FC2ブログ

名古屋闇サイト事件判決

先日、闇サイトで見知らぬ者が集まって、全然関係の無い
女性を殺した殺人事件の判決があったね。
2人は死刑、1人は無期懲役。
全員が死刑になるのが妥当だと思うが、裁判所の判断は
いつも我々の判断とは異なる。
理由のひとつに過去の判例があると聞く。
過去の事例から考慮して、一人しか殺していないから、
3人とも死刑という量刑は重すぎるというものらしい。
何人かかって、一人殺そうが、何人も殺そうが、殺人は殺人。
しかも無差別殺人という事実に変わりは無はず。
人を殺したら死刑。但し、よほどの情状酌量の余地(介護に疲れて
ボケた親を殺した等)があれば無期懲役にするというだけで、
いいじゃないか。
そもそも人を殺しておいて、その犯人がノウノウと生きている方が、
おかしいんだ。

現代の犯罪は過去の犯罪とは種類が違う。
事情があって犯罪に及ぶということが少なくなって、
本当に無差別に自分の欲望を満たす為に犯す犯罪が増えている。
犯罪は時代と共に変質しているのに、裁く方は未だに過去の事例に
むりやり当てはめて量刑を決定しようとする能の無さ故に、
世間の誰しもが適当と考える量刑よりも軽く、判決に疑問視する声が
引きも切らず、また被害者は控訴し裁判を長引かせるということで、
心身共に疲れ果てていくという、理不尽な結果を招いているのではないか。
加えて人権オタクのような考え方がおかしい弁護士やらマスゴミの
偏向報道の影響によって、被害者が悪者のようになり、本来加害者が
受けるべき量刑を、可哀想だとか、反省しているとか、
変な感情論によって捻じ曲げられようとなる状況は、
とても問題だといつも感じる。

裁判はそもそも法の名の下に、被害者に代わって加害者に
罰を与えるものである。
その裁判がどう考えても被害者や被害者の遺族が受けた悲しみと
苦しみを償うだけの量刑を科さないならば、何の意味があるのか。
裁判員に選ばれた方、どうか拒否しないで被害者の立場に立って、
是非公平な判決が出るように頑張って欲しい。
そして、裁判を死刑廃止論者やら、変な人権擁護の左翼弁護士達の
手から是非取り戻して欲しい。

加害者にも人権はあるのだろうが、人を殺しておいて自分の人権を
主張するなど、お門違いもいいところだ。
人を殺したら死刑。当たり前のことを当たり前に行うことができる
裁判を我々国民の手に取り戻さなければ、本当にこの国は
おかしな国になってしまう。
そしておかしい国にしようとしている勢力があるということを
国民のみんなが知らなければならないと強く思うね。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード