FC2ブログ

十?年ぶりの東京-Part1

kichisun

東京へ行ってみた。朝3時ごろから起きだし準備し、
朝一番の飛行機で羽田へ到着。
そのまま俺が青春時代を過ごした懐かしの吉祥寺へ。
まず宿泊先の東急インに向かう。

途中、ダイヤ街にある「佐藤」というお肉屋さんのメンチカツが
近年とても評判になっていると妻が言う。
「佐藤」なら知っている。学生時代に友達が300円でフィーバーに
挑戦してみて本当にきたら「佐藤」でステーキを奢ってあげるよって
やってみたら本当にきて、2人でステーキを食べたことがある。
しかし当時は人が並ぶようなことはなかった。
たぶん雑誌か何かにとり上げられて人気が出たのであろう。
荷物を持ったまま行列に加わった。15分ほどして無事メンチカツを
手に入れた。大きな団子状だ。後で食べようとそのままホテルへ。

さて、俺がホテルと思い込んでいたのは東急デパートだった。
よく考えたらホテルは南口の方だったんだ。
またまた荷物をゴロゴロと引っ張りながら南口へ向かう。
やっと到着しチェック・インには早すぎるので荷物を預かってもらい、
そのまままた吉祥寺探索に出た。
ホテルを出たところで先ほどのメンチカツを食べてみた。
ジューシー・香辛料がよく利いている・味付けは薄め。
万人受けする味だとは思ったけど並んで買うほどのものかと
正直思った。神戸の肉まんもそうだけど、何故それほど旨くないのに
並んでまで買うのか不思議だ。

街をぶらぶらし始める。
かなり変わっている。伊勢丹の近くにツタで覆われた一軒家の渋い
喫茶店があったはずなのだが無くなっていた・・・・。
俺の記憶の中に存在するお店は少ない。やはり随分変わっていた。
そして驚いたのは東急デパートの裏の住宅街の方にいいお店が
点在しており、街がそちらの方向に広がりつつあることだった。

そのままテクテク歩いて俺が住んでいたマンションまで行ってみる。
俺が住んでいたのは井の頭通りと成蹊通りの交差点のすぐ近くの
マンション。途中通っていた散髪屋があり、店の中に居る店主の面影は
昔のままあまり変わっていないように見えた。
やがてマンションに到着。
近所は若干変化していたが、マンションはそのまま存在していた。
記念撮影をして、そのまま今度は井の頭通り沿いを歩いて吉祥寺の
街中へ引き返す。途中、妻が紀ノ国屋へ寄りたいというので寄る。

余談だが、彼女の興味は食材とキッチン用品にある。
今回も色々と行きたいお店を調べているらしい。
連れて行ってあげるつもりだが、俺は色んな国や街の雰囲気を体で体感し、
地元のものを食べとりあえず見て歩くのが旅の醍醐味だと思っている。
彼女はどこに行っても興味を示すのは食材とキッチン用品。
今回の旅も結果をいうと、それに時間が費やされてしまうのだが、
ちょっとは旅の仕方を考えてもらわないといけない。
2人の旅なのだから。1人の趣味の旅じゃないんだしね。
おいおいこれは分かってもらわないといけないと思っている。

さて街中に戻り、安いステーキランチを食べさせてくれるお店を見つけて
昼食とし、その後今度は俺が最初に住んだアパートに
行ってみることにした。確か下連雀6丁目だったはず。
ちょっと遠いのでバスに乗る。井の頭公園の側を通りバス亭に到着。
路地に入る目印であった「丸正」というスーパーが無くなっていた。
たぶんここだと思う路地に入ってアパートに向かってみると、
随分様変わりしており、アパートの跡形もない。
今度は通っていた銭湯へ向かってみた。こちらも無くなっていた。
ふと、昔お世話になったバイク屋を見つけた。
店の奥には昔と変わらないおやじさんが1人座っていた。
懐かしいなぁと思いながら店の前を通り過ぎたが、
ふと話しかけてみようと思い立ち、引き返してお店に入ってみた。
昔、この辺りに住んでいたこと、おやじさんからバイクを買ったこと、
おやじさんからこんな話を聞いたよなんて、色々と話かけると
おやじさんも嬉しそうに答えてくれた。
銭湯も無くなってしまいましたねっていうと、おやじさんが言うには
相続税が払えなくて土地建物を手放す人がとても多いらしい。
確かにこの辺りは土地の評価額も高いだろうから、
老いて夫を亡くした妻が相続税を払えずに長年住み慣れた土地家屋を
手放してよその土地へ出て行かざるを得ないという現実に
なんだかとても悲しくて寂しい気分を味わった。
おやじさんももう80近く、ボケ防止で店を開けているとのこと。
耳が少し遠いようだが、どうかおやじさん、お元気で。

おやじさんと別れ、今度は三鷹方面へそのまま歩いて向かう。
そこには妹と一年ほど暮らしたマンションがある。
4階建ての小さなマンションで1階でお豆腐屋さんを経営していた夫婦が
大家だったが、豆腐屋は無くなっていた。止めたのかな。
記念撮影して三鷹駅から電車で吉祥寺へ戻り、
とりあえずホテルのチェックインをすませた。その後、
伊勢丹で開催されていたハワイアンフェアへ行ってみたり
(残念ながらウクレレ販売は無し)、しばらくぶらぶら。
妻が無印などを見たいと言い出したので付き合うと疲れるので
俺はホテルでしばらく休むことに。1時間半ほど寝て妻と合流。
この時、持っていたカバンの取手が壊れ、吉祥寺ロンロン内に
靴底などの革製品をスピード修理するお店があったので持ち込んでみた。
修理は2週間程度かかるができそうだとのことだったが、
岡山へ着払いで送ってくれと言うと店長に相談してみないと・・と
言葉を濁したのでとりあえず預けて外出している店長が帰ってくる
1時間半後ぐらいに再び訪ねることにして、
17:00過ぎに俺のバイト先があった中野に向かった。
中野のメインストリートの裏通りは飲食店が立ち並んでいる。
「第二 力(ちから)」という割烹屋さんも健在だ。
目指すは新井薬師にあったバイト先と「五香采館」という中華料理屋。
「五香采館」は隠れた名店だ。当時横浜中華街にもよく行ってたけど、
横浜のお店よりも旨いと思っていた。しかも安い。
しかしいくら探してもバイト先も「五香采館」見つけられなかった。
どちらもネットで健在なのは調べてあった。すぐわかるだろうと
地図などで確認しなかったのが間違いだった。。
さて夕食は新宿にあった牛タンをたべさせてくれる「ねぎし」という
お店に行こうと思っていたが、なんと吉祥寺に支店ができていたので、
吉祥寺のねぎしに行くことにしたんだ。
その前にカバン修理の件で修理屋に訪れてみると、岡山に送ることも
了解してくださり、修理代金を支払い正式にお願いできた。
修理の話が上手くまとまったので、気分よく「ねぎし」へ到着。
昔と変わらずとても美味しく妻も大満足。
その後、ハーモニカ横丁をぶらぶら。
夜になるとスタンディング・バーや生パスタを食べさせてくれるお店など
随分賑やかになって活気がある。とても面白い空間になりつつあるね。
ハーモニカ横丁はこれから吉祥寺の穴場的場所になるね。

南口にあった渋いカフェで深煎りコーヒーを堪能した後、
夜の井の頭公園を妻の散歩。
雰囲気いいんだよなぁ、この公園は。

22時前にホテルに帰着。
疲れたぁ~。大河ドラマ見て就寝。
また明日。。
スポンサーサイト



comment

おかえりなさい。
>彼女の興味は食材とキッチン用品にある。
私ってば料理でさえ、興味を持てない人間なので、女性として羨ましいです。

結構ハードな旅行になりました。Part2.3をお楽しみに。
>私ってば料理でさえ、興味を持てない人間なので、女性として羨ましいです。
いやいや、れおちゃんにはデッサンとか、寄道大王とか
色々と素敵なところがあるじゃない。
これはこれで凄いと思うよ。
十分に自信持っていいと思います。

そうかなぁ~。
あ、あんまり自信もてないんだな…。
私も、お嫁さんが欲しいッ!!
Part2.3楽しみにしています♪
Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード