FC2ブログ

ある日ウクレレに出会った。

記念すべき(かな?)最初の日記は俺とウクレレの出会いのお話。

今年の連休に妻とハワイへ行ったんだ。
妻はフラダンスが習いたくてビショップ・ミュージアムのフラダンス講座に
申し込みをしていた。俺も話の流れで一緒にフラダンスを
やることになってしまったけど、気が乗らなかった。
そしたらウクレレ講座もあるとのことで、そちらに参加することにしたんだ。
ただし、人数が集まらないときはフラダンスという条件でね。

当日、ウクレレ参加は俺一人らしく、本当なら講習は中止のはずだったんだけど、
先生がやってもいいですと言ってくれたらしく俺はめでたくウクレレの講習に
参加できることになった。

先生は背の高い(俺は182cmあるけど俺よりもちょっと高い)、とても上品な方だ。
聞けば、ハワイの王族の末裔らしい。
カムアライ・カヴァイアエアという舌を噛みそうなお名前だ。

初めて弦楽器に触った俺は当然のことながら悪戦苦闘。
習ったコードは、C F G7 D7 の4つだけ。
この4つのコードで伝統的なハワイアンソングを3つ演奏する。
曲にまつわるハワイの歴史にも触れながら、曲を演奏。
先生は曲に合わせて唄ってくれた。
先生は自分が王族の末裔ということで、ハワイの文化を大切にし、
ハワイという元々ひとつの国を忘れないで欲しいという気持ちが
俺にも伝わってきた。

約一時間、先生とハワイの歴史などについても話をしたりして
あっという間に時間が過ぎ、終了証をいただいた。

しかし、俺は何故だか釈然としなかった。
初めて弦楽器に触ったのだが、今考えればとても簡単なコードを
押さえられず、終始劣等生だった俺は先生に対してとても申し訳ない気分で
一杯だった。そうウクレレを通してハワイの文化や歴史をも意識して
欲しかった先生とただなんとなくウクレレを習いに来た俺とでは
意識にとんでもない差異があった。

いつかまたここに来て、必ずこのカムアライ・カヴァイアエア先生と
もう一度一緒にちゃんと演奏したい。この先生からもっとじかに
いろんなことを教わってみたい。

そう決心した瞬間、俺のウクレレに対する気持ちに火がついたんだ。

teacher

スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード