FC2ブログ

今、津川雅彦氏が熱い

最近、津川雅彦氏に熱い視線が注がれている。
なぜなら氏は芸能人という立場にありながら、
今の偏向・捏造報道を繰り返すマスコミを堂々と批判し、
また民主党の怪しさについても言及しているからだ。
氏のブログ記事を見て多くの人が共感と感動のコメントを
寄せている。

芸能人というマスメディア世界に生きる人間が、マスコミ批判を
するなど、到底普通の人間がやってのける芸当ではない。
敢えてそれをやってのけている氏は、相当肝の据わった人物だ。

芸能人の中には売国の手先に成り下がっている人間も多く、
久本雅美など、在日朝鮮人教祖の層化学会勧誘の営業部長の
ような活動しており、共演者を層化へ誘い、断ると裏で手を回し
仕事を干すというような悪行をやっている。
かのウッチャン・ナンチャンも誘われて断り仕事を干され、
一時期ウッチャンが鬱病になったことはあまり知られていないだろう。
ついでに言うが、層化学会は欧州ではカルト宗教として認定され、
布教を禁止している国が多いが、この度、ドイツでもカルト宗教に
指定され、布教禁止になったことを申し添えておく。

このように、芸能人は自分の生活に影響するので、
なかなか本音は言えないはずだか、堂々と意見を述べられた氏に対して、
本当に敬意の念を送りたいと思います。
今後、いろんな方面からいろんな形で、仕事に影響するような
圧力が掛かってくるはず。
それに屈せず、真の日本人として心意気を示し続けて欲しいと
思います。
思えば伊丹十三監督の映画に出演なさっていたが、
「ミンボーの女」の後、殺害された監督を目の当たりにして、
心に期すものがあったのではないかと思う。
伊丹十三監督は自殺と片付けられているが、どう考えても他殺だ。
妻の宮本信子が口を閉ざして語ろうとしないことなどから、
逆に信憑性が高い。たぶん監督は妻にこうなる可能性を示唆しており、
決して他殺とは口に出すなと言い置いていたに違いない。
伊丹の次回作は巨大宗教とカルトがテーマであったとされる。
巨大宗教が何を指すのか一目瞭然だが、この宗教を公に批判すると、
東村山市の市議のように自殺と見せかけて他殺されるから、
こっちの線も怪しいといえば怪しい。

しかし、津川氏がブログに日本の現状を憂うような記事を
書き始めた途端、別居している浅丘雪路に、在日朝鮮人たちは
CMと称して、バカボンパパの格好をさせ愚弄しているが、
別居の理由がこのCMにあるのではないかと勘ぐりたくなる。
こんな朝鮮玉入れの片棒を担ぐ妻を許せなかったのではないかと。

まっ、あなたも津川雅彦ブログを一度読んでみてください。

http://www.santanokakurega.com/2009/03/post-120.html#comments

あまりに正論で涙が出そうになるし、またコメントを見るにつけ、
マスゴミが捏造した嘘に固められた情報を、多くの国民が信じ込まされている、
日本の今の現状を正確に把握し、憂いている人間が数多く居るのが
分かって本当に嬉しい。
こうした俺たちの想いを託せる政治団体があればいいのにといつも思うよ。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード