FC2ブログ

温家宝主席が来日したけど・・。

ガス田や拉致問題などの政治問題はほとんど棚上げで、
経済方面の話に終始する様相を呈しているらしいが、
中国は拉致問題の協力と引替えに台湾問題において、
日本は台湾を認めないことを明確にさせるつもりらしい。
しかし、日本にとって台湾が無くなることの方が問題じゃないの?
「唇破れて歯寒し」この意味を政治家達は知っているんだろうか?
いつも思うんだが、日本と中国の外交においては
日本は中国に気を使いすぎていつも国益を損ねる交渉しか
できないな。
交渉後に政治的にも経済的にも利益を蒙るのはいつも中国だ。
日本は交渉する度に何かしらのリスクを負うことになってしまう。
いつも中国の国益に有利な言質を日本から引き出し、
日本はいつも自分の首を絞めている。

外務省の中には「チャィナスクール」なる親中派の派閥があるらしいが、
大体、あいつらが勘違いしているのは、あくまで、日本の国益を図るための
手段として相手国のことをよく知るために研究なりする必要はあるけれど、
「相手国のファン」になってしまっては外交は成り立たないだろ。
日本の国益よりも日中友好のほうを尊重する外交官や
政治家の多いのには呆れる。
「日中友好」と称しながら、その実は、中華人民共和国の
利益の擁護そのものだ。
裏では中国の「ハニートラップ」と言われる美人局に引っ掛かり、
自分可愛さの為に中国にスパイ的な活動をやらされている外務省の役人や
政治家がいるとも聞く。

従軍慰安婦問題、南京虐殺など、真実をきちんと世界に向けて説明しないのか
不思議だが大陸系某カルト宗教団体と縁の深い公明党と連立している限り
無理なんだろうし、所詮期待していた安倍首相もそこまでの勇気はないよな。
国内の売国奴達を始末してそれからまともな外交を展開しないと
未来永劫、日本は対等な交渉などできるはずもないく食い物にされるだけ。

中国は非常に危険な国だ。
中国で儲かるから仲良くしろって経済界の人たちは言うけれど、
平気で産業スパイをし、コピーを作成し始め、やがて軒先を貸して
結局母屋を取られるようなことになっている。

軍事的にも経済的にも信用ならない国、それが中国。
日本はそんな国とどう付き合っていくべきなのか。
少なくとも「ごめんなさい、これあげます。」のような、
殴られても笑って「許してあげる」みたいな外交しかできない今の日本では
中国にとっては赤子の手を捻るようなものだな。

さて今回の交渉。
日本はどんなリスクを背負わされるのか。
固唾を呑んで見守るしかできない俺はとても歯痒い気持ちで一杯だ。
スケジュールによるときっちり売国奴の河野洋平などと会談して帰るらしい。
河野洋平の忠犬ぶりにご主人さまの中国がお褒めくださるんだろう。
よかったね。(笑)
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード