FC2ブログ

初めて弦を張替えてみた。

ウクレレ教室でG弦をLow-Gにしてくださいと言われたので、
早速、弦の張替えに挑むことにした。
弦のこともメーカーのこともあまりわからないので、
もう楽器店に行き店員の勧めるままに買うしかないと思い、
岡山市内のH楽器へ行ってみた。
Low-G 弦は「Famaus」と「Aquila 」というメーカーの弦しか
在庫がなく、とりあえず両方購入することにした。

帰宅してネットで調べたら、Aquila Nylgut は
なかなか評判よさげで、勿体無いので(笑)「Famaus」の
弦を張ることにした。
ネットで張り方を見ていきなり実践。

G 弦だけを変更してみた。

ちょっと話が前後するが、調弦するのにピッチパイプでは
やはり素人の俺には無理だと判断してヤフオクで
KORG マイクロチューナー AW-1 を購入し使っている。
ウクレレは音は多少ズレててもそれがウクレレらしくていいなど、
有名なプレイヤーがおっしゃっているが、
それは完全な音を把握できてるプロが言う言葉で
音が微妙にズレているのもわからない俺のような素人さんには
本当に音が合ってるのだろうかと不安を抱えながら練習するより、
はっきり「G」だの「C」だの表示してくれるので、それで
きっちり調弦して練習した方がいいに決まってる。

チューナーで調弦を完了した後、
しばらくジャカジャカやってみたけど音がしっくりこないんだ。
なんだか音がバラバラに聞こえる感じがした。
我慢できなくなって、数時間後残りの弦も全て「Famaus」に張り替えてみた。
音量が増えた様に思えたし、またこっちの方が音はしっくり来た。
ただし、弦が硬くて長時間やってると押さえるのがと痛くなる。
また、コードが押さえにくくなったというデメリットが生じた。
また、強くG 弦をはじくとボディがビビるようになってしまった。

しかし、弦を変えるだけでウクレレの印象も随分変わるんだなぁと
妙に感心したが、「UKULELEと一緒」というHPに
弦について色々と研究してあり、温度による弦の伸びについてや、
釣り糸の方が普通の弦より性能がいいことが判明したり、
随分参考になった。

しかし、手元にはまだ Aquila Nylgut が残っている。
何故、2種類も弦を購入したのか?それは何故なんだ~という
謎を残して今日は残念だけどここまでね。
お後がよろしいようで・・

koarg

スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード