FC2ブログ

レストラン エルグレコ


行きつけの美容室の店長が教えてくれた洋食屋。
ちょっと小洒落ていて、レストランというより、
カフェ・レストランみたいな感じのお店。

存在は知っていたが、行ったことがなかったので、
岡山市内へ仕事で出たついでに昼食に寄ってみた。

岡山大学へ入る道のすぐ近く。
細い路地をほんの少し進むとすぐ右手に現れる。
半地下のような店舗。
意外に店は広く、席数もそこそこある。

エルグレコ 入り口

メニューをみると、値段的には結構量がありそうで、
コスパ良さげ。

エルグレコ メニュー

ハンバーグ、白身フライ、揚げ鳥の葱ソース、サラダと
雑穀米ライスがワンプレートに乗った「ラッシュアワー」とか、
単品の半熟卵乗せデミグラスソースのハンバーグとか、
腹ペコガッツリ系の私にとっては魅力的なメニューが
色々とあったが、初見ということで、名物の料理のひとつ、
「アングレイズ」なるデカいチキンカツのデミグラスソース掛けを
ライスとみそ汁と共にオーダー。

しばらく待つと出てきた、出てきた、ほぼ、お皿いっぱいの
デカいチキンカツ。
厚みだって3cmぐらいはあるかな、とにかくデカい。

エルグレコ アングレイズ

さっそくがっついてみる。
肉は胸肉なのか、脂分はほぼなし。
その分、カロリーは抑えられる。
少し塩気が強かったかな。
ガツガツ食べて腹いっぱい。満足感は十分。
味は普通。

客足は途絶えることなく、次から次へと客が来てた。
人気店なのは確かなようだ。
みなさん、ワンプレートを注文している。
次回はそれにしてみようと思う。

量を考えると、コスパが良いので人気なのか、
味もいいので人気なのか、そこはまだわからない。
次回の訪問でその答えが出るだろう。
スポンサーサイト



とんかつ 西新宿「豚珍館」


先日の東京出張、締めくくりのランチは
サラリーマン時代に通っていた「豚珍館」へ行ってみた。
西新宿も20年前と違って随分と変わっていて、
まともに西新宿の地下に出られなかったのはご愛敬。

郵便局を背にして、牛丼松屋が目印。
牛丼屋のとこをひょいと小路に入ると、そこにある。

久しぶりなのでちょっと迷って12:40ごろ到着。
お店は2階だが、入り口から2階入り口へ続く狭い階段へ
ずらりと行列ができている。
まあ、これは20年前と同じ光景。
回転が早いので、10-15分も待つと入店可能。

豚珍館1

並んでいる間にオーダーを訊いてくる。
普通の「とんかつ定食」950円をオーダー。
記憶によると、このお店はこれで十分。
もっと高いメニューを選ぶ必要はない。

やがてお店に案内され店内へ。
昔は座敷だったような記憶があったが、全部テーブル席。
新し気でもないので、これは自分の記憶違いだったか。
当然のごとく4人掛けのテーブルに相席で案内された。
すぐにご飯、漬物、トン汁等が供され、ほどなくトンカツも
出てくる。二度揚げかなと思うほど早い。

ちょっと焦げた感じのトンカツ。
しかし、肉はまあまあいい感じで揚がっている。
なにより、肉の厚み。3cm前後はあるかもしれない。
分厚い。

豚珍館2

思い出すと当時、俺はここで、まずキャベツのみで、
ご飯とトン汁をまずお代わり。
そして、その後、2回、都合、ご飯3杯、トン汁3杯を食べていた。
今はそんなに食べない、
というか、ダイエットを意識してるんで、お代わりしなかった。
ご飯もおいしい。

ピリ甘辛のドレッシングをキャベツに掛けて、
トンカツソースは甘口、辛口あり。
辛口を選択し、からしをつけて、いざ口の中へ。

肉のうまみがジュワ~と広がり、お肉も大きいので
満足感いっぱい。素直においしい。
トン汁も昔と変わらず、具もほとんどないけれど、
まあ、普通においしい。
肉のかけらでも入っていたらラッキーって、
当時から思ってたけど、今回は肉のかけらは
発見出来なかった。

難点はキャベツの水分、ドレッシングが皿の底に溜り、
それをトンカツの衣が吸うので、後になると
ベチャベチャになっちゃうことかな。
しかし、総じてここのトンカツは美味い。
昔の記憶は正しかった。

ただし、
まず席だ。狭すぎる。窮屈過ぎてゆったりトンカツを
賞味できない。
たぶん小さなお子様連れはこの店は無理だろう。
相席必須だし、本当に狭すぎる。

そして、一番の難点。
俺の記憶になかったことだが、
ここの店主のオヤジ、客の前でずっと従業員の若い女性を
怒鳴り散らしてる。

「何やってんだ!」
「ちょっとこっちへ来いっ!」
「何回言えばわかるんだっ!」  云々

俺からみると、若い女性、キビキビと動いてる。
決して悪くない。なのに、なぜか怒鳴ってる。

怒鳴り声がずっと響くもんだから、すごく落ち着かない。
そもそも席が狭くて落ち着かない上に、
こんな怒鳴り声のする中で気分的に純粋に食事を
楽しめない。

こんな記憶はなかったので、いつの間にか
こんなお店になっていたんだろう。

トンカツはうまいかもしれない。
が、この程度なら他にもいくらでもお店はある。
例えば、蒲田の「丸一」。こっちの方が数段上。

僕的にはもう敢えて足を運んで食べに行くことは
ないだろうな。
忘れていたのかもしれないけど、残念なお店に
なり果ててました。

銀座 いっぱし


東京出張の晩御飯に行ったんだ。
上京前に、どこかいいとこないかなぁとネットで探して、
食べログの評価が良かったこのお店をチョイス。
予約必須ということで、事前に予約して行ったわけ。

入り口はちょっと分かりにくいかもしれないけど、
すぐわかる。(どっちやねん w)
とあるビルの地下にあります。
1F入り口のとなりはローソンだったと思う。

18:30前に入店。入るとすでに満席状態。
凄い活気だ。
とりあえず生ビールを注文。
おすすめの「アサヒプレミアム熟撰 生」だ。
コクがあってうまい。
突き出しは「グルグルマカロニのカレー風味」
ん~~、まあマカロニサラダのカレー風味かな。
美味しい。

カウンターに座ったんだけど、目の前の爽やかな
お兄ちゃんが、刺身とか切りながら、若いスタッフの
動きを追って、指示を出し、なおかつ、僕ら客の
動向に目を光らせている。
スタッフもキビキビと丁寧な応対をしてる。
気持ちのいいお店だ。

薫玉ポテトサラダ、刺身の盛り合わせ、えびマヨ、
牛すじのあとひきシチュー withガーリックトースト、
ごぼうの唐揚げ、自家製合鴨の燻製(イチジクのソース)、
デザートに自家製キャラメルアイス

いっぱし1

いっぱし2


お酒は勧められたイモ焼酎「紅椿」のお湯割り、
生ライムサワーなど。

刺身の中に生のくらげが入っており、透明でコリコリ。
これは初めて食べた。まあ、食感だけのものだが。
刺身の種類は普通だが、炙ってあったりして、
美味しく食べる工夫がされている。
しかし、まあ、刺身のうまさは郷土岡山の勝ちです。

ごぼうのから揚げは、ごぼうは本来繊維質なのだが、
わざと太いスティック状に切断して揚げることで、
ポテトさながらホクホクとしてうまかった。
薫玉~は想像通りの味。黒コショウがピリリと効いていた。
えびマヨはカリッとエビが揚がってて香ばしく味付けも良し。
まあ、後の料理はまあまあ。
あっ、そうそう、「牛ハラミの西京漬け」も頼んだけど、
これはちょっと西京味噌との相性は良くなかったと思う。
肉の臭み(?)があって、ブヨブヨっとした食感で、
僕的にはいまいちの味でした。

しかし、まあ総じて、料理はおいしく、またスタッフの
接客も良いので、楽しく、おいしく、食べられるお店でした。

そうそう、僕らの目の前にいた青年。
客、お店、全体的な目配り、気配り、素晴らしいので
色々とお話をしていたら、最後に名刺くれて、
なんと店長さんでした。
将来的には自分のお店を持つという夢もあるそうな。
おー、彼のようなしっかりした若い人がうちの会社にも
欲しいなぁ~と思いながら、あとにしたお店。

銀座で居酒屋でいくなら、候補に入れるべきお店です。

居酒屋が好きなんです


僕は居酒屋が好きだ。
チェーン店ではなくて、その土地で頑張っている
地元の居酒屋。
地元のおいしいものが食べられて、旨い酒が飲める。
価格も高くなく、気楽に飲める。
これが僕の居酒屋の定義。

居酒屋には仲間で行くも良し、一人で行くのも良し。
仲間と行けば、とにかくいろんな話に花が咲く。
一緒にいろんな経験をして、それが後に飲みの肴話になる。
それがずいぶんと楽しい。
一人で飲むのもまた別の楽しみがある。
その店自慢の肴の味を堪能しながら、自分の中で自分と
対話して酔いの時間を楽しむ。
歳を経て、やっとこういう飲み方が出来るようになった。

太田和彦という方が居酒屋訪問番組をしている。

居酒屋の「居」は居心地の居。
自分ひとりの為の居心地を楽しめる場所。
会社も友人も家族も、全てのしがらみから離れ、
ひとりでぼんやりする所、それが居酒屋。

これが太田氏の居酒屋の定義。

番組では饒舌な店主やぼくとつな店主等、
様々な個性の店主と、ちびちびと魚のこと、酒のこと、
お店の歴史等、会話しながら酒を進める。
視聴者はあたかも一人でその居酒屋で飲んでいる様な
錯覚に陥る。
太田氏の飲み方はまさしく「独り飲み」の典型だ。

番組では、その居酒屋の雰囲気、歴史、料理、自慢の酒が、
さりげない注文時の会話や、少ない店側の方との会話の中で、
さらりと見事に紹介され尽くす。
太田氏が事前にそれぞれの居酒屋を研究しているからこそ、
出来る技だ。

もう一人、太田氏のパクリみたいな感じで
吉田類という方も居酒屋訪問番組をやっている。
こちらは周りの客とあいさつの乾杯をしたり、客から
肴をもらったり、終始ガヤガヤ。
その店の特色なんかわからない。
いつもどこに行っても、一緒のパターン。
居酒屋紹介の番組が、単なるおっさんの飲み番組に
なってしまっている。下品だ・・。

僕的には太田氏の上品で周りに迷惑を掛けない
一人静かな飲みに共感する。

本当に仲の良い仲間と飲んでるとき、1人飲みであえて
孤独に浸っている時に、吉田氏のような人が突発的に
割り込んできたら、僕はたぶん怒ると思う。
それはその時に構築しつつある、その時の
自分の飲みの世界がぶち壊されるからだ。
関係が薄っぺらい人たちの飲み会なら構わないけどね。

時々、岡山市内や鳥取県の米子市の居酒屋に僕は訪れてみる。
1人で行ったり、仲間と行ったり。
季節それぞれ、瀬戸内海、日本海の海の幸を堪能する。
高級な和食屋に行く必要はない。
美味い魚を食べながらちびちび飲む。
この時間が僕にとって一番の至福な時間なのだ。

G-SHOCK (GWG-1000-1A3JF) を買ってみた


腕時計はパネライとオメガと2つ持ってるけど、
どちらも気軽に仕事で使うには勿体ない。
普段使いできる気軽な時計、そしてアウトドア、特に
バイクに乗る時も付けたい、そんな時計が欲しいと
以前から思っていて、狙っていた時計、
それが、「 陸の覇者マスター オブ G 」 
と銘打ったマッドマスター だった。

GWGシリーズ

色はバンドの色が黄色とか、時計の色が黒とか、
数種類あるけれど、僕はもうバンドの色がグリーンの
GWG-1000-1A3JF しか目に入らなった。
アーミーグリーン色のバンド、派手でない時計盤、
まさしく厳しい陸上環境の中で使うにふさわしい風格がある。

欲しいなと、ぼんやり思い続けて、とりあえず価格.COMで
最安価格をずっと追っていたが、ここ一年、最安は
51,000円あたりなのだが、とうとう最安ラインまで値段が
下がってきた。
さあ、ここで買うか買わないか、ちょっと迷ったけど、
まあ買っといて損はないかと価格.COMの最安店を
ポチッてしまった。

注文して数日して商品は送られてきた。

実物を何度もデパート等で見ていたが、手に取って
改めて見てみると、やはりかなり恰好いい。
大きさはパネライと同じくらいか。
金属部が少ないのでパッと見、高級そうにはみえないけれど、
よく見るとかなりの情報を表示する時計とわかる。

・カシオ自慢のわずかな光でも充電するタフソーラー
(ソーラー充電システム)を採用。
・電波受信機能(世界6局)
・20気圧防水機能
・サファイアガラス

時間も見やすいし、方位、気温、高度などのトリプル情報
センサーを搭載。新開発の防塵・防泥構造で泥だらけの
中でも平気。
機能満載、まさしく陸の覇者と呼ぶにふさわしい性能だ。

ただし気温は時計を外して20-30分たたないと
正確に測れないとか、制約もあるけれど、
腕時計なんて、まあ自己満足の世界だから、
これでいいと思う。

GWG-1000-1A3JF

説明書をよく読まないので、未だ全ての機能は使えないけど、
とりあえず気に行って、毎日、仕事にはめて行ってます。

最後に価格のことですが、すでに現在、55,800円と自分が
買ったときより5,000円弱、値上がりしてます。
このアーミーグリーンのバンド色のモデルは他のやつより
かなり人気なんですね。いい判断でした。
自分で自分を褒めたいです。

という自画自賛で今回は終わりです。

九州 営業・グルメの旅


客先へ新年のご挨拶を兼ねて、九州方面へいきました。
途中、宇部へ寄って挨拶をした後、関門海峡を渡り、
九州へ上陸。
得意先の商社の社長・部長・副部長を接待がてら
博多で食事をしました。

いつも博多でお世話になるクラブの女の子と友達に
なってるので、今回もその娘に頼んでお店を選んで
宴席の段取りをしてもらった。

で、今回、行ったお店は「中洲鷹勝」さん。
食べログでも高評価のお店。

ここで、フグ鍋のコースを頂いた。
まず刺身が出てきたが、なんとイカが透明!!
なかなかこんな新鮮なイカの刺身はお目にかかれない。
そしてフグ鍋。トラフグですわ。美味いです。

中州鷹勝

九州の人は飲むので、飲み放題つけたんだけど、
焼酎は各種銘柄、一升瓶が置いてあって、
好きなだけ、勝手に飲むシステム。
日本酒だって、飲み放題に「越乃寒梅」とか、
こんなのしてもいいの??っていう日本酒が飲み放題。
これには驚いた。
まあ、飲み放題の値段は高かったかもしれないが、
それ以上の値打ち。

皆さん、上機嫌で接待もうまくいきました。


その後、博多のクラブを2軒ハシゴ。
久しぶりにマッカランをキープして飲んだけど、
マッカラン、いけるわ、旨かった~~

締めはラーメンにしようと思ったけど、混んでたので、
客先の部長の提案で「 王餃子 (わんぎょうざ) 」さんへ。

ここも凄い人ですが、丁度うまく入れ替われて、
すんなりみんなでテーブルに落ち着いた。

ここはもちろん餃子は美味しいけれど、チャーハンも
旨いとのことで、餃子とチャーハンを頂いた。

おばあちゃんが手作りで作る小ぶりの餃子。
凄く美味しくて、もうビールに合わせるしかないやろって
ことで、あれほど飲んだのに、またもや生ビールを
頼む羽目に。

王餃子

客先の副部長はベロベロなのに、また日本酒飲んでる。
どんだけ飲むの、あなた。 笑

翌日、客先の部長の車に同乗させてもらって、顧客の会社がある
大牟田方面へ営業へ出発。
お昼を食べて行きましょうということで、連れていってもらった
一軒のあばら家????
「山口うなぎ屋」という看板が立ってる。
どうやらうなぎ屋らしい。

山口うなぎ屋

たぶん、絶対、一見さんなら入れない、入らないお店。
しかし、ここは実は隠れた名店らしい。

玄関入ると、あばら家かと思ったら、そうでもない、
かなり古い建物なんだろう、それなりに趣のある造りをしていた。

山口内装

うな丼を早速注文する。
注文を受けてから、捌いて焼くので時間が掛かるとのこと。
美味しんぼのウナギ屋の話ではないけれど、
旨いウナギには時間が掛かる。

待つこと20-30分、いやもっと待ったか。
やっときたきたお待ちかね、うな丼。肝すい付き。

うな丼

丼なのにお重に入ってる。
その点を聞いたら、運んでくるおばさんが丼ぶりは
重たいから、運ぶのに大変なのでお重に変えたとのこと。

早速食べてみる。
甘いタレ。醤油の甘いのは苦手な僕だが、
これはかなりいける、うまい。
ウナギもフカフカで脂が乗っていて絶品。
無我夢中で掻き込んで、あっという間に完食。
至福の時間~~~
まさに隠れた名店でした。

その後、営業をすまして新大牟田駅から新幹線に乗って
帰宅。
途中広島で降りて、広島風お好み焼きでお疲れさん会。

行ったのは、デパート福屋広島駅前店隣の
広島フルフォーカスビル 6F
ひろしまお好み物語駅前ひろば の中にある
「焼くんじゃ」っていうお店。

ここの広場は「電光石火」っていう行列のできるお店が
あるが、実はそこの系列店。
お好み焼き自体はオーソドックスなものながら、
ここの長身の店長が気さくな好青年で、幼子を連れて
行ったときに、ずいぶんといい対応をしてくれて、
しかも味も良かったので、以来、ずっと通ってるお店。

ホルモン、牡蠣、やおぎも(肺)を注文して生ビールで乾杯。
その後、肉玉のイカ天入りを頂く。
ここのお好み焼きは美味いんだわ、小ヘラでハフハフ
言いながら口に運ぶ。あっという間に完食。

焼くんじゃ

その後、上機嫌で新幹線、在来線に乗り継いで無事帰宅。
営業も大成功、グルメも満足。
良き旅路でした。

SONY BRAVIA KJ-49X8300D(B)を買った

表題通り、年末にSONY BRAVIA KJ-49X8300Dを買ったんです。
実家に引っ越して、以前、応接間として使っていた部屋を
自分の趣味部屋にしました。

自作のAMD仕様のパソコン(ケースはAMDのキャンペーンで
当選した特別仕様)、BCL用の短波ラジオ各種、
バイクのヘルメットと用品等を設置しました。
ウクレレは壁掛けにしたいのですが、時間がなくて
ケースに入れて押入れに保管中。
バリーメイド製5弦ウクレレとT's Guitar製のサイレントウクレレを
アンプに繋いで設置しています。
そうそう、パイオニアのXC-HM86をスピーカー込みで購入しました。
これはまた別の機会に。

myroom

話戻して、この部屋にはテレビがなかったんです。
当初はいらないと思っていたけれど、
正月、のんびり映画でも観るかと思って買ったんです。


なぜこの機種にしたのかというと、

・HDRに対応しているので、テレビを高画質で視聴できること、
・様々なコンテンツを 4K 解像度にアップコンバートする超解像エンジン
 4K X-Reality PRO (エックス リアリティー プロ)を搭載していること。
・AndroidTVとして、Youtube等、大画面で視聴できること
・プレステを繋ぎたかった

まあ、4Kへの対応、高画質、ネットテレビ、こんなとこで
この機種を選んだわけです。

番組表の表示が遅いのが難点ですが、慣れの問題かと。
使っていて、一番見るのはYoutube。
そして転がっていたプレステ2を繋いでのゲームによく使っています。

たまにYouTubeとか最初のホーム画面が表示されない時が
あります。フリーズしてるんですね。
そんな時の対処法は電源コードを抜いてのリセット。
テレビの電源を切るだけでは治りません。
このあたりはパソコン感覚です。

外付けハードディスクをUSBで繋ぐだけで録画できるとのことで、

BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク
PC/家電対応 3TB HD-LC3.0U3/N



というのを、アマゾンに注文してます。
まあ、録画してみるほど、今のテレビは面白くないのですが、
一応、機能として完璧にしておきたかったので。

このテレビがあると、BCLやらパソコンやら、ウクレレやら
する気が起こらなくなってしまった。
自堕落な時間を過ごしてしまう、機械を買ってしまって
良かったのか、悪かったのか・・。
まあそれだけ、便利で楽しく遊ばしてもらえるテレビということです。

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード