FC2ブログ

安全保障関連法案に賛成する


相変わらず、安全保障関連法案は反対、
即戦争っていう理由で、左翼やら中韓の工作員が盛んに
世論をあおっている。
特に中韓の手先と化しているマスゴミの刷り込みは凄い。

安保反対根拠無し

なんで安全保障関連法案が可決されたら、
即戦争に繋がるのか、訳が分からない。

まぁ、大多数の日本国民は口には出さない、
公には公表しないが、賛成のはずだ。
だって、どう考えたって、中韓が戦争を仕掛けてきた時に
日本人を守る法案だもの。
反対しているのは、法案が可決されたら都合の悪い人や国、
具体的には、反日左翼、在日、中国、韓国ぐらいなものでしょ。
それを国民の大多数の意見として、反対デモ等を
取り上げて報道しているマスゴミ。
こういう恣意的な報道をまともに信じてはいけない。

若者の声代表の様に報道をされているSEALDsだが、
その実態は中核派や左翼が中心となっている
非常に危険な集団である。騙されてはいけない、
彼らは若者の声では無く中韓の声代表だ

SEALDs

現状、中国が尖閣を、そして沖縄を狙っている。
狙っているという言い方は甘い。
侵略戦争を仕掛けてきている。
いつ不測の事態が起きるとも限らない。
そういった時に、しっかりと国民を守るルールを作って
おかないと、日本はお得意の「遺憾の意」を連呼するだけで、
中国の侵略戦争に巻き込まれて殺される国民を守れない。

米は尖閣に侵略してきたら、反撃すると明言している。
日本の為に米の若者が戦場で殺されそうになっても、
日本は何一つ、手をさしのべることができない。
おかしいじゃないか、米国人でも日本人でも命の重みは一緒。
誰だって戦争になんか行きたくない。
しかし、現実、戦争をふっかけてこようとする勢力がいる。
ならば手を取り合って反撃して、自分たちの家族、国を守りましょう。
至極当たり前のことだと思います。

以下、安保関連の記事で大変参考になったサイトを
2つご紹介しておきます。
是非、みてみてください。

***********************************
参考資料

*日本のテレビ局が報道しない中国の侵略の歴史】
☞ urx.nu/aPCx 

「中国が日本を侵略するはずがない」と思っている人は必読。
日米同盟だけに頼らず、憲法改正(解釈改憲)や
核武装をしないと間に合わない状況。

*安全保障関連法案は何故必要なのか?
~中国対策とシーレーン防衛が狙い

http://bossanovaday.hamazo.tv/e6232490.html
スポンサーサイト

安保法案 衆院本会議で可決


新聞を見ると、まあ強行採決だの、戦争法案だの、
反対の声や意見のみ紙面一杯に書かれている。
まぁ、反対している連中の顔ぶれをみれば
大体左巻きの方か特アの関係者です。
しかし彼らは覇権主義を爆走中の中国の東シナ海、
南沙諸島、チベット、ウイグルにおける蛮行に関しては
不思議と口を閉ざすのなぜですか??

自分の国を、国民を自分達で守る。当たり前のことです。
日本がやっと普通の国に近づくだけです。
いままでの経験から言って、お隣の国やら日本のマスゴミやらが
大反対することは、日本の国益に添うはずです。

マスゴミと言えば現在、国立競技場は他国と比べて高いと
大騒ぎしているけど、国防については他国との比較の話は
絶対に報道しないね。
他国の防衛体制やら考え方を報道すれば、いかに日本の
国防意識が甘いか浮き彫りになるのでできないのだろう。
なにせ、道徳教育すら否定してみせる人たちだからね。

強行採決?
どれだけ民主党が特アの為に税金をばらまいたりする
法案を強行採決してきたのか!

強行採決

そして周辺国がどれだけ今回の日本の変革を
賛成しているのか。
反対しているのは「かの国」だけですわw

他国の賛意

こういう情報は絶対に報道しないよね。

マスゴミ、特に新聞は捏造記事で日本を貶め、特アのための
記事を書き、日本人を洗脳してきた。
しかし、もうネットの普及で捏造もすぐバレる時代になり、
もう新聞は信頼できない情報媒体という認識がかなり浸透している。
発行部数が激減しているのも仕方ないだろう。
そういうことを踏まえて、必死に極左・中国・韓国の為に頑張る
新聞を読むと、ほんとに蔑んだ気持ちで 「おつかれさん・・」
としか言えない。

私のまわりに今回の法案に反対する者はいない。
粛々と法案成立に向けて、安部首相、頑張ってください。
あなたがやらなければ、日本は永遠にまともな国になりません。
踏ん張りどころです。

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード