FC2ブログ

とんび 最終回 感想


東京で同居することに決めたやっさん。
田舎の家を片付けていると出てくる懐かしい品々。
旭が小さな頃のものや、おかしゃんが内職で
作っていた玩具。
そして海雲和尚からの手紙。

東京へ行き、旭の家族と食卓を囲むが
どうも落ち着かないし、自分の居場所ではないと感じる。
そこにはずっと親であり続ける為には、
自分は自分で踏ん張って旭たちの拠り所であり続けなければ
ならないから、旭の世話になりながら老後を過ごすという
生き方は否定しなければならないという思いが募ったからだ。

もちろん、亡き海雲和尚の悲しみや寂しさは雪のように
降り積もり、蓄積されていくけれど、海は雪が
積もることはない。
だから海のような親になれという遺訓も頭にあったろう。

早朝、誰も起きださない内に故郷に帰ったやっさん。
とりあえずたえ子姉ちゃんの夕なぎに顔を出す。
親代わりに、やっさんを子供のころからずっと面倒を見てきた
たえ子ねえちゃんは、やっさんがいなくなって寂しくて
心にぽっかりと大きな穴が空いた様子で、
仕込みの料理の鍋を焦がしてしまったところだ。
そんな時に突然とやっさんが現れたものだから、
びっくりするやら嬉しいやら。

その後、旭の嫁の連れ子がやっさんの元へ家出してくる
エピソードが展開する。

実子と連れ子と両方溺れたら、旭は迷わず実子を救え、
俺が連れ子を助ける。そうしたら両方助けられる。
そんなセリフを吐いて、まだまだ旭の親としてあり続ける
自分の生き方を口にしたやっさん。
海辺で遊ぶ旭一家を遠目に見ながら亡き妻を思い出す。
亡き妻も両親を早くに亡くし苦労して育った。
やっさんと結婚し旭が生まれて、一人だったのに
今は3人になったと喜んでいた。
妻は死んだが、今や家族は自分を含めて5人。
家族が増えたよとぼそっと呟くやっさん。
その傍らには亡き妻が寄り添っているのが見える。
こんなラストでした。

やっさんが東京で同居しない道を選んだのは、
いつまでも旭の親として生き続ける道を選んだことと、
たえ子姉ちゃんや照雲和尚やその妻の幸恵さんや、
水産会社の社長や後輩の葛原等、故郷の多くの仲間こそが
自分を陰日向に支えてくれた家族みたいなもので、
自分の居場所は彼らが居るまさにそこなのだということに
気付いたからだと思う。

後輩の葛原に東京の研修センターの仕事を譲って
退職したやっさん。
どうやらたえ子ねえちゃんのお店を手伝いながら暮らしていく
みたい。
たえ子ねえちゃんも生き別れた娘以外には、両親とか肉親は
出てこないので孤独なのだろう。
だからほとんど肉親的な関係のやっさんが自分を頼って
くれるのが嬉しそうだ。

このドラマは毎回泣かせて頂いた。
旭が東京に行ってからはちょっと泣けなくなったが、
旭が小さい頃は健気で可哀想で本当によく泣かせて頂いたし、
そして周りの人たちの優しさにも泣かせて頂いたな。
今ではこんな人間関係が成立している地域はほとんどないだろう。
僕が小さな頃、近所のおじさんやおばさんに叱られたり、
飯を食わせてもらったり、遊びに連れて行ってもらったり、
近所同士の付き合いが濃密だったな。
古き良き昭和の時代です。

自分にも今1歳半の息子がいる。
この子に自分は親として何ができるのか、
親という存在をとても考えさせられたドラマだった。
僕も子供にとって悲しみを積もらせない「海」のように
大きな存在で、そしていつも笑っているような親になるように
努力しようと思った。
自信はないけれど頑張らなきゃな。
スポンサーサイト



レーダー探知機


母が自家用車の純正ナビの地図が古くて使えないから、
安いナビでもいいから付けたいというので、
ちょっと調べてみた。
自分はサンヨーのゴリラがいいと思っているが、
サンヨーもパナに吸収されてしまい、ゴリラも
パナ製になって、なにやら若干性能落ちしたなんて
書き込みをあった。
そういう中で、僕がいいなと思ったのは
パイオニアのAVIC-MP33かMP55。
これなら値段も安くて性能も良さげ。
妻のFITにはゴリラを積んであるが、地図が古いので
一緒に買い替えようかと思ったが、最近は全然捕まらないが、
ちょっと前はよく高速で覆面パトに捕まっていたので、
レーダー探知機を付けた方がいいかなと思って調べてみた。

最近の機種は警察車両搭載のカーロケーションシステム
発信電波や各種のデジタル警察無線、取り締まりの連絡に使う
警察無線の有無を傍受する機能など、警察で用いられる
特定周波数の電波を検出し、覆面パトカーの存在を
知らしめる機能やら、レーダー波を用いない取締装置や
Nシステム、Hシステムの設置位置を座標データとして
あらかじめ記憶しておき、「準天頂衛星 みちびき」等を
利用して、GPSにより自車の座標位置と照合することにより
警告を出す機能がついていて、なおかつ、自分の車の車両情報を
表示したりする、かなり多機能なものになっていたので驚いた。

へぇー、オービスの存在やら、スピード取締りやら、
覆面パトの存在を知らせてくれるんだ、これはいいなぁと
すっかり購入モードになってきた。

しかし世の中そんなに甘くない。
まずレーダー取締りに関しては、最近はステルス型が
主流になってきていて、スピード検知する際に、
瞬間的に電波を発射するため、その瞬間的に発射される電波を
キャッチした時にはもう遅いとのこと。

つまり自分の前に車がいて、そいつに照射されたレーダー波を
キャッチしてスピードを落とせばセーフだが、調子に乗って
他の車を追い抜いて先頭切って走っていて照射された場合は、
レーダー波を感知しても一発アウトってことだ。
しかし捕まる時には概ね調子こいて走っている時だから、
ステルス型の取締りに関しては、レーダー探知機は役には
立たないということだ。

また覆面パト等の存在を知らしめる機能についても
最近はパトカーの方でカーロケ発信電波を切っていることが
多いらしくて、これまた使えないらしい。

唯一、オービスの位置を知らせるとか、そういうことには
使えるみたい。

走り屋じゃないんで、車の車両情報なんて必要ないし、
覆面パトの位置も、ステルスレーダーによる
スピード取締りにもあまり役に立たないなんて、
付ける意味ないじゃないか。
ホント、世の中甘くないわぁ。

ということで、長年の間、時々、違反をしながら、
高い授業料を収めてきた結果、覆面パトやら
取締りをやっている空気を、ニュータイプ並みに
感じられるようになった自分の五感を信じて、
これからも安全運転で走行することにした。

そんなわけで、レーダー探知機なんて買わないで、
母の為に選択したAVIC-MP33かMP55が出来の良いものなら、
妻のFITのナビも古いので装着しようかな~。

TBSドラマ 「とんび」 感想


金曜日、仲間と飲んでいたらTBSドラマ「とんび」の
話題になった。
自分、全然知らなかったが、仲間が毎回泣けて泣けて
仕方ないという、現在話題になっているドラマだと言うから、
帰宅して妻とネットで動画探して見てみた。

親に捨てられた男が、これまた両親に死に別れて
親戚の家で育った女と結婚し、子供ができた。
お互いに家族の温もりを知らないもり同士が、
家庭を持てて家族が増える。
こんな幸せ一杯の中、妻が子供を庇って荷物の
下敷きになり死んでしまった。
残された男は友人に助けられながら子供を育てていく。

なんでこんな不幸が襲ってくるのか、
その理不尽さに耐えながら、慣れない子育てに奔走する父親、
そんな彼を取り巻く人たちの優しさ、そして健気な息子。
最初の1話2話をみた時から、もうじわっと涙が
溢れてきて止まらなかった。
なにより、自分にも幼い息子がいるが、自分と重ねて、
自分がこんなことになったらと思うと、この子が
こんな可哀想な境遇になってしまったらとふと
思ってしまうと、これまた涙がぶわっと出てくる。

妻と二人、日曜日の日中、一気に7話まで見た。
和尚雲海の厳しくも愛情のある言葉、身寄りの無い父親を
幼き頃から肉親代わりに面倒を見てくれた小料理屋を営む
女将さん、職場のみんな、それぞれがそれぞれの立場で
この親子を陰に陽向に見守り、手を差し伸べて、
みんなで息子を育ててきたようなものだ。

やがて成長した息子は東京へ行き、東京の企業へ就職。
独り立ちの時が来たが、何歳になっても息子は息子。
父親は一人、東京にいる息子を思いやりながら、
周りにはミエミエの寂しさをやせ我慢しながら暮らしている。

息子は職場で7歳年上の子供がいる女性を好きに
なってしまい、真剣に結婚したいと思い始めた。

と、ここまでが7話までの話。

毎回感動する場面や台詞があり、思わずホロリと、
またはぶわっと泣いたけれど、7話に近づくにつれて
だんだんと泣けなくなった。
特に幼き頃に父親を捨てた男が会いたいと連絡を
取ってきた場面や、7歳年上の彼女を好きなった辺りは、
ちょっと違和感を覚えてしまい、ドラマに没頭できなくなった。

特に7歳年上の子連れバツイチの女性を、大卒したての
ピカピカの男が選ぶにはちょっと無理がありすぎる。
好きになる動機が弱すぎだし、第一、プラトニックな
関係のまま、結婚に至るなんていうのもあり得なさすぎ。
しかもドラマなので、どうしても役者の容姿や雰囲気込みで
ドラマに入ってしまうけれど、吹石一恵には、何か違和感を
感じてしまった。
オーラが勝気過ぎるのか、ふと見せる女性の弱さ、守ってあげたいと
思わせる雰囲気がない。
ドラマの中で息子の旭が好きになる女性像からは程遠い気がする。

逆に、息子が育った田舎の人たちを演じた役者は、
それぞれみんな役柄に合っていたと思う。
和尚親子と小料理屋の女将、会社の後輩に後輩の
ヤンキー女房、みんなスルッと頭に入ってきたのに、
どうしても吹石一恵だけが入ってこない。
個人的には木村佳乃、竹内結子辺りなら、しっくりきていたのに
と思う。

8話ではたぶん、この子持ち女を田舎に連れ帰って
大騒ぎになるんだろうと予測できるし、また父親の
死亡フラグが立ちそうな雰囲気でもある。
全11話、後残すところ4話。

どういう展開になるか、ちょっとなんだか結末は
見えてきたけれど、またどこかに感動する場面を
期待しながら、見させて頂こうと思っている。

UO やってもうた。。

先日、やっと地図と鍵開けを100.0のGMにしたのに、
新規キャラを作ろうとして、この二つのスキルを
持たせていたキャラを誤って削除してしまった・・。

削除してすぐに気が付いたが後の祭り。
茫然として力が抜けた。

1日して気を取り直して、新規キャラで
両方のスキル50.0を持たせて再出発。

まず地図上げ。
魔法屋で白地図を買い求めながらベンダーを育て、
描いては地図屋へ売り、98.0辺りからスキルが
上がりにくくなったら、霊性のサターの不調和を受けて、
100.0まで上げた。
そして次は鍵開け。
自宅でひたすらGM鍵箱を開ける。
95.0からはやはり霊性のサターの不調和上げ。
地図より鍵開けの方が上がりにくい。



99.9
もうちょっと!

100.0
終了~~。


やっぱり3日掛かったなぁ。
UOAがあるからいいけど、ないとちょっと大変。
もう誤って消さないように気を付けよう!

膵臓がんと戦う母の闘病記録


今日から3月。なのでテンプレートも春Ver.に変更しました。

さて、前回の母のすい臓がんの闘病記録に於いては、
呉共済病院にて、ペプチド治療の治験を受け始めたことを
書きました。今日はその後です。
11月にペプチドワクチン治療を受け始めてから、
今現在、癌は治りはしないけれども、大きくも
ならないという状況です。

抗がん剤はとうの昔に止めていますから、
ペプチドワクチン治療がそれなりに効いていると
判断していいと思います。
幸い、プラセボ(ダミー治療)には当たっていないと
思われます。

母自身、一時期は体重が38Kgと癌患者末期特有の
ガリガリ状態であったものが、今は44Kgまでに
回復してきました。
体力も随分と戻ってきており、家事もそれなりに
こなしています。
抗がん剤治療をしていた頃は、気持ち悪くて
しんどくて、よく横になって休んでいましたが、
ペプチドを始めてからは、抗がん剤の副作用が無いので、
その気持ち悪さがなくなり、気軽に動けるようになり、
本人は大変喜んでいます。

私としては、癌細胞が死滅しなくても、ずっと癌を
このままコントロールし続けられるなら良しと
思っています。
週に一度の注射をするだけの簡単な治療ですから、
通院すること以外は特に負担になることもありませんし、
治験なので治療費が掛かることもありません。
ほぼ無料で受診できます。

中国地方の方ですい臓癌と戦っておられる方、
呉共済病院に於いては現在、すい臓癌のペプチド治療の
治験を募集している様子です。
諦めずに挑戦してみられたらいいと思います。
諦めたら終わりなんです。

このブログでは今後も母の闘病についての経過を
時々書いていきます。


< 追記 >

これまでの母の治療履歴

2010.04月頃にすい臓がんが発覚(ステージⅣa)
2010.07月-8月 
重粒子線治療を受ける
→この治療の効果が大きくてすい臓を覆い尽くそうと
していた癌がほぼ壊滅する。
退院する時に「準根治」と言われる。

その後、抗がん剤治療(TS1)を始める。
2010.10月 温熱治療をしてみる。
→ 
おなかの皮膚が低温やけどになり固くなってきたことと、
状態が良いので中断する。2011.02月頃

その後、抗がん剤治療を続けるが、しばらく動かなかった
癌細胞の再活動が認められる。 2012.08月頃。

2012.09月 
抗がん剤の量を増やす事を主治医から提案を受ける

しかし、このままズルズルと悪化していくだろうことは
目に見えているので、新たな治療法を探す。

2012.10月 
あれこれ検討した結果、免疫治療が最後に残された
治療法だろうと思い定め、受診の方法を探る。

2012.11月 
呉共済病院にて、東大におられた中村教授が提唱する
ペプチド治療の治験に申し込み、各種の検査の結果、
治験に適合し現在に至る。

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード