FC2ブログ

小沢氏辞任について

自民党に持ちかけられた大連立構想をその場で
断らなかったとして、役員から批判され代表辞任表明を
したわけだが、さぁ、どこまで本気なのか疑問だな。
そもそもこの大連立の話は以前、小泉さんが森派の会合の時に
「まさかという坂がある。」とか「民主党は協力政党と考えてよい。」など、
意味ありげな発言していたが、今考えるに明らかにこの大連立のことが
念頭にあったはずで、とすればかなり前からこの話は進んでいたんだな。

ところが、話が大体煮詰まったところで、党首会談の中で初めて出た話と
白々しく嘘を言い、初めて連立構想を公にして、
党内調整しようとしたところが、自民党と真っ向勝負して
堂々たる勝利に固執する民主党幹部に痛烈に批判され、
そんな融通の利かない組織に嫌気が差した、いや怒ったんだと思う。

権力を手に入れなければ当然自分たちの考える政策は実現できない。
だからこそ、民主党は大いなる野党ではなく、政権政党側に
立たなければ意味はない。
その為には衆院選で自民党を打破して政権交代を実現するという
不確実な策を採るよりも、より確実で現実的な方法として連立ということも
有得るであろうに、そういう柔軟な思考がお前らはできないのか!って
いうことなのだろう。
小沢氏としては、参院選の勝利は、民意が民主党に移ったのではなく、
国民が自民党にお灸を据えたかっただけなのに、勘違いしている民主党の
幹部たちの認識の甘さに腹が立っているのかもしれない。

今後の動きとして当然小沢氏抜きでは選挙は勝てないのは
分っているから、党幹部が慰留してくるだろうが、
じらして自分の価値を高めた上で復帰し、自分の党内の足場を
強化する策に出るのか、自分の息のかかった議員達を引き連れて
古巣の自民党に合流し、自民党内で足場を固めて権力を得るのか、
そのどちらかが考えられるな。

ブライドが高い人なので、自分が傷付くのが嫌だから
他の人に頭を下げてまでトップに固執する人じゃない。
でなければ辞任発言するはずがない。
無責任とも言われるが、プライドの高い人の典型的な行動だ。
ここから先、民主党の行く末に限界が見えたら泥舟に乗ることもなく、
このまま先頭に立つことをさっさと諦めるかもしれない。
そんな人なんだと俺は思うな。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード