FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSKが消滅


自分が務めていた会社、CSKがこの度住商システムに
合併吸収されることになった。
起業以来20年で東証1部上場に上り詰めた優良企業
だったはずなのに、大川初代社長が逝去された後、
大川社長が引き入れた野村証券派閥の役員が
組織の重要ポストを占め、システム開発企業なのに、
不動産・証券化ビジネス株へ偏重し失敗。
その負債がついに身を滅ぼす結果になったと
CSKから離れて随分経つので内部のことは分からないが、
外から見た感じではそう受け取れる。
しかし吸収合併という苦渋の決断を迫られるほど、
経営が逼迫していたとは思えなかったし、
自分自身、CSKは優良企業のイメージがあったので、
今回の吸収合併の話には正直驚いた。

吸収する住商情報は、社員3500人、2010年度の売上1300億円、
30億の黒字。無借金経営。
かたや、吸収される側のCSKは、社員9000人、2010年度の
売上1700億円、600億の赤字。債務超過寸前。

吸収する側の方が吸収される側よりも社員数が圧倒的に多い。
おそらく旧CSKの社員にはリストラの嵐が待っているだろうことは、
容易に想像がつく。
特に中年以降の年代の社員は厳しい現実を付き付けられることに
なるのではないだろか。

しかし、本当に残念なことだ。
とても寂しい気持ちです・・・。
スポンサーサイト

ウクレレ教室 86回目(たぶん)


2週間ぶりのウクレレレッスン。
ゴタゴタしてたので、ほとんど練習せずにレッスンを
受けることになった。

前回、セニーザがフレット音痴だったので、今回は
ロ・プリンジ氏本人の手になるカスタム・コンサートを持参。
ホンジュラス・マホガニー製、キラキラした高音が特徴。
完全なカスタム・オーダー品なので、レッスンに持ち込んだことは、
過去一回しかない。
が、あくまでも楽器、弾いてなんぼのものだからと思い直し、
使うことにしたんだ。

さて、レッスンはジェイク演奏の「Close To You」の一本勝負。
今日はTab譜の頭から2段目あたりまで。
歌詞でいうと、
Why do birds Suddenly appear?
Everytime You are near just like me
Thy long to be Close to you 辺りまでかな。

たったこれだけの範囲だが、出だしからジェイクが感情たっぷりに
演奏してるもんだから、それを丸ごとコピーとなると、
溜めとか間とかを取るのが大変。
しかも単純なTab譜じゃないから、練習不足で普通に弾いても
上手く弾けないという状態なのだから始末が悪い。
特にジェイクの演奏と合わせて弾くとなると、
焦って全然手が動かない。
四苦八苦のレッスン時間もあっという間に終了。
練習不足は大いに反省。
習い事、なんでも予習・復習が大事だね。

さて、レッスンしているときにKさんにこの「Close to You」の
TAB譜を送ると約束していたことを思い出した。
早速、帰宅後、PDFソフトで変更部分を書き加えたものを
メールで送付したところ、Kさんからお礼のメールが帰ってきた。
メールによると、渋谷にぶらっと行って、大量のウクレレを展示して
あるお店を見つけて、コアロハテナーを30分弾きまくって
何も買わず帰ってきたとか。
都会はこれができるから羨ましい。
田舎の自分なんか通販に頼ることが多いけれど、楽器の状況が
直接確かめられないから、大きなリスクがあるんだよなぁ。
Kさん、マホガニー製のウクレレが欲しいなんて書いてあった。
彼はカマカ一筋だったから、この行は意外だったな。

最近、ちょっと春の兆しを感じるね。
空気が優しくなってきた。
ウクレレの季節がまたやってくる。
今年のウクピク、みんなで行けたらいいなぁ。

ウクレレ教室 85回目(たぶん)


先日、うちの会社で大きな交通事故があり、
その対応に大変だった。
マスゴミは一方的にうちの会社が悪いみたいな
報道をしたが、相手のスピードの出し過ぎと余所見運転にも
大きな原因があった。
これは事故を直接目撃した対向車の先頭車両の方が、
わざわざテレビの一方的な報道をみて憤り、
名乗り出て下さってわかったことだ。

さて、それは置いておいてウクレレの話ね。
先日のレッスンはジェイクの「Close To you」のみ。
えー、涙そうそうのイントロとか練習していったのに、
肩すかしをくらった格好だ。
先生にジェイクの演奏の動画をUSBに入れて渡してあげたんだ。
元の動画はMP4でそれをわざわざWMVへ変換しておいて
あげたのだが、先生のPCはマックだった!
マックなんて自分は触ったことがないので、なんとも言えないが、
たぶんMP4のままの方が良かったんだと思う。
先生のPCが使えないので、俺のギャラタブにスピーカーを
繋いで、ジェイクの演奏を見ながらの練習するという、
珍しいレッスンとなった。
先生がいつも練習をするときの方法で、少しずつ前に進む。
しかし、ジェイクの演奏は難しいです。
そのうち、なんか自分のウクレレの音が変なのに気がついた。
ズレてるんだ、微妙に音が。
調弦したところまあまあ合ってるのに、9フレット辺りの音が変。
試しに開放弦と12フレットの音をチェックしてみるとズレている。
開放弦に比較して若干音が高い方にブレている。
これがいわゆる「フレット音痴」というやつで、
とてもやっかいなものだ。

しかし、持っていったのは愛機「セニーザ」。
以前、なんどもセニーザの調弦は確認をしているし、
フレット音痴だったということは絶対にない。
経年劣化で木が変形したのか、どうなのか原因はよく分からない。
が、大切な愛機なので修理へ出そうと思っている。
以前にお世話になった千葉の沖田工房さんへでも
頼んでみようかな。

さて、Cenizaが使えないとなると、Kamaka-Tikiはカマカ本社へ
修理に預けてあるし、いよいよロプリンジ・コンサートの出番かな。
マホガニー製の特注品だ。
ロ・プリンジ氏自ら腕を振るって制作していただいた逸品だ。
今夜あたり、磨いて調弦して、ちょっと弾いてみよう。
音は澄み切った高音。
ハワイ製のウクレレとは一味違って切れのある音です。

楽器はいいけど、相変わらず腕は全然ダメ。
これを言い続けて、もう5年になるな・・。(笑)
って、笑ってる場合じゃないよなぁ。(> <)

Galaxy Tab


出張時にいつもノートブックを携行していた。
Asus Eee PC 1005PEだ。
ホテルでもネットができてメールチェックが出来ることは
とても便利だし、バッテリーで11時間超、駆動することも
大きな魅力だ。
このノートブックは重量が1.27kgある。
軽そうで実際持ち運ぶと結構重たく感じた。
ホテルに置いて使うには申し分ないが、街中を携行しながら
歩くという点に関してはちょっと無理と感じていた。

そこで自分が目をつけたのはタブレット端末だ。
自分としては7インチ前後なら大きさ的にも片手で
持てるので、一番都合が良い。
Dell,Asus,Acer等、タブレット端末を発売、あるいは
発売予定だが、その中で7インチサイズのDellの「LookingGlass」が
一番の候補だった。しかし、情報は2009年初頭から出始めたのに
一向に発売されない。
発売はいつだろうなんて、ちょっとやきもきしながら月日を
過ごしていると、昨年末に、Docomoの「GalaxyTab」の情報が
飛び込んできた。スペックもまあまあ、Androidも2.0以上の
バージョンを積んでいるし、3G、Wifiともにいけるところも魅力だったし、
普通に携帯電話として使えるところもポイントが高かった。
ギャラタブの情報が入った後、iPadを触る機会があった。
が、iPadは携帯するには大き過ぎたことが良くわかった。
アップルのスティーブ・ジョブズは7インチというサイズは市場には
受け入れられない間違った選択と断言したが、それは大きく
間違っていて、7インチこそ、携帯タブレットのサイズとして
ベストだと自分は思う。

そんなこんなで12月初旬、地元のドコモショップに予約を入れて
「GalaxyTab」を手に入れたんだ。
使用して約2カ月だが、毎日鞄に入れて持ち歩いている。
電話はもちろん3G、Wifi、両方の回線が使えるので、
ドコモの携帯メール、パソコンのメールが使用でき、
動画再生もかなりスムーズ。YouTubeも問題なく再生できる。
またアプリを入れれば、ラジオを視聴でき、スカイプも可能だ。
WEBの閲覧もストレスなく出来、字も画像も7インチなので
非常に読み易い。まさしく携帯パソコンとして自分には
ぴったりのタブレットだ。

GalaxyTab導入のお陰でAsus EeePC1005PEの出番がなくなった。
かといって、このPCはスペック的にもそれほど悪くない。
メモリーも増設して2Gにしているから、もちろん処理能力等に
ついてはGalaxyTabをはるかに凌駕する。
現在、妻のコタツまったりタイムに欠かせないアイテムとなって、
活躍している。

しかし、世の中便利になったものだ。
数年前ならタブレットなんて思いもしなかった。
世の中の流れは速い。最近、切にそう思う。

行きつけのお店の話


最近、商工会の会議の後、よく行く料理店がある。
元は割烹だったが、不景気のせいで居酒屋風に転換した
お店だ。
お店の造りは割烹のときのままなので、非常に居心地が良い。

僕はカウンターに座って飲むのが基本的に好きだが、
このお店のカウンターに座ると妙に落ち着くから不思議だ。

さて、そんなお気に入りのお店に昨夜もお邪魔した。
僕が注文するのは、「酢豚」と「ホルモンのから揚げ」。
ここの酢豚は普通の酢豚じゃなくて、塩ダレの酢豚なんだ。
あっさりしていてネギとの相性も良くて、筆舌に尽くしがたい
絶品の味だね。
「ホルモンのから揚げ」は単に酒のアテに良いからなんだけど、
脂身の多い上ホルモンをカラッと揚げるって難しいと思うんだ。
いつもレモンと塩で頂くけど、これも旨いよ。
あとザンギという鶏肉のから揚げの一種みたいなもの。
これは普通のから揚げじゃなくて、ニンニクとか醤油で濃い味付けを
した鶏肉を揚げるもので、ここのザンキは相当旨い。
タコのから揚げも旨いし、とにかく色々、腹いっぱい注文してしまう。
って書いてたら、なんか揚げものばかり食ってるなぁ。
げと、モツ鍋一人前も食べたし、もろきゅうも食べたんだよ。
しかし魚類は食べなかったなぁ。本来、魚も旨いお店なんだけど、
次回、魚メニューレポートやりますわ。
今回、写真がないのがいけないね。次回はちゃんと写メ撮って
載っけますんでお楽しみに。

今こそRadeon5000シリーズ


今日はパソコンの話題ね。

世の中ではINTELのCPU/GPU統合CPUである
サンデーブリッジ・プロセッサーが発売されて話題に
なっている。なかでもグラフィック機能の優れたKシリーズに
人気が集中している模様だ。
しかし年末に22nmのアイビーブリッジが出るという情報があり、
またサンデーブリッジを乗せるINTELの6シリーズチップセットに
不具合があったと発表されたこと、なによりAMD派の自分としては
夏前当たり発売されるAMDのブルドーザーコアが本命なので、
サンデーに飛びつく要素は全くない。

そんな中、今自分が注目していたのはビデオカードだ。
当然、AMD派の自分はRadeonしか眼中にないが、
現在Radeonは6000シリーズが発売されているが、
実は先代の5000シリーズがとても優秀な代であり、
性能差はほとんどないのが実際のところだ。
逆に6000シリーズが発売されたことで、値段がこなれて、
今こそ5000シリーズ購入のチャンスが到来しているというわけだ

自分が目をつけたのはHD5850とHD5770の2機種。
発売当時、HD5850は発売直後は3万円を超えてたし、
HD5770も2万円を超えていたが、今は最安で半値程度で買えてしまう。
HD5850が1万5千円で買えるなんて、コスパが良すぎだろうということで、
早速、ツクモで1万5千円を切って売り出していた、
「MSI R5850 Cyclone」を2機購入。
MSI R5850
現在、HD4870でCF環境を組んでいるメインPCに装着予定。
どれだけの性能を見せてくれるか、今からワクワクしてます。

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。