FC2ブログ

中国の冷凍餃子

前にも言ったけど、中国人なんて信用できないことが、
如実にわかってしまう事件だよな。
あれほど人体に対する安全性について、国際的に叩かれているのに、
全然懲りていないね。
まぁ、根本的に自己中民族なので、道徳心が無いからしょうがない。
こういう民族に対しては、日本人が日本人と付き合う感覚で
付き合うと、痛い目に合う。
あっちに非があるのに、しまいにはお前が悪いと言い始めるからね。
話にもならない。

JTもJTだよ、以前も変な臭いがするとかクレームがあったのに、
黙殺しておいて、今回のコメントで、中国側に責任があると
明言すると国際問題に発展するからできないだと。
はぁ????
寝ボケてんじゃねぇ。
悪いのは中国であって、日本は被害者なの!
国際問題に発展する?
結構なことだよ。そのまま北京オリンピック参加中止、
国交断絶になってもいいじゃねぇか。
俺としてはそっちの方がセイセイするわぃ!
スポンサーサイト



ウクレレ教室 49回目(たぶん)

久々のウクレレネタ。
前回、広島出張帰りで疲れていたし、雪模様だったので、
お休みしてしまったので、今年2回目のレッスンだ。
寒いが天気は良かったが、途中霙が降ったりもしたが、
無事倉敷近辺に辿り着いた。
ここで、チボリ公園の側を通り、線路を潜ってJR山陽本線を越し、
旧2号線に出る近道を発見!
混んでいる時は10分から15分は違うだろう。
近道を通ったせいで17:20分ごろにヤマハに到着。
ロビーでのんびり待っていると、そのうちFさんやらKさんやら
最後にアイちゃんもやってきた。
アイちゃん、髪にウェーブつけたんだ。なかなか可愛らしい。
アイちゃんは性格も良いので、彼氏になる人はラッキーだと思うな。
やがて、レッスン開始。
「カイマナヒラ」から。
前回、コードの間に軽く撫でるように弾くコードを入れて、
全体としてハワイアンストロークのようなアレンジを
(音楽知識が無いので、こんな説明しかできない。
 う~ん、たぶん皆さんはこれでは理解不能だろう。)
練習したらしく、今回もその練習。

それほど難しいとは思わないけれど、音の強弱、そして音の長さ、
次のコードを考えた運指と、なかなか奥が深い練習になる。
T先生は、自分で言うのもなんだけど、ちょっと音が入りすぎなんで、
皆さん、拘らずに自分のアレンジで弾いてもらっていいです。
いいのが出来たら聞かせてください。などとおっしゃる。
例えばこんな感じって適当に弾いてくれたんだけど、
それがとてもいい感じなんだ。
音に味がある。やっぱり上手だよなぁと感心したね。

そのうちテクニックの一環として、ジェイクの3連の弾き方を
T先生が披露してくれた。
人↓親↓親↑とこれを早く弾く。慣れないと難しい。
俺は杉本いわお先生のDVDで、3連は小↓親↓人↑と練習したから、
こっちには違和感があるが、高速弾きならこのジェイク方式の方が
慣れたら弾き易いと思ったので、今後はこちらを練習してみることにした。

しばらくこの3連を、みんな夢中になって練習を始めた為、
もう一つの課題曲「アロハ・オエ」の練習する時間が無くなってしまった。
また次回ということだ。

「カイマナヒラ」は簡単そうだが、アレンジ版はリズム感と運指が
以外と難しい。
次回までにはちょっと練習しとかなきゃな。
新年明けて、やっとギアがセカンドぐらいには入ったかな。

IBMがAMDの買収を計画

噂らしい。
しかし、現在両者は研究・開発において提携しているので、
現実味を帯びた話ではある。
資金不足で開発もままならず、ネイティブクワッドなどと言うわりには、
インテルCPUの性能にかなり差がついてしまっているし、
赤字続きで挙句の果て、中国の変な企業に買収されるよりは、
IBMに買収してもらった方がいいかもしれない。

AMDは常にインテルのアンチテーゼ的な存在であって欲しいし、
AMDの存在があればこそ、いい意味での技術と価格の競争が生じ、
結果、俺たちユーザーもその恩恵を蒙ることができる。
俺も元々はAMD派。K-6兄弟にはお世話になったよ。
しかし、今のAMDのCPUは残念ながら、インテルと比較して
性能とコストパフォーマンス的にちょっと買う気にはなれない。
今後のAMDの奮起に期待したい。頑張れAMD!

中国の検索サイト「百度」が上陸

だれが使うんだよ、こんな検索エンジン。
言論の自由が無い、かのgoogleにも圧力かけてgoogleすら検閲後しか
使えない仕様にした国の検索サイトなど、
どうせ中国に有利な情報しか検索できない糞サイトだし、
日本に向けたプロパガンダの一環に間違いないだろうよ。
資金は中国政府が裏から出しているんじゃないのか。

しかも中国ような、日本の領事館員を美人局の罠に落とし、
機密を漏らすように脅しをかけて、彼は日本の国益の為に自殺したけれど、
そんなスパイ行動が当たり前のように容認される国のネットツールなど、
どこにウィルスやらスパイウェアがついているのかわからないし、
「情報の漏洩」の危険性が高すぎで使えるわけがない。
中国絡みのコンテンツに(必要があればだが)、自分の「アドレス」やら
「カード番号」をタイプするのはまさしく自殺行為に等しいと断言するね。

なにが世界第2位の経済大国とか、思ってもないこと口にして持ち上げてんだよ。
日頃、日本を毛嫌いしている奴等が、へらへらと日本を持ち上げて
擦り寄ってくるなんて、ロクなこと考えていない証拠。
何、企んでだろうな。
まぁ、たぶん成功しないだろう。
中国の陰湿さは、左翼に支配されてしまっているバカなマスコミが、
いくら頑張って持ち上げても、国民はそれをよく分かってるからね。
今の中国は少しも信用できないね、人も技術も製品も。
日本からは金を搾り取って、毒を喰わせとけばいいって思ってる国だからな。

過程を楽しむ

現在、E8400をリテールファンのままで3.6GHzで常用しているが、
CPU-FANがうるさい気がしたし、夏場、どう温度が転がるか
分からないので、音が静かで冷却性能が良いと評判の
ANDY SAMURAI MASTER (SCASM-1000)に交換することにした。
ついでにZALMAN ZM-STG1 (スーパーサーマルグリス)という
シリコングリスも購入。
これで、冷却関係は夏場でも少しは安心できるだろう。
ケースがパッシブダクト付きなんで収まるかどうか、ちょっと心配だが、
まぁ、なんとかするさ。

昨夜、新パソコンの性能テストをやってみた。
まずSuperπだが、104万桁00'13''、419万桁で01'16''という結果。
次に3Dmark06テストを実施してみた。
数値は12,832だったと思うから、まぁまぁの数値じゃないかなと思う。
G92版Geforce8800GTSの実力を垣間見せてもらった気がする。
画像は綺麗だったが、水の中を泳ぐドラゴンがリアル過ぎで
ちょっとキモかったな。
ちなみに会社のPC (Geforce7600GS+E4500-OC2.64GHz)だと
Superπは104万桁00'22''、419万桁で01'57''、
3Dmark06は3000に満たない数値だった。

今回パソコンを組んでみて、俺は基本的にモノ作りが好きなんだなぁと
つくづく自分でそう思った。
PCの自作は本当に久しぶりで、技術の進歩が著しくて、
あらゆるパーツに関して、最初から情報や知識を仕入れなくては
いけなかったが、俺はそういう勉強もとても好きで十分楽しめたし、
製作している最中の緊張感も楽しいし、製作したモノが狙い通りの
品質と性能を発揮してくれた時の達成感も最高だ。
モノ作りは着手から完了まで全ての過程において楽しめるから
面白いんだな。
今、趣味としてやっているウクレレはどうだろう。
上達する過程を俺は楽しめているのだろうか。

そのウクレレに関しては、正月以降、ほとんど練習すらしていないぞ。
今日あたりから、あれこれ理屈を考えずとりあえず練習するか。
でなけれゃ、落ちこぼれ確定。。。

迷走するチボリ公園

岡山県には「チボリ公園」という観光施設がある。
そのチボリ公園存続方法について役員会で揉めている。
チボリ公園に関しては、俺が東京に居た頃から、
「あんな箱物造って、絶対赤字になる。」
「税金の無駄遣い。」
こんな声が故郷の岡山から聞こえていた。
建設について反対した市民も多かったとも聞いたが、
県が強引に事業を推し進めたんだ。
しかし、結果は予想通りの大赤字。
本家、デンマークのチボリ社から、公園の運営についての要求があり、
設備投資をしなければ「チボリ」の名前を使ってくれるなと言われ、
しかしその要求に答える資金もなく、運営は行き詰まっている状態。

それに加え、なんと強引に建設を進めた県が、もうお金出さないから、
後は勝手にやってよと知事が突然言い出したもんだから、
関係者は怒り心頭ってのが今の現状だ。
「県は面倒見切れないんで、倉敷にあるんだから、
倉敷市さん、面倒みてよ。」って、知事自ら、
倉敷市長に頼みに行ったのもおかしな話だし、
当然、倉敷市は断ったんだけど、
随分、厚顔無恥な態度だと誰しもが思っただろうよ。

どうしようもなく赤字になったところで、突き放すこの無責任な態度を
示したのにも関わらず、しかも、それじゃどうするかっていうところで、
チボリジャパンの社長が出した明石や大阪や広島にあるような
アウトレットモールを造り、集客を図るという案に対して、
地主のクラボウとの土地利用契約趣旨に反するからダメと言う。

しかし、よくこんな発言ができるもんだ。
人が来ないから赤字になるのであって、それは今までのやり方、
方針を変えなければ解決しないことは明白なんだよね。
それにはもう、「チボリ」の名前を捨てる潔よい決断こそ求められるもので、
誰しもがそう考えるだろうし、実際チボリジャパンの社長もそう考えて
この案を出してきたんだと思うのだが、それを土地契約の条件があるから
ダメだと撥ねつける前に、強引にこのチボリ建設を推した県が中心になって、
地主のクラボウと話をつける努力をするとか、そういう話になるのが
本筋じゃないの?
明らかに赤字となることが予想された箱モノを税金を使って造っておいて、
どうしようもならなくなると、もうやめるんで後はよろしくという態度を
示しておきながら、運営している人たちがなんとかしようとするとケチつけ、
足を引っ張る。

反対意見を言うなら、当然対案を出すべきで、
そういうことを練るのが会議をする意味だろう。
しかも現状、県側は、チボリに対する責任を投げ出した状況においては、
意見を言う資格すらないはずで、建て直し案の実現に向けて、
何も言わず協力するのが筋だろうと思うけどな。

しかし、お役所というのはつくづく怖いと思うな。
梯子をかけて登らせておいて、都合が悪くなるとさっさと梯子を外す。
登ってしまった人間のことなど、どうでもよいに違いない。
税金の無駄遣いをこれ以上続けられないという理由なら、
多くの市民が予想した、必ず赤字になるから止めろという声を
どうして建設前に聞き入れなかったのか、そこをきちんと釈明しないと、
無責任にいまさら放り出されても、県民は納得できないだろう。

なぜチボリがこうなったのか、誰が県民に対して責任を取るべきなのか。
辞表が一通必要なんじゃないのか。
もちろん、チボリジャパンの社長のものじゃないことは確かだろうな。

ついにE8400に換装。

E8400a

先週土曜日、朝から広島へ出張。
会議、懇親会をこなしそのまま広島へ一泊。
明けて01/20、生憎の雨。かなり寒い。
しかしいよいよ新CPU発売日だ。
ホテルで朝食を摂りながら広島市内のPCSHOPを検索。
ドスパラ広島店に行ってみることにした。
お店の前に20分前に到着。
11時開店らしい。
ふと辺りを見廻すとすぐ近くにパソコン工房があるのを発見。
ちょっと行ってみる。
PCkoubo

お店の前には新CPU発売の看板がドンと出してある。
ドスパラは何も看板も出していなかったので、
確実に買える方を選ぼうと、パソコン工房の前に並んだ。
俺の前に1人。俺は2番手というわけだ。
11時近くになると、それでも10人程度は並んでいただろうか。
開店前になるとホッカイロを店員が配ってくれた。
E8400はどのくらいあります?と声をかけたら
6~7箱ぐらいとの答だった。
以前、アプライド岡山店で各店舗2箱程度と聞いていたので、
地方にしては多い方なのかもしれない。
やがて開店。前の人に続いてレジ横に積んである
新CPU目掛けて一直線。
箱を手にしてすぐレジへ。
前の人がカード清算しているので、ちょっとレジが止まっていた。
この間に、もう一人の店員に俺が手にしている箱は
E8400かどうか訊ねてみるとE8200という返事。
E8400はこっちですとすぐ店員が取ってくれたから
良かったものの、あぶねぇ、あぶねぇ。

店が狭くて1人ずつって感じだったので良かったが、
大きい店舗なら、みんなお目当てのモノをまず手にして、
それからレジに並ぶはずだから、間違ったものを手にした
時点でアウトだったな。
オマケに非売品と書いてあるインテルのUSBカードリーダーをくれた。

さてお目当てのE8400を手に入れたので、ちょっと店内を見て廻った。
狭い店内だがなかなか品揃えは良い感じ。
新発売のGforce8800GTSなど、岡山だと至極当然の如く
置いてないが、こっちは普通に何種類か置いてあった。

10:10ぐらいにはE8400は売り切れたと思う。
某掲示板に書かれていたが、まさしく瞬殺状態だった。

その後、もう広島に用事は無いのでさっさと帰宅。
新幹線で岡山に着く頃にはみぞれ模様になり、
その後電車を乗り換え、自宅のあるわが街に着く頃には雪になった。
帰宅したのは午後2時頃。
ウクレレレッスンのある日だが、この雪模様ではちょっと
行く気になれずお休みすることにして、
夕方から早速、自宅PCのCPUを新CPUに換装する作業を開始。
今回は本番なので、ケース付属の温度センサーも
きっちりCPU付近に取り付ける。

組立て後起動。
反応は早い。マザボのBIOS更新用に取り付けたE2140とは全然違う。
とりあえず、3.0Ghzから3.6GHz程度にプチオーバークロック。
サクサク感は素晴らしい。
リテールファンのままだが、いいのかな。
ちなみにCPU温度はPCWizard2008によると26℃。
ケース付属の温度センーによると33℃となっている。
ちょっとCPUFANの音がE2140用に比べて五月蝿い気がする。
しかし、ついに昨年末より構想を練った自宅PCが完成したんだ。
今後、CPUクーラーを取替え、もう少しオーバークロック
してみようと思っているが、急ぎはしない。
なんだか肩の荷がおりたみたい。
満足、ご満悦の俺がいる。

セカンドマシンは必要か

自宅のパソコンのCPUを新CPUを載せ換えたら、
今使っているCPUのE2140をどうしようか。
当初、セカンドマシンに転用とか考えていたが、
そもそもセカンドマシンなど必要なものなのか。

考え方は人それぞれだから、正解は無い類の疑問だろうが、
俺の使い方を冷静に考えると、たぶんセカンドマシンなど必要ない。
しかし、キューブ型のパソコンを作ってみたいという
欲望が沸々と沸いてくる。

自宅で無線LANを組んで、5インチベイに液晶画面を取付けて、
持ち運びができ、家中どこでも持っていけて気軽に使える
キューブパソコンを作れば結構面白そうだなんて、
ふと考えてしまっている。
考え出すともう止まらない。
どんなケースがあるのか、どんなパーツがあるのか、
調べ始めている。
しばらくして、俺が考えるキューブ型バソコンにぴったりの
ケースも液晶画面も見つかった。
後はどんなマザーボード載っけようか、熱の対策上、
ビデオカードはどんなものが良いかなど、スペックを自問自答しながら
あれこれ考える。
大体のスペックが固まったところで、ふと我に返る。

「妄想のみに留めるべし!」と、冷静な心が俺を掣肘する。
そうなんだ、あれこれ考えている時が一番楽しいのは、
今回のPC作りでも実感したことだ。
きっと作ってしまったら、もともとセカンドマシンの必要性を感じて
いないのであるから、持て余すに決まってる。

そうだ、余ったCPUの存在が、セカンドマシンを作ろうと考えてしまう元凶なんだ。
こんなもんヤフオクで売ってしまおう。
どうやらこれが一番良い選択らしい。。

休憩時間にOCしてみた。

OC=オーバークロック (Over clocking) とは、デジタル回路を
定格を上回るクロック周波数で動作させる行為のことで、
ギガバイトの「Easy tune5Pro」というソフトを使って、
先日組んだ会社のパソコン(E4500(2.2GHz)使用)のプチOCに挑戦してみた。
とりあえず15%アップの2.53GHzで何ら不具合なく動作中。
しばらくこれで使ってみる予定。
OC

スーパーPAIっていうのをやってみた。
104万桁を23秒という結果。
(これが速いのか遅いのかよく分からないけど・・)

ネットには色々な情報がある。
俺の購入したGIGABYTE製のマザーボードに関係したことでも、
Easy tune5なるソフトは、コアの内、一つだけ100%になる
不具合が出る可能性があるから削除した方がいいだとか、
@BIOSを使ってBIOS更新して失敗したとか、
オウルテックのM12系の電源はP35のマザボと相性が合わない..etc
しかし、俺は今述べた、不具合が報告されているパーツやソフトを使ったが、
何一つ不具合は生じていない。

自作ってのはこんなもの。
当人の運次第。
たぶん、俺は日頃の行いが良いに違いない。(喜)

自宅用のパソコンを組んでみた。

新年最初の連休。
生憎、土曜日の昼より片頭痛が襲ってきた。
なんとか定時まで仕事して帰宅して夕食後寝込む。
翌日、なんとか復活。
天気が悪いと聞いていたので、出掛けることはせず、
マザーボードのBIOS更新用にツクモで通販購入した、
「Pentium Dual-Core E2140 BOX」が届いていたので、
いよいよパソコンを組むことにした。

PCケースとして使用した3R SYSTEMのR110はなかなか良い。
まず配線が簡単。そしてHDD冷却用のヒートシンクを
搭載した3.5インチベイはなかなかGood。
HDDの固定方法も独特だが、ケースを寝かせた状態で
取り付ければ安全、簡単。
また、5インチベイにはカバーが取り付けられているので
どんな色のDVDドライブも取り付け可能。
ボタンの位置が合わないなどの書き込みも見たが、
基本的に、DVDドライブをこのカバーにベタッとつけると
ボタンが押せない。
DVDドライブをちょっと引かせて取り付けると上手くいく。

フロントファンの部分と、そしてサイドパネルの
パッシブダクトにもダストフィルターを装備してあるが、
パッシブダクト下の通気口には何も無し。
ここから埃が入るんですが・・・・。

マザーボードにCPU、メモリー、などを取り付けて
ケースに電源を取り付けたら、マザーボードをケースに
取り付け。その後、DVDドライブやらHDDやら、
今回のパソコンの目玉パーツの一つ、Geforce8800GTSを
取り付けて、配線を済まし、パーツの組立ては2時間程度で完了。

自作には、自分が作業をミスしなくても、ハードの初期不良やら、
部品同士が相性が合わなく動かないという、信じられない現実があるが、
今回は運良くそういうこともなく、また配線ミスも無かったらしく、
一発で起動したのでひと安心。
フロントバネルの液晶もきちんと作動している。
今回も俺は運が良かった。
もし初期不良やら相性問題など発生したら、経験が少ない俺は、
そう結論付けるには、経験も検査機器も無いので苦労しただろう。

WindowsXPをインスコして、その後セキュリティソフトなど
あれこれソフトを入れてとりあえず完了。

組立て完了後の使用感。
まず大変静か。静音電源を使用したこともあるし、
冷却FANも静かでHDDの音が気になるぐらいだ。
反応も早いし、画像も綺麗。
とても満足できるパソコンになった。
これで新CPUに載せ換えたらどれだけ凄いんだろう。
ちょっとワクワクしてきたな。

とりあえず、これでパソコン作りは一段落。
しかし、いつも思うけどパソコン作りは部品の情報を集め、
あれこれ検討している時が一番楽しいんだよな。

水曜どうでしょう

今、ハマっている番組があるんだ。
それは「水曜どうでしょう」っていう岡山では
土曜日の夜、25:00あたりからやっている番組だ。

どんな内容なのかは、公式サイトによると、

『水曜どうでしょう』とは、テレビ朝日系列のローカル局、
北海道テレビ(HTB)が制作している、ローカルバラエティー番組です。
企画担当であり、出演者でもある、鈴井 貴之(通称:ミスター)、
大泉 洋、そしてディレクターである、藤村 忠寿ディレクター、
嬉野雅道ディレクターの男4人が、日本中、世界中を気まま、
わがままに旅する、旅番組(一部料理番組、教養番組、クイズ番組、
つり番組)です。

ということだが、この番組の面白さは大泉洋のリアクションの
面白さや発言の可笑しさに尽きる。
というか、それを楽しむ番組だと思っても差し支えないだろう。
彼はどんな企画なのか知らされず呼び出され、ジャージ姿という
着の身着のままの姿で、サイコロの目によって行き先が決まるという
日本の旅のロケに突然連行されたりする。
番組自体は、ほとんど単なる移動の連続なのだが、
その移動の最中の会話やら出来事が結構笑えるのだ。
それは大泉洋という人間の可笑しさに依存しているのは明らかで、
彼以外の人間では、この番組は成立しなかっただろう。

彼の可笑しさは、下手な芸人が無理やり笑わせてやろうとする
故意の可笑しさではなく、いつもハマってしまう彼が、ハマっているのに
強がってみせたり、なんとかしようとモガいている姿がなんとも格好悪くて、
笑っちゃ悪いと思いながらも、笑えてしまうところにある。

この隠れた名番組「水曜どうでしょう」は、残念ながらすでに終了しているが、
しかし現在、この番組の人気が出始め、日本国中の放送局で再放送が
始まっている。

大泉洋はいまやメジャーな役者さんになりつつあるから、
サイコロで日本を移動するような旅はスケジュール的にも無理だろうから、
新シリーズは無理なんだろうな。

この番組は決してゴールデンタイムにやるべき番組じゃない。
深夜にコソっと観るから余計に面白いんだ。
さりげないことを、何気なく面白いっていうのが、
この番組のいいところだし、持ち味だと思うんだよな。

自宅用PCを組むことにした。

昨年、ちょっと久しぶりに会社のパソコンを自作して以来、
自作が面白くなってしまい、スペックが古くなった自宅用の
パソコンも組んでみることにした。
現在のスペックはFSB 533MHz対応 Pen4 2.53GHzという代物で、
もはや今時のマザーボードでは対応しないものも多い。
ビデオカードも今や懐かしいGeforce Ti4200で、
メモリも512MBしかない。
これでネットゲームやら、エンコードやら色々してきたが、
まぁ、ちょっと遅いかなとは思っていたが、それほど気にもならなかった。
しかし、Core2DuoE4500、メモリ2G、VGAにGeforce7600GSという、
今現在では在り来たりの構成で組んだ会社のパソコンの反応スピードでさえ、
かなり速いと実感してしまい、自宅のパソコンの反応スピードにストレスを
感じるようになってしまった。

ということで、オークションやら、パソコンSHOPの通販の
年末売り出し特価価格を利用してパーツを集めた。
ケースはデザイン性とエアフローが良さげなとこが気に入って、
3RSystemのR110をオークションで安価にて出品されていたのを購入。
マザーボードはGigabyteのGA-P35-DSR4(rev.2.1)。
これはSofmapが年末特価で売り出したものだが、
なぜか18,780円と20,000円近くするものと2つの値段があり、
当初、18,780円の安い方は新しくrev.2.1が発売されたので、
rev.2.0を安く売っているのだろうと誰しも思っていた。
ところが、安い方を買った人間からrev.2.1だったという書き込みがあり、
その後、俺は2.0だったとか、2.1だったとか、つまりどっちが
来るかよく分からない状態で、色々と意見が飛び交っていたが、
もしrev.2.1なら本当にお買い得。俺はそう思って注文してみた。
Sofmapは対応が早い。注文した翌日の夜には商品が届いた。
で、ドキドキしながら商品の確認。
『GA-P35-DSR4(rev.2.1)』と書いてある!思わずガッツポーズ。
その後ビデオカードであれこれ悩んだが、ええぃもうどうせ買うならと
勢いで新発売のTwintech製Geforce8800GTSをポチッてしまった。
(これは今でも衝動買いしたなぁと反省している。。)
メモリはUMAX-2G・2枚挿しでデュアルチャンネルで使用予定。
電源はオウルテック S12 ENERGY+ SS-650HT。
ここまで揃えて、後はインテルの新CPUウルフディールの発売待ちの
状態にまで持ってきた。

なんとか買い物も済んで冷静になったところでハタと気が付いた。
GigabyteのGA-P35-DSR4(rev.2.1)は新CPUに対して、BIOSのVerUPで
対応するとのことだが、俺はどうやってBIOSの更新をするんだ?
更新するにはとりあえずネットでBIOSがダウンロードできる状況に
なければならない。
つまり購入したマザーボードを使用してパソコンが稼動している
状態でなければならない。
しかし、今使用しているCPUを使って組もうにも古くて使えない。
ASUSのマザーならCPUを搭載せずしてBIOを更新できる機能があるが、
GIGABYTEにはない。
フロッピーを使用してBIOSの更新をする方法もあるかもしれないが、
できるかどうかも分からないし、方法もよくわからない。
結果的に方法はただ一つ。
とりあえず適合するCPUを購入してきて搭載してパソコンを組み上げ、
BIOSの更新をしてから新CPUに載せ換える方法だ。

と脳内で結論が出てから、「はぁ~」と思わずため息が出た。
明らかに余分な出費だ。事前によく考えなかったツケだ。
しかし、そうしないといままでの投資が無駄になるので、
とりあえず、搭載するCPUは何がいいか考えてみた。
できるだけ安くて、将来、セカンドマシンに利用できて、
オーバークロックの研究にも利用できるCPUという線で、
Pentium Dual-Core E2140 を購入することにした。

「兵は巧緻よりも拙速を尊ぶ」と、かの孫子は宣もうたが、
今回はあまりに拙速過ぎたようだな。
「今回も俺のKO負け、See you Next Fight!」

福岡幼児3人死亡事故

業務上過失致死傷罪の併合罪の最高刑にあたる
懲役7年6月の判決が出たわけだが、
これは絶対におかしい。
「故意犯」ではなく「過失犯」として認定されたとのことだが、
元福岡市職員今林大(ふとし)(23)という小僧が、
事故後救出活動もせず逃走し、幼児を3人を殺した挙句、
あまつさえ、飲酒の事実を隠そうと1リットルの水を飲み
ごまかそうとしたことなど、およそ単なる過失とは思えない
行動に対して、どういう捉え方をしているのだろう。
こんなことでは、ナイフやら拳銃やらで相手を殺すより、
相手を轢き殺して「脇見運転してました。」と言い張れば、
殺人罪でなく、業務上過失致死傷罪ですんでしまうことになる。

前途ある子供を3人も殺しておいて、たったの懲役7年6月。
ご両親のご無念はいかばかりなものか、察するに余りある。
罪を問う視点がズレてるんじゃないの?

山口母子殺人事件といい、今回の事件といい、
法とは誰の為にあるのか! と叫びたくなる。
少なくとも被害者の方が泣くような判決しか出来ないなら、
明らかに法がおかしいし、現状は加害者を守るために
法が存在するように思えてならない。

日本は法治国家を名乗ってるわりには、理不尽と感じる判決が多い。
逆に、迅速に公開処刑を行う中国の方がよほどすっきりする。
なんだか理屈をこねすぎて本質を見失ってしまっているのが、
日本の司法制度のような気がしてならないんだな。

現在の犯罪を裁くに、現在の法では対応できなくなっているのは明白で、
そういう法律は見直しを早急にするべきだが、
ともあれ、自分の子供や妻が殺され、ほとんど罪に問われない判決しか
出せず、被害者が泣き続ける司法などあっていいものか!
そういう理不尽なのは許せねぇんだ、俺は。

アロハチャンネル(久々)

先週、久々にアロハチャンネルを観た。
いつも気に掛けているのに、ハッと気がつくと23:30とかで、
見逃してしまっていた。
今回はテレビに「アロハチャンネル」と付箋を貼って、
忘れないようにして観たんだ。

今週のゲストロコは、ブランドショップ勤務の「Amy Luu」ちゃん。
ちょっと東南アジア系の顔つきだけど、なかなか愛嬌のある娘だ。
紹介してくれたお店もリーズナブルなお店で親しみが持てた。
そして、この番組の大きな楽しみであるジェイク・シマブクロの
ワンポイントライブ。
今回はどっかのスーパーマーケットっぽい場所での演奏だ。
曲は彼のアルバムタイトルにもなっている「In My Life」。
相変わらずいい音だすよ。特に高音の響きがいいんだよなぁ。
この後、美人パーソナリティ・慶さんのラーメン屋探訪となった。
ラーメンはあまり好きじゃないので、ラーメンそのものよりも、
結構、色んなところで日本人が頑張っているんだなぁと、
そっちの方に思いが飛んでしまった。

あっと言う間の24分。
もう終わりかって感じで今回の放送も終了した。
ハワイの海は、暖かそうな風とともに、美しい青い色で満たされ、
いつ見ても心が癒される。
見てるだけじゃなくて、あの心地よい暖かな風を全身で感じたい。
なんて、少し郷愁に似たような、ハワイへの想いが募ったね。

そう言えば確か、視聴者の要望が多くて半年という制約で
このアロハチャンネルは復活したんだった。
ということは4月までってこと。
う~ん、こんな素敵な番組は潰してはいけないよな。
在り来たりのハワイを紹介する番組はどれもこれも芸能人と
芸人を使った、ブランド品漁りとバカやってる番組ばかり。
もうそんなのうんざりだよ。
その点、このアロハチャンネルはロコの視点でハワイの素顔を
紹介してくれるとても爽やかな番組だ。
そして何より、俺はまだ慶さんに要望しているセニーザとか
色んなウクレレ工房の紹介をして貰ってないぞ。
ラーメン屋よりこっちをやって欲しいぞ。
ってことで、ウクレレ工房を紹介して頂けるその日まで、
俺は番組の再延長の要望メールを今回もBS日テレに送るんだ。
頑張れ、「アロハチャンネル」、そしてこれからもよろしく。

ウクレレ教室 48回目(たぶん)

昨日、新年最初のレッスン。
新年早々にも関わらず、全員揃ってのレッスンとなった。
みんな元気そうでなにより。
今年もみんな燃えているようだ。

さて、レッスンはハワイアンを2曲。
「アロハ・オエ」と「カイマナヒラ」だ。
簡単そうでテンポが難しい。
まずテンポを完璧に覚えて弾く練習。
それが出来始めたら綺麗に弾く練習。
そしてアレンジの練習という具合に進めるつもりらしい。

いままで俺はわりと感覚的に弾いていたが、
今年はテンポを大切に弾く練習をしたいと思う。
俺が色んな曲をゆっくり弾くと上手く弾けないのは、
テンポが身についていないからだろう。
メトロ・ノームを使用して弾く練習をすべきだろうな。
というか、いままでそれをほとんどしなかったという事実の方が、
音楽をやっている人には信じ難いことなのかもしれない。
テンポを大切にして綺麗に弾く練習をするという
今年の課題が早々に見つかったな。頑張っていこうか。

とは言うものの、昨日のレッスンはなんだかボルテージが
揚がらなかったなぁ。
ちょっと疲れていたんだろうか。。
それに今は自宅用のパソコンを組むことに夢中で、
興味がそっちにいっちゃってるのも原因だろうなぁ。
ウクレレに対する情熱を燃やすために、新たな燃料が必要だな。
今はウクレレ本体に対する興味は薄れてきたし、、
演奏に対しても昨年の発表会で一区切り着いた感じがしてるし、
正直、ちょっとウクレレ倦怠期気味なんだよな。
でも誰にだってそんな時期もあるだろう。
いままで突っ走りすぎたのかもしれないから、
スピード落として、ちょっとゆっくり走って、
流れ行く周りの景色を楽しもうっていう気分になっても、
不思議じゃない。
そのうち、またアクセル踏むさ。

お正月と仕事始め

お正月は例の停電ハブニングの他は何事もなく
穏やかに過ごした。
2日に岡山市内に新年の買い物に出かけた。
当日は朝10時頃に家を出たのだが、吉備高原都市へ行く道路が
一部凍結していて、セドリックがいきなり滑って大破していた
現場に出くわした。救急車が来ていたが警察は到着しておらず、
事故発生後あまり時間は経っていなかったのだろう。
新年早々気の毒に・・と思いながら、岡山に向かった。
岡山に着くと丁度お昼時だったので、とりあえず
「じゃんがらラーメン」というラーメン屋で昼食を摂った。
味は俺的には今一歩って感じだった。
その後、妻が好きな「マライカ」というアジアンSHOPと、
俺が愛用の服飾ブランド「AdolfoDominguez」の福袋をGET!
そしてビックカメラやアプライドでパソコンのパーツを
物色したが結局何も買わず帰宅。
帰宅ついでに地元の氏神さまの神社に初詣。
御神籤を引くと俺は「中吉」、妻は「大吉」。
昨年は二人とも籤がよくなかったのでちょっと嬉しい。
そして、3日はのんびり家で過ごし、昨日の01/04、
地元の商工会議所の新年互例会に参加。
そして01/05の今日、我が社の新年互例会を開催し、
その後すぐに得意先に挨拶廻りを行った。
もうお正月気分などすっかり抜けて、いよいよ
2008年が本格的にスタートしたわけだ。

明日は新年早々ウクレレのレッスンらしい。
ウクレレについても、新たな気持ちで頑張って、
今年の年末位には、自分なりに上手くなったなぁと
実感できる程度には上達したいものだ。

さてこのブログも、できるだけウクレレの話題を中心に、
自分の身の回りのことや、世間の出来事を毒舌を吐きながら、
思いつくままに綴っていきたいと思っていますので、
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

あけましておめでとうございます。

新年を迎え、お慶び申し上げます。

紅白の結果を見ずに、近所のお寺に初詣に行き
除夜の鐘をついてきた。
とても寒くて道路や寺の石段が凍っていて
歩くのが危険だった。
帰宅してのんびりしていると、突如停電に。
我が家は全て電気に依存しているので、
風呂にも入れず、暖を取ることもできない。
蝋燭灯して、家のブレーカーを点検するが、
どこも落ちていない。
小雪が舞う中、懐中電灯片手に屋外の電気メーター横の
大元のブレーカーを点検するとそこが落ちていた。
新年明けて1時間半でこんな調子じゃ、これから先思いやられる・・・・。
なんとなく鬱。
とりあえず風呂入ってもう寝よう。

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード