FC2ブログ

オグシオ

負けてしまいました。
前回格下のデンマークにも苦戦していたんで、
今回は無理だろうと思っていた。
わかっていたのに、あまりな一方的な試合過ぎて、
小椋の立ちポイントが悪いとか、安易な返球をするなとか、
なぜ、もっとリズムを変えないのかとか、
だんだん腹が立ってきた。

そして、あっという間に試合は終わった。
余りの不甲斐なさに腹が立ったんで、すぐ風呂に入ったんだけど、
風呂の中でぼんやり先ほどの試合のことを考えてた。

試合が終わって潮田が小椋に「ゴメンね。」と
声を掛けたのが見えた。
それは最後にミスをして試合を終わらせてしまったこと、
そしてもう一つ、今回の試合全体に対して、
司令塔役としての務めを果たせなかった自分の無力さを
小椋に詫びたのではないかと俺には思えた。

試合当初、微妙な判定に潮田が主審に抗議をしたが、
前回のデンマーク戦の時もそうだった。
司令塔役の潮田はいつも自分がやらなくてはという
強い責任感を持って試合をしていたのが感じられた。
ところが今回、あまりのパワーバドミントンの前に、
様々なテクニックも押さえ込まれ、司令塔としての役割を
担ってきた潮田は、試合の組み立て方、立て直し方が分からず
もうどうしていいのか、頭が真っ白状態だったのだろう。

対処法もなく、ずるずるとミスを重ね失点していく。
彼女たちも第2セット中盤あたりから覚悟していたろう。
一歩一歩、サーブをする毎に敗戦にむかって進んでいく
絶望感の中で、それでも最後までお互いを庇いあいながら、
健気に試合をしていた二人のことを考えると、
先ほどの自分の苛立ちが、どれだけ不謹慎なものか理解できた。

周りは全て中国人の応援団に囲まれた孤立無援の状態で、
まるで男のような『大工と板前のペア』に対して、
孤独で絶望的な戦いを強いられた25歳の若き乙女たちを
なぜもっと暖かく応援してあげられなかったのかと、
自分の狭量さに自分で情けなくなった。

今回の敗戦について、彼女たちの実力不足だけで
片付けてはいけないと思う。
今回、パワーとスピートの前に彼女たちの持てる力は
全てねじ伏せられたという結果に対して、
事前の予想対戦相手の分析不足だと考えられるから、
コーチ陣にも責任は十分にあるのではないか。

しかし、女子テニスがナブラチロワの頃からパワーテニス化して、
優雅さがなくなってしまったが、女子バトミントン界もいずれ、
あんな中国の大工・板前ペアのようなオトコ女ばかりが活躍する
時代が来るのかな。
あいつら、ホルモン注射とかドーピングとかしてるんじゃなかろうか。
髪型だって角刈りだぜ!女捨ててるじゃん。
どう見ても女には見えなかったぞ。

オグシオの二人、男相手によく頑張ったね。
勝てねぇよ、あんな化け物には。
でも君たち、人間の女性としては100%勝ってたから、
そっちの方が意味があると思うし、決して、あいつらに
勝とうとして筋肉モンスターにならないでくれ。
君たちはブレイヤーである前に一人の美しい女性でいてくれ。

今回の敗戦で一番傷ついて、悲しんで、そして後悔してるのは
君たちであって、君たちを非難できる権利なんて誰にもないはずだ。
本当によく頑張った、堂々と笑顔で帰ってきてくれ。
しばらくゆっくり休んでください。

今回の敗戦で、君たちはまだ走り続ける理由が見つかったはずだ。
気力が戻ってきたら、柔よく剛を制すの言葉通り、
次こそ圧倒的なパワーに対して、変幻自在で優雅なプレーで
打ち倒す術を見に付けて、是非次回、このオナベペアを撃破して欲しい。

最後に、試合の時に怒っていたばかりで狭量だった俺自身を
君たちに詫びたいと思う。

本当にごめんな、そしてお疲れ様。早く日本に帰ってきておくれ。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード