FC2ブログ

K10.5-“Shanghai”の話題

こんな記事が北森瓦版に出ていた。

一部抜粋してみる。

「 AMDの45nmプロセスNative Quad-Coreである
 K10.5こと“Shanghai”であるが、
 既存の65nmのK10と比較すると10%から20%ほど早くなるという。

 おそらく45nmの“Deneb”は“Penryn”よりも高速なものになるだろう。
 現在のスケジュールでは“Shanghai”世代の45nm版Phenomは
 “Nehalem”の少し前に予定されている。 」

事実とすれば、AMD派の俺としては嬉しいニュースだが、
前評判だけで、蓋を開けてみたら大コケで、しかもエラッタ持ちだった
「Phenom」のことを考えたら、“Penryn”よりも高速なものという件は、
ちょっと信じがたい。
しかも、Intelがネヘーレンを出す直前に、やっと45nmプロセス製品を
リリースという事実も悲しい。
今はIntelCPUしか選びようがないと思えるけれど(俺はね。)、
しかし、Intelと同等性能のCPUが登場するならば、
その時俺は、敢えてAMDを選択したい。

しかし、Intelの“Nehalem”リリース以降、CPUは新しい時代へ
突入するのは間違いない。
インテルのLarrabee(ララビー)やら、AMDのCPUとGPUを統合した
新プロセッサ「Fusion」やら、ここ1-2年、かなりの変革がありそうだ。
“Nehalem”や“Fusion”などが落ち着くまで、しばらく様子を見た方がいいかな。
そういう意味では、変革前のギリギリのタイミングでPCを組んだのは、
2年ほど状況を傍観するには、いいタイミングだったかもしれないな。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード