FC2ブログ

修理品に消費税?

ハワイのカマカ本社にリフィニッシュに出していた
ビンテージカマカが返ってくる。
現在通関手続き中らしい。
カマカ社が日通さんを利用して送り返してきてくれたけど、
税のことでトラブっている。
ウクレレの価格が不明なので課税額を確定できないらしいのだ。

しかしよく考えてみると修理品を輸入する際に消費税が掛かるのが
そもそもおかしいと思ったので調べてみると、輸入時に個別通関し、
確かに修理品としての再輸入であるという証明をするために
多様な書類を提出しなければならず、その煩雑な手続きに耐えられず、
再度消費税を支払う輸入業者も多いということがわかった。

日通さんによると今回の俺の場合、
まず事前に上記のような修理品としての手続きを取っていないので、
修理費と日本からの送料の合計金額に課税することになるらしい。
なんであちらに送ったときの送料なのかも理解できないが、
日本からカマカに送ったときの送料が明確になる書類はないかとの
問合せがあったので送り状の控えを早速FAXしておいた。

でもこれはやはりちょっとおかしいんじゃないか?
もっと修理の為に海外へ出すものに対する減免措置の手続きを簡素化すべきだし、
俺のように修理品に対しては別途事前に特別な申請をしないと課税されるなどと
知らない人も大勢いるのだから、年金ではないにせよ修理品と明確に判別できれば
税金の減免措置をすべきだと思うけどな。
仕方なく税金払っている業者や個人が実在する以上、
これを問題視してもっと柔軟に簡素に対応できるように
法改正なぞして欲しいものだ。

しかし先日来、税関のミスで余分に課税された時、税金返還の為の書類を
作成しFAXしたりして時間と手間を俺にかけさせたくれたことがあったし、
また他人の書類を郵送したきたのを電話して送料俺もちで送り返したりもした。
しかし、俺は税関に対して一切の文句も言わなかったし、
誠意をもって対応したつもりだ。
他人の書類なんて破棄してもよかったはずなのにだ。

結構、自分らもミスをしてるんだから、国民へも柔軟に対応できる
体制作りを税関ならびに通産省へ強く要望したい。
ウクレレを修理の為に海外発送する人は再輸入の際の課税について
気をつけてください。

しかし今回俺の無知から出たこととは言え、
なんだか罠に嵌ったようで釈然としないな。
スポンサーサイト



comment

全く同感

私は音響機器の輸入をしていますが、初期不良品を返品して代わりの新品を送ってもらうと、二重に消費税が取られてしまいます。
還付してもらう事は可能なのですが、手続が面倒なので、泣き寝入りしています。

やっぱりプロの業者さんでもこの件については泣き寝入りですか。。
たぶん手続きを簡素化すると、修理品と偽る不届き者も多数現出し、
それを取り締まるために、自分たちの荷物の検査がとても忙しくなるので、
やりたくないんでしょうね。
しかし真面目にやってる私たちはやっぱり釈然としませんね。
なんとかいいシステムを考えて欲しいものです。
Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード