FC2ブログ

「どろろ」を観た

dororo

先日の日曜日、「どろろ」を観たんだ。
俺が幼き日にテレビでやってたのを見ていた記憶がある。

天下を得る為に生まれくる子供の体48箇所を魔物に
提供する約束をする父。
生まれきた子供はまさしく肉の塊で、たらいに乗せて川に流されたが、
とある男に拾ってもらい、漫画では木で製作された、
映画では戦火に巻き込まれ死亡した子供らから集めた
内臓や手足を移植し、やがて子供は無事成人し、
自分の体を奪った魔物48匹を退治すべく旅に出るという話だ。
魔物を退治するたびに人造パーツが抜け落ち消滅し
本物の内臓や手足に変わっていく。

原作のアニメはいまでは差別用語とされる表現も多く、
決して地上波で放送されることはないそうだ。

映画自体は特殊メークや魔物との戦闘シーンは迫力があったけど、
香港映画ばりに魔物とカンフーやってどうすんのって、
突っ込みそうになったよ。
原作はもっと主人公の百鬼丸の人間としての苦悩とか人間のエゴなどに
焦点を当てていたと思うが、映画では魔物退治に終始していた。
だが逆に話がややこしくなくなってよかったかもしれない。
この話は2時間前後の実写映画では原作の世界は表現しつくせないだろう。

かなりグロいシーンも多いので幼い子供は連れていかない方がよい。
まぁ、娯楽映画だったなっていうのが感想と言えば感想かな。

原作のアニメ版。
モノクロ作品なので一層どろろの世界を堪能できます。

スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード