FC2ブログ

ウクレレ雑記

今日はウクレレに関するあれこれね。

まず、昨日話題として取り上げた"Sonny-D"。
以前、2005年末あたりで引退という話を
ロコ経営の楽器店から聞いていたのに、市場に出続ける不思議さ。
Sonny-D氏のかわりにセニーザさんあたりが、
代わりに製作しているかとも考えていたけれど、
昨日ご紹介したような作品が市場に流れていた現実から、
几帳面で丁寧な仕事のセニーザさん代理製作の話は
妄想であったことに気づかされた。
遠い海の向こうのことを日本であれこれ想像しても
時間の無駄だと思い、親しくしている先ほどの
楽器店を経営するハワイ人にメールで真相を訊いてみたんだ。
するとすぐ以下の内容を含む返事をくれた。

「Sonny d said he was going to retire then
 some persons approached him to make fancier
 higher price ukes so he decided to make more.
 Quality is hit or miss. 」

ということで、一旦は引退を決めていたが、
より高級なウクレレを製作を要望する声が強く、
継続を要望する声が強かったのか、単に金に転がったのか、
どちらかはわからないが、とにかく引退を取りやめたらしい。
ただ、品質については、はっきり『Quality is hit or miss.』と書いており、
相変わらず、当たり外れが多いんだね。だが、わざわざ
こういうことを書いて寄越すということは、
もしかしたら、以前よりひどくなっているのかもしれない。
Sonny-Dを買いたい方は、必ず手にとって自分の目で
確かめてから、購入するのが賢明のようだ。

次は最近、話題にしているタカハシ・ウクレレさんについて。
ルシアーの高橋氏の製作姿勢が俺は好き。
そのタカハシ・ウクレレさんのメールニュース会員になった。
これから色んなタカハシ・ウクレレの情報が聞けると
思うので、随時ご紹介していきますよ~。

最後にウクレレマガシンVol.2の購読感想。
今回もなかなか濃い内容となっていたが、俺は特にカマカの紹介が
良かったね。
カマカの伝統と歴史は伊達じゃないっていうのがよく理解できたな。
ジェイクがカマカしか使わないのは、自分の感情や
想いを音に託して聞かせるのが仕事なのに、
その道具である楽器をあれこれ変えると、その楽器や
メーカーの特質をまず理解しないと微妙な感情表現が
難しいという信念と、以前、楽器店で働いていた時に、
多くのメーカーのウクレレが仕上げの不具合で返品したり、
ジェイク自身が治したりしていたが、カマカに限っては
一本もそういうことがなかったという品質に対する
絶対的な信頼によるものだという記事が載っていた。
その他、セニーザさんが、甥っ子夫婦のバレーメイドと
一つ屋根の下の工房に引っ越して、仲良くそれぞれの
ウクレレを製作しているという記事もあった。
俺、昨夜もセニーザ・ウクレレを弾いていたんだ。
高音で澄んだ音、ウクレレらしさを損なわない適度な
サスティーン、そして甘い音色。そしてなにより弾きやすい。
セニーザはやっぱりいいね。
セニーザさん本人に直接、カスタム・オーダーするのが俺の夢さ。
後、付録のCDはまだ聞いていないんでそのあたりはまた後日。
今日はここまでね。
それでは皆さん、よい週末を。(^ ^)/~~~~
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード