FC2ブログ

Ceniza-Ukuleleのセニーザ夫人がお亡くなりに。


Cenizaといえば、初めて購入した本格的なウクレレであり、
そして、その後カマカやらロプリンジなど、数々のウクレレを
所有することになったが、結局、自分にとって一番の
ウクレレであり続けている。
セニーザ以上の音質と弾き易さを持つウクレレには、
なかなかお目に掛れない。

セニーザウクレレは、夫トーマス氏と夫人のキャサリンさんと
夫婦で仲良く製作されていたことは有名だ。
夫が削り組立てて、夫人は研磨と塗装の担当だったと
記憶している。
たった二人で製作しているのに、製作本数は結構多かったので、
余程、二人の息が合っていて、うまく回っていたのだろう。

ウクレレという楽器は工房によって音が違っている。
カマカは歴史の重みを感じるような中低温が強めの
少し落ち着いた音がするし、コアロハは陽気な家族の
雰囲気のまま、元気一杯の音がする。
そして自分が愛して止まない、夫婦仲良く組み立てられる
セニーザウクレレは、オシドリ夫婦の雰囲気そのままに、
突き抜ける青空の如く、とても澄みきった音で、特に高温域の
伸びが素晴らしく、そしてどこまでも甘い音がする。
「甘い音」ってどんな音って聞かれても、上手く説明できない。
けれど、感覚的に「甘い音」っていう表現がとにかくもう
ぴったりなのだ。
それはまるでご夫婦二人の優しさが溢れているようにも感じる。

いつかトーマス氏に5弦ウクレレを直接オーダーしたいと
今でも念願しているほど、セニーザウクレレに惚れている自分、
一昨日のブログで、セニーザ工房のメルアドのみでも知っている方が
おられたら教えてください等と書いたが、あれから自分で色々とネットを
探っていたら、とんでもない情報に行き当たってしまった。

ハワイ現地のHPの中のObituaries(死亡記事)の中に、

Katherine Mae Kehaulani Ceniza, 67, of Kapolei, died Dec. 29, 2009.
Born in Honolulu. Owner and maker of Ceniza Ukuleles by T&K.
Survived by husband, Tomas; son, Alfred Jovero; daughter, Sarina Jovero;
hänai daughter, Debra Werner; stepsons, Brandon, Jason, Mark and Cedric;
stepdaughters, Tammy Perry and Kootie Quarentes; brothers,
Clayton and Franklin Mahuka; sisters, Darlene Worden and Faith Mahuka;
25 grandchildren; 40 great-grandchildren.
Visitation 4:30 p.m. Sunday at Mililani Mortuary Mauka Chapel;
service 6 p.m. Flowers welcome. Casual attire.

参照URL
http://the.honoluluadvertiser.com/article/2010/Jan/14/ln/hawaii1140322.html

という記事を見つけたのだ。

はっきりとキャサリン・セニーザ夫人が昨年末の12/29に
逝去されたことを伝えているじゃないか。享年67歳。

この記事を見つけた途端、思わず声が出た。
トーマス氏、とてつもなくショックを受けただろう。

ceniza夫妻
<セニーザご夫妻>

夫人が逝去されて、もう半年が過ぎている。
記事をみると、セニーザ氏夫婦は子供に恵まれ、
25人の孫に40人のひ孫という言葉も記事から読み取れるから、
多くの家族の支えもあったはずで、ある程度落ち着かれたとは
思うけれども、ウクレレを再び製作されているのかどうか。。
残念なことに市場では2010年製のセニーザ・ウクレレを見掛けない。
Ceniza T&K というブランド名はTomas&Katherineだから、
キャサリンが世を去った以上、二人で作り上げたCenizaブランドも
終幕とすべきと考えてしまわれているのか。。
しかし、トーマス氏には是非元気を出して頂いて、もう一度、
ご婦人と作り上げてきたセニーザ・ウクレレを今後も
作り続けて欲しいと思います。
こんな素敵な素晴らしいウクレレが世の中から消えてしまうのは、
本当に残念なことだし、もっと多くの人にCenizaウクレレの
ポテンシャルの高さを実感してもらいたいのです。

自分はセニーザ・ウクレレを2本所有している。
2005年と2006年に購入したものなので、きっとキャサリンさんも
手を掛けたウクレレだろう。
トーマス&キャサリンご夫婦が二人で一生懸命作ってくれた
この素晴らしいウクレレを、これからもずっと大切に
使っていきたいと思います。
CenizaUkulele
<私と妻のセニーザくんと憧れの5弦セニーザ>

謹んでキャサリン夫人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
スポンサーサイト



comment

僕も愛用のセニーザにピックアップを付けようと、楽器屋に行った時に知りました。

なるほど、最近店頭でも全く見なくなったのは、そういう事とはつゆ知らず。

僕にとっては、相棒とも言えるくらい、信頼しているウクレレです。
しっかりした、空に届くくらい抜ける音が、ひょっとしてもう作られないのかと思うと、残念でなりません。

奥様が亡くなられて、心中思えば、仕方ないのかもしれませんが、再び製作してくれる事を願ってやみません。

No title

こんにちは。
本当にセニーザさんがウクレレ作りをやめてしまうのは、
残念で仕方ないです。

セニーザさんは耳が不自由だったはずなので、
奥様が何かとフォローしていたので、
そのことも製作中断の大きな理由だとわたしは思います。

なんとか立ち直って、少しずつでもいいですから、
製作を再開して頂きたいと思います。
が、その思いはわたしたちの我侭に過ぎませんから、
セニーザさんが幸せに暮らして頂ければ、
それが一番ですけどね。
Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード