FC2ブログ

クマラエウクレレ


久々にウクレレ市場をチェックしてみた。
数年前に比較して少しは様変わりしている。

特に自分が目を引いたのは「KUMALAE-Ukulele」

えっ、クマラエウクレレ!?

もう敢えてここで私が説明する必要がないと思うけど、
なにしろ創業は1911年。ウクレレファンなら誰しもが知る、
ウクレレ工房の元祖的なメーカーで、ウクレレを世界に
広めた伝説のブランド。

現在は歴史の中に埋もれて消失したブランドだが、
それが忽然と市場に出ていたからびっくり。
調べてみるとディバイザーという会社が販売していた。
ディバイザーは長野県松本市のギターメーカーだ。
以前、このブログでもロコ・ウクレレという
マーチンレプリカのウクレレの件で登場している。

さてこのクマラエ・ウクレレ・レプリカ。
敢えて僕はこう呼ぶ。
実物は見たことないが、ヘッドのデカールは
本家クマラエと全く同じモノを使用している。

kumalaedecal
左 本家 右 レプリカ

同社のHPを見ると、クマラエウクレレの歴史について
記述してあるが、なぜ同社がクマラエウクレレの名前を
使用し、デカールもそのまま流用することになったのか、
その点については触れていない。
勝手に本家をパクって復活させたのだろうか。。
もしそうなら許されるの、こんなこと???

なんだか、神聖なものを侵された気分でしっくりこない。
そもそも世界に名の知れた名門「クマラエ」の名前を
冠する楽器を再び世に出すに足るウクレレメーカーとして、
周知されているのだろうか??
例えば、カマカ社がハワイ産ウクレレの元祖クマラエに
敬意を込めて、クマラエの名前を冠したウクレレを
復活販売しますというなら、少しは納得できるのだが。

楽器の造りの善し悪しは別として、こういうパクリ的な
製品を販売せずに、自社ブランドで頑張れないのかと思うし、
ウクレレの元祖、ヌネス、クマラエ、とりあえずこの
2つの名前だけは、ウクレレの歴史の最初のページに
収まる名前として触れずにそっとしておくべきだと
僕は思ったんだよね。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード