FC2ブログ

クマラエウクレレ


久々にウクレレ市場をチェックしてみた。
数年前に比較して少しは様変わりしている。

特に自分が目を引いたのは「KUMALAE-Ukulele」

えっ、クマラエウクレレ!?

もう敢えてここで私が説明する必要がないと思うけど、
なにしろ創業は1911年。ウクレレファンなら誰しもが知る、
ウクレレ工房の元祖的なメーカーで、ウクレレを世界に
広めた伝説のブランド。

現在は歴史の中に埋もれて消失したブランドだが、
それが忽然と市場に出ていたからびっくり。
調べてみるとディバイザーという会社が販売していた。
ディバイザーは長野県松本市のギターメーカーだ。
以前、このブログでもロコ・ウクレレという
マーチンレプリカのウクレレの件で登場している。

さてこのクマラエ・ウクレレ・レプリカ。
敢えて僕はこう呼ぶ。
実物は見たことないが、ヘッドのデカールは
本家クマラエと全く同じモノを使用している。

kumalaedecal
左 本家 右 レプリカ

同社のHPを見ると、クマラエウクレレの歴史について
記述してあるが、なぜ同社がクマラエウクレレの名前を
使用し、デカールもそのまま流用することになったのか、
その点については触れていない。
勝手に本家をパクって復活させたのだろうか。。
もしそうなら許されるの、こんなこと???

なんだか、神聖なものを侵された気分でしっくりこない。
そもそも世界に名の知れた名門「クマラエ」の名前を
冠する楽器を再び世に出すに足るウクレレメーカーとして、
周知されているのだろうか??
例えば、カマカ社がハワイ産ウクレレの元祖クマラエに
敬意を込めて、クマラエの名前を冠したウクレレを
復活販売しますというなら、少しは納得できるのだが。

楽器の造りの善し悪しは別として、こういうパクリ的な
製品を販売せずに、自社ブランドで頑張れないのかと思うし、
ウクレレの元祖、ヌネス、クマラエ、とりあえずこの
2つの名前だけは、ウクレレの歴史の最初のページに
収まる名前として触れずにそっとしておくべきだと
僕は思ったんだよね。
スポンサーサイト

生ゴミ処理機壊れる- MS-N47


我が家では生ゴミ処理機を使っている。
キッチンに三角コーナーを置く必要がなくなり、
キッチン回りがとても清潔に保たれるので
僕はお勧めの家電製品だと思う。

しかも市町村で購入に際して補助金が出るところも
多いようだ。
かく言う自分も市から半分弱ぐらいの補助金をもらった
記憶がある。

使っているのはパナソニックのMS-N47という機種。
MS-N47

今はもう製造中止になっている。
しかし我が家ではもう10年近くバリバリの現役だ。
いや、最近まで現役だった。

ある日、ふと気づくと嫁さんが処理機を使って
いないことに気づいた。

どうしたの?と訊くと、最近、容器の外に乾燥物が
こぼれてしまうようになったので使ってないという返事。

なんで早く言わないのってことで、早速故障の原因を調査。
なんのことはない、内側容器に二つ穴が空いている。
原因はこれだが、これが何の穴なのかが問題。
取説を開いて見てみると、そこには固定刃なる金物が
付いていたことが判明。
固定刃がモゲて取れてしまって、嫁さんが知らずに
捨ててしまったのだろう。

買い換えかなぁと思ったが、生ゴミ処理機は4-5万円。
補助金が出たとしても3万円前後の出費。
修理するとどれ位か、サービスセンターに問い合わせると、
出張費、パーツ代合わせて1.5-1.8万円程度だという。
これなら新品買った方がいいかと思って、修理は断った。

その後、いつもの如く、自分と同じ悩みとか同じ目に
合ってる人は絶対いると思い、ググってみた。
すると、やっぱり居た居た。
で、その方たちの書き込み情報から、内側容器だけ
販売されていることが判明。
調べるとアマゾンが最安だったので即座に注文。
6,009円送料込み。
商品は注文した翌日には届き、我が家のMS-N47は復活。

パナのMS-N47の内側容器に穴があいたとか、固定刃が取れたとか、
お困りの方は是非。

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード