FC2ブログ

保険を見直す


某大手の保険に加入していた。
定期更新型だ。そして今年、いよいよ今年、
更新年となり、保険のおばちゃんの見直し攻勢が始まった。

人生何があるかわからない。
無保険なんていうのは、人生を設計する上で
あり得ないけれど、万が一に備えてという名目で
いつ来るかも分からないほんやりとした不安の為に
多額の金をつぎ込むのもどうかしている。

更新型・ライフアカウント型の保険は年齢が上がる毎に、
更新時に保険料が上がっていく仕組みだ。
つまり年を取って病気や怪我の発生確率が上がれば
上がるほど、保険料が値上げされるシステムで、
よく考えれば保険会社に大変有利な契約だ。

今回、自分の保険について言えば10年前と同じ
契約内容なら保険金額は2倍近くに跳ね上がる金額だった。
なのでおばちゃんは保険料を抑える為に内容を
落とせばよいと簡単に言ってのけた。

しかしちょっと考えればこれはおかしい。
年齢が上がれば病気や怪我に対するリスクは増加するのに、
それに備える保険の保障内容はどんどん低下するなんて
いうのは全然理にかなっていない。
ネットで色々と保険を調査すると、保険料は変わらずに
終身、同じ内容で保障する商品が色々あるではないか。
すぐに決心は着き、保険を変える決心をした。
次の日、保険のおばちゃんを読んだ。
おばちゃんは、ここを落とせばいくらになるとか、盛んに
設計書を見せながら説明し説得して契約させようとするが、
一切応じず、逆に解約を宣言し手続きするように言い渡した。
妙にすっきりした気分になった。

さて、解約手続きが完了するまでに次の保険を契約しないと
いけない。
ネットで色々と検討した結果、アフラックが良いかなぁと
思ったりしたけど、ここは一番専門家の意見を聞いてみようと
第3者の立場で様々な保険会社の中から、自分に見合う保険を
見つけて提案してくれる「保険見直し本舗」が岡山にあったので、
休日、妻を伴って行って相談してみた。
自分の希望は医療+死亡+癌の3つのリスクに備える保険だ。
そして提案してくれたのは、医療と死亡についてはオリックス、
癌については富士生命。
オリックスは定額で65歳で支払い完了となり終身保障。
富士の癌保険は癌に対する適応範囲が広く、また癌に
一度でも掛ると以後の保険料は無料という内容で、
どちらも自分にとって満足できる内容だった。

その後オリックスから地元の保険代理店を紹介して頂き、
無事契約。
癌保険も岡山県内の代理店で契約しようとしていたところ、
お世話になった「保険見直し本舗」の「I」さんからTELがあり、
「その後、どうされましたか~」と訊いてくれたので、
「お陰でオリックスの保険を契約したんですよ~」と言うと、
「え~、うちでも契約できたんですが・・。」と言う。
この時初めて「保険見直し本舗」でも保険契約が
出来ることを知った。
自分と妻は、「I」さんが「私たちは第3者の立場から
保険を提案するのが仕事なので、保険の善し悪しも
はっきり言えるんですよ~」って当初言ってたから、
保険代理店業務もやってるなんて思いもしなかったんだ。
おばちゃんは一生懸命、うちでも出来ますなんて
ニュアンスのことを言ってたらしいが、頭からそう思っていない
自分たちは、その微妙なニュアンスに気付かなかったものらしい。
「I」さんは大変気分のいい方で押しつけがましくなくて、
万が一の場合、気さくに相談できると確信できる人柄だったから、
そういうことならと、癌保険の契約を急きょ「I」さんに
頼むことにして、ついでに妻の保険も見直して、
自分と同じ65歳払い済み終身保障タイプのオリックスに
乗り換えて、「I」さんにお世話になることにした。
妻の場合、同じ保障内容で月5,000円も保険料が下がった。

今回、色々と保険を調べてまあまあ保険について
詳しくなったと思う。
ネットのみで販売される商品が必ずしも安いとは限らず、
対面で組んでもらった方が安い場合もあるということも知った。

保険と言えば僕のウクレレ仲間が保険代理店をやっていたはずだ。
が、確かメインはアフラックで、オリックスと富士は
扱ってなかったように思う。
本当なら彼にお世話になりたいとこだったんだけど。
まっ、いつか別件があった時にお願いすることで許してもらおう。

紆余曲折はあったにせよ、今年に入って懸念だった保険が
やっと解決出来て、内心ホッとしてる。
保険料っていうのは若いうちに契約すればするほど
安くてすむから、例えば子供が社会人になる時に、
親がしっかりと保険のことを研究して、できるだけ安くて
保障内容の良い保険を選択してあげることが必要だということ。
自分について言えば、親が会社に出入りしている
大手保険会社に丸投げしたのがいけなかったんだ。
20代の頃なんて保険のことなんて興味もないから考えたくないし、
第一人生経験が乏しいから、よく理解できるわけないんだから。

今回の大地震で、家や車を失くした方も大勢いるだろうが、
天災は免責なので、保険金をもらえない人がほとんどらしい。
地震保険に入っていれば別なのだとか。
しかし、地震保険に入ってる人なんてほとんどいないと思うけど。

人生のリスクに備えるのが保険。
どこまでのリスクに対応するかは人それぞれだけど、
各家庭、掛け金に限度があるから、全てのリスクに
備えるのは無理。
結局、どこで妥協するか、その線引きが本当に難しいし、
頭を悩ますところだ。
昔、CSKに勤めていた頃、とある役員が漏らした、
「保険というのは人の弱みに付け込む商売」という言葉が
今でも忘れられない。
今回、保険を見直してみて、保険というものの奥深さを
つくづく思い知ったね。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード