FC2ブログ

今週の「オーラの泉」の感想

以前、このブログで話題に取り上げた「オーラの泉」。
今週は劇団ひとりさんがゲストだった。

彼はなにやら不思議な感じがするのだが、
彼の守護霊さまは外国の小説家に自然霊、そしてなんと
地球外生命体の霊なのだそうだ。

ここでこんな話をするとやっぱり私たちが言ってることが
胡散臭いと思われるので話すのが嫌なんですと江原さんが言うと、
三輪さんが、そんなことない。ありのまま言えばいい。
大体科学なんて人体の3割もわかっていない程度で、
白髪一本解決できない程度なのに、私たちが言ってる精神世界、
いわゆるあの世のことが分かるわけないでしょって言う。
物質の世界すらまともに全て説明できない今の科学では
霊界などの精神世界の説明はできないし、理解できようはずがないと
三輪さんは言うのだ。

宇宙の概念というか、世界の概念というか、
私たちが理解できない世界が色々とあるんだね。
物質世界の宇宙、精神世界の宇宙。
そしてそれらは時に交わり、その存在を垣間見せるが、
物質文明の宇宙においてさえ、地球外知的生命体の存在を確信できない
今の地球の科学では精神世界の存在を認めることはできないだろう。

江原さんや三輪さんが見ているものや世界を、俺たちフツーの人が
当たり前の感覚で受け入れ、もしかしたら見ることができるように
なるために、科学というものはどれほどの時を要するのか。
お釈迦さまなど、悟りを開いたとされる人たちはきっとこれら
全ての世界の仕組みを理解し得たんだろう。
物質世界は科学、精神世界のことは宗教みたいな色分けでは、
科学はそういった悟りの境地や江原さんたちの言う霊の世界、
精神(魂)の世界について、何時までたっても理論的に説明できないだろうな。

そうだな、精神的なものを理論的にというところに
無理があるのかもしれない。

と思ってしまう俺自身、いや今の科学そのものが思考の限界なのだろうな。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード