FC2ブログ

マウイ産のウクレレ

金曜日の22:30~に時間変更になってから、
いつも見逃してしまっていたアロハチャンネル。
昨夜、ふと思い出してチャンネルを変えたら、
丁度、ブルース・シマブクロのウクレレ演奏が
始まったところだった。

今日のアロハチャンネルはマウイ島からだったが、
マウイにあるウクレレ工房といえば、マウイ島ワイルクに
工房を構える「Nahenahe」と「Mele Ukulele」がある。

「Nahenahe」ウクレレはPaul &Pam Petersenの夫婦によって
製作されている。
Nahenaheはハワイ語の「美しく、優雅な 音色」という意味だそうだ。
ハワイ自生の素材だけを使い、最新のコンピュータを駆使して
レーザーによるカッティングを行っているというあたりは、
Gストリングスの製作手法と似ている。

「Mele Ukulele」を設立したMichael Rock氏はボストン生まれ。
1981年、全米を旅してマウイにたどり着き、
最初は家具を作っていたが、そのうち趣味で作っていたウクレレ作りが
本業になったらしい。
「Mele Ukulele」には姉妹ブランドに「Kalia」と「Braddah」があり、
この姉妹ブランドとMELEの違いは、フィリピンとメキシコで
カッティングし、マウイで組み立てるか、全てをマウイで製作しているかの
違いらしい。
ということは「Mele Ukulele」は結構、生産数が多く、
ハワイではポピュラーなウクレレという位置づけなのかもしれない。

また、あまり知られていなくて、俺もまだリンク集に追加していないけれど、
ケン・ポッツ・ウクレレ工房の「K.P.Ukulele」がある。
http://www.kpukulele.com/index.html
KPukelel

オーダーメイドのみで、独りで全ての工程をこなしている。
注文が入ってからだいたい5週間ぐらいで完成するそうだ。
仕上げに何百年も前の手法で樹液を塗るから長持ちすると
ケン氏は言っている。素朴なウクレレという感じがする。

とまあ、ちょっと調べてもこれだけの工房がある。
慶さん~、レストランとホテルと服飾・エステ関係のお店だけじゃなく、
前からお願いしてるように、ウクレレ工房も紹介してくださいよ。
ウクレレだって、ハワイを代表する立派な顔じゃないですか。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード