FC2ブログ

日本惜敗、パラグアイ戦


駒野がPKを外したとか言う以前に、試合自体、
パラグアイに押し込まれ、ほとんどボールもキープできず、
こぼれ球すら拾えず、ゴール前でなんとかクリアするのが
精一杯という状態で完全に日本が負けていた。
DF陣の頑張りとギリギリのところで運が良くて点が入らなかっただけ。
PK戦に関して言えば、GKの川島だって1本も止められなかった。
駒野1人に責任を押しつけることで今回の敗戦の
総括をするなら、お門違いも甚だしいし、
日本のサッカーもここで終わりだ。

敢えてまだPK戦に関して言うならば、中村憲剛なんかが
居たのにも関わらず、メンタル面が弱い駒野に蹴らせた采配にも
問題があるんじゃないのか。

WCJapan
<泣くな駒野。君だけの責任じゃないから。>

日本は負けるべくして負けた。
日本は守備力は素晴らしいが攻撃力が無さ過ぎた。
どうみたって8強入りする技量と力は備わっていない。
日本が堂々と8強入りするには、まだもう少しの時間が必要だろう。

パラグアイの5人目のキッカー、カルドソが決勝のゴールを決め、
日本の敗戦が決定した時、感動的なシーンがあった。
それはパラグアイが勝利した瞬間、パラグアイ4人目のキッカーとして
PKを決めたアエドバルデス選手が歓喜の輪を抜けだし、駒野に駆け寄り、
額をすりつけるようにして駒野を慰めてくれたのだ。
アエドバルデス
<武士は武士の心を知る。>

たぶんアエドバルデス選手自身、過去に同じ様な経験があって、
駒野選手を心配してくれたのだろう。
自分たちが勝利したあの時、喜び一杯のあの時点で、よく敵に
こういう心遣いができると思った。
本当に心技体の備わった素晴らしい選手だと思ったね。

とりあえず日本代表の選手のみんな、本当にお疲れ様。
『ベスト16』。素晴らしい成績です。
胸を張って帰国してきてください。
今回のWC、失礼ながら全然期待していなかった分、
意外な日本代表の頑張りのお陰で、随分と楽しませてもらいました。
本当にありがとう。

今日は眠いわ。。
なんだかんだ言っても、負けるとなんだかどっと疲れるね。
今日は日本中、こんな感じなんだろうな。
スポンサーサイト

ウクレレルシアーリンク集


このブログは実は『下手の横好き 旬はウクレレ』という
ホームページの一部分に過ぎない。
本家本元は同タイトルのホームページなのだが、
その中のコンテンツに「ウクレレルシアーリンク集」がある。
かなりの時間を掛けて世界中のウクレレ製作家の情報を集め、
HPがあるならばそのHPを、なければそのルシアーを
紹介しているHPをリンクしている。

ただ、最近、少なくとも2年はメンテをしておらず、
放置状態であった。
ちょっと確認しただけで、FamousやらLUNA等の
日本製ウクレレで一番ポピュラーなところがリンク切れ、
その他戸田ギターさんとか、LaUke等のヘッダウェイさんの
リンクも切れていたので、簡単に修正できるところは修正しました。
今後、HPが無くなっている工房や、引退した工房などを整理し、
また新たな工房を追加予定です。

敬愛するセニーザさんへの直接連絡先が未だに不明。
知ってる方がおられましたら、emailアドレスだけでもいいですから、
そっと私に教えて頂ければ嬉しいです。

ジェイク・シマブクロとライブに出る方法

たぶんウクレレ好きの方なら知っていると思うけれど、
一応紹介しておきます。

現在、アメックスはジェイクを審査員に迎えて、Youtube上で
「LET'S PLAY UKULELE CONTEST」を開催中です。

応募方法は、得意な曲をウクレレで演奏し、その映像を
YouTubeに投稿するというもの。
推奨曲として、「Crazy G」、「Ave Maria」、「サクラ サクラ」、
「Ulili E」の4曲が挙げられています。

自分たちに当てはめてみると、ジェイクの曲だと、いままで
「Coffee Talk」や「フラ・ガール」などをレッスンで
練習してきたから、もし応募するなら「フラ・ガール」が
良さげだけど、相当練習しなければならないだろうね。。

が、一番の重要なことは、選曲やジェイクが唸るような上手な
演奏ではなく、「いかにも楽しそうに弾いている」という点だと
応募要項にも書いてあるし、実際、ジェイクが求めているのは、
一緒にステージで演奏した時に、もし下手なら下手なりに
みんなが盛り上がって楽しい気分になるような
演奏なんだろうね。

さて、コンテストの為に皆さんが応募した動画を色々と
みせて頂いた。
相当レベルが高くて、凄い演奏ばかりだけれども、
楽しそうかっていうと、ちょっと疑問な演奏もあったね。
ずっと下向いてるとか、手元しか写してない動画もあるけれど、
それで楽しく演奏してるかどうか、とても判断しづらいと
思うんだよね。

楽しそうに弾くっていうのはどういう感じだろう。
気の合う仲間とアイコンタクトを取りながら演奏するとか、
一人の演奏なら、表情や動きも重要になるかな。
強弱をはっきりつけ、メリハリの効いた演奏をすることも
大切なのだろうし、勿論、笑顔とかも必要なんじゃないかな。
しかし、楽しそうに弾くということは、ある程度余裕がないと
無理だから、やはりまずそれなりに上手に弾けることが
大切ということにはなってくるなぁ。。

まっ、自分自身はともかくとして、やってみたい方は是非とも
応募してみてください。
私もYouTubeであなたの演奏を見て勉強させて頂きます。

応募詳細はこちら↓

http://jaketour2010.jp/contest.html

祝 WC日本ベスト16進出!

試合開始早々、怒涛のデンマークの攻撃に日本の
守備システムが機能してなくて、ほとんどボールに触れず、
するっとゴール前で抜けてくるトマソンを止められない等、
遠藤がピッチから岡田監督に対処方法を聞きに行く程
危険な状態が続いたが、よく踏ん張ったと思う。

そういった中、何回かシュートまで持ち込み、本田のFKで
先制点を奪えたことで少し落ち着きを取り戻したけれども、
試合全体から見ても、ボールの支配率はデンマークが
ずっと勝っていたから、日本が勝てたのは少ないチャンスを
きちんとモノに出来たという点に尽きる。

日本は守備はよく出来ても、決定力不足とずっと言われてきて、
結局、守れ切れなくて敗戦するというパターンが多かったが、
本田のようなゴール前でも慌てず、確実に点を取れるシュート、
または点に繋がるアシストができる選手の存在が、
日本が勝ち進んだ大きな理由だろう。
動画:ホンダスーパーアシスト
<3点目 本田選手の相手をかわす見事なステップからのパス>

もちろん、日本のDFラインは素晴らしいし、MFの松井の動きなど
称賛に値する。彼らの活躍があってこそ、得点に結びついて
いるのは確実だ。
ただシュートに関しては本田以外は、精度と威力が無さ過ぎだ。
大久保なんかキーパー正面にしか蹴れないし。

デンマークも負けられない試合で最後には4トップに
なっていたね。
とにかくゴール前に蹴り込んで、高さを生かして得点に
結びつけようと画策していた。
日本はもうちょっと高い位置でボールを取りに行かないと、
ゴール前にわんさか居ても、反則を取られ、PKで点を
取られるのが関の山。
実際そうなったが、たぶん今回のデンマークの戦い方は、
日本攻略の為の貴重なデータになるだろう。
逆に日本はデンマーク選の守備について、あまりにも安易に
ゴール前にボールを入れられ過ぎていた点は、
反省し修正すべきではなかろうか。

次の相手は強敵パラグアイ。
正直勝てるとは思えないけれど、大和魂を見せて欲しいものだ。

ウクレレ同志を送る会


土曜日、東京へ『栄転!』するKさんの送別会を開催した。
場所は倉敷市内の「駄々」というビールが美味いというお店。
19:00前にお店に到着。
すぐに美しいハワイの海の写真のポストカードを
色紙代わりにして送別の言葉を書き込む。
しばらくして、待ち合わせて来たのではないかと
思ったほどのタイミングで、アイちゃんとKさんが同時に来店。
早速、評判の生ビールで乾杯。

話題はウクレレ中心であって、自分がレッスンを
受けていた頃の色々なエピソードやら、その他Kさんの
転勤のことやら、アイちゃんがフェリーペ中村さんと意外に
親しいことやら、後はもう取り留めのない話まで、
みんなでしゃべりまくった。
気の置けない仲間との会話は時間を忘れる。
ふと、携帯が鳴ったので時間をみたらもう22:00。
19:00からスタートしてあっという間に3時間経っていた。

携帯を掛けてきたのは、われらが師匠T先生。
レッスンを終えてKさんの送別会へと駆けつけてくれたんだ。

先生が来たところで河岸を変えることに。
Kさんお気に入りの無口なマスターが居るバーへ行くことに。
以前みんなで行った時、マスターが妙に無愛想なことだけが
印象に残った、そんなバーだ。
とことん一人に浸って飲みたい人にはいいかもしれない。
自分はそのバーについてそう思っていた。
が、Kさんが言うには結構しゃべるそうだ。
人見知りなのか、Kさんの人柄がマスターの口を開かせるのか。
果たして今回は。。

みんなで徒歩で移動し、バーへ到着。
KさんがマスターにT先生のことを話したら、T先生に
興味をもったらしい。
お店にアコギやらウクレレが飾られているところからして、
またマスターの雰囲気からして、凄腕ミュージシャンのようなので、
客が他に居なければコラボ演奏が聞けるかもと期待して入店。
が、なんと客が何組もいるじゃないか。
以前来た時には全然客の来ないお店だったのに、
あれから口コミで客が増えたんだな、きっと。

カウンターはほぼ一杯だったし、こっちは5人もいたので
唯一の座敷席のテーブルに落ち着く。
みんなでカクテルを飲みながら、またまた思い出話に
花が咲いた。
カクテルやらモルトウィスキーを飲みながらしゃべっていたら、
たぶん時間は夜中の1時を回っていたと思う。
で、そろそろ閉会ということになり、お店の前で記念撮影。
遅くなったのでアイちゃんと妻は帰ることに。
残った自分とKさんと、車だったので飲まずに付き合ってくれた
T先生と、もうちょっと飲むことになりPUBに入った。
そこで3人、またまたあれこれ話して、3時の閉店まで居て、
Kさんが真夜中の美観地区を歩くのが好きだというので、
3人ぶらぶらと美観地区を散歩。
観光地として名高い美観地区なので、昼間は人がごった
返しているが、さすがにこの時間は誰もいない。
調子に乗ったKさんと自分、美観地区の川辺りで武勇伝(?)を
残すことになった。たぶん、一生の思い出になるだろう。
カフェ・エルグレコの前で記念撮影。
Ksanto
<わが良き友と。AM3:00 Cafe El GRECO前にて>

楽しい宴もいつかは終わりが来る。
名残は尽きないが、遂にお別れのとき。
来年、ウクピクツアーを計画し、東京で再会することを
固く約束して別れたんだ。

自分はKさんの急な転勤の話を聞いた時から、
いざ彼が自分たちの前から去るという現実を前にして、
Kさんがいかに自分たちウクレレ仲間の接着剤的な役割を
していてくれたかが分かったし、ウクレレが縁で出会った、
Kさん・アイちゃん・Fさん、そしてT先生、自分たちウクレレ仲間の
縁を、これからも大切にしなければという想いが募っていた。

同時にKさんの事を色々と思い出していたら、彼のウクレレに
対するひたむきさが改めて思い起こされ、自分自身、
再びウクレレに向き合ってみようという思いが強くなっていた。

「レッスン復帰」。

中途半端で投げ出していたが、一生の趣味にするには
まだまだ修行が足らない。
そしてなにより素晴らしい才能を持った先生がそこにいる。
自分のウクレレへの想い、そして仲間との縁の存続、それを思えば
自分がレッスンに復帰するのは当然と思え、復帰しようと
思い立っていた。

そして、送別会の中で先生に復帰をお願いした。
先生にしてみれば、口が悪くて出来の悪い生徒が復帰するのは
ちょっと迷惑かもしれない。
が、心入れ替えて、新たな気持ちで頑張りたいと思う。

このブログについてもまた前のように出来るだけウクレレやら、
パソコン・BCL、グルメなどの話題を書くことにして、
政治ネタはツイッターか、もしくは海外サーバーの菜根譚で
やろうかと思っています。
またKさんには是非ブログを再開して頂きたい。
お互いにどんなことをやっているのか、ブログをみれば分かるし、
たぶん、常に身近にお互いを感じることができるのではないかと
思うから。
年賀状のやり取りだけの関係になるのは避けたい。

Kさんはいよいよ東京で第二幕。
自分もウクレレ道の第二幕。

お互い、どんな道が続いているのか分からないけれども、
願わくは彼の歩む道と自分の歩む道がこの先あちこちで
交差しており、出会える機会がたくさんあることを望む。

Kさんとの縁を紡いでくれたウクレレという楽器に感謝し、
また彼やウクレレを通じて出会った全ての人と、
今後の長い付き合いをする為のツールとして、
勿論、レッスンやら楽器自体を含めて大きな意味で、
「ウクレレ」という言葉の輪の中に収まるもの全てを
大切にしていきたい。
今、改めてこんなことを思っています。

Ubuntu

以前、OSについてはマイクロソフトの独占状態で、
非常に高い価格でOSを買わされていることに憤慨し、
Linux等の無料で誰でも使用できるOSについて
このブログに書いたことがある。

http://ceniza007.blog111.fc2.com/blog-entry-325.html

あの記事を書いたのが2007年11月だから2年と半年前だね。
その後も無料OS、Linuxは改良され続け、
Linuxの中でも特に使いやすいと言われている「Ubuntu」は
現在Ver.10.04だ。

過去の記事を書いて1年ほどUbuntuを色々とテストしていたが、
例えばパソコンをネットに繋げたり、プログラムをダウンロードして
インストールしたりすることを、Windowsは大部分を自動で
やってくれるのに対して、Ubuntuはそれなりの知識を要求される
状態だったので使用を諦めていた。
が、この度、ふと思い立ってVer.10.04をサブマシンに
インストールし、ちょっと使ってみた。

まずネットに簡単に勝手に繋がる。
以前は何やらUpDateした途端にネットに繋がらなくなり、
ネットワークの設定に随分悩んだりしたのに。
また、色々な面で使いやすくなっていることにちょっと驚き。
Windowsに比較すれば使いやすさはまだ一歩及ばないにしても、
普通に使うには十分な感じがする。
自分がやっているネットゲームのウルティマ・オンラインも
「Wine」というソフトを入れて動かせば動くようだし、
音楽・動画関係やら、画像処理等もまだ十分に試しては
いないが、十分使えそうだ。
仕事にはまだまだWindowsが標準仕様なので無理だが、
プライベートで使用するには不自由はしない感じだね。
まっ、今困っているのはネットワーク上で共有している
プリンターで印刷できないこと。
プリンターの認識も出来ているから、印刷出来なきゃ
おかしいんだけど。
「トナーがなくなりました。」という表示が出てるんで、
それが原因かな。
Windows上だとそれでも印刷出来てるんだけどな。

今後もっともっと熟成が進めば、ショップブランドパソコンに
おいては既に販売されているが、大手メーカーのパソコンの
OSとしてもプリインストールされて販売されるようになるだろう。

しかし、UbuntuとかLinuxOSを本格的に使いだすと、
というか、自分のような知識の無い人間でも使えるように
なってくると、マイクロソフトは暴利だよなぁと思ってしまうね。
確かに使いやすさは素晴らしいんだけどね。

「Ubuntu」、機会があれば皆さんも試してみては
いかがでしょうか?

ウクレレ発表会へ行ってきた。

日曜日、ウクレレ仲間から知らせがあった発表会を
観に行ったんだ。
会場は久しぶりのヤマハ。
会場に着くと、懐かしいレッスン室と懐かしい顔。
レッスンを辞めて1年ほど経つが、ほとんど変わっていない。
なんだか田舎に帰省してきた感じがした。

今回は特にウクレレ仲間のKさんが急な転勤が決まって、
最後の発表会となってしまった。
彼の愛器はカマカのテナーだ。
ジェイクに憧れる彼にとっては当然の選択だったろう。
色んなウクレレに浮気した自分と違って、
彼はそのカマカ・テナー1本でずっと通してきている。

発表会の曲は、ジェイクアレンジの「Time after time」と、
IZの「Somewhere Over the Rainbow」の2曲。
出番前にTab譜を見せて貰ったが、「Time after time」の方は
かなり難易度高そうで、「Somewhere Over the Rainbow」の
方はコード弾きのみなので、こっちはすぐ自分にも
弾けそうだった。

いよいよ出番がやってきて、Kさんとアイちゃん他2名の
現在のウクレレ教室メンバーがステージに登場。
「Time after time」から。
Kさんとアイちゃんのソロパートは難しそうで、
ハイフレット部も駆使しながら、かなり早い運指を
要求されるものであったが、二人ともなんなくこなせていた。
(ように見えた。(笑))
特に自分が在籍していた頃から、抜群の安定感がある
アイちゃんの存在はKさんにとって心強いものがあったろう。
自分もそうだったから。
そして2曲目の「Somewhere Over the Rainbow」。
これはボーカルが一人加わって、ウクレレメンバー全員が
コード弾きだ。
ボーカルのマイクの調子が悪くて、演奏途中にストップになり、
また始めからやり直すというハプニング。
が、はっきり言ってボーカルいらない。
IZをどうしても頭の中で思い出してしまい、自分には
悪いけど雑音にしか聞こえなかった。

演奏終了後、みんなでちょっとおしゃべり。
Kさんの送別会をやりたいが、突然の転勤命令で
あまりにも慌ただし過ぎて、時間が取れるかどうか微妙らしい。

今、考えるとKさんこそ、自分たちウクレレ仲間を
結びつけていた接着剤のような人だったと改めて感じた。
いつでも会えると思い、疎遠にしてしまっていたが、
いざ別れになると本当に寂しい。
彼のような愛すべきキャラはそう出会えるものじゃない。
そしてなにより彼にはウクレレに対する情熱があった。
彼からウクレレに対するひたむきさを、自分は勉強させて
頂いたと思う。

東京へ行っても、どこかの教室に入ってウクレレのレッスンを
続けるという。
いつかまた、みんなでウクレレの合奏が出来る日が来ることを
切に祈りつつ、また彼の今後に大いに幸あれと祈念しつつ、
今日はこれで筆をおく。

Kさん、いままで本当にありがとう。

ジェイクシマブクロのNew-"Kamaka"


ジェイクがツイッターでこんなことを
呟いた。

******************************************

The 2nd track on my new CD is a solo ukulele
arrangement of Bohemian Rhapsody.
I used my new Kamaka tenor for the recording.

******************************************

ジェイクは新しいアルバムを出す予定らしいが、
どうやら新しいカマカ-カスタムを使用しているらしい。
どんな仕様なのか非常に興味があるが、
今現在、ネットをくぐってもその新しいカマカの情報は
得られない。
もう少し、時間が必要のようだ。

ジェイクが使用するカスタム・カマカは確か
4代目だったと記憶しているので、今回の
New-kamakaは5代目となる。
(→もしかしたら4代目かも。ここら辺り記憶が曖昧です。
ジェイクは当初、カマカ-オータサンモデルを
使用していました。)
Jake's Kamaka
<先代のジェイクのウクレレ>

先代のカマカはオレンジ色の貝で縁取りし、その縁取りを
挟むように、貝の両側を細い赤色のパフリングを
施したもので、フィンガーボードにジェイクの
イニシャルを白蝶貝で装飾したものだった。

ジェイクのカスタム・カマカは3代目あたりから、
ケーシー・カマカ氏が製作担当になっており、
今回もたぶんケーシー・カマカ氏の手によるものだろう。

一体どんなウクレレなのか、興味は尽きない。



Windows7と古い機械

我社の総務のPCをWindows7にしたんだ。
ところがレーザープリンターがWindows7に
対応していなかった。
メーカーのHPをみると、OS自体のドライバーは無く、
メーカー製のドライバーについても、今後対応の予定は
無しと明記してある。
しかし新しいのを買うなんて、まだまだ動くのに
勿体無い。
諦め切れずに後継機種らしきプリンターのWindows7用の
ドライバーを片っ端から入れてみた。
印刷は出来るのだが文字化けしてしまう。

もう諦めるしかないのかと思ったが、
ふとWindows7はXPモードというのがあるから、
XPとの相性がいいのではと思い立ち、
XP用のドライバーをインストールしてみた。
そしてテスト印刷。

ウィーンとレーザープリンターが反応し、
すんなり印刷成功した!

Win7をXPモードで動かしたわけでなく、
そのまんま、すんなりと印刷に成功してしまった。

Windows7に対応しない、古い機械をお持ちの方、
是非、XPのドライバーを試してみてください。
まだまだ使える古い機械をOSが対応していないからと
いって捨てるのはあまりに勿体無いですよ。

まだ分かんないか自民党!


**********************************************

自民党、消費税率「10%」明記へ 
参院選公約に…財源を明らかにし責任政党をアピール。

自民党は3日、夏の参院選の公約に、消費税率の目標として
「当面10%」などと、具体的数値を盛り込む方針を固めた。
経済成長率に関して「名目4%、実質2%」の目標値も掲げる考え。

民主党政権の政策をばらまきと批判する立場から、
財源を明確にし、責任政党をアピールする狙い。

自民党は3日中に公約の最終案を発表する予定だったが、党内から
「民主党代表選のニュースに埋もれてしまう」との声が出たため、
週明け以降に持ち越す方向で検討している。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010060301000292.html

***********************************************

なんでこう世間の感覚というか、国民の気持ちが分かって
いないのだろう。

只でさえ不況にあえぎ、お父さんの給料も減っているのに、
この上消費税を10%にしたら、どれだけ家計を圧迫するんだ。
これを国民に我慢してくれと言うのなら、
まず年収300万程度が平均の田舎で、国が大借金を
抱えているのに、夏・冬、きっちり3ヵ月分のボーナスが出て、
また各種手当まできっちり貰っている公務員の人件費を
大幅に削減し、世間一般の生活レベルと同等にするのが先だろう。
田舎じゃ家を建て、新車を買い、週末の子供の行事に
参加できるのは公務員だけという状況で、それほど
公務員は優遇されている状態なのに。
生産活動に何一つ寄与しない社会の寄生虫が、
なんで汗水流して働いている国民よりも遥かに多い
給与を貰うんだ。

国民が民主党に政権を任せたのは、こういった官僚の
税金の無駄遣いと高すぎる公務員の給与の是正を
自民党は全然出来なかったから、民主党なら
できるのではないかと期待した結果であったのが
分からないのか。

お金が無いから国民から絞り取るという発想しか
出来ないのなら、それは江戸時代の悪代官と同じ。
悪いけど、俺も自民党は支持できない。
国民から絞り取る前に、絞り取る側から生活の痛みを
享受して貰わないと、絶対納得できない。

自民党のお偉いさんたちよ。
俺も自民党員だが、公務員の給与や官僚の無駄遣いを
徹底的に是正し、社会の矛盾を正す姿勢と考えを
示せないなら、俺は自民党支持を辞めさせて頂く。

責任政党をアピールしたいなら、まず国民が不満に
思っていることを正せ。
公務員の給与を2割カットし、ボーナスもなしにしたら、
社会保障に回す資金は十分出るんじゃないの?
増税する前に、まずそれからだろ。

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード