FC2ブログ

中国、家電等の中核情報強制開示強行

草薙くんが酔って裸で騒いだなんてどうでもいい。
今日俺が一番問題視する話題はこれ。

************************************************

中国、デジタル家電などのITソースコード強制開示強行へ

中国政府がデジタル家電などの中核情報をメーカーに
強制開示させる制度を5月に発足させることが23日、明らかになった。
中国政府は実施規則などを今月中にも公表する方針を
すでに日米両政府に伝えた模様だ。当初の制度案を一部見直して
適用まで一定の猶予期間を設けるものの、
強制開示の根幹は変更しない。
日米欧は企業の知的財産が流出する恐れがある
として制度導入の撤回を強く求めてきたが、中国側の「強行突破」で
国際問題に発展する懸念が強まってきた。

制度は、中国で生産・販売する外国製の情報技術(IT)製品について、
製品を制御するソフトウエアの設計図である「ソースコード」の開示を
メーカーに強制するものだ。中国当局の職員が日本を訪れ製品を
チェックする手続きも含まれる。拒否すれば、その製品の
現地生産・販売や対中輸出ができなくなる。どの先進国も
採用していない異例の制度で、非接触ICカードやデジタル複写機、
金融機関向けの現金自動預け払い機(ATM)システムなど、
日本企業が得意な製品も幅広く開示対象になる可能性がある。

中国側は、ソフトの欠陥を狙ったコンピューターウイルスの
侵入防止などを制度導入の目的に挙げる。
しかし、ソースコードが分かればICカードやATMなどの暗号情報を
解読するきっかけとなる。企業の損失につながるだけでなく、
国家機密の漏洩(ろうえい)につながる可能性もあるため
日米欧の政府が強く反発。
日本の経済界も昨秋、中国側に強い懸念を伝えた。

中国は当初、08年5月に実施規則を公表し、09年5月から
適用する予定だった。各国からの反対で、中国当局が今年3月、
制度実施の延期を表明したが、これは適用開始までの猶予期間を
設けることを指していたと見られる。
猶予期間はメーカー側が提出する書類を用意する時間に
配慮したものだが、いつまで猶予するかは不明だ。
日米欧の政府は詳細が分かり次第、中国側に問題点を指摘し、
制度の見直しや撤廃を求めていくことになる。

******************************************************

簡単に言うと、中国に出てくるなら、設計図を包み隠さず
全部中国に公開しろ。あとはこっちのパクリ放題。という法案。
クレジットカードの情報を盗むなんてことも簡単になってしまう。
非常に悪辣なことを中国はやろうとしている。
国家として、外国の知的財産を公然として盗もうというわけだ。

資源のない日本は技術力で生きていかなければならないのに、
その大切な知的財産を中国に渡すということは、
日本企業がいずれはどういう運命を辿るか自明の理だ。

中国が自分の国さえ良ければ良いという極めて自己中心的な
国家であることがよく分かる。
こんなチンピラ国家が拒否権を持つ常任理事国であることが、
今の世界が良くならない大きな原因のひとつであるのは間違いない。

とにかく、日本企業と日本政府は、未来を見据えて、
中国への対応を考えなければ日本は本当に何もない、
三流国以下の国に成り下がるのは目に見えている。
中国には大きな市場があるとはいえ、安易に目先の利益だけを
考えると、自分の死刑執行書にサインしてしまうような愚行を
犯すことになる。
中国も今の世界不況で中国市場を無視できないから、
世界は機密を開示することを承諾せざるを得ないだろうという
読みがあると思われる。
世界各国の足元を見透かしているわけだ。

さぁ、どうする日本。

草薙君の失態を一生懸命報道するより、こういうニュースを
報道しろよ、マスゴミ!
中国への批判になるからできないのか?
報ステの古館なんか、「いいライバル関係になる為には、
平等の条件でやらないと。そういう意味では同じスタートラインに
立つということは大切だし、日本の果たす役割が
期待されるところです。」なんていうコメントを言いそうだ。

政府の出方と「ゴミ」がどういう報道をするのか、注目しておこう。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード