FC2ブログ

喉黒

昨日、天気が良かったのでお昼前から
山陰へ向けて車を走らせた。
魚が美味しい季節、境港の民宿がやってる食堂の
暴力的な量の蟹づくしの定食でも食べようと思ったが、
タッチの差で昼食用の材料切れで入店ならず。。
その他のお店にも行ってみたが、長蛇の列に嫌気が差し、
結局、山陰にある回転寿司へ行ったんだ。

山陰では回転寿司といってもバカにはならない。
さすがに漁獲量に日本一の境港のお膝元、
大トロだって一皿2貫600円で堪能できるし、
今が旬の松葉ガニやら、雲丹も鮮度が良く固いので、
軍艦巻きじゃなくて、普通の握りずしのように、
ご飯の上に乗って出てきたりする。

しかし、昨日の一番はなんといっても、「喉黒(のどぐろ)」の握り。
「喉黒」とは、山陰地方では、その名の通り、喉の中が黒いので
そう呼ばれているらしいが、その正体は「あかむつ」だ。
ただ、こっちの喉黒はあかむつ程、体の色が赤くないような
気がする。

まっ、そんな能書きはどうでもいい。
とにかく、その「喉黒」だ。
大体この魚は一夜干しなど干物として供されることが多く、
生の握りとして食べるのは、自分も妻も初めてだ。
たぶん寿司ネタとして生の「喉黒」を食べられるなんて、
山陰ならではのことだと思う。

出てきた喉黒の握りは、皮付きで表面を軽く炙ってあった。
添えられたレモンをギュッと絞って、口の中に放り込む。

「 ! 」

なんという甘さ、そしてなんというその脂のノリ。
皮下のゼラチン質のような身の旨いこと、旨いこと。
「喉黒」なんていう魚は、いままで干物でしか味わったことがなくて、
それでも美味しいと思っていたが、これほど寿司ネタとして
おいしいとは!
正直、「大トロ」ですら霞んでしまった。

やっぱり旨い魚をたべようと思ったら、冬の日本海に限る。
次はやっぱり「蟹」だな。
でも、「喉黒」ももう一回食べたい。
やばい、思いだしただけで唾が出てきた。(笑)
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード