FC2ブログ

T's Ukuleleメールマガジン

T's Guitarsさんがメルマガ始めた。

09/05に第1回目の「T's Ukuleleメールマガジン」が届いた。
今後月1回程度の配信を予定しているとのこと。

高橋氏のブログによると、
アドレスの登録作業などを専用のソフトなどを使わず、すべて手作業でやったために
思っていたよりもかなり時間がかかってしまいましたー。ふぅ。

とのことで、俺のアドレスも手入力していただいたのね。
なんだかとても感謝です!

< 今回の内容 >
・「Best in Show」を受賞したこと、
・40年前の本物のホンジュラスマホガニーが手に入ったこと、
・ミニテナーの製作を始めたことなどが主な内容。

「Best in Show」とはハワイで開かれる国際的なウクレレ展示会にて
贈られる賞ということだが、どういったウクレレに贈られるのか
その選考基準は不明。デザイン・装飾・材料などの総合評価かな。

高橋氏のHPによると今回の受賞は以下の通りとのこと。

・テナー部門       "Tony Graziano"
・総合部門        "John and Pam Ramsey"
・alternative siza部門  "Shinji Takahashi"

受賞したウクレレビルダーを皆さんご存知?
俺は高橋氏とちょっぴりだけどTony Graziano氏は知っていたよ。
でも総合部門受賞のJohn and Pam Ramseyというのは知らなかった。
後日調べてみます。

今回の受賞に関して、
世界の中で日本製のウクレレが素晴らしいことを
証明してみせた高橋氏には最大の賛辞と敬意を送りたい。
本当におめでとうございます。


40年前の本物のホンジュラスマホガニーが手に入り、
8月に6台ほど製作したマーチンタイプ(2機種、99,750円と136,500円。
かなり特別価格でした)は既に売切れてしまいましたが、
その内1台はIWAOさんに使っていただくことになっています。
残りの数十台の材料は、オーダーメイド用として大切に使っていくつもりです。
ご興味のある方はお問い合わせ下さい。とのこと。

問い合わせてもいいんだが、
今度は特別価格じゃないんでしょ。値段ガ・・ ((((((^_^;) ススッ


そしてミニテナーですが、
たしかカマカのオータサンはそういう位置づけの大きさだったはず。
かの占部先生もコンサートテナーサイズというウクレレを以前から
製作していらっしゃるので、目新しいウクレレではないんだけど、
テナーかコンサートか迷った時にはいいね。
というか、俺としては、テナーとコンサートと迷う人ってどういった点で
迷うのかそこが知りたい。
ホディサイズなのか音量なのか、それとも用途によるものなのか。


とまぁ、簡単に俺の感想を交えての「T's Ukuleleメールマガジン」
第一回目を紹介してみました。

というか、
「お前の感想はいいからここにメルマガ全文載せとけ。」と思ったあなた。

実は俺もそうしようかと思ったけど、それだとあまりに手抜きで
いちお俺にも良心の呵責っていうのがありますんで。(笑)


高橋氏の受賞作のウクレレ
TS

スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード