FC2ブログ

HP追加予定のウクレレ工房

少しずつ、私のホームページのウクレレルシアーリンク集を更新している。
最近では、マウイ島のK.P.Ukuleleや米のMP.Ukuleleなどを追加した。
そして、近日、タカハシウクレレ工房さん、Chihale Worksさん、
SlackWorksさんを追加予定。

それぞれの工房の横顔をちょっとご紹介すると、

タカハシウクレレ工房は横浜市在住の高橋氏が個人で
運営されている。
高橋氏はウクレレ作りを全て独学で学んだとのことだが、
タカハシウクレレの特徴が詳細に氏のHPに書かれているのを
見ると、なかなか弾き手の立場に立ったウクレレ作りを
されていると感じた。
オリジナルのブレイシングなど、なかなか興味深いが、
特に「アングルをつけたネックセッティング」などは、
低フレットと高フレットの弦高差を小さくし弾き易くしたというのは、
森モデルと発想は同じで、森モデルは指板の厚さにテーパーを付けて
カバーしているが、それを俺はネックに角度を付けて調整しても
いいのではと思ったんだが、それをすでに取り入れられていたんだ。
高橋さんのウクレレはベル型と洋ナシ型( ! )だ。

次にChihale Worksさん。
京都在中の、姫田千春さんが運営している工房で、
なんと業界では珍しい女性ルシアーだ。
占部ウクレレの占部氏に弟子入りしてウクレレ製作を修業し独立。
ウクレレの表板にワンポイントのインレイを入れてみたり、
可愛らしいウクレレを製作されており、女性に受けそうだ。

最後にご紹介するのはSlackWorksさん。
東京都は八王子市の小山氏が運営する工房だ。
ギャラリーを見る限り、コア材を使用したオーソドックスな
ウクレレ作りをされているようだ。
形としては、ValleyMadeに似ている。
あまり市場で見掛けないようだが、個人オーダーが多いのだろうか。

どれも私自身、手にとって試奏したことがないので、
本当にさらっと工房の横顔を紹介する程度しかできないけれど、
お持ちの方がいらっしゃれば、それぞれのウクレレの特徴、
ここがいい、こういうところがちょっと・・など、
教えていただけたら嬉しいです。

話変わって、最近、ちょっと思うのはウクレレの価格設定についてだ。
日本の経験浅いルシアーの作品が平気で12万やら15万以上していることが
あるんだが、それだと米やハワイの有名工房に直接オーダーメイド
できる価格なんだが、果たしてその価格設定が妥当なんだろうかと
考えてしまうことがある。

大量生産できる体制を持つ工房と個人工房の差が出ている場合もあるし、
ハワイ製などは仕事が雑なところが実際あるので手間の掛かり方が
違うとか、その他材料の価格によるものなど、色々と理由もあるんだろうけどね。

まぁ買う人が価格に見合うウクレレだと納得して買えばいいだけだし、
たぶんルシアー本人も他のウクレレと比して価格に見合うウクレレだと
自信を持って付けている値段だから、俺があれこれ言う権利もないことだが、
しかし、ただ単に採算を考えるとこのくらいで売らなければというのが理由なら、
本当に君の作品は同価格のほかの職人が作るウクレレと遜色ないものなのか、
自問自答して欲しいし、君の職人としての誇りはどこにあるんだと言いたいね。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード