FC2ブログ

海老沼匡-チョ・ジュンホ戦について思うこと


いやー、なかなか金メダルが遠いなぁ。
水泳の北島選手の不調にはびっくりしたし、
体操の不振にもがっかり。
お家芸と言われる柔道も今のところ金に届かず。

選手の皆さんはロンドン目指して、それぞれ
懸命な努力を重ねて出場しているわけだし、
日の丸を背負って戦うプレッシャーを考えれば、
メダルがあろうが無かろうが、帰国した時には
みんなで心底から「お疲れ様」と「ありがとう」の
言葉を掛けてあげたい。
特に試合に負けてしまった選手を罵倒するなど
言語道断。そんな権利、誰にもありはしないのだ。

はっきりと実力の差が分かる競技なら、
勝とうが負けようが納得がいくけれども、
審判がいて、演技や技の判定をする競技においては、
審判の質によって勝敗が左右されることを、
柔道を見ていてつくづく思った。

海老沼VS韓国のチョ・ジュンホ戦において、
最初の判定を主審・副審3人が全て180度ひっくり
返えしたことについては、そんな簡単にひっくり返るなら
初めからそういう判定がなぜ出来なかったのかが
大いに疑問だし、そこに大いなる疑惑を感じた。

最初の判定時、韓国のチョ・ジュンホ選手の勝ちと
主審・副審3人とも判定を下した時に、会場の柔道ファンから
沸き起こったブーイングの嵐を見れば、客観的にみても、
この判定は異様であったことは間違いない。
技の掛け逃げばかりをやって、相手の指導受け待ち狙いで、
挙句の果てには関節決めて投げにいき、尚体重を掛けて
腕を折ろうとした時点で本来は反則負けのはず。
観客もそのことは十分に分かっていた。

ソウルオリンピックやワールドカップ、そしてなにより
冬季オリンピック女子フィギュアで露骨に浅田潰しを
やってのけた、韓国の裏の国技である審判買収の可能性も
疑わなければならない審判だったと思う。

たまたま、主審と副審2人の3人の審判に対し、競技を
中断するなどの競技全般について権限を持つ
ジュリー(審判委員)が、まともな判断の上、審判のやり直しを
命じたから良かったけど。
ちなみにジュリーの指示によって、延長戦における
海老沼の有効が取り消されているから、決して
このジュリーは日本側に立っていたわけでもないことは
明白だ。

試合後、バルコス委員長は「我々の責任は柔道精神を
維持すること。
真の勝者が勝者として畳を降りる状況を作った」と説明し、
「(判定を覆したのは)柔道精神の問題。
どの国とどの国の対戦かは問題じゃない。
われわれにヒューマンエラーはつきものだが」と話した。

前例に捉われず勇気ある裁定をしたバルコス委員長には
本当に頭の下がる思いである。

さて、これが韓国メディアでは以下のように報道されている。
我田引水というか、ねつ造記事に笑うしかない。

******************************************************

★審判全員一致の判定勝ちを宣言した後、判定負けで逆転
(ロンドン=連合ニュース)特別取材団=
"景気が完了したところ後判定を持ってビデオ判読をするということは
ばかげている。審判固有の権利を侵害したものです。"
韓国男子柔道66㎏級のメダル期待の主チョジュノ(24・韓国馬事会)が
審判の勝利判定が覆される不合理な状況を経験して4強進出に
失敗して論難が予想される。
チョ・ジュンホは29日午後(現地時間)、英国ロンドンの
エクセルロンドンノースアリーナで開かれた大会の 準々決勝で
エビ沼雅史(日本・ランキング4位)と延長の接戦の末判定勝ちを収めたが、
主審の勝利宣言の直前、審判委員長の介入に判定がボンボクドェむしろ、
判定負けを喫した。
当初、審判全員一致の判定勝ちで大喜びだったチョ・ジュンホは、
突然の判定翻意にあきれた表情で浮かべてマットを守り、
観衆も入れ替わった判定を嘲笑し、やじを飛ばした。
結局チョ・ジュンホが首を落としたまま競技場を去ると、
観衆は起立拍手で応援の声を伝えた。
川局長は、 "柔道の規定に競技場の中のすべての権限は、
審判にあるとされている"とし、 "3人の審判が合意を下した判定を持って
ビデオ判読をするというのが話にならない"と強調した。
彼は "勝利の判定が覆されるのは初めて見る"と "審判委員会は、
主審が最終判定を下す前に、異議の申立てが入ってきただけに判定翻意に
問題がないという立場だが、ここでは審判に固有の権限を侵害した
だろう"と付け加えた。
一方、この日の判定についてAFP通信は "笑い物になった場面が
誘導準々決勝で行われた"とし "3人の審判がチョ・ジュンホの
勝利を宣言したが、審判委員会の不合理な介入で判定が変わった"と嘲笑した。

******************************************************
よくもまぁ、これだけ嘘の記事が書けるものだ。
試合の動画をみればすぐにバレちゃうのにな。
そのほか、日本が審判を買収しただの、柔道発祥の国として
圧力をかけるだの(あれ、柔道の発祥は韓国と言ってなかったかw)、
妄言を吐いているらしい。
しかし、日本が審判を買収していたなら、
改造胴着の着用とゆるゆるの帯、胴着もはだけたままというのは
許さないだろうし、腕折りの反則は見逃されてないし、
日本の有効は取り消されてないし、第一、最初に判定で
青(韓国)3本、旗は上がらないと思うよ。

さて、今回問題になった試合の主審を務めたミナカワ主審に
ついてだが、こんな記事がある。

*********************************************

海老沼の準々決勝を裁いたミナカワ主審について、
南米で柔道を指導するある日本人コーチは「あの人は、
旗判定になると日本人に上げないことで有名」と明かした。

名前だけを見れば日系ブラジル人とも思えるが、南米では
日本人嫌いで知られているそうで、判定に影響した可能性がある。

ソース
http://p.tl/WpgD

**********************************************

この審判、よく見れば、柔道女子、福見の試合で開始直後に
いきなり意味不明の指導ぶっこんで、試合をぶち壊した
主審じゃないか。
とすると、福見選手もこの審判のせいで・・・。
うーん、この審判には、やはりかなり疑惑を感じます。

海老沼選手の試合については、審判は買収できても、
ジュリーは無作為に選ばれるから、そこまで買収の手が
回らなかったので、判定が覆ってしまったのかもしれない。
だとすると、韓国、本当に残念でした。

韓国が審判買収なんてあるわけないと思ってるあなた、
冬季オリンピック女子フィギュアが分りやすい典型例だし、
あっせん収賄罪などで起訴された大韓レスリング協会会長が、
「北京五輪当時、金を五輪の審判たちに渡した」と陳述しているよ。

http://p.tl/DD10

どうです、韓国による審判買収が実際にあることが
明らかになってますし、露骨な女子フィギアの浅田潰しを
見ても、審判買収はおそらくレスリング協会だけに
留まっていないと思われます。

4年間、選手たちが、ひたすら努力、努力を重ねてきて、
その結果、裏の汚い事情でメダルに手が届かないとすれば、
それは本当に大きな問題だし、審判買収等をする国があって、
それが明るみに出たのなら、その国は2回ぐらいオリンピック
出場停止の罰を喰らわせてもいいのではと思う。

人間だから判断は誤る。
しかしできるだけ公平で正しい審判をして欲しい。
金で自分の良心を売り渡さないで欲しい。
自分の不正な審判で人生が狂う選手もいることを
肝に銘じてもらいたいし、疑惑の判定をした審判を
試合後に評価するシステムも作ってもらいたい。

ここまで審判を信用できなくなっているのは、
賄賂を受け取る審判の資質の悪さもさることながら、
やはり賄賂を渡して、インチキして試合に勝ちたいと思う、
一番、オリンピックの概念とかけ離れた、低レベルな考えしか
出来ない国の存在があるからだ。

最後に今回の韓国選手団についてこんな記事がありましたので、
ついでに書いておきます。

******************************************************
ロンドンでの韓国選手及び選手団(今日現在)

▽コーチが飲酒運転で逮捕→国外追放
▽選手村で他国選手への執拗なストーカー行為→韓国選手は
 他国の選手に付きまとってはいけないと公式発表された
▽選手村の食堂でも他国選手に嫌がらせ、注意したイギリス人の
 コックさんを集団で殴る蹴るの暴行
 (オリンピック委員会はオリンピック終了までの期間、
他国の選手が集まる公共の場への出入りを禁止)
▽コーチの飲酒運転、逮捕→国外追放、選手村でのストーカー行為と
 集団暴行の事実がBBC.CNN等で世界中に報道された
▽水泳選手のフライング取り消し事件がYouTubeで祭りになり
 世界中から非難の嵐
▽選手村でのストーカー行為、暴行、及び性犯罪に繋がるような行動には
 注意しましょうとオフィシャル発表
 (韓国選手からのとはもちろん書いていないが、韓国選手以外誰も
そんな事を しないから韓国を示すと思われる)

********************************************************


しかしやっぱり朝鮮人、、、もうため息が出るばかりだ・・。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード