FC2ブログ

CX-5が納車された。


先週土曜日、ついにマツダのCX-5が納車となった。
04/30に契約し、待つこと約2か月。
それでも早くなった方だろう。

当日は友引。なので納車には支障はないはず。
六曜なんて気にしていたらキリがないが、
それでも一応は気にしてみた。

当日は激しい雨が降ったり止んだり。
梅雨の末期の天気そのもの。
自分は雨には縁がある。
小学校から大学まで入学式は全て雨。
なので、物事の始まりを雨模様なら吉兆と自分で
なんとなく感じているから、今回の雨もある意味
願ったり叶ったりだと思った。

会社まで持ってきてもらう約束だったが、面倒なので
自分でディーラーまで取りに行った。
納車費用はどうだったかなんてどうでもいい。

色はメテオダークグレー。
マツダは赤に拘りを持っているので赤か、人気色の白か
どちらかにしようと思ったが、妻の強い要望で
この色に決めたのだが、逆にこの色でよかったと思える。
ハデさはないが、いぶし銀のような風格を感じ取れる。
飽きがこない色。妻の選択は正しかったんだ。

一通り装備品の説明をしてくれたが、頭に入ってこない。
まぁ、とにかく家電でもゲームでも説明書を読まないんだ。
使いながら実践で覚えるのが僕のスタイル。
ドサッと説明書や車検証等の書類をもらって、
早速車に乗り込む。新車独特の匂い。
燃料は丁度半分入っていた。

エンジンスタート。ディーゼルとは思えない静かさだ。
「それではありがとう。」
そそくさとディーラーを後にし、会社までの短い距離を
初ドライブ。

低回転でもいつの間にかスピードが出る。
ディーゼルエンジンなのに本当に静かだ。
車幅を考えれば、意外に車内は狭く感じる。
安全性を重視した関係で、空間を作って衝撃を吸収する為に、
外装が厚くなっている為だろうか。

宣伝はあまりされていないが、この車は欧州の安全性能評価
基準である「ユーロNCAP(European New Car Assessment
Programme)」において、2012年から歩行者保護評価や
総合評価において、5つ星の獲得基準が一段と厳しくなっている中、
「成人乗員保護性能」、「子供保護性能」、「歩行者保護性能」、
「安全補助装置性能」の4つのカテゴリ全てにおいて
最高ランク5つ星を獲得している。
そういった高度な安全性の代償として若干車内が狭くなったと
しても、それは甘受しなければならないだろうし、
もちろん、車幅を考えればの話であって、本来から言えば
車内の広さは十分である。

自宅に乗って帰って妻に告げた。
早速「乗れるかしら・・」と不安気に言うから、
日曜日は早速、妻の運転でテストドライブだ。

本人は不安だろうが、僕としてはたぶん彼女は問題ない。
あれだけフィットを手足のように運転できれば大丈夫。
しかもバックもサイドミラーを見るだけでさっさと出来るし、
基本はしっかり身についている。
車幅に慣れるだけだが、すぐに慣れると思う。
自転車を乗れる人間は自転車の種類が変わってもすぐに乗れる。
結局、乗り物はそんなものだと思うから。
そしてなによりCX-5が運転を助けてくれる。
本当に乗りやすい車なんだ。
スポンサーサイト

HONDAフィット ありがとう。


土曜日の午後、待ちに待ったCX-5が納車されました。
そして妻と結婚する直前に、妻用の車として購入した
ホンダのフィットとお別れする日がやってきました。

考えてみると、このフィットという車はとても良く出来た
車だと思います。
コンパクトカーなのに、室内は広い、収納性抜群で
結構な量の荷物が積める、そしてなにより走行性能が良くて、
エンジンの非力さは否めないものの、通常乗る分には
全然問題なく、なによりコーナリングの性能が良い車でした。
この辺りはやはりホンダ車でした。
いつもコーナーをちょいと攻めるのが面白くて山道をよく
飛ばしたものだが、タイヤ交換の折、サイド部分がこれだけ
すり減っているのは珍しいですなんて車屋に言われたくらい。
価格を考えればこれと言って悪いところが見当たらない、
相当コストパフォーマンスの良い車だと思います。

フィットと共に結婚生活を過ごしてきた月日を思うと、
色々な思い出があり過ぎてちょっと寂しい気持ちになります。
九州、東海地方にも行きました、広島や山陰、大阪には
結構行きました。
最後の長距離ドライブは先日の松江-出雲アクアス水族園への
山陰ドライブ旅行でした。

車内で喧嘩も良くしたし、もちろん笑いもしたし、
カラオケBOX化するときも頻繁だったし、
いつの間にか、二人が三人に増えて、それでも
相変わらずスイスイと、フィットは僕たちを目的地へ
運んでくれました。

そんなフィットも、スタート時にアクセルを踏み込むと
ガタガタと激しくエンジンが振動するようになり、
車屋に何度かみてもらったけれど、とうとう直りませんでした。
僕がエンジンを回し過ぎてきたのかもしれないですが、
もうそろそ休ませてあげたい、そうです、フィットはもう
引退の時期が来たんだなと思うようになりました。
走行距離は12万キロぐらいなので、本当は大事に乗れば
まだまだいけるはずですが、乗り方が荒かったのかも
しれません。

大切な友人を失うような、悲しさと寂しさがあります。
フィット君、いままで本当にありがとう。
お世話になりました。

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード