FC2ブログ

不愉快な店

先日、レッスンの帰りに妻と「サン・マルク」という
レストランに行ってみた。
結構並んでいた。
どうしようかと思ったが、サン・マルク初体験だったので待つことにした。
30~40分程度で席に案内された。

席は生憎グランドピアノの近く。
いい演奏なのだがうるさくて会話ができない。
もっと席から離れたところにピアノを設置すればいいのに。

さて、オーダーをして皿やナイフが並べられた。
そこから延々と料理が出てこない。
ここは焼きたてのパンを配ってくれるらしいが、
なぜか俺たちのテーブルには来てくれない。
お腹がすいてイライラしていたので、パンを配っている
おばちゃんを呼んで、持っていた全種類のパンをもらってパクついた。
ちょっと落ち着いたのでまわりを見渡すと、俺たちより随分前に
案内されたお客の料理も未だ出来ていない。

どのテーブルのお客もイライラしている。
厨房にはコックも何人かいたので、スタッフの数が足りていないのでも
なさそうだ。
それにそれほど大きいお店でもなく、いわゆるファミレス程度なのに、
料理は全然出てこない。

30~40分以上も経った頃だろうか、やっと俺たちの料理が出てきた。
お店に入ってここまで、余裕で1時間以上は経過している。
隣のテーブルでは家族6人が食事をしていた。
みんな食べ終わってデザートが出てきていたが、1人だけまだ料理が
来ていない様子。
そのことを母親らしき人が告げると、「えっ、そうですかぁ~」みたいな感じで
しばらくすると料理を持ってきたが、別にきちんと謝りもしない。
別のテーブルでは延々と待たされた挙句、持ってきた料理が違っていた。。

どのテーブルも怒りに満ちている。
大阪人の妻はそれでも大人しい岡山の人間に驚いている。
大阪なら間違いなく罵声が飛ぶそうだ。
楽しい家族や恋人同士の食事の時間のはずが、どのテーブルも会話がない。
こんな調子ではデザートやらコーヒーなんかも時間がかかると思って、
料理が来た時に、すぐ持ってくるように言ったんだ。

さっさと食事を終え、テーブルを立った俺たちにまわりの人たちはちょっとびっくり。
だって、俺たちより随分前から席についていたのに未だ終わっていないからだろう。
食後のコーヒーやデザートをすぐもってこいって言ったのがよかった。

さて会計するとき、しばらくレジの前に立っていたが誰も来ない。
一体ここはどうなってんだ、どれだけ待たせるんだとまたまたイライラしてくる。
厨房のコックに遠くから声を掛け、会計してくれるように頼んで、
やっと会計してお店を出ることが出来た。

妻は俺に詫びている。
行きたいと言ったのは妻だった。
大阪にもこの店はあるが、そこもやはり随分待たせるらしい。
でもそんなのは大阪のお店だけだと思ったのって言う。

その妻の話も絡めて、車の中で色々と考えた。
確かにスタッフも要領の悪いところがあるが、
パンを配るおばちゃんにしても一生懸命笑顔で頑張っていた。
どこが悪いんだろう?何が悪いんだろう?
前菜などは作り置きのものだったし、簡単な調理で済むものが
多いメニューだと思う。
なのに他のファミレスに比較してもあまりに料理が出てこない。
これはもうお店を運営するシステムが悪いに違いない。
スタッフの動き、手順が悪い。もちろん教育も含めて。
そういうシステムの中でやっているスタッフこそ可哀想だと思い始めた。
お店のマニュアル通りに決められたことを彼らは懸命にやっているとしても、
お客の怒りや不満を直接受けているのは彼らなのだから。

とりあえず俺はもう二度と行かないだろうし、どの客ももう一度行こうとは
思わないだろう。
食事は楽しむもの。
それが出来ないお店に何の存在価値があるのかっていう話だ。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード