FC2ブログ

T's Ukulele-MailMagazine No,6

T's Ukuleleさんのメルマガが久々に配信になった。
今回は、錦糸町で、ハンドメイドギターの製作家が
集まる展示会「Tokyoハンドクラフトギターフェス」に
ついてだった。

>最近ウクレレ製作にハマってしまう製作家が続出! 
>51個の展示ブースの中の少なくとも3分の1くらいには
>ウクレレの展示があるのではないだろうか?といった状況

これは、ウクレレの需要が高まっているということなのか。
俺の感覚だとちょっと前に、ジェイクがメジャーになる頃、
日本では静かにウクレレブームだったような気がするが、
最近はちょっと下火傾向のような気がする。
なのにウクレレの需要が高まっているのは、団塊の世代の方が
第2の人生の趣味として、ウクレレを始める人が
多いせいなのかもしれないな。

もう一つ、製作者側からしてみれば、ウクレレは小さい分、
材料が少なくて済むので、コストパフォーマンスが
いいのかもしれない。
あ~、しかし製作手間はそんなに変わらないかな。

参加ビルダーを拝見すると、日本の有名ウクレレビルダーは
ほとんど参加する予定になっているね。
当日はT's Ukuleleのお得な販売もあり、珍しい材料で
製作したウクレレも展示するそうです。

俺は田舎もんなので行けねぇ!
誰か行ってみて、詳細リポートしてくれたら有難いです。

******************************************************
「Tokyoハンドクラフトギターフェス 2008」
http://handcraftguitar.jp/

期日: 5月24日(土)11:00~19:00
5月25日(日)10:00~18:00

会場: 東京都墨田区 JR錦糸町駅前
「すみだ産業会館サンライズホール」

入場料:1,000円(税込み、2日間入場可)
*******************************************************

その他、ビンテージマホガニーについての記事がありました。
まだ多少の在庫があるそうで、

>最近ではソプラノだけではなくマーチンタイプの
>コンサートなども製作していますが、
>このコンサートなかなか素晴らしい音色でした。

これは、最近このブログにコメントを寄せていただいた
岡山の有名人、ギター・ウクレレ演奏家フェリーペ・ナカムラさんが
最初にカスタムオーダーしたものだね。
マーチンは以前「スタイル0」を所有していたが、
最近のウクレレのソプラノタイプに比較して
ちょっと小さかったから、コンサートタイプぐらいの
大きさが適当だと俺も思っていたんだ。

>また、マーチンタイプだけでなくSD、CS、MT、TMSなどの
>各サイズでの製作も受け付けています。
>材料が貴重なものなので、カスタムメイドとしての受注のみと
>なりますが、是非お好みの仕様でのご注文をご検討下さい。

最近、俺が興味を持っている森モデルウクレレ(T's Ukulele製)
についても、ビンテージマホガニー製があったそうで、
森先生経由でT's Ukuleleに特別注文できるかもしれないね。

ビンテージ材を使用する利点は、乾燥度にあると思うんだけど、
ビンテージマホガニー材と、きちんと自然乾燥処理を施した
普通のマホガニー材では、それを使って製作されたウクレレが、
弾いた感じに、そんなに違いが出るものなのだろうか。
また、ビンテージ材を使用する利点に、乾燥具合がもたらす
影響の他に何かあるのかという疑問もある。
暇な時にちょっと調べてみようか。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード