FC2ブログ

Phenom X4 9750 TDP 95W版が発売

やっとAMDがIntelのベストセラーQ6600と
同じスペックのCPUを発売できたわけだ。
Q6600のTDPが105Wから95Wに引き下げられたのは
昨年の春ごろだったから、AMDは約1年、開発が遅れた
計算になる。
価格は215米ドルだそうで、現在Q6600が24,000円(230米ドル)
程度で販売されているのでほとんど価格差はない。
後は好みの問題だろう。
が、AMDを使いたい人というのは、スピードテストとか、
表面上に現れる性能だけじゃないんだよな。
性能ならQ6600に軍配が上がるのはわかってる。
でも敢えてAMDを選択したいんだ。
勝てない昔の阪神を応援するような気持ちに近いものが
あるかもしれない。

さて、現在稼動中のテレビパソコン(780G+BE2450の
組み合わせ)はあくまでも暫定だ。
780GはPhenomと組み合わせてこそ、その性能を発揮する。
当然CPUの入れ替えは視野に入れている。
今回のPhenom X4 9750 TDP 95W版にはちょっとグラッときたが、
いけない、いけない。
省電力テレビパソコンというコンセプトを考えれば、
Phenom X4 9350e(2.0G L2 512KBx4/L3 2MB、TDP 65W)が
発売されるまで待っていなければ。

その時、ついでにAMD 790GXチップを搭載したマザーボードに
入れ替えてもいいかなとも考えている。
AMD 790GXは2枚のRadeon搭載カードに加え、
内蔵グラフィックコアであるRadeon HD 3300を加えた
3-way CrossFireも構築可能なところが魅力だ。
(780GでもJetway HA06は、CrossFire可能。)
が、俺のテレビパソコンはMicroマザーボード用なので、
AMD 790GXのMicroマザーが、Phenom X4 9350e発売あたりに
発売されるかどうかが問題だな。
08年Q2末にPhenom X4 9350eが出てくる計画らしいが、
間に合わないようなら、今のGA-MA78GM-S2Hをそのまま
使い続けても、面白みは欠けるが支障はない。

現在、俺のメイン機はIntel E8400(OC 3.8Ghz常用)を
使用しているが、08年Q3にIntelがCPU製品の追加と
価格改定を行う模様で、クァッド・コアのQ9550が
$530→$314に改定されるらしいので、こちらもCPUの
入れ替えを考えている。

年末から来年にかけて、マザーボードのソケットが変わるような
大きな変革期を迎える。
上記の計画通り、CPUの入れ替えを行ったら、
1-2年、成り行きを見守るつもり。
来る変革期が結局どういう方向に落ち着くのか
結論がでるだろうし、製品も熟成されているだろうから。

パソコンは最先端を追っているとすぐにスペックが
旧式になるが、実用に関しては、3年は十分に持つ。
でも、3年というのは家電製品からすれば短命だ。
だからこそ、パーツの入れ替えのみで対応できる自作に
俺は価値を見出しているんだ。
もっとも、作る喜びの方が大きいけれどね。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード