FC2ブログ

今更ながらの三国志


俺の友人はとある会社の社長さんだが、岡山市内から毎日うちの会社に
顔を出す。
先日も色々と話しをしていたら、話のついでに数年前に
中国が大金をかけて製作した映画ドラマ「三国志」の話になり、
岡山市内の大きいレンタル屋ならあるんじゃないかということで、
彼が探してくれることになった。
しばらくすると、彼がそれをレンタルしてきてくれた。
全14巻で1巻につき2枚のDVDが入っており、
1枚のDVDに3話ずつ収録されている。
1話あたり45分、1巻6話で280分ある。
全14巻で84話、計3,920分 約65時間程度もある超大作だ。
とりあえず毎週2巻ずつ借りてきてくれることになった。

さて、俺は海外に行く度に関羽の像などを見つけると買ってしまうし、
三国志関連の本はほとんど揃えているし、NHK三国志で使用した
川本喜八郎先生が製作された人形を精緻に再現した
海洋堂のフィギアまで揃えてしまっているほどの三国志好き。

そんな俺を妻は白い目で見ていたが、「とりあえず一回だけ見てみろよ。」と
無理やり誘って見始めたんだ。
三国志は登場人物が実に多くて、特に最初の何進や董卓などのあたりは、
登場してくる人たちを初めから覚えろという方が無理な話だが、
妻も誰が誰か分からず、時代背景の知識もないので誰が敵対しているかも
よく理解できない様子で半分寝てたね。(笑)
しかし、劉備・関羽・張飛だけはすんなり受け入れられたみたいで、
彼らが活躍する虎牢関あたりから興味をもって見るようになった。
と、しばらくすると妻はすっかり関羽のファンになってしまっていた。
関羽の超人的な武や義侠心・忠誠心に感激したらしい。
華雄や顔良・文醜を一撃で討ち取るシーンは当然として、
赤壁の戦い前に周喩が劉備の暗殺を企むけど、
護衛していた関羽のあまりの威圧感に手が出せなかったシーンなど、
もう目がハートになってる!完全に逝っちゃってる・・・。
挙句の果てには俺を振り返って
「男の中の男だわ~、あんたとは大違いね~」などと言い放つ始末・・・。
しかも現在、赤壁の一歩手前でいよいよ三国志の主人公の一人、
諸葛亮孔明が登場するに及び、孔明は彼女の好きな人物序列において
いきなり関羽に次ぐ次席を確保した模様だ。

妻が三国志を好きになってくれて嬉しいんだが、
困ったことが2つある。

1つは、俺が高校生の頃、初めて三国志を読んで、
あの三人があんな非業の死を遂げるとは夢想だにせず、
特に関羽が死に至る場面に於いては関羽をハメてくれた呂蒙や
裏切った麋芳や傅士仁に対する大きな怒りと悲しみで
悔し涙を流した記憶があるのだが、
妻は当然そんなことは知らないので、主人公が劉備なんだから
天下は劉備のものになると思っているらしく、
で、俺に色々と聞くわけ。
劉備や関羽の行く末はどうなるの?とか、
いつ頃どこで亡くなってしまうの?とか、
義兄弟三人、一緒に死ぬの?とか
とても素朴な疑問をぶつけてくるのだが、
あの三人の行く末を今のワクワクドキドキで目をハートにして
見ている妻に、三人のあんな悲しい結末を告げることはできないよ。
だから「まぁ見てなさいって、先はすげー長いから。」としか言い様がない。
「けちっ」などという、謂れの無い暴言に耐えながら見てる俺はつらい立場です。

そしてもう1つ。
もう今はウクレレどころじゃないね、彼女は。
ジェイクよりも関羽らしいから。。(笑)

困ったもんだ・・。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード