は訪れてみる。
1人で行ったり、仲間と行ったり。
季節それぞれ、瀬戸内海、日本海の海の幸を堪能する。
高級な和食屋に行く必要はない。
美味い魚を食べながらちびちび飲む。
この時間が僕にとって一番の至福な時間なのだ。

九州 営業・グルメの旅


客先へ新年のご挨拶を兼ねて、九州方面へいきました。
途中、宇部へ寄って挨拶をした後、関門海峡を渡り、
九州へ上陸。
得意先の商社の社長・部長・副部長を接待がてら
博多で食事をしました。

いつも博多でお世話になるクラブの女の子と友達に
なってるので、今回もその娘に頼んでお店を選んで
宴席の段取りをしてもらった。

で、今回、行ったお店は「中洲鷹勝」さん。
食べログでも高評価のお店。

ここで、フグ鍋のコースを頂いた。
まず刺身が出てきたが、なんとイカが透明!!
なかなかこんな新鮮なイカの刺身はお目にかかれない。
そしてフグ鍋。トラフグですわ。美味いです。

中州鷹勝

九州の人は飲むので、飲み放題つけたんだけど、
焼酎は各種銘柄、一升瓶が置いてあって、
好きなだけ、勝手に飲むシステム。
日本酒だって、飲み放題に「越乃寒梅」とか、
こんなのしてもいいの??っていう日本酒が飲み放題。
これには驚いた。
まあ、飲み放題の値段は高かったかもしれないが、
それ以上の値打ち。

皆さん、上機嫌で接待もうまくいきました。


その後、博多のクラブを2軒ハシゴ。
久しぶりにマッカランをキープして飲んだけど、
マッカラン、いけるわ、旨かった~~

締めはラーメンにしようと思ったけど、混んでたので、
客先の部長の提案で「 王餃子 (わんぎょうざ) 」さんへ。

ここも凄い人ですが、丁度うまく入れ替われて、
すんなりみんなでテーブルに落ち着いた。

ここはもちろん餃子は美味しいけれど、チャーハンも
旨いとのことで、餃子とチャーハンを頂いた。

おばあちゃんが手作りで作る小ぶりの餃子。
凄く美味しくて、もうビールに合わせるしかないやろって
ことで、あれほど飲んだのに、またもや生ビールを
頼む羽目に。

王餃子

客先の副部長はベロベロなのに、また日本酒飲んでる。
どんだけ飲むの、あなた。 笑

翌日、客先の部長の車に同乗させてもらって、顧客の会社がある
大牟田方面へ営業へ出発。
お昼を食べて行きましょうということで、連れていってもらった
一軒のあばら家????
「山口うなぎ屋」という看板が立ってる。
どうやらうなぎ屋らしい。

山口うなぎ屋

たぶん、絶対、一見さんなら入れない、入らないお店。
しかし、ここは実は隠れた名店らしい。

玄関入ると、あばら家かと思ったら、そうでもない、
かなり古い建物なんだろう、それなりに趣のある造りをしていた。

山口内装

うな丼を早速注文する。
注文を受けてから、捌いて焼くので時間が掛かるとのこと。
美味しんぼのウナギ屋の話ではないけれど、
旨いウナギには時間が掛かる。

待つこと20-30分、いやもっと待ったか。
やっときたきたお待ちかね、うな丼。肝すい付き。

うな丼

丼なのにお重に入ってる。
その点を聞いたら、運んでくるおばさんが丼ぶりは
重たいから、運ぶのに大変なのでお重に変えたとのこと。

早速食べてみる。
甘いタレ。醤油の甘いのは苦手な僕だが、
これはかなりいける、うまい。
ウナギもフカフカで脂が乗っていて絶品。
無我夢中で掻き込んで、あっという間に完食。
至福の時間~~~
まさに隠れた名店でした。

その後、営業をすまして新大牟田駅から新幹線に乗って
帰宅。
途中広島で降りて、広島風お好み焼きでお疲れさん会。

行ったのは、デパート福屋広島駅前店隣の
広島フルフォーカスビル 6F
ひろしまお好み物語駅前ひろば の中にある
「焼くんじゃ」っていうお店。

ここの広場は「電光石火」っていう行列のできるお店が
あるが、実はそこの系列店。
お好み焼き自体はオーソドックスなものながら、
ここの長身の店長が気さくな好青年で、幼子を連れて
行ったときに、ずいぶんといい対応をしてくれて、
しかも味も良かったので、以来、ずっと通ってるお店。

ホルモン、牡蠣、やおぎも(肺)を注文して生ビールで乾杯。
その後、肉玉のイカ天入りを頂く。
ここのお好み焼きは美味いんだわ、小ヘラでハフハフ
言いながら口に運ぶ。あっという間に完食。

焼くんじゃ

その後、上機嫌で新幹線、在来線に乗り継いで無事帰宅。
営業も大成功、グルメも満足。
良き旅路でした。

馳走 たいせい 


さて、年末も差し迫りつつある昨日11/24、
商工会議所青年部の気の合う仲間と忘年会を実施。
場所は岡山市内の飲み屋街のど真ん中にある
「馳走 たいせい」にて。

若き大将が腕をふるう新進気鋭の割烹料理店。
いつものようにすべてお任せでお願いする。

つぶ貝の煮たものから始まって、黄にらの
梅肉和え、ピーマンと塩こぶの炒め物、
芽ねぎの梅肉添え削りたて鰹節乗せ、
黄にらと鰹節のうづらの卵混ぜ、
カモのあぶり、フグ刺し、厚切りベーコンのあぶり、
サーロインステーキのウニ乗せおよび芽ねぎと塩こぶ乗せ、
名物・牧石ねぎ焼飯、和三盆のカスタードプリン。

たいせい11241

たいせい11242

たいせい11243


こんな感じでした。

客が増えると料理の出るのが遅くなるのが難点。
18:30~22:30まで在店しました。
料理が出ないのでツレは酒ばかり飲んで潰れてしまった(笑

味は美味しいし接客もよい、飲みながら料理を楽しむには
最高のお店です。

東京グルメ


先週、久々に上京した。
プラント関係の営業。
うちの会社は製作も据付も土木も建築も出来るから、
なかなかこんな会社がなくて、重宝されるみたい。
今回の営業もなかなか好感触でメインで狙っている
仕事の他にお土産的に他の案件も頂いた。
ありがたい。
横浜→都内→横浜というちょっと忙しいスケジュールを
こなした。

さて、営業終了後はの夕食は本当にかなーりの
お久しぶりで横浜中華街へ突入。
京華樓 (キョウカロウ)という四川料理のお店で
本場の麻婆豆腐をはじめとして、酢豚とか鶏からとか、
まぁ、一通りの料理を堪能。
麻婆豆腐は岡山の倉敷に中華園なる中華料理屋があるが、
そこの麻婆豆腐に似ている。
まぁ、飛び抜けて美味しいとは思わなかったが、
まあまあの味。

僕としては中華街ではどうしても行きたいお店があった。
「安記」という中華粥のお店。
お粥以外の料理も美味くて、東京で働いていた頃は
よく車で通ったお店。

anki

場所を忘れていたが、偶然に見つけて
〆のラーメンならぬお粥を食べた。
僕は牛モツのお粥。
粥は溶けてドロドロ。モツは蜂の巣が入っていた。
コリコリしててあっさりしてお粥に合う。

次の日、お昼に蒲田のとんかつ「まるいち」へ。
10:40頃にお店の前に到着。
もう20人ほど並んでいた。

maruichi

開店11:00。ワンクール目に入店出来ず、さらに少し待つ。
回転が早いので、20分ほど待っていると入店できた。

注文は「特製ロースかつ定食2,500円。
ここは外で待っている間に注文を取りに来る。
前回はメニューがよくわからなかったので、
ランチのロースかつ定食を注文したが、後で
上ロースやら特製ロースやら色々とメニューがあったのを
発見して後悔したので、今回は事前にネットでしっかり調べて
一番高いやつを注文してみた。

普通のカツはどんどん揚がるが、僕の特製ロースカツは
出てこない。
やっと出てきた。
ランチのロースカツとは厚みが違う!

tonkatsu
上:普通のロースかつ 下:特製ロースかつ

またピンク色の岩塩も供された。
豚汁の具も普通のロースカツ定食とは違って具だくさん。(のよーな気がした)
豚肉がゴロゴロ入っている。

レモン絞って塩を掛けて食べてみた。
分厚い肉だが柔らかい。
中心部は赤い。しかし無菌豚なので生でもいけるとのこと。

噛むとじわっと肉のうま味がしみ出してくる。
自分的には塩より、やっぱりソース。
特製の甘みのあるソースを掛けて肉を頬張る。
美味い!
もう夢中になってガツガツ食べる。
暑い。店内は扇風機が回っているが、額から汗が噴き出す。
しかし、気にせずとにかくがつがつ食べる。

気がつくと肉、キャベツ、豚汁、漬け物、さらりと
胃袋に収まった。お腹いっぱい。
しかし、ちょっとしつこかったか。
なので、次回は上ロース、もしくは普通のロースかつで十分の
ような気がした。
また上京したら寄ってしまうだろう。
しかし、東京の知り合いからは、大井町のまるはちが美味いと
聞いている。
次回、とんかつのハシゴも悪くはないか。

しかし、こんな食生活、早死にするわ、私・・。

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード