FC2ブログ

今日は政治の話

安倍幹事長、いよいよ総裁選出馬表明をしましたね。

日本はなんだかおかしい。
数年前からそう感じていろんな情報を集め始め、俺なりに分析してみたんだ。
そしたら日本は今とても危ない状況にあると判断せざるを得ないんだな。
日本が危ないキーワードの一つはやはり中・朝なんだ。
しかしこれは本国のことではなく、日本国内の親中・朝鮮派が
日本にどれだけ悪影響を及ぼしているか
その全体像がぼんやりわかってきたからだ。
財界、宗教界やマスコミ界、芸能界など、知らないうちに全て牛耳られ、
彼らに操られ、知らない間に彼等の為に俺ら日本国民が搾取されている実態。
日本が日本人の為の国でなくなりつつある事実。
もう癌末期のような状況かもしれない。
だがまだ「人権擁護法案」のような、某宗教と北朝鮮のシモベ達が
やっきになって成立を目論み、日本人の正当な言論の封じ込めを狙った超悪法が
差し戻しになったところを見ればまだ日本は救いようはあると思うんだ。
(「人権擁護法案」については皆さん、各自でネットで調べてみてください。
この法案自体、マスコミはたぶん意図的にほとんど報道しなかったので、
ほとんど国民に知られることなく成立しようとしていたとんでもない法案でした。)

こんな状況下において、
安倍氏はたぶん今の日本の陰の部分について非常に懸念を持っておられ、
なんとかしなくてはいけない想いを強く持っている方だと俺は思っているし、
中朝に対しても内外に彼等の陰謀をなんとかしてくれるのではないかと
密かに期待してるんだ。
いきなり全部は無理だけど序々に日本を綺麗にしてくれたらいいんだ。

俺は最初、日本がどうおかしいのか、どうしたらいいのか、はっきりわからなかった。
その答えを自分なりに出さなくてはいけないと思った。
その一環で「TVタックル」という番組を見始めたんだ。
この番組が好きなのは、所謂議員先生と言われる国会議員が
ハマコー氏や三宅久之氏のするどい舌鋒にもひるまず、
時には彼らをも凌ぐ発言をしながら絡み合い、
そうしたやり取りの中で、日本の政治の本当の姿が
垣間見れるところが本当に面白いし、議員やハマコー氏が
手加減なしで、時にはマジで口論を始めて厳しい舌戦のやり取りの中で、
今、日本の抱える様々な問題について簡単明瞭にその本質と
問題点が浮き彫りになっていくところにある。

日本寄りの思想ではないテレビ朝日なので
最初はまぁ、中国、朝鮮万歳の方向に誘導する
政治パロディ番組かなと思っていたけど、
報道ステーションに比べればかなり自由に論戦している。

ついでに言っておけば中国が少しも問題視してなかった靖国問題を焚きつけたのは
報ステのコメンテーター加藤千洋( 当時、朝日新聞北京特派員 )です。
彼が言い出し、中国が日本のウィークポイントのひとつだと気付き、
それから言い出し始めたわけで、逆に中国なら彼は明らかに
国家反逆罪で処刑されるだろうね。

以前も報ステで阿部氏をゲストに招いた時に、
安倍氏への悪意を持った番組構成を作り阿部氏失墜を狙ったが、
逆に番組の中で北朝鮮工作員鄭なる人物と関係があることを
自分でしゃべってしまって、即座に阿部氏にその鄭何某が
日本国が正式に工作員と認定している人物であることを指摘され、
加藤本人が準工作員だと逆に世間に晒されたのは有名な話。

閑話休題。

俺は番組の中ではハマコー氏が好きだ。
ハマコー氏は元やくざから国会議員になり、数々の武勇伝をもっている人で、
その発言には迫力があり、妙に説得力がある。
氏の素晴らしいところは、まず極論を投げかけ、口先だけの場当たり的発言を
掣肘している。
そして、氏の舌鋒は留まることを知らない。
氏ははっきり言う。「日本はアメリカの51番目の州に過ぎないし、
そのつもりで行動すれば現憲法上、何の問題もない。」と。

「おまえら偉そうなこと言うけどな、戦争もできなくなっている国がだな、
軟弱に経済制裁だのなんだの言って息巻いてもだよ、向こうは制裁発動は
宣戦布告とみなすって言ってるんだ、その気になられたら、アメリカに
泣いてすがるよりないんだよ。お前たち、日本だけで現憲法上、対処できる
なんて考えてるほうがおかしいんだよ。だから煮え切らない小泉首相のほうが
賢いんだ。」とも言った。

確かに外交面の強行策にでる場合、軍事力行使ができない日本では
脅そうが何を言おうが、全然相手に対しての効果がないのも事実で、
対北朝鮮・中国に対する外交政策のネックになっている。
中国が日本に対してあれこれちょっかいを出してくるのも、
そういうことを見越しての態度であり、
反面、日本の軍事化に対してかなり敏感であり、日本の憲法改正に対して、
世論や政府内の気運が高まってくると、すぐ戦争国家に逆戻りするだの
なんだの因縁をつけることも忘れない。

俺はこの頃考える。
日本は正式に軍隊を持ち、核を持つべきだ。
そうしてこそ、はじめて日本の外交ができると思う。
虎の威を借る狐の狐野郎と思われているから、
アメリカさえ押さえておけば日本はほっといてもよいと中国・北朝鮮がなめるんだ。

そして、極論ではあるが徴兵制度も検討してもよいのではと思う。
俺は別に右翼でもないけど、若いうちに2年ほど兵役義務を科し、
集団行動や規律というものを叩き込んでやれば、
いま、問題になっている青少年の犯罪も減るのではないかと思う。

日本は今、厳しさと規律が必要なのではないかと思う。
「自由」という意味を履き違えてはいないか。
人間として存在している以上、社会生活は切り離せないし、
その社会生活の中に於いての「自由」という意味は、
何をしても許されるということではない。
社会生活における通常理念から外れる自由 それは「犯罪」と呼ばれる。
そして、健全な社会生活の中に於いて自由にしようと思えば、
社会人としての義務を果たし規律を守る必要があるはずだ。

今の教育は、偏差値重視で、受験テクニックとかは教えても
社会生活を送る上で必要な常識を教えることがなくなっていると思う。
躾というのも、その必要な常識の一つで、
その方法論としての体罰もあり得ると俺は思っている。
子供を殴らない親も悪いと思うけどね。

日本国民が国際的な社会生活を行うために、
自分が汗を流すことを考えなければならない時が来ていると思う。
他国の人々が例えば戦争仲裁を目的に戦闘地域に赴き、
血を流して戦っているのを俺たちはお金だしてんだと言いつつ、
飯を食べながらその戦闘状況をTVでみていて、
それで、世界の人々が納得するはずがない。
そういう意味に於いては、日本は国際社会の引き篭もり君だ。
従って今回のイラク派兵については、俺は評価している。
引き篭もり君がやっと家から出て就職はまだ無理っぽいけど、
アルバイトを始めた。そんな感じだろう。

税金の無駄遣いと言われる横領と呼べるようなことや、
小手先だけの方法を編み出し自分たちに責任と負担が
かからないようなことを平気でする官僚や公務員たち、
なめられまくって、金だけ取られる情けない外交しかできない外交官、
赤字国債を発行しながらの予算組みをするしかないほどの莫大な借金大国、
そしてそれを解決するために自分たちは努力しないで国民から
搾り取ることしか考えてない増税政策・・・

日本の政治の問題点は山積しており、そのことを理解し把握し問題視する。
政治に関心を持ち、国民全体でやっていることを監視する。
そうしながら、日本をまともな国に戻す努力をする。
今、国民全員がこの努力を怠れば日本はきっと破錠を期たすことは
間違いないだろう。

番組中、決して議論に関わらず静かに見守るビート・たけし氏。
彼のすごいところは、お茶の間の家族みんなで政治のことを考えられるように、
政治をわからない言葉で煙に巻く官僚に変わって、わかりやすい言葉で
誰もが政治とその問題点をわかるような番組に仕上げようと意図したこと。
そして、それをハマコー氏をはじめとする個性豊かな論客に存分に語らせることで
実現化されていることが、この番組の素晴らしい点だと思う。

今、日本国民が必要なのは本当のことを知ることだ。
TVタックルなどの番組でまず自分の国「日本」にもっと興味を持って欲しい。
そして重要なのは情報源のマスコミを100%信じないこと。
朝日新聞やテレビ朝日、最近おかしくなっているTBSなどの報道、論評、社説などが
本当に正しいのかどうか、自分で判断できる情報と知識を持つことが
とても重要だと思う。
事実、TBSは石原都知事の発言を歪曲編集して報道した件、
米下院議員の発言に全く逆の意味の翻訳テロップを流した件、
戦時中の日本731部隊の写真の後ろに全く関係のない
安倍官房長官のポスターを重ねて写す映像を配信したなど枚挙に暇がない。
これらは明らかに情報操作であり、自分たちの利益になるように
世論を持っていこうとする意図が明白だね。
そして問題なのはこの自分たちとは誰をさすのかということを
考えてみて欲しいんだ。

正しい情報を入手するにはきっとネットが役に立つはずだよ。
情報を仕入れたらそれを自分で分析し、
今の日本、君なら一体どういった方向性が正しいのか考えてみてくれ。
そして、君が答を見つけたら、
その答えを具現化するには君の意思をまず選挙という形で表現すべきなんだ。
そしてそれは、前出の社会生活を送る上での義務であり、
大きな権利だとも俺は思うんだな。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード