FC2ブログ

イノブタ姫井の馬鹿さ加減に呆れる。

議員を辞職して欲しいというか辞職すべき。
写真集を出してみたり、およそ国政を預かる議員として、
きちんと仕事しているとは思えない。
こんな低脳マゾ女に俺たちの血税を使って給与を
支払っていること自体、俺には我慢ならない。

しかし、こんな低脳イノブタマゾを誘った新党もかなりアホだな。
姫井の異常性を見抜けず、世間の物笑いにされたわけで、
これではいくら言い繕っても、格好がつかないだろうし、
とても求心力を発揮できる政党にはなれないし、
国民も見向きもしてくれないだろうな。

今回の件で、いくらこいつを批判してもだめさ。
批判の矢面に立たされて、責められれば責められるほど、
公開プレイ中のこの変態は嬉しくてしょうがないんだろうから。
俺はこいつの、斜め下から上目遣いで人を見る、
あの媚びた目付きに腹が立ってくる。
ホントにキモい。気持ち悪くてしょうがない。

この気持ち悪いイノブタマゾのお陰で、岡山県民自体も
批判されてしまっていることが、俺は情けない。

************************************

NHK利権の片山を何回も当選させて、
落としたと思えばぶって姫。
カス地域の人間に全国があきれています。

一番悪いのは岡山の民度だろ。
こんな奴に騙されて投票したんだし。

岡山に恥という言葉は存在しないのか?

************************************

岡山県民としては、反論の余地もないけれど、
俺はこの変態なんぞに投票してないからね。

しかし一番笑ったのが、こんなコメント。

「これひょっとして「改革クラブ」にとって朗報なんじゃねw? 」

「改革クラブ」の今後を考えると、君は素晴らしく正しい。
スポンサーサイト



スカイセンサー5900再び。

先日、BCLの神様山田氏が逝去された記事を書いたが、
以来、なんとなくBCLが懐かしく思ってあれこれサイトを
見ていたら、まだ現役で頑張ってる方が結構いらっしゃるんだな。
そしてもう30年も前の短波ラジオが重宝がられて、
使われていることも分かった。
BCLブームが去ったお陰で、短波ラジオ自体の数が少なく、
昔のような本格的なラジオが存在しないのが理由らしい。

短波ラジオについて調べてみた。
Sonyのスカイセンサー5800,5900、松下電器のクーガシリーズ、
プロシードシリーズ、三菱のジーガムなど、
往年の名機が目に飛び込んでくる。
当時、一番の人気ラジオはスカイセンサー5800,5900とクーガ115、2200であり、
ICF5800 VS RF-115 ,ICF5900 VS RF-2200という図式だった。
5800-115<左スカイセンサー5800 右クーガ115>
5900-2200<左スカイセンサー5900 右クーガ2200>

当時、いまのような受信周波数がデシタルで表示されるものはなく、
短波放送を聴くには微妙なチューニングテクニックが必要だった。

お目当ての放送局の放送時間の10分前ぐらいから、
各放送局はインターバルシグナルと言われる、その放送局独自の
単純なメロディを繰り返し流す。
聴く方は放送開始までに、そのインターバルシグナルをキャッチする
必要がある。
慣れてくると、ラジオ・オーストラリアは表示のこのあたりとか、
放送局別に目印を覚え、さっとその放送局に合わせられるようになる。

日本向けに日本語放送を送信している局は当然受信し易いので、
チューニングも合わせ易いが、南米やアフリカなど出力の小さな
放送局の電波を狙ってみようものなら、かなりの熟練が必要だった。

ダイヤルにちょっと力が入って、ササッと回ってしまうと、
その間にいくつもの放送局をすっ飛ばしてしまうので、
スピーカーに耳を近づけて、お目当ての放送局の電波を探らなくては
ならず、いつも受信している放送局の周波数から、狙っている放送局は
このあたりなどと検討をつけて、ゆっくり、ほんとにゆっくりとチューニング
ダイヤルを回す作業をしなければならない。
この作業がBCLの一つの醍醐味で、雑音の中から珍局(なかなか受信
できない放送局)の電波をキャッチしようものなら大興奮だ。
そして運よく雑音の中から放送内容を聞き取れて受信報告書を作成し
送付できれば、受信確認証なるベリカードが届けられる2-3ヶ月後まで、
毎日郵便受けが気になるワクワクの毎日だ。

母親には海外から俺に郵便物が届いたら、絶対に俺の机の上に
置いておいて欲しいと頼んであった。
これは親戚のおばさんが我が家に泊まりに来たときに、
当時まだ西ドイツの放送局、ドイチェベレからのベリカードを
お菓子の説明書と間違え、ゴミ箱にくしゃくしゃに丸めて棄てられた
悲しい過去があったからだ。

さて、そんな微妙なテクニックが要求されるBCLなのだが、
スカイセンサー5900が登場してから様相は一遍した。
「10Khz直読」という画期的機能が搭載されていたからだ。
これはいままで勘に頼っていたダイヤル合わせが、
メモリを読みながら正確に合わせられるということで、
試しに9.76Mhzで放送されていたラジオ・オーストラリア日本語放送を
一発で受信できた時の驚きと感動は今も忘れていない。
その後、ライバルのNationalのクーガからは、スカイセンサー5900に対抗して、
これまた周波数がダイヤルメモリで読めるクーガ2200を投入。
そして、その後、周波数がデジタルで表示されるプロシードが発売されたが、
そのあたりにはもうBCLは下火になっていたし、俺ももう飽きていた。

その後、俺の愛機スカイセンサー5900はその真価を発揮する出番もなく、
時に流れ、今は俺の執務室の傍らに、スイッチを入れて聴くこともなく
そっと安置してある。
経年劣化しているはずで、アンテナもいつの間にかポップアップしないし、
Xtal-Markerという10Khz直読機能のキーシステムも稼動しない。
しかし今回、修理と調整に出し、完璧にレストアしてもらうことにした。
わが青春の1ページを飾った愛機がまた甦るのは嬉しいものだ。
愛機が無事退院してきたら、ちょっとだけBCLをしてみよう。

しかし、あの頃は本当に世界が遠かったな。
放送を聴きながら、その国のことを色々と想像していたっけ。
そんなノスタルジックな世界に浸るのもたまにはいいだろうさ。
愛機スカイセンサー5900がその世界に俺をいざなってくれるだろう。
飛行機野郎がレシプロ機で空を飛びたいのと同じ心境なのだろうな。

BCLの神様が逝く。

BCLの神様こと、山田耕嗣氏がご逝去された。
BCLとはBroadcasting Listeningの略で、短波による国際放送を
聴取して楽しむ趣味のことだ。

子供の頃、俺はBCLに夢中になっていた。
当時は現在のようにネットもなくて、外国のことを知るには、
テレビの旅行番組やドキュメント、そして雑誌でしか知ることが
できなかった。
ところが、ある日、各国が海外向けに発信している、
短波放送を受信できれば、色んな情報が手に入れられることを知り、
そのとき、BCLという言葉も覚えた。

BCLは海外放送を聴いて楽しむだけではなくて、
その放送局に受信報告書を送り、確かにその放送局の電波だと
確認してもらえれば、ベリカードと呼ばれた、各国の放送局が
趣向を凝らした絵葉書のような受信確認証を送り返してくれるという
楽しみもあり、それがあったからこそブームになったのだと思う。

なぜベリカードを発行するかについては、各国としては、
国費を投じた海外放送事業について、どれだけの人が、
どういう地域で、どういう受信状態で放送を聴いてもらえているか、
情報が欲しかったのだろう。

山田耕嗣氏とは、そのBCLブームを引っ張る教祖みたいな人だった。
色んな雑誌やラジオ番組で、何時ごろに周波数いくつで、
こういう放送局が受信できるとか、氏が発信する放送局の情報は
とても貴重で重宝したし、氏が公開するベリカードコレクションは、
まるで宝の山のようであった。

BCLとは今となっては有難い趣味だった。

まず、語学に興味が持てたことだ。海外放送を聴くといっても、
日本語放送の数は少なく、ほとんどはその国のネイティブな言語だ。
驚くべきことに、当時の俺は各局がプログラムの間にアナウンスする、
「こちらは○○放送局です。」という英語、そして南米の放送局に多かった
スペイン語、その他ドイツ語やフランス語、中国語などのアナウンスを
聞き分け、理解できるほどになっていたことだ。
そして、英語ならニュースや歌番組など、各プログラムの大まかな
内容ぐらいは理解できるようになっていた。
好きこそモノの上手なれと言うけれど、今から考えても凄いと自分で思う。
後にその能力は高校入試の英語のリスニング試験にも役立った。
一生懸命、雑音やフェーディングと呼ばれる電波が強くなったり、
弱くなったりする状態で、必死に各国の言葉を聞き取ってメモしながら、
後に英語で受信報告書を作成していた俺にとって、試験のリスニングなど
あまりに明瞭な発音で、あまりにゆっくり過ぎて、あまりに易し過ぎた。

そして、外国のことについて、とても詳しくなった。
当時は欧州各国の大統領や首相の名前は全部言えたし、
北京放送が通常の放送と違う放送を始め、何かあると思って聴いていると、
どうや毛沢東が死んだらしいことが理解でき、それはマスコミが大きく
報道するより、俺がその情報を掴む方が早かったと思う。
毛沢東が死んだとことを父に教えたが、信用してもらえず、
少ししてから父がニュースを見て驚いた一幕があった。

平壌放送は日本向けの放送の中で、謎の数字を読み上げる
時間があった。
アナウンサーが5分ほど、ひたすら数字を読む。
あきらかに乱数表の数字を読み上げていた。
そう、日本の在日朝鮮人、もしくは密入国したスパイに対する
暗号文であったことに間違いはない。
当時は在日朝鮮人とはどういう存在かよく分からなかったため、
なぜ暗号など送るのか理解できなかったが、その宿題は
近年になってやっと解けた。
ちなみに平壌放送に受信報告書を送ることは、子供心に
危険と感じて送ることはなかったけどね。

やりだすと、とことんやるタイプの俺は、BCLにはかなりのめり込んだ。
深夜、TBSでやっていた亡き富山敬氏(古代進やヤン・ウェンリーを
担当した声優)がパーソナリティを努めたSony BCLジョッキーという番組で、
スカイセンサー5900という10Khz直読機能の付いた最新鋭短波ラジオを
当てたこともあるし、ラジオ・オーストラリアが日本語放送を開始する直前に、
3日間だけ試験放送をしたが、そのときだけに発行されたカンガルーの
写真のレアなベリカードを特別に送ってもらえたりしたほど、各放送局には
詳しい受信報告書を送り続け、今もそのベリカードコレクションは
俺の貴重な宝物となっている。

今にして思えばBCLこそ、今の俺の海外趣向の原点だったのだ。
そんなBCLの世界に俺を誘ってくれた山田耕嗣氏に感謝の意と、
哀悼の意を表したい。

あなたが執筆したBCL関係の書籍に触れることにより、
私の世界が大きく広がりました。
あなたは一人の幼き少年に夢を与え、世界に対する興味を育ませた
素晴らしい方でした。本当にお世話になりました。
安らかにお眠りください。

北京オリンピックが終わった。

情けない大会だった。
メダルを取るということがどれだけ大変かは理解できる。
しかし、取る実力があると言われていたのに、その実力とやらを
発揮できないケースが多すぎたし、メンタルの面が弱すぎだと感じた。
特に男子の方が情けなさ過ぎた。

腹が立ったのは野球、サッカー、マラソン。
野球はご存知の通り、迷采配と迷プレーの続出で、
草野球をみるようであったし、サッカーなんぞ話にもならない。
加えて、大会最後の競技である男子マラソンで、
佐藤敦之は76位のビリッけつ。
中国人の「加油」の声援の中でゴールした佐藤はゴール後に
お辞儀をしたらしい。

メダル獲得数断トツで、意気軒昂な反日感情を抱く中国人が、
情けない姿でビリを走る日本人を見ることは、さぞかし
自尊心を擽られ、気持ちの良いものであったろうし、
大会の締めくくりが日本人のビリの醜態の見学会ということで、
とても嬉しかったに違いない。
佐藤に送られた声援とは、中国人のプライドが日本人の佐藤の
情けない姿を見ることで、満足させられた結果に出てきた、
嘲笑を含めた上から目線の敗者に対する哀れみの声援だったはずだ。

途中棄権もしないで完走したことは褒めてあげよう。
ただ、「あの」中国人から掛けられた声援とは、どういうものであったか、
自分がどれだけ情けないかよく自覚すべきだし、
必要以上に中国人をして勝ち誇らしめ、佐藤を通して日本人全体が、
嘲笑されたことに対して国民に詫びるべきだ。
にもかかわらず、これが今の自分の実力とコメントしたそうだが、
この能天気さは一体何なのだ。
佐藤は回りことをを少しも理解できていないようだ。
なんでこんな実力もない情けないやつが選手にえらばてるんだ。
こんなやつ、オリンピックに出るな、送るな。
それとも層が薄いのか原因なのか。

とにかくだ、誰も彼も負けて、サバサバし過ぎてる。

俺としては、いくら次回、ロンドンで頑張ってもらっても、
今更遅いし、そうなったらそうなったで余計腹が立つ。
反日国家が主催の北京オリンピックだからこそ、
反日感情丸出しの中国人たちの前で、堂々と勝って欲しかったし、
日の丸を見せ付けてやりたかった。
ほんと情けない・・・・。
中国人に嘲り笑われたのが口惜しい・・・・・・・・・。

【きょうは何の日】ウクレレの日

今日が「ウクレレの日」になったのは、1879年8月23日に
最初のポルトガル移民がハワイで移民登録をしたことに
ちなむのだそうだ。

ウクレレという楽器は、ポルトガル移民が持ち込んだ
ブラギーニャという民族楽器を職人のマニュエル・ヌネスが、
ハワイで製作を始め、ヌネスからウクレレ作りを伝授されたのが、
初代、サミュエル・カマカその人で、ウクレレという楽器を
確立させていったのはよくご存知だと思います。

しかし、なんで最初に移民登録した日が「ウクレレの日」
なんだろうか。
どうせなら、ウクレレの元祖、ブラギーニャを持ち込んだ
第2陣ポルトガル移民がホノルルに到着した日にした方が
いいと思うけれど。
なぜなら、到着した時に出迎えのハワイ人の前で、
ジョアオ・フェルナンデスという24歳の青年(と言っても20歳の女房と
子持ち)が、ブラギーニャをみんなの前で演奏したのがきっかけで、
ブラギーニャを求める人が多く、マニュエル・ヌネスが
ハワイ固有の木材、ハワイアン・コアを利用して、
ブラギーニャを改良し、ハワイで初めてウクレレを作り、
現在に至るわけで、かのジョアオがブラギーニャを持ち込まなければ、
そしてみんなの前で演奏して見せなければ、ハワイのウクレレという
存在はなかったかもしれない。
歴史はちょっとした偶然によって作られていくから面白い。

ちなみに、ブラギーニャは紀元前2世紀に現在のポルトガルにいた
ルシタニア人によって作られた、とても古い楽器なんだそうです。

こんな立派は先祖を持つのがウクレレという楽器なのに、
現在に至ってなお、玩具程度の認識しか持っていない人が
多いのが残念。
せめてギターと同等ぐらいの、れっきとした『楽器』という認識度に
地位をあげたいものですね。

募金詐欺と日本ユニセフ協会

人の善意を踏みにじる本当に悪質な行為だ。
先日の東北地震の折にも、真っ当なのから
怪しいものまで、様々な募金活動が展開されたようだが、
街頭での募金活動は、お互いの信頼によって
成り立っているのに、こういう募金詐欺が横行すると、
真っ当な募金活動に対しても胡散臭く思えてくるな。

ニセ募金団体を見極めるには?という題で、

まず「何のため」もしくは「誰のため」の募金か、
集まったお金はどこに送られ、どう使われるかを確認することが
大切です。
もし、印刷物を配っていたら、事務所の住所や電話、代表者名、URLなどが
明記されているかも確認するといいでしょう。
ニセ団体にこれらのことを尋ねると、地元警察署の名で
発行されている許可証を見せ、うやむやにしようとすることが
あるそうです。でも、これは道路使用許可証。
警察署が募金の正当性を示すような書類を出すことは
絶対にありません。

などとネットに出ていたが、そもそも通り掛かりで、
こんな確認作業が必要なら、面倒だから募金を止めとこうと
思う人が大半なのではないだろうか。

募金活動は許可証を政府が交付するとか、
ルール作りをしないと、募金詐欺が横行したお陰で、
本当の善意の募金活動に大きく影響しているそうだ。

募金に関してはもう一つ。
生まれつきの疾患で多額の手術費用が必要な子供に対する
募金活動というのを時々見掛ける。
確かに可哀想で助けてあげたくなるけれど、
その両親が夫婦共々NHKのディレクターで、2人あわせて
3000-4000万円というセレブなのに、募金を募り、
しかも当初「両親は1円も出さないつもりか?」 という批判を
受けるまで一銭も出していなかった事実が明らかになった。
その後批判が集中して、NHK共済金から3000万円を
出してきましたが、しかし自分たちは豪邸でセレブな生活を
続けているという状況で、他人の懐をアテにするなら、
せめて高級住宅地の豪邸を処分してその費用を捻出すればの声にも、
「愛着がある」と一蹴した経緯がある。
こうした態度の人間に対して、募金してあげようという気持ちが
起こりますか?

募金にも色々あるけれど、裏を調べれば闇が多いのも事実。

ついでに言っておくと、日本ユニセフ協会についてこんな事実がある。

アグネス・チャンが広告塔(日本ユニセフ協会大使)を務める
日本ユニセフ協会という団体は、ユニセフの日本支部ではなく、
国連機関のユニセフではない。
ユニセフの日本支部は『ユニセフ駐日事務所』といい、
日本ユニセフ協会とは直接的資金フローに一切関係ない。

名義貸しのフランチャイズ協会というだけのもので、
日本ユニセフに募金しても、そのお金が全て慈善事業には
使われるわけではない。
日本ユニセフ協会は2006年度に169億7000万円を集めたが、
国連ユニセフに渡したのは146億8000万円であった。
約15%にあたる残り22億9000万円は活動事業費等となり、
国連ユニセフには渡っていない。
22億9000万円あればどれだけの幼い命が救えたんだ?

日本ユニセフ協会は、役員天下り等で無駄金ばかり
浪費する利権団体で、いわば、ブクブクと私腹を肥やして
巨大化したユニセフの看板を掲げるフランチャイズ店で、
DM(ダイレクト・メール)をしつこく送り付ける事で有名な団体。

この日本ユニセフ協会という紛らわしい団体のお陰で、
国連ユニセフ親善大使の黒柳徹子氏が困惑しているそうだ。

こんなエピソードがあったらしい。
日本ユニセフ協会が「地球の歩き方」を出版している会社から
37万人分の氏名・住所のデータを受け取り、寄付集めの
ダイレクトメールを送ったところ、黒柳氏に寄付した人が
「なんでまた寄付を依頼するんだ?」と問い合わせが来たそうだ。
この記事によると、日本ユニセフ協会は黒柳氏に対し
「うちを通して募金をユニセフ本部に納めて欲しい」に対し、
「頂いた募金は一円も無駄にしないで現地に届けたい」という理由で
断ったエピソードがあった。

ということで、日本ユニセフ協会に募金するなら、
黒柳徹子氏の口座に募金しましょう。
善意の金額が 100%相手に届くのが明確だからだ。
皆さん気をつけましょう。

日本ユニセフ協会の資金は、アメリカ(上院、下院)・フランス・ドイツ・
チリ・ベルギー・オーストリアでセクト(カルト)として指定され、
危険団体として監視下におかれている朝鮮カルト宗教「層化学会」へ
流れているとも言われており、かなり胡散臭い団体です。

<まとめ>
日本ユニセフ協会とは、

・日本ユニセフ協会はユニセフから直接委任を受けてできた団体ではない
・25億円を使って品川に豪華ビルを建設
・国連ユニセフ親善大使の黒柳徹子氏が困惑している
・外から名簿を買ってきて勝手にDMを送りつける騒動を起こしている
・役員には天下りらしき人々がずらり
・黒柳氏に「寄付を集めているなら協会を通すようにしてもらえませんか」と
 持ちかけたところ「寄付金は無駄にせず全額送りたいので」と断られた

繰り返しご忠告申し上げます。
寄付をするなら、国連ユニセフ親善大使の黒柳徹子氏の募金講座へ。
100%、困っている人たちに募金が届きます。

ウクレレ パイナポー

俺はプラスチックのウクレレを持っている。
それは、サザンの関口さんが、日本ハワイ化計画の
一環としてプロデュースした「ウクレレパイナポー」だ。
これまでほとんど弾くこともなくハンガーに掛けてあったが、
久しぶりに手にしてみた。
ペグがユルユルだったのでネジを締め、調弦して弾いてみたが、
チューニングがすぐズレる。
全然弾いていなかったので、弦が伸びていないことに加え、
ペグの製品性能に起因するものかもしれない。
弦の巻き方がおかしくて、下から上と巻かれており、
しかも巻きシロが長すぎて弦が重なってしまっていたので、
全ての弦を巻き直し、それから調弦してペグのネジを
ある程度固く締め、再びちょっと弾いてみた。
チューニングはズレるが最初の頃よりはマシになった。
弾きこめば安定するかもしれない。

安物とは思えない結構いい音を出していると感じられたし、
音程もまあまあだと思われる。
しかもこのウクレレ、よく見ると0フレットがあるし、
透かして見るとブレイシングのような影も見えたりして、
なかなか拘ったしっかりとした作りになっている。

ただ最初から張られている弦はヘナヘナでテンションが低い。
なにか構造的に差し障りがあるのだろうか。
もしそうでも、テンションの低いマーチン弦なら大丈夫かな。
そしたら、とりあえず現状よりは良くなるかもしれない。
いずれ本当にマーチン弦に交換してみよう。

このウクレレパイナポーは明らかにマーチンStyle-0のコピーだ。
しかも先ほども言ったように、音と音程はまあまあ良い。
一端完璧に金型を作ってしまうと同じ品質のものが大量に
生産できるプラスチック製の利点がここにあるね。
プラスチック製なので水に強く、海や川に遊びに行ったときに
重宝する。中には風呂で弾いている人もいらっしゃるようだ。
(しかしこれはフレットが錆びるんじゃないか・・。)

このウクレレパイナポーには兄弟がいて、
パイナポーは黄色だが、ハワイの代表的な花、プルメリアが
テーマになっているピンク色のカワイイ「ウクレリア」と、
平和の象徴ピースマークがひときわ際立つ緑色の
「ウクレレ・ピース」が存在する。
pinapooichiran
現在このプラレレは、関口さんが運営している「PoePoe」さんの
オンラインショッピングから購入できる。
しかし販売価格が12,600円もするので、欲しいけれど急いでない人は
ヤフオクで買う方がお得だと思う。今でもよく出品されているから、
こまめにチェックしてるとそのうち手に入るはずだ。
ちなみに俺もヤフオクで新品を4,000円程度で買ったんだ。

このウクレレパイナポー、安物だけどなかなか侮れない性能を
秘めている。
数千円代のちゃっちぃ(ショぼい)ウクレレよりかはマシだろう。
俺もなかなかいい買い物してるぜ。

マスゴミのネット叩き

はびこる匿名文化-ネットでの特定の人間に
対する誹謗中傷の書き込みやコメント、問題だ 
<鳥越俊太郎>

日本女性はいつも欲情してるだの、日本の母親は
息子の性処理をするだの、ポケモンは男性器のことだの、
日本の文化と国民を10年にも渡って英語サイトで
貶め続け、しかも「カミヤママスオ」なるペンネームで
記事を書き続けていた記者の名前を明かさない変態毎日新聞社の
お抱え反日左翼思想の人間が偉そうに言うなよ。

「在日特権を許さない市民の会」が侮日報道に関して、
毎日新聞社の前で抗議集会を行ったときに、
社内のロビーの柱の陰に隠れて覗き見していたところ、
見つかって名指しされ、出てきて反論してみろと言われた時に、
後ろめたいことがないなら隠れずに出てきて、
堂々と反論すればよかったじゃないか。
それができず、こそこそ隠れ続けていたという事実こそ、
毎日新聞の卑怯さと毎日新聞にべったりの鳥越自身の
人間の怪しさが浮き彫りになったな。

匿名云々いうなら、まずマスゴミは在日朝鮮人の犯罪に
対して実名で報道しろよ。
麻原だの、宅間だの、織原だの、林真須美だの、
東(酒鬼薔薇)だの、凶悪犯罪を犯した多くの人間は
全部在日朝鮮人じゃないか。
そして「カミヤママスオ」の本名を公表してみろよ。

在日朝鮮人の悪事をまったく報道しないマスゴミに変わって
ネットこそ、世の中の真実を世間に発信しているし、
国民の真実の声が存在していると俺は思っている。

ネットがなければ、毎日新聞の日本を貶める行為が明らかに
ならなかったし、人権擁護法案、在日参政権、1000万人
移民受入計画など、マスゴミが隠し通している法案についても
ネットのお陰でその存在と危険性を知ることができたわけだ。

東京小平市で日本人が25年掛け金を払わないと
もらえない年金を、一銭の掛け金も払っていない在日朝鮮人に
支払う決議が為されたことを知っていますか?

マスゴミは一切報じていないので、国民の多くはこの事実を
知らないけれど、ネットを利用している人間のみが、
この驚愕の事実を知り得ているし、この在日朝鮮人
優遇政策について、多くの国民が不満と反対の意識を持つのは
分かっているので、マスゴミは絶対に報道しない。
なぜなら、前から言っているように、マスゴミは在日朝鮮人と
左翼に乗っ取られ、まともな報道ができない状態に
なっているからだ。

今のマスゴミは事件や事故の報道についてはまだしも、
こと政治、宗教、国体に関することについては、
かなりの偏向報道をしているので信用ならない。

そんなインチキマスゴミも国民に対する情報操作が、
ネットのお陰で出来にくくなっている事実に対して、
今後あらゆる形でネット叩きを行ってくるだろう。
しかし、マスゴミがいくら俺たちの真実の口を塞いでも、
塞ぎ切れるものかよ。
もっともっと、在日朝鮮人団体が仕掛ける日本に対する
あらゆる悪事を暴いて、国民全体がその悪事と矛盾に気づいて、
反日在日朝鮮人団体のあらゆる行動に対して、
明確にNoと言う日を、一日でも早く招来したいものだ。

最後に豆知識をひとつ。

朝鮮日報社駐日特派員室    千代田区一ツ橋1丁目1-1
毎日新聞東京本社         千代田区一ツ橋1丁目1-1

これでネット批判してる鳥越俊太郎が所属する毎日新聞社が
どういう会社かよく分かるでしょ。

機能美

最近、朝・晩随分と涼しくなった。
まだまだ日中は暑いけれど、確実に秋が近づいている。

さて、秋から冬にかけて、以前から話している通り、
PC業界は大きな話題に事欠かなくなる。
IntelはいよいよNehalem(ネハーレン)世代に突入し、
“Bloomfield”こと「Core i7」が市場に登場してくる。
そして、AMDもやっと45nmクアッド・コア「Deneb」を
市場に投入してくる。

"Bloomfield"はハイエンド仕様なので、CPUとそれに適応する
マザーボードなどの購入費用を考えると怖いことになるので、
2009年の上半期中の登場を予定している"Lynnfield"の方が、
より一般ユーザー向けのモデルであり、購入対象になるだろうな。
"Lynnfield"こそ、現在のCore 2 Quad”シリーズの後継者だと
俺は思っている。
"Bloomfield"のCPUソケットはLGA1366で、Lynnfieldの
CPUソケットはLGA1160だから、マザーボードも共用とは
いかないわけで、汎用性が低下する。
使いまわしが多い自作Ker.にとってはちょっとつらい話だ。

一方、AMDの“Deneb”は現在発売中のIntel製同クロックの
“Yorkfield”よりも少し速いチップとなるが、“Nehalem”に
対抗することはできない。
という記事があったが、性能的にはヘビーゲーマー以外には
十分な性能だと思うんだ。
俺としてはまず“Deneb”を使ってテレビパソコンをグレードUP
したいと思っている。

と、ここまでは前フリで今から本題。
俺が自作をして楽しいのは、なにより自分があれこれ考え抜いて、
財布と相談しながらギリギリの線で選び抜いたパーツを用いて
組み立てて、それが起動したときの喜びが堪らないからだ。
そして、自分のパソコンが予想通り、あるいは予想以上の性能を
発揮してくれたら嬉しくてしょうがない。

ところが、パソコンはケースの蓋を閉めてしまえば市販と
パソコンと同様、単なる筐体に過ぎないものになる。
あの中にはあの部品が組み込んであるとか、あれが温度センサーに
呼応して回転数を変化させているはずとか、マウスを動かしながら、
組み込んだパーツのことをあれこれ考えていたりすることもある。

そんなパーツが気になる自作Ker.の心理を読んだのか、最近は、
側板が透明であったり、もうケース全てが透明なパソコンケースが
発売されている。
透明ケースに内部をLEDが光るパーツを用いて、
パーツを美しく見せるパソコンを組みあげる人もいる。
toumeicase
<ちょっとやり過ぎ(笑)>

そして、究極にはもうパーツ剥き出しのケースというよりは、
パーツ固定の為の台みたいなものまであった。
mukidashi
これはいい!!
パーツが剥き出しなので改造するにも楽だし、パーツ達の動きが
バッチリ見えるし、それだけでも楽しいし嬉しいじゃないか。
剥き出しだから、熱問題のエアフローも関係ない。
まさに機能美。
次はこの剥き出しパソコンを是非実現させてみよう。
楽しみだなぁ。

君も剥き出しパソコン、作ってみないかい?

オリンピック柔道

もう日本伝統の柔道じゃないな。
レスリングみたいだ。
しかも柔道の精神が全然伝わっていないし理解されていない。
女子78キロ超級の塚田と対戦した中国のトウ・ブンなど、
わざと帯を緩く締め、試合中何度も巻き直し、
塚田のリズムを崩したり、卑怯で姑息な手段を用いて
勝とうとした態度がミエミエだった。
こうした卑劣な態度の相手だからこそ、余計、正々堂々と
勝って欲しかったが、コロッと投げられて残念。

日本柔道は世界に歪められてしまった。
世界柔道など邪道として、日本独自の道を歩んで
伝統的な柔道を守ってもいいのではないか。
日本の精神が汚されているようで、なんだかすっきりしない。

特に礼儀を重んじるなど、日本武道の精神的要素を
理解できない中国人などにやって欲しくないね。

杉本いわお氏のCD

杉本いわお先生のCDを手に入れた。
これで2枚目だ。
杉本いわおという人を知ったきっかけは、
俺がウクレレを始めた時に、この人の教習DVDを
購入して練習をしたからだ。
このDVDには氏のライブ演奏も収録されていた。
演奏自体はそれは今時の弾き方ではないが、
味のある、上手いと思わせる演奏をされている。
さすが、元大橋節夫とハニーアイランダースの
メンバーだった方だね。

今回手に入れたCDの他に、
「Dynamic Ukulele Sounds Vol.3 」も持っているので、
是非、残りのVol.1とVol.2も手に入れたい。
まっ、縁があれば手に入るだろう。
気楽に探そう。

オグシオPart2

*************************************************************
・オグシオを殺せ-。バドミントン女子ダブルスの小椋久美子、
潮田玲子組は世界ランク3位で
第2シードの中国ペアと準々決勝で対戦、0-2で惨敗した。

 「シャーッ! シャーッ!」。中国選手がスマッシュを打つたびに、
中国人の大応援団から、 敵を威嚇する獣のような声が起こった。
漢字を当てると「殺!殺!」。本来はスマッシュの時のかけ声は
「扣殺(コーシャー)!」がフェアな応援なのに、オグシオにむけて
会場全体で一糸乱れず「殺せ!殺せ!」の大合唱をしていたのだ。

バドミントンは中国のお家芸のひとつ。相手は確かに強かった。
第1ゲームで8連続ポイント、第2ゲームで9連続ポイントを許すなど、
オグシオは全く歯が立たず、途中からはまるでサンドバッグ状態に
打ち込まれた。
「試合で何が起きたのか全くわからなかった」(潮田)と振り返るのも、
1打ごとのスタンドからの殺気がオグシオを蝕んだために違いない。
当初は「中国の応援は気にならなかった」といっていた潮田だが
帰り際に内容を聞いて「怖いです。怖いです」と何度も口にして
震えていた。
小椋は「最後は完全に飲まれてしまいました」と話し
「この4年間バドミントンをたくさんの人たちに見てもらいたくて一生懸命
やってきました。
相手への対策もきちんとしてきたのに残念です」と五輪を終え、うつむいた。

 「殺せ」の引き金は、この試合よりも前に行われた女子ダブルス準々決勝。
末綱・前田組が 世界ランク1位で第1シードの中国組を下す金星を挙げた。
その報復として、中国人応援団が大挙してオグシオ2人に大ブーイングを
したのだ。

中国側も北京五輪にむけて応援に関して「横断幕や国旗を振り回すことを
厳禁」とする教則本を出したが、どこ吹く風。会場のあちこちで中国国旗が振られ、
赤いシャツを着た中国応援団があちこちに陣取っていた。
そして、「殺せ! 殺せ!」である。とても五輪とは思えない光景だ。(一部略)
<ソース>
http://www.zakzak.co.jp/spo/2008_08/s2008081202_all.html
*************************************************************

中国人とは本当に品性下劣な下等民族だな。
道徳以前の問題だろ。
日本は応援方法すら規制されているのに、中国側は何でもあり。
敵意に満ちた試合会場で、言葉はわからなくても異様な雰囲気は
感じ取ったはずだ。晒しものにされたオグシオが可哀想だ。

中国に平和の祭典、オリンピックを開催する資格がないことは、
こういうことでも証明されているし、
これが中国人の日本人に対する本音なのだから、
日本人のみんなはよく覚えておくといい。
中国との友好などというのは基本的にありえない。
今回の件も、元はと言うと中国共産党の愚民に対する反日教育の
賜物なのだが、だからといって、中国の指導体制が例え自由主義に
なったところで、中国人の本性が変わるわけでもない。
中国人の本性とは、かくも卑劣で、他人をおもいやれない下劣下等な人種。
まともに相手をする方が馬鹿をみるさ。

オグシオ

負けてしまいました。
前回格下のデンマークにも苦戦していたんで、
今回は無理だろうと思っていた。
わかっていたのに、あまりな一方的な試合過ぎて、
小椋の立ちポイントが悪いとか、安易な返球をするなとか、
なぜ、もっとリズムを変えないのかとか、
だんだん腹が立ってきた。

そして、あっという間に試合は終わった。
余りの不甲斐なさに腹が立ったんで、すぐ風呂に入ったんだけど、
風呂の中でぼんやり先ほどの試合のことを考えてた。

試合が終わって潮田が小椋に「ゴメンね。」と
声を掛けたのが見えた。
それは最後にミスをして試合を終わらせてしまったこと、
そしてもう一つ、今回の試合全体に対して、
司令塔役としての務めを果たせなかった自分の無力さを
小椋に詫びたのではないかと俺には思えた。

試合当初、微妙な判定に潮田が主審に抗議をしたが、
前回のデンマーク戦の時もそうだった。
司令塔役の潮田はいつも自分がやらなくてはという
強い責任感を持って試合をしていたのが感じられた。
ところが今回、あまりのパワーバドミントンの前に、
様々なテクニックも押さえ込まれ、司令塔としての役割を
担ってきた潮田は、試合の組み立て方、立て直し方が分からず
もうどうしていいのか、頭が真っ白状態だったのだろう。

対処法もなく、ずるずるとミスを重ね失点していく。
彼女たちも第2セット中盤あたりから覚悟していたろう。
一歩一歩、サーブをする毎に敗戦にむかって進んでいく
絶望感の中で、それでも最後までお互いを庇いあいながら、
健気に試合をしていた二人のことを考えると、
先ほどの自分の苛立ちが、どれだけ不謹慎なものか理解できた。

周りは全て中国人の応援団に囲まれた孤立無援の状態で、
まるで男のような『大工と板前のペア』に対して、
孤独で絶望的な戦いを強いられた25歳の若き乙女たちを
なぜもっと暖かく応援してあげられなかったのかと、
自分の狭量さに自分で情けなくなった。

今回の敗戦について、彼女たちの実力不足だけで
片付けてはいけないと思う。
今回、パワーとスピートの前に彼女たちの持てる力は
全てねじ伏せられたという結果に対して、
事前の予想対戦相手の分析不足だと考えられるから、
コーチ陣にも責任は十分にあるのではないか。

しかし、女子テニスがナブラチロワの頃からパワーテニス化して、
優雅さがなくなってしまったが、女子バトミントン界もいずれ、
あんな中国の大工・板前ペアのようなオトコ女ばかりが活躍する
時代が来るのかな。
あいつら、ホルモン注射とかドーピングとかしてるんじゃなかろうか。
髪型だって角刈りだぜ!女捨ててるじゃん。
どう見ても女には見えなかったぞ。

オグシオの二人、男相手によく頑張ったね。
勝てねぇよ、あんな化け物には。
でも君たち、人間の女性としては100%勝ってたから、
そっちの方が意味があると思うし、決して、あいつらに
勝とうとして筋肉モンスターにならないでくれ。
君たちはブレイヤーである前に一人の美しい女性でいてくれ。

今回の敗戦で一番傷ついて、悲しんで、そして後悔してるのは
君たちであって、君たちを非難できる権利なんて誰にもないはずだ。
本当によく頑張った、堂々と笑顔で帰ってきてくれ。
しばらくゆっくり休んでください。

今回の敗戦で、君たちはまだ走り続ける理由が見つかったはずだ。
気力が戻ってきたら、柔よく剛を制すの言葉通り、
次こそ圧倒的なパワーに対して、変幻自在で優雅なプレーで
打ち倒す術を見に付けて、是非次回、このオナベペアを撃破して欲しい。

最後に、試合の時に怒っていたばかりで狭量だった俺自身を
君たちに詫びたいと思う。

本当にごめんな、そしてお疲れ様。早く日本に帰ってきておくれ。

ウクレレ教室 63回目(たぶん)

お昼過ぎから倉敷へ向かった。
車内のウクレレが熱気に晒されるので、
教室に預けてイオンに行ってみた。
買い物したりブラブラして時間を過ごし、教室へ。
ちょうどKさんが来たところだった。
なにやら心地よいウクレレの響きが聞こえている。
T先生がFさんのT'sウクレレを弾いていた。
そのうちアイちゃんも来て全員集合。
来月のウクレレ合宿の案内を配ったり、
しばらく雑談の後、時間が来たのでレッスン室へ。

今日の俺のウクレレはカマカTIKI。
1973年製、ホワイトラベル時代のTIKIという神様の
レリーフがヘッドに付いているタイプだ。
昨夜からなんとなく秋波を感じたんだな。

レッスン開始。「フラガール」。
もうほとんど7-8割程度弾けてる感じ。
未だリズムがあやふやな部分を含め、
弾けてない部分を集中的に練習。

その後、楽譜からTAB符を作成しコードを入れる勉強。
これは簡単。なぜなら始めから書き込むコードが
五線符の上に書いてあったから。
問題は音を探りながらTAB符を作成し、それにどの
コードを当てはめるかが難しいわけで、それについては
先生によると、原曲から耳で感じる取る以外に方法はなさそうだ。
当然といえば当然なのだが、素人にはその作業が難しい。
これはこういう作業の練習が必要なんだろうな。
しかし、これができれば耳コピーでウクレレソロのTAB符が
書けそうなので、がんばって勉強したいと思っている。
が、とりあえず演奏技術を磨く方が先決かな。

さて今まで共に頑張ってきたFさんが来年3月まで
休会するそうだ。とても残念な話。
来年、また一緒にやりましょう。待ってますね。
教室は離れても、ウクレレ仲間ですから時々お酒でも
飲みましょう、必ずお声かけますね。

Fさんが休会ということになると、発表会当日は
アイちゃんも結婚式でお休みだから、Kさんと俺たち
夫婦だけということになる。
先生が発表会の曲は何にしましょうかと言うんだけど、
いままでの発表会が自分は散々だったからね~。
あまり乗り気もしないんで、考えたくないっていうのが
正直なとこ。
「フラ・ガール」が本命なんだろうけど、これを
発表会でっていうのは博打だね。
と、書いてる傍から、発表会のことを考えるとなんとなく
気分が鬱になってきたんで、今日はここまで。

北京オリンピック開会式

人海戦術の開会式だったね。
綺麗だったけど、あまり興味なし。
ただ、日本だけ中国国旗を持っていたが、
誰だ、安っぽい友情の演出を選手にさせたのは。
そこまで中国に媚びる必要はないだろ。
そんな情けないことするのは日本だけだったぞ。

海外在留邦人からの情報があったので紹介しときます。
***********************************
BBCで開会式の模様を放送中なんだが、
日本選手団、めちゃめちゃブーイングされてたぞ。
NHKでは解らなかったの? 
ますます中国が嫌いになった。
いや、一緒にみてた英人も言ってたよ、
「すげーブーイングされてるな」って。 BBCのコメンテーターも
中国の反日感情について語っていたし。
**********************************

それにもう一つ。
おい、チンパン福田。
自国の選手が入場したら起立して迎えろ。
何、ふんぞり返って座ってんの?
そんな態度を示したのは、お前と北朝鮮だけだった。

中国国旗掲揚で、全員起立とのアナウンスが
流れていたが、朝日やら毎日やらTBSやら、左翼反日思想の
奴らは、日本国旗やら国歌斉唱には起立もしないし、敬意も払わないのに、
嬉々として起立したんだろうと思うと腹が立ってきた。
加藤千洋を始めとした売国奴のお前ら、帰ってこなくていいぞ。
赤い旗が大好きなんだから、そのまま中国に帰化すればいいのに。

まっ、こんな中国共産党の政治ショーを真剣に見る気も
しなかったので、バンバンバザールの動画を見ながらの、
ながら視聴。

審判が買収されている可能性もあり、また反日思想の国だから、
どんな嫌がらせが起こるかもわからない。
食事なども気をつけて、とにかく日本頑張れ!!!!

グーグル「ストリートビュー」

Google地図で見ることのできる「ストリートビュー」はすごい。
居ながらにして、大都市のシティウォークが楽しめる。

東京で働いていた頃、住んでいた大好きな吉祥寺の街並みを
楽しんでみた。
パルコの前を通り、ハーモニカ横丁に入って、おっ、ロヂャースだ。
そして伊勢丹あたりもブラブラと。
それほど広くない吉祥寺の街をしばらくウロウロしてみる。
10年近く住んでいた街だ。あちこちに思い出の欠片が残っている。
変わってしまったお店もたくさんあるが、変わらないお店もあり、
当時の自分と重ね合わせて映像をみている。

写るかなぁと思ってちょっと小さな路地にあった
俺が住んでいたマンションあたりにカーソルを持っていくと、
バッチリ写るではないか。懐かしいぃぃ、外装は当時のままだ。

束の間のセンチメンタル・ジャーニー。
これからも吉祥寺にはちょくちょく訪れてみよう。

お前が言うな。

**********************************************
公明党の太田昭宏代表は5日の記者会見で、
保岡興治法相が終戦記念日に靖国神社を参拝すると
表明したことに「福田康夫首相をはじめ、主要閣僚の公式参拝は
控えるべきだというのが私の考え方だ」と苦言を呈した。
太田氏は理由について「政教分離の観点や、これまでの裁判、
外交状況などがある」と指摘した。
***********************************************

政教分離の考え方が浸透しているなら、
なぜ朝鮮カルト宗教の傀儡政党、公明党などが存在し得るのか。
笑わすのもいい加減にしろ。
朝から紅茶を吹いちゃったじゃないか。

北京オリンピック

チケットが売れず、アテこんでいた旅行代理店も
困っているのだとか。
はっきり言って、北京オリンピックなど、
現地に観に行くやつはアホだな。
各地に頻発するテロ・食料の安全性、公害による
人体への影響など、色んな意味で危険極まりない。
「がんばれ、日本」の横断幕なんかも禁止らしい。

なんなの、この大会は。
オリンピックって平和の祭典でしょ。
言論の自由も制限されて、健康に悪くて、
治安も悪いなど、これほど色んな危険を孕んで、
選手にも、国民にも、外国人にも、リスクがある
オリンピックなんて初めてみたよ。

そもそも中国などにオリンピックを開催する
資格などなかったんだ。
結局は金でオリンピック委員会を構成メンバーを
釣ったんだろうがね。

日本の試合中に反日コールが沸きかえりでもしたら、
中国人の民度の低さを世界に露呈することになるから、
ある意味楽しみだし、以前、金メダルを獲得して、
日本国旗を担いで滑った、荒川選手のウイニングランの
映像を流さず、その間、ひたすら観客席を映し続けた
NHKなどの反日放送局が今回もどういった部分で、
姑息な反日放送をしてくれるのか楽しみだ。

横断幕を禁止したりしても、人の口に戸板はたてられないぜ。
選手団入場時に、「フリーチベット」、「ウイグル開放」など、
各国の選手が口々に叫ぶことを期待してるんだ。
中国がひた隠しにしてることを、世界に晒す絶好の機会なんだが、
誰かやらねぇかな。

日本はマトモになって欲しい。

月曜日からヘビーな話だが、ちょうど内閣改造が行われたし、
日本の危うさについて書いてみようと思う。

日本の今のおかしい原因のひとつは在日朝鮮人の存在だ。
彼等は戦後駅前の一等地を地主を脅す、殺害するなどして
無理やり奪い取り、今は博打の禁止されている
日本においてなぜかパチンコというギャンブルを営業をしている。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311666053?fr=rcmd_chie_detail

在日朝鮮人は在日特権といわれる非常に日本人からすれば
理不尽な権利を行使し、日本を蝕んでいるが、
在日朝鮮人の日本寄生ぶりの一端を紹介しよう。

「この額では厳しい」 大阪の在日女性、実名で心境告白

大阪府八尾市に支援者が用意した2部屋のアパートで暮らす。
月約17万円の生活保護と、支援者からのカンパが頼りだ。
将来は日本国籍を取得し、ソウルに住む長男も呼び寄せたいというが、
「いまの生活保護額では厳しい」と悩む日々だ。

民主党は先月、「北朝鮮人権法案」を国会に提出、自民党も
同様の素案をまとめるなど、脱北者をどう受け入れるかの
議論も始まった。

在日コリアン64万人中46万人が無職で、在日韓国、朝鮮人の5人に
一人は生活保護受給者であり、彼らの生活費は日本人の税金から
働きもせず月17万円、年間1兆2000億円もの生活補助金を
もらっているそうだ。
しかも日本人への生活保護の支給が困難となりつつある現状なのに、
2000年から2005年までの増加分はほとんど
「韓国、朝鮮」籍によるものであるという事実は、
行政の在日朝鮮人への政策の怪しさが表面化している。
朝鮮人は生活保護を取りやすい仕組みらしい。
それに比して日本国の発展の為に働き続けた日本人のお年寄りの
年金はスズメの涙程度なのに、今の国会で検討されている
ことと言えば、いま以上の朝鮮人優遇についてだ。

日本は本当におかしくなっている。
とこかで止めないと日本人は仕事もしないでお金を搾取する
朝鮮人たちの為に、高額な税金を払い続けることになる。

もうみんな仕事止めて、生活保護を受けるかい?
働き手がいなくて国は破錠してしまうかもしれないが、
北朝鮮やら、色んなしがらみを一層できるし、
こうも平和ボケして、自主性がなくなり、政治に無関心な
日本人の目を覚ますには、破錠して国を一からまともな日本に
作り直した方が早いかもしれない。

日本人がどれだけ平和ボケして政治に無関心なのか、
今回の後期高齢者医療制度がどうだったかを思い出して欲しい。
誰も知らずに突然公布されたと多くの人が言った。
しかし、公布された後にぶつぶつ文句を言っても
どうにもならなかったのが現実でしょ。

反日的なマスコミは日本人がハマるのは嬉しいので、
ほとんど詳しい報道をしなかったことも大きい原因だろうし、
未だ情報源が新聞、テレビのみという人が数多く存在しているのにも
関わらず、その情報源が在日朝鮮人と左翼に乗っ取られ腐敗していて、
まともな報道をしていない状況では無理だったかもしれない。
田舎のお年寄りが信じて疑わないNHKですら、実は在日と左翼に
乗っ取られて反日偏向報道をやっているからね。
言論の自由を盾に、その実、反日プロパガンダを続けている
マスコミに対して、なんらかの対策を打てない政府にも
問題は大有りだけどな。
議員の中にも毒饅頭を喰らっている輩がウヨウヨいるからね。
しかしやっぱり、一番の原因は、この制度の不完全さに気づいていた人も
大勢いて警告もしていたのに、日本人の多くは気にせず、
そういう情報を努めて知ろうとしなかったことだ。

マスコミは平気で嘘をつくということをしっかり覚えておいて、
人権擁護法案、移民受入政策だの、人権を守る、とか、
アジアの人々と仲良くするとか、反日マスコミの安易な言葉に騙されて、
気軽に賛成してはいけない。
マスコミはこれらの法案についてほとんど報道しない為に
多くの日本人がこの法案があることすら知らないというのも問題だけど、
報道してもそのリスクについてほとんど触れない。
しかし、この法案を推進している人間たちの本当の狙いに
気づかなくてはならないし、気づいて欲しい。
これらの法律の成立は日本人にとって何一つメリットはなく、
逆に日本人奴隷化の大きな一歩になってしまうからだ。
なんども言うけど、後でボヤいてもどうにもならない。

とにかく在日朝鮮人や中国に都合の悪い報道はしないマスコミは
信用しないこと。
特に新聞は朝日・毎日。テレビはTBS・テレ朝・NHKは要注意。
捏造・偏向報道は日常茶飯事。
テレビを見てください。
どのチャンネルも韓国ドラマばっかりの、朝からパチンコのCMばっかり。
いったい、どこの国のテレビかと思うでしょ。
例えばスポーツの日韓戦の結果の報道を注目してみてください。
主語はどちらになってます?

例えば先日のJOMOオールスター杯の結果の報道だが、

→明らかに主語は韓国。
(毎日新聞)韓国Kリーグ選抜、3-1でJリーグ選抜破る
(朝日新聞) Kリーグ選抜、3―1でJ選抜下す 

→主語が日本の場合はこうなる。
(読売新聞)Jリーグ選抜が韓国K選抜に完敗

朝日新聞に至っては朝鮮人が日本人に勝って、
よほど嬉しかったのか号外まで出す始末だ。

こういう朝鮮人寄りのマスコミがマトモに信用できますか?
しかしこれが今の実態なのだ。
日本を蝕む在日・層化・中国・左翼の活動の実態を
まず知ることが重要。
裏でどれだけ税金を掠め取り、また日本人を奴隷化し、
日本固有の文化を壊し、日本という国を事実上、
精神的に崩壊させようとしているか。
各々、ネットで調べて、自分で確認してみて欲しい。
山ほど出てきますよ、色んな隠された事実が。

日本人全員が、こういう動きを気づいて止めなくてはならない。
まず選挙です。
政党で選ばないこと。個々の主張で選ぶこと。
基本はゆるゆる売国自民党、即効売国民主党を頭に入れておくこと。
民主党が政権をとった場合、一見、官僚たちのしがらみが取れ、
思い切った改革ができそうですが、税金のばら撒きと、
朝鮮人・中国人偏重政策によって、間違いなく日本は崩壊します。

願わくば、自民・民主の中のマトモな人たちが離脱して
日本人の為の政治を行う政党を結成して欲しい。
それ以外、日本が正しい方向に変わる可能性はないように思えるけどね。

以下、ネットで見つけたのですが、在日朝鮮人の本音らしいので、
どういうこと言ってるか聞いてみましょう。

*******************************************************************
今までは、我が同胞たちは比較的攻撃的な声闘というやりかたを
使ってきましたが、今後はそれだけでは難しい状況になりつつあります。
これからの日本社会を背負う日本人の若者世代をどう理解させていくかが
大きなポイントです。
お人好しな日本人の気質をうまく利用していく必要があるのです。
今までの「私たち在日はこれほど差別されてきた被害者なのです」という
事実を伝えるだけでは日本人の若い世代は一歩引いて疑います。
これからは「私たち在日も日本に貢献していきますから手を取り合いましょう」
というメッセージが必要でしょうね。
日本に対して姿勢を低くするのは我々の自尊心が傷つくものですが
それも数年の辛抱です。
生活保護支給に関してはもうすでに問題なく支給してもらえる状態を
勝ち取っています。
同じ条件の日本人がいたら我々のほうが有利なやりかたです。
これは申請の時にどうやればいいかがマニュアルになっていますから
まだ知らない人がいる地域は各支部から配布をお願いします。
年金支給や参政権は自民党政権では無理でしたが民主党政権なら
実現できます。
日本の政治を我々が動かすことができる時代がこれから来ます。
目の前の気になることは少し目をつむって将来の我々の大きな
勝利のために進みましょう。
とにかくこれから2年は忙しくなります。次の衆議院選挙は
2009年の9月。
ここでも民主党に過半数を獲得してもらう必要があります。
そのためには良識ある日本人をもっとたくさん増やす必要があります。
この記念すべき2009年のために戦後我々の同胞たちは日本の
マスコミ各社に同胞を送り込み日本人の良心の改革を進めてきました。
その結果が今回の選挙でようやく出てきましたね。
数年前から日本帰化も強化していますから、同胞有権者も増えていますし
白先生や金先生のように日本国籍を獲得して立候補することも
できるようになりました。
両方から攻めていきましょう。
我々のアボジたちができなかった「革命」が我々の世代で
実現しようとしています。
民主党にはそのための重要な道具として動いてもらいましょう。

********************************************************************

そうそう、竹島問題で駐日大使が帰ったのだとか。
間違っても、すみませんでした、日本に帰ってきてくださいなどと、
韓国政府に土下座するんじゃないよ、チンパン福田!!

カーナビが欲しい。

俺の車は今は無い。
以前、ソアラに乗っていたが、元来アテも無く
ドライブするということが大嫌いなので、
12年も乗って走行距離は6万キロ程度しか乗らず、
不経済なので売却。
以来、妻の車フィットが、我が家の車になっている。

さて、そのフィットにはナビが付いていない。
ソアラにはカロッツェリアHDDナビを装着していたので、
どこか遠出するときにやっぱり不便。

ということで、ナビを購入しようと考え始めたわけだ。
といっても、高級なやつは買う気はなくて、
候補として、

①SANYO Mini GORILLA NV-SB360DT
②Sony nav-u NV-U2
③Pioneer エアーナビ AVIC-T10

というポータブルナビの3点を考えた。

まず、Pioneer エアーナビ AVIC-T10だ。
以前、Pioneerのサイバーナビを使っていたが、
高級機にも関わらず位置のズレが酷かったが、
やはり今でも価格comの口コミを見ると、
焦って発売したのか、熟成が足りてなくて
色々と不具合がある様子。
液晶画面が綺麗で大きいので欲しかったが、
実用性を考えて今回は見送ることにした。
次にソニーのnav-u NV-U2。
これはなかなか評判が良い。
ただ、液晶画面が小さいのと、検索で番地まで入れないと
検索しないなど、ちょっと操作的に問題がありそう。
結局、壊れやすいという声もあるけれど、
機能、ビジュアル、価格とバランスの取れている
サンヨーのゴリラが良さげという結論に達した。

妻に相談してみると、ボーナスが入ればという返事。
おっ、一般会計から出費してくれるんですか!
ボーナスは景気が悪いので期待できないけど、
朗報、朗報。

まっ、それほど大げさな値段でもないので、
自分で買ってもいいんだけど、『カーナビ買う金があったら、
新しい「ウクレレ」が買えるぜ。』という心の声が
購入を躊躇わせる。
実際、外国のオークションで安くて良い出物があるんだ。

こんな俺を他人(ひと)は変り者(おばか)と呼ぶだろう。

ふんっ、褒められたと思っておこう。

チンパン福田の内閣改造

チンパンジー福田が内閣を改造するようだ。
米で竹島が韓国領と明記された件についてても、
「抗議しない、なぜ必要なのか?」と平然と言い放った
この無責任人間と心中したい奴がいるのか?
次の選挙では、自民は負けそうなので、とりあえず
大臣の椅子に座っておきたい議員がいるかもしれない。

しかし、何の為にするんだろう。
チンパン福田は何がしたいのだろう。
すでにレームダック状態の政権で、国民から何も期待されて
いないし、支持もされていない政権が、顔ぶれ変えても
政策は今のままの無責任放置政策なのだから、
意味はないんだけどな。
まぁ、国民のことなんて視野にないから関係ないんだろう。

日本をまともにしようと、左翼やら中国やら在日・同和利権などと
戦った安倍さんは、内閣改造の折、彼等の手先である
マスコミに徹底的に閣僚の身辺調査をされて、
それが元で追い詰められて退陣に至ったわけだが、
チンパンが就任以来、マスコミはほとんどスキャンダルの追求を
しないということは、チンパンがそれだけ彼等反日勢力の意向に沿う、
それはすなわち日本国民を虐げる政治をやっている証明に
他ならない。

1,000万人(主に中国人)の日本移民計画、人権擁護法案、
こんな日本人撲滅法案を通過させようとしている今の国会の現状は、
正直とても怖いし、絶対にこれらの法案だけは成立させてはいけない。
次の衆議院選挙で日本の運命が決まるような気がする。
内閣改造などどうでもよいが、国民一人ひとり、地盤のことだけ
考えないで、大きな目で候補者が果たして、日本の国政を担っていく
人物かどうか、よく調べて投票して欲しい。
そして、日本を外国に売り渡そうとしている人間を国会へ
送ってこないで欲しい。

1,000万人(主に中国人)の日本移民計画については、
後日、個別に述べることにして、
人権擁護法案については、俺は過去に書いているので
読んでみてください。

http://ukulelegogo.blog52.fc2.com/blog-entry-337.html

どうです、恐ろしいことがあなたの知らないところで、
進んでいるでしょう。
近日、1,000万人移民計画について書きますよ。
こっちも、実施させれたら恐ろしいことになります。
ぜひ、読んで欲しい。
あなたの将来にも関わる大きな問題ですから。

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード