FC2ブログ

大津市いじめ自殺事件について


現在、騒がれている大津市のいじめ自殺事件。
毎日のように被害者に暴言、暴行、金銭のゆすり等、
いじめというよりも、もはや恐喝、暴行等の明かなる
犯罪行為をやっていた。
その内容は皆さんがご存じの通り。
いまネットを探れば加害者の少年たちの実名、写真、
腐れ果てた親たちとその言動、加害者側のバック、
加害者少年の転校先や在日特権を利用して姓を変更し、
逃げようしている等、いろんな情報が容易に
見つけられますので、敢えてここでは書かないでおく。

この事件の恐ろしさは加害者の陰湿ないじめの内容と共に、
加害者側グループの親たちが地元の有力者であり、また
大津市や大津警察署等、地域住民の生活を守る公共団体が
こぞってこの事件の揉み消し、隠ぺいに関わっている点。
そこには、このブログでも取り上げている在日朝鮮人が牛耳る
日教組、同和、きちがい左翼の反日集団の姿が見える点だ。

テレビや新聞では結局は「事なかれ主義」でこうなったとか、
単純に結論づけようとしているが、なぜいじめを
止められなかったのか、そしていじめから自殺に至った事実を
なぜ隠ぺいしようとしたのか、
もっと言えば、

・学校と教育委員会はなぜ事実を隠そうとしたのか、
・警察はなぜ動こうとしなかったのか、
・行政担当の大津市はなぜ知らぬ存ぜぬを決め込んだのか、

それを究明する為には、学校の先生、父兄、生徒においては、
日教組や同和など人権に名を借りた朝鮮人至上主義・日本人
虐待思想集団や山口組系暴力団等の人間関係が絡んでいるし、
市政においては人権・人権と左翼主義まっしぐらの市で
いじめ自殺なんてあったら、人権運動の本来の目的、日本人を差別し、
朝鮮人を尊ぶ日教組の目論見がバレるし、市長の越直美も
国政に出たいし民主党も出したいから、名前に傷付けたくないから、
警察へ市側から或いはもっと上から圧力が掛ったかもしれないし、
大津署内では在日、同和、日教組とは喧嘩するなという
暗黙の了解があったように思えるし、それは大きな組織と
喧嘩するより一市民に泣いてもらった方が楽だからという
気持ちも大きく働いたように思えるし、
それらが複合的に重なって今回の組織ぐるみの隠ぺい工作に
つながっている点に言及しないと決して真相は見えてこないだろう。

大津市は同和、日教組等、在日朝鮮人が支配する街で、
日本人が虐げられるのは当たり前の土地と化していたんだな。

滋賀県警さんよ、中途半端な捜査しないでとことんやれ。
ここは日本だ。朝鮮人の糞ガキらが日本人の子供をいじめて
殺した。警察は日本人を守るために存在しているのだろ?
所轄の大津警察は被害届3回も受理しなかった。
その事実に多くの人が警察に対して失望した。
県警さんの捜査を日本にはまだ正義が残っているかどうか、
正義が実行されるかどうか、日本中の人間が見守っている。
徹底的に捜査して、悪いことしたやつらは必ず牢屋へ
ぶち込んでくれ。
人を嬲り殺しておいて逃げおおせる日本にするな。
それは成人だろうが、未成年者だろうが関係ない。
適当に捜査してお茶濁す程度なら、世間は絶対に許さんけんね。

しかし、日教組が牛耳っている日本の教育界が、
本当に腐りきってるのが、今回の大津の自殺事件で
良く分かった。
真剣に待ったなしで日教組から教育を取り戻すための活動を、
良識ある日本国中の日本人が一致団結して実施しないと、
朝鮮人のような身勝手で嘘つきで、自己防衛本能が強くて、
強いものには媚びへつらい、弱いものには強圧的に出る、
天皇陛下を卑下し、日本国を悪しざまに言う。
そういう態度が大人の世界と思ってもらっては、
いつまでたってもいじめもなくならないし、まともな道徳観念や
愛国精神をもった子供たちは育成できない。

ただ救いなのは、日教組、同和、極左思考にまみれた
教師や学校関係者に囲まれながらも、皇子山中学校の
生徒が書いたアンケートをみると大変まともだったことだ。
中には自殺した生徒を助けられなかった我々も悪いとした
生徒も存在している。
しかしそれは仕方ない。
誰も守ってくれないのだ。いつ自分が攻撃対象になるか
分からないから仕方ないのだ。
しかし、こういう思いでいてくれたことが嬉しいじゃないか。

朝鮮人や腐れ左翼がいくら日本人の精神を捻じ曲げようとしても、
脈々と伝えられてきた日本人の魂の清廉さは失われはしない。
今、相当、若い人を中心に陰でこそこそ日本破壊活動を
している連中の行動が知られるようになってきた。

「日本を守ろう。」

こういう意識を持つ人がだんだん増えてきた。
日本は変わる。
もう少し時間が必要だが、必ず良い方向へ変わる。
いやすでに意識的には劇的に変わりつつある。

自殺した少年の無念さを決して忘れないでおこう。
少年の死で、日教組や左翼教師の有害性に気づく人も
多々いるだろう。
君の死は色んな意味で決して無駄ではないよ。
本当はつらい環境だったろうが、生き抜いて、君自身が将来、
君のようないじめを受けている児童を助け、また日教組や
朝鮮人や極左思想の人間たちの組織的な暴力を世に
明らかにし糾弾する一人になって欲しかった。

君の無念を晴らす為、今日本国中の日本人が怒って、
さまざまな活動をやっている。
必ず君を死に追いやった者たち全員に相応の罰を与え、
また生涯ずっと君を死に追いやった十字架を背負わせる。
その十字架は彼らの人生の旅路において、随分と
重い荷物になるだろうよ。

どうか安らかに眠ってくれ。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード