FC2ブログ

BCLをやってみた。

昨夜ロッドアンテナを立ててBCLをやってみた。
ACアダプターを使うと雑音を拾うので電池稼動だ。
元々付属していたACアダプター「DC4.5V 300mA」は
いつの間にか失われていて、代替としてAC-D3M
(DC4.5V 400mA)を使用している。
SONYのサービスセンターに問い合わせて使用しても
差支えないか訊いてみたら、ICF5900用のACアダプターとして
使用可能となっているらしい。
しかし、300mAなのに400mAのものを使っているのだから
気持ち悪い。Sメーターの針の塗装が剥げるという情報があったが、
確かに俺の5900のメーター針も塗装が剥げていた。
せっかくリストアしたのにまたすぐ壊れても寂しいというわけで、
しばらく電池で使ってみることにしたんだ。

さて、短波放送といえば31mバンドと25mバンド、そして欧州バンドと
呼ばれていた19mバンドだろう。
ということで、まず31mバンドから探ることにした。
久しぶりにX-Markerを使って9.75MHzに合わせてみた。
操作方法に困ることはない。指が勝手に動いている。
以前は9.76MhzでR.オートスラリアの日本語放送をやっていた。
日本のBCLブームを支えていた原動力的な放送局だったし、
俺自身も一番聞いた局だったろう。
復帰第一回目の電波探検をここからスタートさせるのは、
至極当然のことだった。

さて入るはずもないが、9.76MHzにダイヤルを合わせてみる。
X-Makerで9.75MHzにあっているはずだから、
サブダイヤルのメモリを+10にすればいいだけだ。
途端に日本語が飛び込んできた。ちょっとたどたどしい。
ベストチューニング位置は+15の位置。つまり9.765MHzということになる。
このダイヤル目盛で周波数を読み取れることが、当時とても革命的で
画期的であったわけで、現在でも十分通用する。

その放送局はちょうど中国の歌手と曲を紹介するプログラムだった。
しかし、雰囲気的になんとなく高圧的ではないので、
北京放送ではない。となると台湾の「自由中国の声」か。
と、すぐにアタリをつけたところは、昔、ダテに勉強そっちのけで、
熱中していたわけではないことの(笑)、確固たる証明だろう。

ここで、ネットで台湾の日本語放送の情報を検索。
現在では、「台湾国際放送(台湾の声)」と言うらしい。
周波数9.735MHz。
あら、俺は9.76MHzに合わせて、この放送局が聞こえてきたのに
おかしい。
X-Markerがズレてるのかなどと一瞬思ったが、信頼できる
「ラジオ工房」さんで修理していただいているのであり得ない。
と、サブダイヤルをよく見ると、プラスは左、マイナスは右。
俺は9.75MHzから+10回して9.76MHzに合わせたつもりが、
逆の方向にダイヤルを回してしまっていただけだ。
9.76MHzに合わせたつもりが、9.74MHzだったわけで、
9.735MHzで送信されていた台湾を拾ったわけだ。

久しぶりに聞く海外放送局。
記念すべき復帰一発目に受信したのは、台湾からの
日本語放送だった。
居間の中央で、テレビやパソコンが稼動している中、
ロッドアンテナ使用でSINPO45444程度の受信状態は立派。
嬉しくなって電波探索を始めたが、その後は中国、北朝鮮、
ロシアの放送局ばかり。
昔はジャミング(妨害電波)と超強力な出力で他の放送局をかき消していた
嫌われ3人トリオだったが、どうやら今もその図式は変わっていない様子だ。
ネットからの情報で、タイ・イラン・ベトナムの日本語放送を狙ってみたが、
受信できなかった。
その後、AM波はどのくらい受信できるだろうとやってみたところ、
日本放送やTBSなど東京のキー局は明瞭に聞こえるし、
近県のローカル局もビシバシ入感する。
さすがにICF5900の感度は素晴らしい。

とこの結果に満足してとりあえず復帰初日のBCLは終了。
本格的に海外放送を受信しようと思うと、やはり外部アンテナは
必須のようだ。
ApexRadio「303WA-2」を検討している。
ただ、5900のアンテナ接続厨子は昔ながらのフィーダー線用で、
このアンテナのコネクタはBNC-Pなので、どうやって繋ぐかを
考えなくてはいけない。
75Ω同軸/ 300ΩフィーダーFプラグ変換などというものがあるが、
これは50Ωなので使えるのかどうか。
電気工作はさすがに無理なんだけど、詳しい方がいらっしゃったら、
接続方法をご教授ください。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード