FC2ブログ

HD4670 AGP用のドライバーに泣かされる。


前回の続き。
今回はビデオカード装着編。

改造中のパソコンのマザーボード、「P5V800-MX」の
ビデオカードスロットはなんと今時「AGPスロット!」だ。

とりあえず手持ちのAGP仕様のビデオカード NVG25GA DVI 128MB
(GeForce4 Ti4200)を取り付けたが、
Windowsのエクスペリエンスは1.0・・。
さすがに2002-2003年あたりの代物ではこんなものか。

今回24型の液晶ディスプレイを用意しているので、
できればフルHDで使いたい。
となると、1920×1080ピクセルの画面解像度が可能な
ビデオカードが必要になる。

AGP仕様でこの条件を満たすとすれば、Radeonの
HD3000シリーズから上という選択肢になる。

オークションをのぞいてみると、HD3450が出品されている。
このあたりがフルHDに対応する最低ラインだと思う。
まぁ、仕事用なのでこんなのでいいかと推移を見守ってたら、
こんなビデオカードでも最終的に5,000円を超えてしまう。
HD3650なら7-8,000円にもなってしまう。
AGP仕様なので出玉が少ない為だろう。
PCI-E仕様ならゴロゴロ安くてあるんだけど。
結局、最終的にどうせ買うならいいもの買おうと、
HISのH467Q1GHDAPに目を付けて、9,000円程度で落札。
結構、高い買い物になったが仕方ない。
マザボをオークションで買い直した方が安く付いたか(汗

H467Q1GHDAP
[HISのH467Q1GHDAP]

落札して2-3日で届いたので取り付け完了。
即起動を確認。
画面は間延びした大きな文字。
ビデオカードのドライバーを入れてないので当然。

落札したビデオカードは本体だけで、付属品は一切なし。
ドライバーもネットで探して入れなくてはならない。
しかしそれは至極簡単なことだろうとタカを括っていた。

AMDのサイトへ行き、ビデオカードのドライバー一覧を探す。
「all radeon HD serise AGP」を発見。
早速 windows7 64bit用をダウンロード。
中身は「13-9-legacy_vista_win7_64_dd_ccc_whql」だ。

早速インストールしてみる。そして再起動。
windowsロゴからようこそ画面に進まずブルースクリーン。
再び再起動すると立ち上がるが、ドライバーを読み込まない。

「空きリソースが不足しています コード12 」なんていう
警告まで表示される。
Biosいじったりあれこれしてみたが、様々な不具合の症状は
少しも解消せず。
もう考えられる原因を一つ一つ潰すしかない。

ネットでOSの再インストールをしたらうまくいったとかいう
書き込みがあったのでやってみたが効果なし。

ブルースクリーンになってしまう原因に僕の経験上、
電力供給不足がある。

この改造中のパソコンの電源は、最初はFaithという会社の
いわゆるShopパソコンだ。
電源はずっとそのまま使ってきた。もう10年近くはなるだろう。
HORNETなる名前の中国製の電源だ。350W。

PentiumD TDP 95W
ビデオカード H467Q1GHDAP いっても150W。
その他50Wとしても、約300Wだから足りてるはずだが、
PntiumDが意外と電力食ってるかもしれないし、
ということで、念のため電源を交換することにした。

手持ちの電源は 玄人志向の「KRPW-SS600W/85+」
600Wの80PLUS BRONZE認証取得の電源。
もったいないけど使わないと意味がないので迷わず投入。

早速、電源ON!
はい、ブルースクリーン Orz

相性の問題なのか・・・。
ハードの相性問題とすれば、もうこのビテオカードは使えない。
しかし、ドライバーを読み込まない状態でなら立ち上がる。
相性問題ならOS自体が立ち上がらないはず。
とすれば、最終的にはやっぱりドライバーの問題しかない。

こう思い立って、HD4670 AGP用のドライバーをネットで探すも
見つからない。
困ったなぁと思って、このビデオカードのメーカー「HIS」の
サイトに訪れてみる。
実は何度目かの訪問なわけだが、今回はHP内をあちこち
クリックしていると、HD4670 AGP用のドライバーがあるではないか!

モノは「10-7_agp-hotfix_vista_64_dd_ccc」

早速 上記のWindows7-64bit用のドライバーをダウンロードして
インストール。
あっ、もちろんその前に以前のドライバーはセーフモードで立ち上げ、
DriverSweeperで削除し再起動しておいた。
意外にスルスルとインストールが進み再起動。
そしてWindows画面。
いつもはここでブルースクリーンになって再起動すると、
ドライバーを読み込まない状態で立ち上がるのだが、
今回はスルスルと立ち上がり、なんといきなりフルHD画面にて
立ち上がった!!

結局、ドライバーが原因であったのだ。

しかしAMDからダウンロードした最新のAGP用のドライバーが
機能せず、メーカーサイトからダウンロードした古いドライバーが
有効であるとは思わなかった。

HD4670のAGP用のドライバーをお探しの方、
HISのHPにあるドライバーをお試しになればうまくいくかも
しれないです。
http://www.hisdigital.com/un/download1-448.shtml

windowsのグラフィックス評価 - 6.7

これはもう、仕事で使うには十分過ぎるほどの数値だ。

とりあえず、これでこの古いパソコンのハード改造
再生プロジェクトは完了。
ビデオカードの設定に2日掛かった。

パソコン自作道の奥は深いし、自分はまだまだ未熟。
つくづくそう思ったわけです。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

熱しやすく冷めやすいのが 玉に瑕

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード