FC2ブログ

「NHKは本当に公共放送なの?」の巻

受信料って、なんで払わなくちゃいけないのか
不思議だよね、まるで税金みたいに。

公共放送の意義とかなんとか理屈をつけてお金を取ろうと
しているけれど、そもそも公共放送なのに、
ETV2001シリーズ「戦争をどう裁くか」における
”番組改変による人権侵害”問題や
変に親中的で自虐感に満ちた日本を意図的に放映したりして
内部はかなり腐りはじめている。皆さんも少しはそう思わないか?
はっきり言えばNHKはかなり左傾化していると断言できる。

俺は日本人だが中国、韓国におもねるような番組をタレ流し
自虐感に満ちた歴史認識論評を始めた国営放送の在り方を俺は認めない。

NHKが左傾化している証拠として、こんな記事があったのでそのまま引用。

阿久悠氏がエッセーで
「気にかかるのは、テレビの「映像催眠手法」である。
両像や音声を加上することによって、事実ではあっても真実でないものをつくる。
白衛隊派遣となると、軍靴の響き的映像を作り、重々しい音楽を重ね、
明らかにあるイメージに誘導しようとしていることがうかがえる。
そして、もっとも理性的であるべき時に、女性レポーターが自衛官に迫り、
「奥さんは、心配なさってるでしょう」と答を求めようとする。
断罪報道、感傷報道、そして視聴者の屈折感想これでいいのか。」
(正論2004年2月号昭和二桁晩節日記 P159より引用)

と書いていますが、アジアカップでも阿久悠氏が
書かれているような事がありました。
「正論」で朝日・NHKの救いなき親中として
以下引用
 テレピ朝日は七月二十日の中継で、重慶スタジアムの中国人観客の凄まじい
日本代表へのブーイングを、「オマーンサポーターが沢山来ています」と
その反日的行動を打ち消すような実況に終始した。
ご丁寧にも「中国では中東のチームが人気だ」と解説者がコメントまでしてみせた。
すでに三年前のユニバーシアード北京大会で、日本はどの競技でも
相手が中国でなくても凄まじいブーイングと一方的な敵意を向けられていた。
江沢民国家主席(当時)の反日政策の"成築出であるが、
二一年前の検証もできずにテレビは虚偽を流し続けたのである。
 驚かされたのはNHKのじつに巧妙な情報操作だった。
試合前の国歌吹奏で〈君が代〉に激しいブーイングが浴びせられると、
スタジアムの音声を絞り、ニュースや大会ダイジェストでは
日本のゴールシーンに、あり得ない観客の声援をかぶせて放送していた。
これは明らかに放送法違反であり、中国に阿ると同時に、
報道と言諭の自由そのものに対する悪辣な妨害ではないか。
劇的な逆転PK戦で勝利を飾った準々決勝のヨルダン戦で、
NHKの実況はこう伝えた。
「今日は静かな中での国歌吹奏でした」このNHKの実況は、
七月二十七日に産経が一面トッブで大きくアジア杯の反日活動を批判し、
読売も二面で大きな記事で批判したことで、日本のメディアが
禁を解かれたようにアジア杯での中国の反日活動を
一斉に報じ始めた矢先だった。
NHKの中国迎合報道は朝日新聞と双壁をなすものだが、
テレビ番組の惰報操作は検証が困難で一層悪質なものである。
実況は「静かな中での国歌吹奏」と言って、日本で高まる反中国感情を
牽制しようとしたのだが、このPK戦の陰のヒーローであった
キャプテン宮本のWEB上の日記がNHKの程造徽道を瞬時に暴いてくれた。
宮本はこう書いていた。
「さよなら重慶2004.08.01  
 ヨルダンとの試合は本当に厳しい試合になったよ。
 ホテルに帰ってきたけど、なかなか眠れそうにないから日記を書くことにするわ。
 アジアカップ、ここまでも難しい試合をやってきたけど、
 今日は一段と難しい試合になった、国歌演奏のときのブーイングは
 今口も激しかったよ。あの雰囲気の中で勝ちたいと思ったし、
 勝って重慶を去ってやるぞって思った」
以上引用終わり
(正論2004年10月号P71)
宮本選手の日記とは下記の物です。
http://tsune.nifty.com/diary/index.jsp?M=200408

NHKは日本ダービーでは国歌である「君が代」が独唱されている間、
よりによって馬の尻の映像を映し、竹島問題や、
支那の海底資源盗掘は報道しませんが、
売春婦である従軍慰安婦という朝鮮人のウソについては、
本当の事のように「ハルモニから学ぶ高校生」
2003年1月21日首都圏ニュースとして報道しています。
内容は埼玉県の女史高校生が、キム・スンドクという自称元慰安婦を
わざわざ韓国から招いて話を利き、その悲惨さに衝撃をうけて、
これからも韓国人元慰安婦を招いて話を聞きたいというものでした。
韓国人自称従軍慰安婦についての胡散臭さはすっかり有名になり、
慰安婦記述は中学教科書からも消えてしまいましたが、
NHKではそうではないようです。
番組の中では「従軍慰安婦」という造語も繰り返し使用され、
まるで、反日日教組とのタイアップ番組です。
ここまで、偏向報道をする朝日、NHKとはどこの国の放送局なのでしょう。

以上のように反日報道に関するものの枚挙に暇がないほどであるが、
まだ例えば荒川静選手が金メダルを取って日の丸を担いでリンクを
周回している時はわざと会場内をカメラに捉え、ひたすら試合を振り返った
解説に終始し、荒川選手のウィニングランには少しも触れなかった例など、
どう考えても日本の公共放送とは思えない。

俺はこんな公共放送と銘打った、親中放送局など見たくない。
なぜ、スクランブルにしないのか不思議だ。
勝手に放送しといて金寄越せ、しかもその内容ときたら
到底見る価値のあるようなものでもない。
こういうのを世の中では「押し売り」と呼ぶ。
ぶっちゃけ犯罪行為だ。

それなのに、不払い者に割増金制度を検討 菅総務相 というニュース。

あのなぁ、金取る前に、公共放送の意味をよく考えろ!
あんたは日本の放送局なんだろ?
本社は北京かソウルかピョンヤンにあるのか?

もっと日本の公共放送なら、日本の為になる放送をしろ。
日本を貶めてどうするんだ?

受信料、払うのやめるよ、意味ねぇもん。
頼むから俺だけでもスクランブルかけてくれよ。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

熱しやすく冷めやすいのが 玉に瑕

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード