FC2ブログ

占部先生をたずねて。Part2

いよいよ占部先生を訪ねる日がやってきた。
俺が占部氏を先生とお呼びするのは、
文化財などの補修も請けられていると聞き及んでいたので、
日本古来の伝統の作品の数々を守り続けることのできる技術を
お持ちの方であるからで、俺は建築士なんだけど、職業柄
そういった方には敬意の念がとてもあるからです。

さて当日、大阪まで車で向かい、妻の実家が大阪なので、
大阪から妻の弟に運転してもらって京都に向かった。

京都でまず昼食を食べてからということで、
とんかつが大好物の俺は以前から大阪伊丹空港内にある
「かつくら」が非常においしいので、京都の本店へ行ってみようと思った。
もともと京都に住んでいた妻は地理に詳しいので、
すぐ「かつくら」の本店を見つけ出した。
内装は伊丹空港店とよく似ている。注文し期待しながら待っていると
やがて念願のとんかつが運ばれてきた。
さっそく頬張ってみる。幸せを感じる瞬間だ。

・・・・あれ、なんだか旨くない。。。

妻も伊丹の方がおいしい感じがすると言っていた。
なんでだろう??
まっ、この味の差異はまた別の機会に検証することにして、先に進もう。

さて、ちょっと残念な昼食の後いよいよ占部先生の工房へ向かった。
先生の工場は自宅兼工房であって、玄関には木板が一杯詰め込まれており、
玄関から入ることは不可能だったので、いきなり工房に入って、
奥の方に声をかけてみた。

占部先生とご子息が出てきた。
占部先生はにこにこしながら俺と妻を迎えてくださった。
工房は広くなく、必要最低限の製作機械と棚がおいてある
シンプルな工房だった。

俺は挨拶を済ませると早速カマカを先生にお見せした。
先生は修理について色々と説明をしてくださったが、
非常に乾燥しきった状態なので梅雨の間しばらくおいて木に
吸湿させ、それから補修に入る。
全体的なリフィニッシュと割れの補修を行い、いい音が出る
状態に仕上ていきますとのことで、
先生を120%信頼している俺はどうぞ先生のお好きな様に
存分にやってくださいとお願いしたのである。

占部先生は色々な種類の木を使ってウクレレを造っている。
HPを見ていたたければわかると思うが、ハワイアン・コアは
当然として、日本で手に入るトチやブナなども材料として使用している。
音質的にどうなのだろう?そんな疑問が沸いたし、当然先生は
自分のウクレレの試奏をすすめてくれるだろうと思った。
奥の居間に通じる鴨居のところに2つのウクレレがぶら下げてあった。
カマカのことであれこれ話したり、岡山の話をしたりして、
そろそろその気になっているウクレレに話を振ろうとした時に
男女4人のグループが親しげに入ってきた。

先生は私のカマカを見せて、ほら滅多に拝めないものだよ、と
4人に見せ始めた。
グループの中の一人はとてもウクレレに詳しい人がいて、
楽器の本体もそうだけどペグもいまでは規格が違っていて
もう手に入らないものだから大事にした方がいいですよ。
などと色々と教えてくれた。
そのうち、その方が占部先生は時々忘れることがあるんで、
どうなってますかーって聞いた方がいいですよなんて言うもんだから、
俺が冗談でしょって言うと、占部先生、棚の上からごそごそと
マーチンウクレレを取り出してきた。かなり痛んでおり、ボデイも
剥がれかけているような代物だったが、これも以前修理を依頼されて
当分預かっていたけど、持ち主にどうしますって聞いたらもういいです、
処分してくださいと返事をもらったんだ~って笑ってた。
って、持ち主が忘れるほど放置してたってこと??(^ ^ ;

その4人のグループの方と先生を交えて色々とお話していたが、
先生の工房に入る道は狭くて、大通りに嫁の弟が路肩に車を寄せて
俺たちを待ってくれているのを思い出し、
それではお願いしますとご挨拶してお別れした。

その後帰宅し、先生にメールを送った。

>今度行った時は是非、ウラレレの音色を聞かせてください。

と書き送ったら、

 しまった!2階に色々有ったのに!楢、栃、ブナ、楓、
 ニュージーランド産のレースウッド、アフリカ産のゼブラ、
 2本ぶら下がっていたのは、ハワイ産のコアと、
 南フランス産のホワイトシカモア(バイオリン材)
 後で来られた方のオーダー品でした(名古屋からお見えでした!)

そうか、話の途中でPoePoeという言葉が聞こえたような気がしたので、
4人は名古屋のウクレレ教室「 PoePoe Nagoya」の生徒の方たちだったらしい。
もしかしたら、ウクレレのことをよくご存知で色々と教えてくれた方は
講師さんだったのかもしれない。
当日、あの4人は楽器を受け取りに来たんだね。
しかし、先生の商売気のなさにちょっと笑ったけど、
気さくで一本木で暖かい人柄にますます占部先生のことが大好きになったよ。

後日、私の通っているウクレレ教室で占部先生のことを話し、
私がカマカが仕上がって受取りに行く時に工房見学会をしようという話になった。
俺の先生も俺からウラレレ(占部ウクレレをこう呼ぶらしい。)の
ことを聞いて試奏してみたが、音がきっちりしすぎる感じ、言うなれば
アコースティックギターに近い音色でそれがハワイのウクレレらしくないと思い、
G-ストリングスを選択したとのことだが、
様々な材質のウクレレがどんな音色の差異があるのか興味ありますね~との
ことで、他の方も行きたいと言ってくださったので、是非実現したいと思う。

2日前に先生にカマカのことを忘れていないか確認も兼ねて、
カマカが仕上がって受取りに行く時に工房見学させてくださいと
暑中見舞いを送っておいた。

先生、マジでカマカを忘れないね~。

urabe1

スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード