FC2ブログ

780Gチップセットに興味津々

最近、AMDが発売した780Gと呼ばれるチップセットに
かなり注目している。

このチップセットの魅力は、安価なグラボと組みあわすことで、
グラフィック性能がアッブするけど、高価なグラボじゃ無理です、
ってところがミソ。
まさに、ローエンドユーザーの期待の星だ。
元々ローエンドなんだから、性能はハイレベルマシンに
比較しようもなかろうけれども、安価にそこそこの性能のサブマシンを
組もうと思う人には最適じゃないかな。
現在、このチップセットを用いたマザーボードが出始めたばかりで、
問題も色々とあるようだが、時間が経てば熟成されて、
いい製品に仕上がっていくだろう。

CPUにAMDのPhenomを用いれば、さらに性能UPするらしいが、
AMDはこんな素敵なチップセットを作ったけれど、
CPUに大きな問題を抱えてる。
最新版のクアッドコアはINTTELの最低版と性能はほぼ同じだが、
消費電力は話にならない程度の代物だった。
これじゃ、売れない。価格をもっと下げないと。

というわけで、おそらくベストセラーになるだろう780Gチップセットも
組み合わせるCPUの問題で、しばらく傍観しておいた方が良いだろう。
早ければ、初冬頃には低消費電力が売り物の9150eやら、45nmのDenebが
発売されるだろうから、それから買いに走るのがいいと思うんだな。
その頃には780Gを用いたマザーボードもかなり改良されて、
いい商品が市場に出回っているだろうし。

問題はその頃まで我慢できるかだ。
すでにPCケースとVistaは用意してしまっている俺って。。。
スポンサーサイト



時期指導要綱に「愛国心」

世界中の国で、国家を歌えない国民がいるなど日本ぐらいなものだ。
自分の国を愛する心を育む教育。
至極当然の事。
日本に生まれてよかった、日本という国を誇りに思える教育。
こんなこと当たり前。

こんなことが殊更新聞に取り上げられること自体、
他の国から見れば異常だろうし、日本の現在のゆがんだ形を
そのまま表していると思う。
こういうことに目くじら立てて反対する人間こそ、
日本がまともな国になっては困る人たちだろう。

少なくとも国から給料もらってんだろ。
国から給料もらってるのに、国家を歌わない教師など、クビにすればいい。
国家は歌わない、国の指導要綱はおかしいと、
教師をクビになった後、家の中で気の済むまで叫んでろ。

かの橋下知事に噛み付いた女。
バリバリの中核派だそうな。
目が逝ってたのが怖かったな。
あの朝礼での発言で、自分は正義と思って噛み付いたかもしれないが、
世間の目から見れば、常識を逸脱したもので批判が殺到したそうな。
しかしあの女はなんとも思っていないそぶりらしい。
大阪府の腐敗ぶりは、そういう連中を組織の中に抱え込んで
いるからだろうな。

しかし、やっと日本も左に傾きすぎた国を真っ直ぐ立てようと
思い始めたんだな。
近い将来、ちょっとは日本という国もマシになるかな。

今夜はピッツェリアで音楽会!

ちょうど一週間前の火曜日の夜、
岡山県は久世にある、ピッツェリア・イル・ターボロ
(PIZZERIA IL TAVOLO)で、親しい人を集めてのディナー+
プチライブに誘っていただいたので行って来た。

ここの料理はとにかく美味い。
特に石窯で焼くピッツァが絶品だが、こんな田舎に、こんな美味しいピッツァを
食べさせてくれる店があること自体、奇跡に近い。
何しろ、イタリアのレストランで5年間働いた経験を持つ妻が、
これほどのピッツァは、本場イタリアでもなかなかお目に掛かれないと
広言して憚らないほどだ。

cousee

本日の料理はイタリアの田舎料理と称したコース仕立て。
素朴な料理だが、味はなかなかいける。
しかし今回、ご自慢のピッツァがなかったのが残念。

食事も終わったあたりで、今夜の主役が厨房より出現。(笑)
ochiai

落合と名乗るその青年は26歳らしい。
しかし、その風貌からはとてもそうは思えないし、
とても場慣れしていて、お客さんに話しかけたり、
飽きさせない絶妙のトークを交えて、ご自慢の歌を披露してくれる。
歌はさすが、本場イタリアで修業しただけあって素晴らしいものだ。
日本の曲やら、もちろんイタリアの歌曲を代表する「オーソレミオ」を始め、
10曲程度、存分に堪能させていただいた。

決して狭くはないが、広いとも言えない店内での今回のプチライブは、
演じる者と観客との距離が近くて、とても親近感の沸くライブだった。
身近でこういう芸術に触れることはとてもいいことだと思う。
次回、わがウクレレの師匠、T先生のアコギ・ウクレレライブでも
企画してもらおうかな。
実現すればとてもロマンチックな夜になるだろう。
お願いしてみますか!

ウクレレ教室 52回目(たぶん)

お疲れモードだったが、昨日のブログに書いた通り、
パソコンの電源を購入しないと仕事に差し障ることもあり、
頑張って倉敷に向かうことにした。

電源などの買い物を済ませて、教室に着いたら17:30頃。
ちょっと早いので、いつもレッスンに向かう車中で聴いている、
FM番組、「NISSAN あ、安部礼司~BEYOND THE AVERAGE」を
駐車場の車の中で聴いていた。この番組、結構面白い。
しばらくすると、Kさんの車がやって来たので、
一緒にレッスン会場に入った。

その後、アイちゃんが合流。Fさんはお休みの模様。
○ール、飲んじゃったのかな。(笑)

今日のレッスンには久々にカマカ・オータサンを持ち込んだ。
チューニングしてみる。
深みのある音で、率直にいい音と感じられる。
ロ・プリンジのギターっぽい音に比較すれば、ウクレレらしい音だと
言えるかもしれない。まぁ、どちらも本当に音色は素晴らしいから、
どっちがいいと問われたら悩む。

さて、レッスンはまず3連の練習から。
人・親・人(或いは親)の運指も慣れてきた。
一人ずつ演奏してみましょうってことになり、
本番に弱い俺は、焦って運指がメチャメチャ。
T先生の目がキラっと光ったのが分かったけど、先生何も言わず。
すんません、自覚してました。(笑)
いつもはこんな指使いしてませんから。。

次にロールの練習。
ロールはちょっと早めに入らないと、実はリズムが合わないので注意だ。
確か、杉本いわお先生のDVDでもロールは、忙しい感じで
ちょっと早めに入っていたな。
杉本先生方式の親指・人差し指・小指を均等の感覚で固定して
弾きおろす方式に慣れている俺は、T先生の5本の指を熊手のようにして
弾くロールはちょっと難しい。
俺は3本指の方が綺麗に音が出るみたい。

と、ここまで練習してT先生が夏のライブの予定もあるから、
新しい曲をと言い出した。
希望がありますか?とおっしゃるんで、ジェイクの「フラ・ガール」を
希望したら、採用になった。
楽譜はローリングココナッツに載ってたものだ。
ちょっと爪弾き始めるT先生。
いきなりメロディの間にコードを入れたりして弾き始めた。
なんと深みのある演奏をするんだろう。
やはりこの先生は凄い。

俺たちは今T先生が弾いてみせてくれた感じで弾きたいと言ったら、
教室はLow-G仕様推奨だが、この楽譜はHigh-G仕様の楽譜なので、
その修正と先ほどの演奏を含めて、「フラ・ガール」T先生オリジナルバージョンを
書き下ろしてくださることになった。
来週までには作ってくれるらしいから、今後のレッスンがとても楽しみ。
久々にちょっとやる気になってきたぞ。

パソコンがまたまた壊れた。

先週の土曜日は会議の為、朝から岡山市内へ。
夜は懇親会&二次会。ホテルに帰ったのは午前2時半。
朝、7時に起床。シャワーを浴びて帰宅の途に着く。
午前9時ごろ家に到着。
ちょっとゴロゴロして、御昼ご飯に、あっさりとウドンを
作ってもらって食べた。
ウクレレレッスンがある日だが、外は大雨、そしてかなりの
お疲れモードだったので、行くかどうか悩む。

が、そんなことより、金曜日の夕刻より、突然、会社のPCが
起動しなくなっていたので、月曜日からの仕事に差し障りが出るので、
原因を探りに出社。
スイッチを押しても一瞬CPUクーラーが回るが、それっきり。
最初から、症状的に怪しいのは電源だろうなと中りをつけたが、
もしかしたらマザーボートかもしれないとも思った。
ちょっとバラしてあれこれやってみたり、社内の他のパソコンを使って、
ネットで色々と情報を探ってみた結果、電源の可能性が高いことを確信。

となれば部品購入の為に、パソコンSHOPへ行く必要がある。
そんじゃ、レッスン会場の倉敷へ行き、倉敷にあるパソコンSHOPで
電源を購入してそれからレッスンを受けて帰れば合理的だと思い、
会社を出て帰宅し、妻にウクレレレッスンに行くことを宣言。

午後2時半ごろ倉敷へ出発し、やがてアプライドという地元の
パソコンSHOPへ到着。
ここはどうやら、「丸印」という電源を推しているようだ。
しかも安い。会社用のパソコンなので400Wもあれば十分だが、
それが3,980円だと。
店内のパソコンを使い、ネットで「丸印」電源の評判を探ってみると、
評判は可も無く不可も無くといったところだったが、
しかし、安かろう、悪かろうではないようだ。
なのて、この電源を購入してみることにした。

そして、今日、月曜日。出社するとすぐパソコンの修理に取り掛かる。
電源をさっさと取り外し、新しい「丸印」電源を装着する。
急げ、急げ、仕事が待ってる。
ATX12V用の4ピンコネクターが2つ繋がっている形状で、
ちょっと戸惑ったが、何のことはない、2つに割れるようになっていた。

電源換装完了。
電源オン!
CPU-FANが軽快に回り始める。

あれ・・・。

ここでいつもなら、ピッと音がしてBIOSが立ち上がるのだが、
その気配がなく、ディスブレイも真っ暗。

もしかして、マザーボードまで逝っちゃってるの??
呆然とするが、最後のチャンスと思い、CMOSクリアーを試みることにした。
電源コードを抜いて、一応電源スイッチも切り、
マザーボートにはまっている丸いボタン電池を抜く。
そして、マザーボードの英語マニュアルで、ジャンパーピンの位置を
念のため再確認し、マイナスドライバーでショートさせた。

その後、マザーボードにボタン電池を再装着し、電源コードをさして、
電源スイッチを入れ、いよいよ、パソコンのメインスイッチON!

CPU-FANが軽快に回り始め、そして「ピッ」と音がした。
おお、BIOSが立ち上がった! 思わず声が出た。

その後、LINUXのUbuntuとWindowsXPのダブルブートにしているので、
どっちのOSを起動させるか、選択画面が現れる。
当然、導入テスト中のUbuntuではなく、WindowsXPを選択。
そしていつもの見慣れた画面へ。

この瞬間、本当にホッとした。

丸印電源、以前の電源に比較してその静かさに驚く。
まぁ、前の電源が五月蝿過ぎだったのもあるけれど、
社内のザワザワした中だと全然FANの音も聞こえない。
まぁまぁの電源じゃないですか。
後はどれだけ耐久性があるかだね。

先日来、HDDの故障やら、今回の電源の故障やら、
この会社用のPCの故障が続いたが、まぁ、壊れそうなとこは
一応全部交換したので、当分はもつだろう。
自作に手馴れてくると、こうしてパソコンが故障しても
自分で対応できるからいい。
なんでもそうだと思うけども、トラブルは知識を増やす機会になるから、
そう悲観ばかりすることもないんだよな。

地デジを受信したい!

俺の住んでいる所は山あいで、テレビの電波がちょっと
届きにくい場所だ。
なので、現在はケーブルテレビを契約して視聴している。
が、今度新しいケーブルテレビ局に営業を譲渡しますとの
連絡があり、新規の契約案内が来た。
みれば、普通に地デジを見るだけで月1,650円、これに
衛星放送視聴とスカパの不人気番組が幾つか付くコースで
プラス500円らしい。

いままでは、民放に衛星、そしてスカパー(ディスカバリーチャンネル、
やらアニマックスなど、結構面白い番組)が安価で視聴できていた。
なのに、今回のこのケーブルテレビのチャンネル構成の
セコさはなんだ!
もっと見たけれゃ、あと2,000円だしなだって。

ムカついたので、ケーブルテレビを契約しない方法は
ないものか考えてみた。
まず、衛星放送は、アンテナ立ててあるのでOK。
問題は民放をどうするかだが、いままでアナログ電波は届かない
地域だったからケーブルにしたんだけど、昨年末より、
俺の街でも地デジ放送が始まっていたのを気にも留めていなかったが、
ふと思って携帯でワンセグ放送を受信してみると、綺麗に映るじゃないか!

これは、地デジ放送をアンテナ立てれば直接受信できるのではないかと
思い始め、とりあえず実験することにした。
成功すれば、毎月、元々無料の民放を見るために年貢のように、
料金を払わなくても済む。
それをスカパー代に回せば、我が家のテレビライフは充実したものに
なるはずだ。

お宅はケーブルテレビで見ないとダメな地域ですと、
パンフレットを置いていった営業マンがぬかしたそうな。
どうしてでも俺から年貢を取りたいらしい。
そもそも無料で視聴できるものを、なんで毎月お金払って
見なければならないの?
俺の不満のすべてはココにある。
こうなったら、意地でも直接電波を受信してやる!

パソコンに求めるもの

最近、久々にパソコンを自作してから、すっかり自作熱に火が
付いてしまった。
自作Kerというのは、別にパソコンが欲しいわけではない。
目まぐるしく進化するテクノロジーとそれを用いた新しい
パーツが発表される度に、そのパーツを用いたパソコンを
製作したいという欲望に駆られてくる。
組んだ後、果たして額面通りの性能が体現できるのか、
興味はそちらに移る。ネットや雑誌の情報通りの性能を
確認できたら、もうそれで十分なわけだ。
しかし、お金を出して組んだ以上、使わないわけにはいかない。
ということで、チューンに興味が移ることになる。
現在は、パソコンのチューンを楽しむのに二通りのトレンドがある。
クロックオーバーと呼ばれる、CPUやメモリーを定格以上で
動作させ、処理速度をひたすら向上させることを目指す派、
もう1つは温暖化に伴い、CO2の削減が叫ばれている中、
逆にCPUなどをできるだけ低電圧で起動させる、クロックオーバーならぬ、
クロックダウンに挑戦する派である。
これはパーツの発熱が抑えられ、それに伴い冷却ファンの回転数も低くなり、
パソコンの静音に寄与するし、総体的に稼動電力が抑えられることになり、
電力を消費しないことは、微々たるものだが、発電に伴うCO2排出削減に
寄与するということに繋がるというわけだ。
例えば世界中の膨大なパソコンが省電力に本気で取り組めば、
相当な電力消費が抑えられ、CO2削減に寄与するはずで、
まさしく塵も積もればという話なのだ。

俺は最近まで前者のひたすら性能を追い求める派で、
クロックオーバーしてスーパーπやら3DMarkやらで
高タイム、高スコアを出すことが面白かったが、
しかし実際、俺のパソコンの使用状況では、そこまで性能を引き上げても
それを生かす場面がないので、あまり意味がない。
とてつもなく自己満足な世界であることを痛感した。

オーバークロックをとことんまでやってみて、CPUも一個、
負荷のかけ過ぎで壊したけれど、なんとか今のパソコンの性能に満足できた。
しかし、今後は処理速度だけじゃなくて、もっと違う方向で
自作を楽しんでみようと思っている。

最近、AMDが興味をそそるパーツを発表し始めた。
MD 780Gやら、低消費電力版Phenom 9100eやら、
そして今後のAMDのロードマップを見ただけでも、興味は尽きない。
INTELがトヨタなら、AMDはマツダって感じがするが、
自作のコンセプトを定めなければ、AMDを追い求めるだけでも、
自作Kerとしての興味は尽きることはない。

近未来の俺の究極のパソコンは、どんなスペックが理想なのか、
今はそれを探っている状況かな。
とりあえず、ひたすら処理速度が速いだけでは俺はダメなようだ。

ウクレレ教室 51回目(たぶん)

金曜日から土曜日にかけて、毎年恒例の厳島神社にお参り。
妻が懸賞で広島グランヴィアホテルの宿泊券を当てたので、
今回はそれを有難く使わせていただいた。
roombbbb

広島に着いてチェックインして街をぶらぶら。
そのうち、妻と別行動で俺はパソコンSHOP巡り。
オークションで買ったPCケースの静音背面ファンを購入したりして、
そのうち、妻と合流し、マライカというアジア系のブティックやら、
アドルフォ・ドミンゲスやらに寄って、やがて晩御飯。

晩御飯は妻がネットで探してきた「隠戸」という料理屋へ。
ondo2
(隠戸入り口、もうちょっとで行き過ぎるとこだった。。)
広島産の牡蠣やら鰆やらこだわりのお店で、とても美味しい。
女将さんもキビキビしていて、従業員の教育にも熱心で、
店内はいい意味での緊張感に溢れたお店だった。
おいしい魚を堪能させていただいて、やがて退店。
「お待たせしてすみませんでした、またいらっしゃってください。」と
女将さんが俺たちの声を掛けながら、出口まで見送ってくれた。
なかなか、きちんとしたお店だな、また行ってもいいかなと思ったよ。

その後、妻と勢いでカラオケへ。
1時間ほど唄って、小腹が空いたのでお好み焼きの名店「八昌」へ。
定番の豚玉そばを注文。キャベツの甘みと肉と卵のハーモニーは絶妙。
お腹にたまらないので、あっという間に平らげてしまう。
ちなみに俺は広島で飲んだときは、仕上げはラーメンじゃなくて、
ここ「八昌」のお好み焼きを食べるのが習慣になっている。
お好みを食べた後、またまた勢いでカラオケへ。
1時間のつもりが30分延長を2回して、結局2時間唄いまくった。
その後、歩いてホテルまで帰り就寝。
翌朝、バイキングの朝食を摂った後、今回は車はそのまま置いておいて、
JRで宮島まで行くことにした。所用時間は20分程度。
570円の切符代は、宮島までのフェリー代も含まれておりお得だ。
miyajiajaja

さて厳島神社内では結婚式の最中。なので残念ながら祈祷してもらえず、
お札だけ買い、恒例の御神籤。妻、末吉、俺、大吉!
宮島は何度も来てるので、お土産を買って、さっさと退転。
宮島って言ったらアナゴでしょうということで、
名店「うえの」へ行こうとしたら、1時間待ち。
anago
(食べられなかった「うえの」のアナゴ飯)

仕方なく隣のお店に入るが大失敗。
澄まし汁はインスタントぽいし、あなごも量が少なく小さい。
かなり損した気分。その後、とっとと自宅まで帰った。
帰ったら15:00あたり。そこから会社はお休みだが、会社へ行って、
総務用のパソコンをドスパラで買ったので、セットアップ。
結局、夜22:00あたりまでかかって、その日はやめ。
次の日、日曜日、朝11時頃から再び会社へ行ってセットアップの続き。
結局、お昼ご飯を挟んで、14:00あたりまでかかって終了。
帰宅して少し休んで、いよいよ本題のウクレレレッスンへ。

ウクレレレッスンはアイちゃんはお休みで、KさんFさんと
俺たちの4人。
今回は前回の3連の練習に終始して、課題曲の練習はほとんどなし。
T先生の3連はどんなに早くてもきっちり3回の音が
聞こえるのが凄い。
中指で弾いて親指、中指とやると早いような気もするが、リズム感が
一定しない。
やっぱり人差し指、親指、人差し指のオーソドックスな運指が、
俺には合うようだ。
カマテツさんのジャカソロを練習したり、3連を用いて、
カイマナヒラのコードを演奏したりして、結構楽しいレッスンでした。
T先生、テナーを買いたいらしい。
Gストかカマカか悩んでいるとのことだったが、

kamagst
(カマカかGストか。永遠の悩みかもしれない。)

以前の俺なら、すぐ俺も欲しくなっていただろうが、いまは全然、
欲しい電波が体から出ない。
俺には、特注のロプリンジにカマカオータサンに、
カマカTIKIがあるからもう十分だし、今はウクレレよりも
パソコンのパーツを買いたいと思うから。

あっという間の1時間が過ぎ、帰宅の時間。
T先生は今週末に倉敷イオンのスタバでライブの予定。
時間があったら見に行こうっと。

口笛とウクレレ2

口笛とウクレレ2


またまた来ました、ウクレレと口笛、第二段。
竹中直人氏の微妙に上手そうで下手な口笛がポイント。
今回は分山貴美子さん(誰??)が加わっている。

曲名は
ヴィーナス、幸せの黄色いリボン、夏の日の恋、
僕の叔父さん、蘇州夜曲、カーマは気まぐれ、
アズ・ティアーズ・ゴー・バイ・LaMer の8曲。

前回買ってみたけど、ぶっちゃけすぐ飽きた。
04/23 リリースとのことだけど、今回はしばらく待って、
レンタルしようっと。

驚いちゃった。

今日もパソコンネタで恐縮ですが聞いてもらいます。

なんか妙にパソコンが不安定で落ちるので、
昨日、色々とチェックしていたんだ。
しかし思い当たる節がない。
どうしてかなぁ~なんて、何気にCPU-Zを眺めていたら、

「あ゛~~   
       と驚く タメゴロォォゥゥ。」(古すぎ)

ここで一旦 CM でぇ~す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんと、E8400を搭載するために更新したBIOSが
実は更新されていないことに気づいた!!

俺のマザボはGIGABYTE GA-P35-DS4(Rev.2.1)。
E8400に対応するBIOSは「F11」 。
しかるにCPU-Zの表示は「F10」。
つまりBIOSの更新に失敗したまま、気づかずに使い続け、
あまつさえ、OCなんぞして、3.8GHzで使っていた。。
GAP35DS4REV2.1

こんな状態でもまぁまぁ安定していたから、
GIGABYTE GA-P35-DS4(Rev.2.1)は偉い。
あんたは偉い!

以前、E8400が発売される前にBIOSを更新しておこうと思って、
E2140というCPUを購入し、仮組みしてBIOSを更新したつもりに
なっていた自分のバカさ加減に呆れてしまった。
結果的にかなり無駄な出費と労力だったわけだから。

新しいBIOSに更新したら、やっぱりすごく安定して、
以前のように、思い出したように落ちることもなく
3.8GHzで常用してますが全然余裕です。
しかし釈然としない気もするんだよなぁ。
前見たときは確かにBIOSはF11だったとも思うんだけどなぁ。。

まぁとにかく、去年の暮れ、ASUSのP5K-PROとどっちにしようか
随分と迷ったけれど、GIGABYTE GA-P35-DS4(Rev.2.1)を選んで
正解だったな。使いやすいし、OCもやり易い。

これからもGIGABYTEにお世話になろう。

話題のCPUがちらほらと出始めた。

AMDからはPhenom 9100eが出てきそう。
クロックは1.8Gで、キャッシュはL2 512KBx4/L3 2MB、
eの付いた低消費電力版(TDP:65W)ということで、
しかも、価格は15,000円程度のクアッドコアとくれば、
食指が動く人も多いのではなかろうか。
AMD780Gマザーとの組合せなら、重い3Dゲーム用途以外なら、
安価で汎用性のいいPCが組めそうな予感。
ただ、北森瓦版によると、
Phenom 9100eは第2四半期初めにフェーズアウトし、この代わりに
Phenom 9150eが投入される。
9100eと9150eの違いははっきりとはよくわかっていないが、
9150eはエラッタが修正されたB3 steppingであるというのがもっぱらの話。
ということなので、慌てて手を出さず9150eを待ってた方がいいようだ。

そしてINTELからは、多くの人が待っていた、45nmクアッドの
Q9550/Q9450/Q9300が、米国時間3月24日の発売予定と発表された。
スペックは以下の通り。
Q9550 :2.83GHz (333x8.5)、L2 6MBx2、TDP 95W、530米ドル
Q9450 :2.66GHz (333x8.0)、L2 6MBx2、TDP 95W、316米ドル
Q9300 :2.50GHz (333x7.5)、L2 3MBx2、TDP 95W、266米ドル

価格と性能の関係から、Q9450に人気が集中しそう。
E8400同様、かなりの品薄状況になり、入手が困難なCPUに
なるのは目に見えている。
どれだけの性能を秘めているのか、OC耐性を含めてかなり興味あり。

しかし市場に十分な数量が出回って、いつでも買えるようになる頃には、
Intelのネハーレンやら、AMDの45nm クアッドコアDeneb・
デュアル・コアKumaなど、役者が揃い始めるだろうから、
慌てて手を出さずに様子見という手がいいような気がする。
頑張れAMD派の俺としては、特に45nm クアッドコアDenebに、
かなりの期待をしているが、ここで今回発売のIntelのQシリーズに
性能的に大きく及ばない代物だったら、AMDはかなりの窮地に
追い込まれるんではなかろうか。
性根を据えて、ネイティブ・クアッドの名乗りにふさわしい、
そしてIntelを凌駕するCPUに仕上げて欲しいものだ。

円高はウクレレを買うチャンス

102円~103円で推移している現在の円相場。
円高になると、大きなところでは日本経済が低迷し、
所得の低下に繋がるなどの影響があるだろうが、
しかしそれはあまり実感がない。
逆に、俺にとっては、海外旅行が安くなったりするから、
嬉しいことが多いんだよな。

そしてまた、ウクレレ弾きにとっては、海外からウクレレを
購入するチャンス到来の時期(とき)でもある。
俺が一時期、ウクレレコレクターのようになっていた
1~2年ほど前は、円相場は120円辺りだった。
それが103円とすると、700ドルのウクレレを
買ったとしても、その差額は11,900円にもなる。
通関手続に掛かる関税も商品価格に比例するから、
円高になればなるほど、購入価格が下がる計算になる。
septer koaloha

今となっては、別にウクレレを買おうとも思ってないんだけど、
こんな円高になったときを狙ったように、
日本国内では10万~12万円前後で、ハワイのPuaPuaさんで
750ドルで売ってるコアロハセプターを、ケース付で、
ついでに本まで付けて、しかも送料込み!で、650ドルで買わないか、
なんてハワイの知り合いの楽器店からメールをもらうと、
今なら日本円にして67,000円程度の計算になるから、
買う気はなくても、そのお得感に、思わず、「おっ!」っとなる。
そしてたぶん、本はいらないからもう少しマケてってお願いしたら、
620ドルぐらいにはなると思うんだよな。
となると、64,000円という、日本国内で買う半値程度で
買えてしまうわけだ。

俺がウクレレ購入に熱を上げていた頃に、
なんで円高じゃなかったの!
今更損した気分になったじゃないか!

PC対戦

左のコンテンツ、「我が家のウクレレ集」の下、
私のPCと対戦するツールを入れました。

画面の関係で、左に切れて表示されない方は無理のようですが、
見れる方は挑戦してみてください。

操作は簡単、INTELと時計が表示されている画面にマウスを持っていくと
対戦画面に切り替わります。

さぁ、私の弱弱PCと勝負です!( T T )

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード