FC2ブログ

シャックの話


「シャック」という言葉を初めて見聞きしたのは、BCLに夢中に
なっていた少年時代。
当時、スカイセンサー5900に押されて、やっとパナソニックが
対抗機種のクーガ2200(RF2200)を発売したと同時に「シャックを創れ。」
というキャッチフレーズを用いて、大々的に広告を打ち出した時だ。

「シャックを創る」というのは自分なりの解釈では、受信機・アンテナ・
そして録音機やカップラーなどの補助設備に加えて、デスクや
照明設備をも含む、快適な自分の受信環境を構築するという
意味だと捉えているし、当時もぼんやりそんな感じなんだろうなぁと
感覚的に思っていた。
そして「シャックを創れ。」の広告については、RF2200の他、RF2200と
同時にパナソニックが発売したシステムラック・ヘッドフォン・スポット照明・
時計・録音機等を設置したシャックに居る、海外のベテランDXerの
ヨゼフ・ナジ氏の画像を掲載していた。

シャック

今、この画像を見れば単に書斎にRF2200を置き、パナソニックが
発売したシャック構成製品に囲まれてます程度のものなんだけど、
広告の中の橙色に照らされた薄暗いシャックに当時のBCL少年たちは
憧れ、RF2200とパナ製のシャック構成商品を揃えるのがブームになった。
RF2200は性能もスカイセンサー5900に負けず劣らず、或いは
後発ゆえに若干性能は上かもしれないけど、とにかく素晴らしい
完成度を誇る受信機であったから、元々評判は良かったが、
「シャック」のイメージが重なって売り上げは相当倍増したはずだ。

自分としてはICF5900があったからRF2200を手に入れられる訳もなく、
当然、パナのシャック構想に乗るわけにもいかなかったし、
リグがICF5900で回りはパナソニック製というのも納得いかなかったし、
SONY派としてもパナソニックのシャック構想に乗るわけにはいかなかった。
ただ、いいなぁ、こういうイメージの環境でBCLをやりたいなぁとは
思ったが、現実は勉強机の上にICF5900と録音機を載せただけで、
後は屋根に張った逆L型の外部アンテナが自分のシャックの
全てだったし、それ以上望めるはずもなかった。

さて、それから月日は流れBCLに復帰した自分。
シャックといっても、ホームセンターから買ってきた板を
LWH=80x40x45程度の板をカットし、それに足を付けた
簡単な座卓の上にICF-SW-7600GRとICF5900、RF1150、
ICレコーダーを載っけているのみだ。シャックというには程遠い。
先日、RF1150をオークションで落として以来、
机が狭すぎて、ちょっと大きな机を買いたいと妻に申し入れ、
やっと許可を頂いたのがこれ。
desk
エイ・アイ・エス AIS ジャガジー デスク ロータイプ
最安送料込、5,800円。
まっ、自作の机からちょっと高級感は増した。

座卓に据えたラジオのちっぽけな空間。
これが今の自分が構築できるシャックの限界です。
昔のあの頃より確実に環境は悪化している。
が、今はもう形に拘らないから気にしない。
受信設備があって、ラジオが聞ければそれでいいのだ。
しかし将来はウクレレとラジオと本に囲まれて、PCもある
自分のシャックというか書斎のような空間が欲しいとは思うけどね。

「シャックを創れ。」

これが本格的に実現するには、自分にはまだまだ月日が
いりそうです。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード