FC2ブログ

弦を「Worth Strings」にしてみた。

worthstrings

最近、発表会が近いので会社にラニカイウクレレを持ち込んで
休憩時間やお昼休みにポロンポロンと弾いている。(汗
と言っても、発表会の曲の練習はほとんどしてないのが実情なんだが。。

このウクレレにはフェイマスのLow-G 弦を張っていた。
しかしこの弦は特にC弦が太く、また全体的に固くて押さえにくく、
非常に演奏しにくかったので、弦を張り替えてみることにした。

今回俺が選んだのは「Worth Strings」というフロロカーボン弦だ。
フロロカーボン弦の特徴は伸びにくくて引っ張りに強く、
また、ナイロンと比べて比重が重いため、径を細くすることができ、
ハイフレットでのピッチが非常に正確になるという点らしい。

早速、製造及び販売をしている「ワースクリエーション」さんへ
メールを送り、直接クリアのMediumを購入してみた。
ちなみにWorth StringsはハワイのウクレレメーカーKoALOHA社の公認弦で、
KoALOHA社がスポンサーであるハーブオオタJr.氏・Brittni Paiva氏等も
この弦を使用しているとのことだ。

さて、弦が到着したので張り替えようと思ったが、
ラニカイが弾きにくいのは弦のせいだけでなく、弦高が高いのも
原因なんだろうとサドルを少し削って12フレット目の弦高が
3mm弱ぐらいの高さになるように調整し、その後弦を張ってみた。
だいぶん弦の張替えに慣れてきたよ。

張り替え終わっておもむろに弾いてみた。

弾きやすい!

弦のタッチはマーチンの白弦に似ているが、マーチン弦はこれに比べて
より細く指に絡みそうな感じもするが、こっちは太さや柔らかさも適当で
なにより押さえ易い。セーハし易いとの話を聞いていたが確かにそうだ。
音はしっかりしていてよく響く。高音が綺麗だ。
弦高の調整もうまくいったみたいで、あの硬くて押さえにくいラニカイが
とても押えやすくて弾きやすいウクレレになったよ。

いままで、カマカ、Famous 、Aquila 、ghs、Martin M600 など、
色々な弦を弾いてみた。
それぞれ個性があってどれがいいという断定はできないけど、
俺個人としてはこの『 Worth Strings 』はなかなかお勧めです。
今度、Worth Strings のブラウン弦ってどんな感じなのか
試してみようと思っている。
ちなみに弦は長いので1本でソプラノ2本分張替えできるから、
ちょっとお得なんだな。
よかったら『 Worth Strings 』、是非試してみてください。

ちなみにオーダーしてお金振り込んで、あとは到着を待つばかり
というとこで「ワースクリエーション」さんからメールがきた。

「住所が書かれてないので教えてください。発送できないです。。」

自分のアホさ加減に ( ゚д゚) ポカーン な俺なのでした。(笑)
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

熱しやすく冷めやすいのが 玉に瑕

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード