FC2ブログ

女子大生がルーマニアでレイプ殺害された件について


ちょっと前に、このブログでフィリピンのセブ島で朝鮮人に
レイプされた二人の女子大生のことを書いた。
この件は朝鮮人の犯行なので、マスゴミは徹底的に
隠蔽し、ネットを使う人以外には周知されなかったが、
またも、先日、ルーマニアにて一人の女子大生が
レイプされて殺害された。
被害を受けた女子大生の実名等はネットや報道で
流れているので、敢えてここでは書かない。
詳しくはこちらのサイトへ。
http://ja.yourpedia.org/wiki/%E7%9B%8A%E9%87%8E%E5%8F%8B%E5%88%A9%E9%A6%99

さて事件のあらましはこんな内容だ。
転載します。

***********************************

ブカレスト市内の中堅新聞社「cotidianul.ro」に
書かれていた事件概要を翻訳
(訳者・東欧近現代史専攻。拙い翻訳力ですが
事件に興味を持ち翻訳してみました。)

このブカレストで、痛ましく、悲しい事件が起きました。
日本人の女学生、ユリカ・マスモ(20)がブカレスト市内の
林道沿いで、レイプ、殺害されました。
犯人は、ニコラエ・シェルニスク(33)、
この男はタクシー運転手である。

この女学生はクライオヴァ市で学業親善研修に
参加する目的でルーマニアに訪れました。
彼女は一人でオトぺヌィ空港を訪れた。
その後、犯人のタクシー運転手に道を声をかけられた。
彼女は、タクシーに乗り込み、目的地とは別の方角へ向かった。
しかし彼女はその事には気が付いてはいなかった。
ブカレストから西へ45km、マリーヴァの森林地帯に
車は泊まった。
彼女はその現場で、犯人にレイプされた。
ブカレスト科学司法院による鑑識によると、
彼女は両手を縄で縛られ、生きたままナイフで皮膚を切られた
痕跡があった。
全身に複数の殴打痕が見つかり、激しく争ったと推測される。
彼女の膣内からは犯人の精液が検出された。
犯人は彼女を生きたまま乱暴にレイプし、最後に腹部、
そして胸部にナイフを複数回突き刺した。
彼女の遺体は林道から120m程の森の中に遺棄された。
cotidianul社記者の取材に対し、司法省のトニ・ヴァリセッチ長官は、
「この痛ましい事件はルーマニアの現在の悪い治安情勢を
如実に表すものであり、
市警察及び司法省は全力で犯罪の防止、治安の回復に
務める」とのコメントをした。

ソース http://www.cotidianul.ro/

***********************************

本当に悲惨な事件だ。

なぜ彼女はこんな惨い目に逢わなければ
ならなかったのか。

被害者は裕福な家庭に育ち、大学も聖心女子大学で、
バイオリンだって弾けてしまうという、
まさしく絵に書いたようなお嬢様だ。
海外旅行はファーストクラス行き来し、常連なのか、
相当なVIP待遇を受けていた模様。

そんな無菌培養の温室育ちのお嬢様が、
アイセックという海外研修生交換事業をやっている
学生が運営するNPO団体に入って、ルーマニアに
派遣が決定し、ルーマニアに向けて出発。
一人で夜にルーマニアの空港に着いて、それから
また列車で移動するなんていう、あり得ない旅程を
こなそうとしている矢先に、アイセックが段取りしたはずの
出迎えが来なくて、白タクギャングに言葉巧みに騙されて
今回の悲惨な被害にあってしまった。

ネットでは脳内お花畑で危機感がないとか、
被害者を叩く人も多くいるけれど、僕的には
一番の責任は、東欧のような治安の悪い国に
若い女の子が一人で夜に移動しなければならないような
旅程を組んだアイセックに大きな責任があると思う。

被害者はルーマニアに行くのに、途中、ウィーンか
どこかで乗り換えているようだが、本来ならルーマニアに
昼間に着くように、ウィーンとか、まだ安全と思われる中継地で
1泊させる旅程を組むのが当たり前だろうに。
いや、そもそも東欧のような危険な地域に若い女性を一人、
ポンと行かせること自体が間違っているんだ。

ルーマニアに旅立つ前に被害者は旅程が不安で
泣いたりしている。
何か感じることがあったかもしれない。

今回の事件はアイセックが一番悪いけれども、
なぜ両親が止めなかったのか、娘の旅程を見て
安全な旅程に変更するようにしなかったのか、
そこに大きな問題があったと思うし、もちろん
彼女自身もルーマニアや東欧諸国の危険に対する
認識度が足りなかったのも事実だが、他のメンバーが
彼女同様、平気でアフリカ等に一人で送り出されており、
みんなは頑張って目的地に辿りついてる状況から、
彼女だけ旅程に対する文句は言えなかったのだろうとも思う。
とすると、やっぱりアイセックに大きな責任があるな。
現在、そのアイセックは姑息にもHPを閉鎖し逃亡中の模様。

ウルルン滞在記とか、マスゴミがやってる感動の国際交流
しましたとかいうのはすべてヤラセであって妄想だ。
以前武田真治くんが、どこか忘れたが井戸を村民と
掘るみたいな感動話をやってたが、後日談で、本当は村長か村民に
サックスを盗まれて、二度と行きたくないとか言ってた。
スタッフが居て、カメラが回っていても、蔭では
こうした被害にあっていたんだ。

現地の人と触れあうのが楽しみなんていう妄想を描いて
海外で安易に現地の人を信用するなど言語道断だ。
特に親しげに話しかけてくる外国人は信用してはいけない。
なにか必ず下心があるのだから。
前から何度も言ってる。
海外の危険さを舐めてはいけない。本当に命取りになる。
特に若い女性の方、雑誌やテレビの海外旅行に関する
記事や番組を鵜呑みにしてはいけない。

海外では服装、行動、ともに、安全を確保するための
ルールがある。
本来、マスゴミはこういうことも報道しなければならないのに、
いいとこ取りばかりするから、若い女性が、渋谷や六本木で
歩いている服装のまま、そして日本の居る感覚そのままに
海外へ飛び出すから犯罪に巻き込まれる。

海外へ旅する人へ。特に女性の方、本当に気をつけてください。
海外で犯罪に巻き込まれても、誰も助けてくれません。
しまったと思った時には遅いんです。
日本の安全さが世界では特殊なんです。
レイプされようが、強盗に襲われようが、殺害されようが、
もちろん、用心していても犯罪に巻き込まれることもありますが、
結局最後は、自己責任で片づけられてしまうんです。

「衣食足りて礼節を知る。」

しかし、世界はまだまだ、衣食足りてない国が依然として
多いのです。なので、礼節どころか、理性を欠いた行動を取ることも
ままあることをよく理解しておくべきです。
スポンサーサイト



韓国大統領が天皇陛下を侮辱した件について


嘘、捏造を根拠にして謝罪・賠償と叫び続ける
朝鮮人に対して、ネットが普及する前は嘘や捏造と
分からずに、日本人はずっと耐えてきた。
しかし、ネットのお陰で朝鮮人の嘘、左翼の捏造が
日本を貶め、日本人が理不尽に我慢を強いられてきた
ことが白日の下に晒された今、日本人の心の聖域まで
土足で踏みにじった発言には、さすがに我慢の限界だ。

竹島は軍事的に奪回するのは今は難しいけれども、
日本は経済的に韓国に対してこの際、徹底的に
お仕置きすることが重要だ。

五兆円スワップ、韓国国債の購入、日本には
何一つメリットがないことは即座にやめるべきだ。
そして、世界に向けてもと韓国の嘘と捏造を
告発するべきだ。

争ったら同じレベルとか、大人の対応とか言う言葉で
事態を曖昧にするべからず。
その都度、その都度、毅然とした態度で対応しないと、
世界で一方的に日本悪しが浸透し、嘘が真になってしまう。
今回の件、相手が正式に謝罪をするまで、
決して許してはならない。

朝鮮人は日本人の精神的な決して汚してはならないものを
汚した。
今回は絶対に引いてはいけないし、朝鮮・左翼マスゴミの
日韓友好が大切とか、冷静に、大人の対応とか、そういう
遠回しの朝鮮擁護に納得してはいけない。
朝鮮人の悪に対する曖昧な態度が、生活保護の不正受給等にも
繋がっていくのだ。

しっかりと事実と証拠をそろえて、朝鮮人の横暴に対して、
日本は、日本人は毅然とした態度で朝鮮人の嘘と捏造に対して、
まっすぐに向き合って、粛々と反論、若しくは対抗措置を
しっかりと実施する時、それが今なんだと思う。

あぷぅ、1歳になる。


我が子あぷぅ、ついに本日、1歳となりました。
思えば1年前の8/15に妹一家4人を含めて
家族で庭でBBQをしたんだけど、それから次の日
あたりから、なんとなくお腹に違和感が出てきて、
出産予定日は9月だったので、まだ2週間あるので
自宅で様子見してたんだけど、1年前の今日、
やっぱりお腹が痛いというから、病院へ連れて行った。

それからお腹に陣痛を測る装置を取り付けて
様子を見ていたんだけど、看護士がまだ全然
産気づいてないから家に帰ってもいいなんて言うから、
帰りかけたのだけど、どうにもやっぱり来そうなんで
頼みこんでベッドに寝かせてもらっていた。
しかしやっぱりまだみたいなんで、時間に余裕があると判断して、
僕は仕事の後片づけに帰宅してたら、その間に俄かに
産気付いてしまって、大慌てで車で病院に引き返している間に、
あぷぅはこの世に生まれてきた。
こんな大変な出産時に不在だったので、看護士の間で
僕の評判はガタ落ちさw。

2,200gぐらいだったかな。
ちょっと未熟児。
急に出てきたんで、一時呼吸が止まったらしい。
が、たまたま昼間の出産で川崎医科大学付属病院の
産婦人科の部長先生以下、全てのスタッフが揃っていたので
無事蘇生してもらったんだ。運が良かった。

あれから1年、夜泣きするでなく、夜はおとなしく
寝てくれるので、あまり手の掛からない子だ。
最近、ちょっと色んなモノに興味が出てきて、
触って欲しくないもの程、触りたがるので困ってる。
まだ歩行は出来ないけど、つかまり立ち移動はできるので、
えっちらおっちら、ゆっくりゆっくり、カニさん歩きで移動する。
ハイハイは慣れたもので高速で移動する。

今夜は1歳の誕生日を実家の両親と共に祝う予定だ。
1升餅占いも実施予定。
何を掴むかな、筆かそろばんか、現金か、
将来、何になっても、どういう人生を送っても
それは本人の自由だから、なんら束縛するつもりはない。
もちろん、自分の会社を継いでもらおうとも思わない。

ただ、人様に迷惑を掛けることなく、後ろ指差されることなく、
正直に生きていって欲しい。
但し、色々な種類の降りかかる火の粉を払うだけの力は
身につけて欲しいと思ってる。
ちょっと大きくなったらウクレレでも触らしてみるかな。

とにかく今は元気で育ってください。
あぷぅ、1歳、おめでとう!

apu1
12.05/04 吉備高原都市 イタリアーノ ルーチェにて

思い出の曲


あれは、深夜放送がすでに下火になっていた頃、
それでも、ラジオを聞くのが好きで、よく深夜に部屋で
ポツンと一人でラジオを聞いていた頃だ。
たぶん青春の入り口に立っていた頃だったかもしれない。

静まり返った深夜にラジオから流れて来た曲の中で、
ふと心にとまってずっと忘れられない曲っていうのがある。
歌詞は断片的にしか覚えていないが、曲自体は、ほぼ
全体像を覚えており、題名も覚えていた。
「古都めぐり」という歌だ。

別れを決意した女性が愛した男性を忘れる為に
飛鳥・大和路をひとり旅するというような歌詞だったと思う。

蘇我馬子の墓とされる石舞台に吹け抜けていく風が
感じられるような、寂しい雰囲気が心の中に沁みてきて、
自分の中の寂しさがこみ上げてくるような、
そんな切ない気持になる曲だった。

どうしてこの曲がずっと忘れられず、頭の中に残って
いたんだろう。
父親が異様に厳しい複雑な家庭に育った俺だ。
いつも漠然とした不安を抱え込んでいた。
いつもどこかで寂しい心を押し殺している自分がいた。
そんな自分の寂しい心の情景に、この曲が想像させる
兵どもが夢の跡の様な、寂しげな情景が重なったんだろうな。

この思い出の曲について、ネットで何度か
検索してみたが、ずっと見つからずにいた。
しかし昨夜、ふと検索してみたら、なんと動画サイトに
アップしてあるのを発見。
早速ヘッドフォンを装着して目を閉じて再生開始。
曲のインパクトは強烈だった。
懐かしい、あの頃の自分の部屋が一気に瞼の裏に広がって、
そしてあの頃の自分の気持ちが甦ってきた。

訳が分からないけれど不安だった自分、何かしら自信が
なかった自分、そんな自分に向かって俺は心の中で言う。
心配すんな、お前の人生はなんとかなる。
なるようになるから、とにかくあれこれ考えずに青春を
楽しめばいいじゃん。

ほんの短い時間に、こんな自問自答をやってるうちに、
とても切ない気持ちになってきて、熱い気持ちが込上げてきた。
その瞬間、こんな自分をもう一人の冷静な自分が
『おセンチに過ぎる』って笑ったところで、人の気配を感じて
目を開けた。

ヘッドフォンの向こうで妻が何か言ってる。
きっと泣き笑いのような変な顔してたんだろうな。
ヘッドフォンを外すと「どないしたん?」と妻が訊く。
「・・別に。」としか応じられなかった自分は一気に現実に
戻され、なぜだかホッと息をついた。
たぶん次はもう冷静にこの曲を聴けるだろう。

そんな僕の心の思い出扉の鍵の曲。

古都めぐり 広谷順子

http://www.youtube.com/watch?v=Cgr0BMCXck8&feature=colike

Ceniza(セニーザ)に恋して  最終章


自分はセニーザ(CenizaT&K)というウクレレが大好きだ。
ウクレレを始めた時はハワイで買ったラニカイLU21を
使っていた。
1年ほど経った後、ラニカイは12フレットまでしか
無かったし、もう少し本格的なウクレレが欲しくなった。

しかし、カマカ、コアロハ等、皆が知ってる、持ってる
ウクレレではなくて、知る人ぞ知るみたいなウクレレが
ないか、ネットで色々と調べた上で購入したのが、
セニーザのソプラノ・ロングネックであった。
セニーザが到着し、初めてポロロンと弾いた時、
その音色の美しさに僕と妻は思わず同時に声を
あげたことは忘れない。

その後、色んなウクレレに興味を抱いて、色々な
ウクレレを手に入れたが、しかし結局、いざ手にとって
弾くとなると、セニーザに落ち着いてしまう。

セニーザ・ウクレレは、押さえ易くて弾きやすい、
そして澄み切った綺麗な音、トータル的に大変
バランスの良いウクレレだと思う。
とくに夫婦お二人のみでコツコツと製作されていることを
知って、ウクレレに温かみが感じられ益々好きになった。

そのうち、セニーザ・ウクレレにもカスタム・ウクレレが
あることを知り、とくにウクレレショップREOさんのHPに
画像が載っていたセニーザの5弦ウクレレの美しさに
惚れ込んでしまい、それは自分の中で、将来絶対に
手に入れたい、夢のウクレレとなった。

さて先日、こんな過疎ブログにコメントしてくれた方が
いらっしゃって、その方が「セニーザ5弦」が
オークションに出ていると教えてくださった。
早速、チェックしてみると確かに出品されている。

一目見てすぐに分かった。
以前ウクレレショップ・REOさんのHPに掲載されていた
個体に間違いなかった。
そう、私のブログで何度も憧れの5弦として、私のこの
ブログにその画像が登場している、まさにそのセニーザの
5弦ウクレレが、オークションに出ているじゃないか!

しかしタイミングが悪過ぎる。
バレイメイドの5弦を手に入れたばかりなのに、
ほとんど時を経ずして、大本命の5弦ウクレレが
突然目の前に現れるなんて・・。

諦めようと思った。
買えないし買っちゃいけない。
すでにお1人が入札している。
現在価格 98,000円。

いままで、セニーザ5弦を手に入れる機会は何度もあった。
その都度、それなりの理由で見送ってきたが、
必ず後で後悔した。しかし、いつかは手に入るだろうと
楽観視していたら、セニーザ氏は共にウクレレを
製作されていたキャシー夫人を亡くされて以降、
新作のウクレレを市場で見掛けることがなくなったので、
おそらくウクレレ製作からご引退されたと見え、
ついに新作モノを手に入れることは不可能になってしまった。

そういう状況だから、今回のセニーザ5弦を逃したら、
二度とセニーザ5弦には出会う機会は訪れないかもしれない。
しかも今回のウクレレは、自分が夢の5弦ウクレレとしていた
まさにそのウクレレであり、トラ目模様が大変綺麗で美しく、
セニーザ5弦の中でもおそらく屈指の出来栄えの
個体であることは間違いないものだ。
ceniza5strings4

こんな貴重なセニーザを、スタート価格の98,000円程度で
奪われては絶対後悔するという思いが募る。
入札期日の間の2日間、あれこれ相当逡巡したが、
いよいよオークション終了時刻が押し迫ってきて、
居ても立ってもいられず、とりあえず適当な金額で入札してみた。
なんと運が良いのか悪いのか、最高落札者候補になってしまい、
オークションが終了するまでドキドキしていたが、
そのまま一度も競合することもなく、すんなり落札してしまった。
いつもは落札した後に、またやっちまった・・、みたいな後悔の
念が湧いてくることも多いけれど、今回はよかった~と思う、
安堵の気持ちが強かった。

さて取引に入ると売主様は新品のテナー用ケースを
用意してくださったり、大変丁寧で親切な方だった。
スムーズに取引が進み、週明けの火曜日に
憧れのセニーザ5弦が到着し、いよいよ対面する時が来た。

ケースを開けてウクレレを見た。
全体がこげ茶色でトラ目が美しい。
手に取ってみると、意外にヘッドが重い。
これはバレイメイドの5弦の方が軽いと思う。

バレイメイドの5弦のギアペグは銀色だが、
このセニーザには金色のギアペグが奢られている。
が決して、その金色がいやらしく感じない。
それどころか、豪華さをより一層際立たせている。
ceniza5strings3
楽器全体の色調、デザイン全てが見事に調和し、
品の良い、貴婦人のようなウクレレに仕上がっている。
ceniza5strings5
セニーザ氏がいかにセンスの良い優れた職人であったか、
その査証となる逸品だ。

ハワイ製のウクレレは作りが雑とか言う人がいるけれど、
ある方が自身のHPにて、セニーザ氏をして、
その仕事の正確さと丁寧さに『キチガイじみた律儀さの
ウクレレ作者』とまで言い切っておられたが、
このセニーザ5弦を見れば誰しもがそれに納得できる
だろうと自分は思う。

このセニーザ5弦、売主さまはほとんど弾かずに
保管していたとのことで、確かに音は熟成していないと
いうかまだ若い感じ。
しかし、ジャカジャカと弾きこむなんて、勿体なくて
自分には出来そうもないけれど、しかし弾いてあげなきゃ
楽器が可哀そうだし。
こんなジレンマに陥りながらも、ウクレレを飽きもせず
しばらくの間ずっと眺めていた。

このウクレレはセニーザ氏渾身の一作、
そして二度と手に入らない逸品だ。
終生大事にするつもり。
迷うことなく、我が家の家宝に認定です。

オリンピック開会式、日本強制退去の訳


原因はどうやら、選手がつけた福島の
瓦礫製のバッジらしいとのこと。

詳しくはこちら
http://p.tl/FEk9

http://p.tl/BtC0

今回、ロンドンオリンピックに於ける日本選手団の
扱いがおかしいと思っていた。
開会式の強制退去だけなら、ミスでしたで通るだろうが、
選手村まで隔離されているのが解せなかった。

あちらは、日本が放射能汚染物かもしれない瓦礫製の
バッジなど持ち込んで、放射線物質をオリンピック会場に
拡散させるつもりかと怒ってたわけで、
メルトダウンやら放射能汚染について、それは全世界に
影響を及ぼすことかもしれないのに、正直に情報を開示せず、
嘘を重ねた民主党政権に対して、国際社会からきつい
しっぺ返しを受けたというわけだな。
アテ馬にされた日本選手団は本当に気の毒。

そして、こういう理由だから、今回の強制退去や
選手村隔離について、民主党押しのマスゴミは
全然報道しないわけだ。

まぁ結局、今回の国辱的な扱いのすべては、
マスゴミに踊らされ、民主党に投票した人たちの
責任というところに行きつくんだけどな。

ハマコーが逝く


ワイルドな人だったなぁ。
やくざから国会議員になって、「政界の暴れん坊」との
異名をつけられていたことで有名な人だったし、
ラスベガスのカジノで4億6000万程度を一晩で
すってしまったことでも有名な人だ。

自民党史上最大の危機と言われた四十日抗争で、
バリケードを破壊し吠えてるシーンを見た記憶は
今も残っている。
あの時の、「子供たちの為に云々」というセリフが忘れられない。

その時の動画があったのでUPしときます。



豪快で無茶ぶりばかり目立ったが、結構、自分の行動について、
その効果を計算していた節があり、実はとても頭の良い人
だったのだと思う。

破天荒な言動をするのだけど、なぜだか憎まれない、
得な性格の持ち主。
言動は過激だが的を得ていた。
駄目なものは駄目というのを、理屈じゃなくて感覚的に
納得させられる人だった。
なので「人権」や「差別」という言葉で日本人を逆差別している
屁理屈こきの左翼の天敵でもあったな。

こういう人がいなくなると寂しい気がする。
惜しい方を亡くした。

ご冥福をお祈りします。

08/01 昨夜の練習風景


昨夜も子供が寝てくれて、落ち着いた1時間ほど
ウクレレ抱えて弾いてみた。

使うウクレレはカマカコンサートTikiだ。
カマカ本社で指差板交換修理&全体的な
リフィニッシュを受けてから、ピッチも完璧になり、
高音まですっきりと出るようになって、全体的に
いい意味で落ち着いていい感じなんだ。

さて、最近の練習課題はレッスン受けてた頃の
ものから、「レレの青い空」と「ハワイ」。

初歩的なことだが、3弦1-3-1というTAB譜だと
1~3へ行く場合、どうせ1に戻るのだから、
1はずっと押さえたままでいいのであるが、
1を離して3を押さえてしまうという指離しの癖があるので、
指を置いたまま、他の弦を押さえる運指の練習も
心掛けてやっている。
また以前はちゃっちゃと弾いていたが、適当なところも
あったし、不確実な部分もあるのに弾いたつもりに
なっていたので、確実に音を出してゆっくり弾くことに
専念している。
序々に適正なスピードに上げていこうと思っているが、
今はまだまだ。

「レレの青い空」はキヨシ小林さんの曲で、
楽しい曲、「Hawaii」はオータサンの曲でとても綺麗な曲。
T先生の模範演奏を思い出しながら練習してます。
今更ながら、レッスンに通っていたのは良かったと思う。
その他、ウクレレマガジンの付録についていた
リズムの練習とかもその日の気分でやってます。

しかしこの練習ネタは毎日、同じ内容だから
ブログのネタとして毎日は書けないからね。
今後も時々だけ、練習風景を紹介させて頂きますね。

では今日も良きウクレレライフを!

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード