FC2ブログ

亀田製菓、乱心


亀田製菓はハッピータンとか、ぽたぽたなんとか、とか
煎餅作って売ってる会社です。
最近、韓国の農心と業務提携してしまい、
さっそく法則が発動し、公式ブログが炎上しています。

亀田製菓が業務提携した農心とはどんな企業なのか
ちょっと書きます。

Wikipediaより引用 --------------------------

2008年3月17日、韓国食品医薬品安全庁は、農心が
製造するセウカンにネズミの頭部が混入していたと発表。

2008年6月20日、消費者から辛ラーメンに約13ミリの大きさの
クロゴキブリが混入されていることが報告された。
農心側は流通過程で混入したことを認めたが、
「製造された工場では毎週検疫を行っている上、
ゴキブリが発見されたことはこれまで一度もなかったため、
問題にはならない」と回収や賠償には応じないことを表明した。

6月27日、インスタントラーメン「チャパゲティー」から
コクゾウムシの成虫が発見された。
農心は「流通過程でコクゾウムシが包装紙を破って混入したり、
運搬途中に穴が空いて青虫が入ったりする可能性がある」と
見解を示した。

7月9日には農心のインスタント食品「ワカメクッパ」から
ハエを発見。
農心側は「ハエが原型をとどめていることから考えて、
製造工程で混入したものではないと考えられる」と見解を示した。

2010年10月15日、農心が生産したカップ麺から相次いで
幼虫などの異物が検出されたことが問題となった。

-------------------------------  以上、引用終わり。

うわっ、とにかくウジ虫だのねずみの頭だの考えられないものが
繰り返し製品に混入している。
製造環境の衛生保全に大問題があること、そして度重なる
異物混入に対して、少しも改善をしていないことが見て取れる。
つまり今後も異物混入は十分あり得ると判断できるぞ。

こんな企業と提携してどんなメリットがあるのだろうか?
韓流という捏造された偽りのブームに乗れば、
会社が発展するとでも思ってしまったのだろうか。
だとすると、亀田製菓の上層部は余程の情薄と言ってよい。

食の安全というのはとても大切な課題だ。
というより、食品を製造・販売する会社が一番神経を尖らせ
なければいけないことだ。
しかし、書いた通り、農心はその一番大切なことが
出来ない食品企業だ。
購買者の健康なんかどうでもよくて、金が儲かればよい、
もっと言えば、毒饅頭を平気で売ってるような会社だ。
こんな企業と提携して何のメリットがある?

さて、とんでもない選択をした亀田製菓の今後は
どうなるのだろう。
亀田製菓と農心の提携はネットを通じてじわじわ広がる。
当然、農心がどういう会社かそれも広まるにつれて、
悪徳企業の農心と提携した亀田製菓も同類と看做され、
子供に危険なものは食べさせられないから、
まず主婦層が離れる。
飲み屋のアテに出されても、たぶん若い人が亀田製菓の
商品は食べられないよねみたいな話題になるだろうし、
亀田製菓の危険性を母親から聞いて育った子供も当然
亀田を敬遠するだろうし、お父さんも妻や飲み屋から
情報が入るので、自然と、家庭でも誰も買わなくなるだろう。

業績はおそらく下降し、下手をすれば農心に乗っ取られる
可能性だって出てくる。
技術を農心に吸い取られたあとは、用済みで使い道が
ないので、亀田製菓という名の企業は消されて
なくなるかもしれない。

こんな暗い未来予想図が見え隠れするこの業務提携を
一体誰が推し進めたのだろうか。

とりあえず僕は二度と亀田製菓の商品は買いません。
三幸製菓というむちゃくちゃおいしい煎餅を作ってくれる
企業がまだ日本にはあるから問題ない。
三幸製菓さん、これからも衛生的にも品質的にも
信頼できる商品を提供してくださいね。
ずっと応援してますよ。

しかし、皆さんもお気づきのことと思うけれども、
とにかく韓国やら朝鮮人やらが関わってくると、
本当にロクなことはないですね。
エンガチョ! w

スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード