FC2ブログ

さらば あぶない刑事


もう25年前ぐらいに始まった刑事ドラマ。
グラサンをかけて恰好いいセリフを吐きながら、
時にキザに、時にユーモラスたっぷりの二人のやり取りに
とても影響されたものだ。
その頃のイメージを求めて、今回が最後らしかったので
夢をもう一度とばかりに観に行った。

タカ、勇次のコンビも定年を後4日というところで
ドラマは始まる。
雰囲気は当時のままだけど、さすがに加齢による
顔の皺やら毛髪の色の変化は隠しようもない。

全体的にストーリーに深みがなく、薄っぺらい印象。
また舘ひろし演じるタカの恋人役を菜々緒が演じているが、
こういうカップルが実際に存在するかもしれないが、
60歳の男に20代前半の女がベタ惚れなんて、
自分的にはあまりにも違和感ありすぎ。
たぶん30歳を過ぎた年齢の恋人なら、まだ違和感が
なかったと思う。
渋すぎるタカの相手としては重みに欠けていたと感じた。

最後らしく昔の愛車のレパードが登場したり
往年のあぶデカファンは喜んだと思うけれど、
自分的には今更感はあったし、キザなセリフもなんだか
白けてしまっていた。
当時のバブル期をそのまま現代に再現しても
今はもうこっちが恥ずかしいですみたいな感じでした。

さて今回の相手は米の大手麻薬組織。
その日本統括責任者、今回のラスボスを吉川晃司が演じた。
吉川の演技は光っていたと思う。
オフロード車での立ち回りは、ブラックレインの
松田優作バリに恰好よくて、とても印象に残った。
僕的には主役の二人を食っていた感じすらする。

若かりし日々は遠くなり、感じ方も随分と変わったなぁと
この映画を見ながら自分をそんな風にも感じた。
まぁ、そんな感じの映画でした。
全然参考にならなくてすみません・・。
スポンサーサイト

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード