FC2ブログ

秋の税制改革論議

今日、日経に掲載されていた{秋の税制改革論議」の主な項目

消費税 - 5パーセント引き上げ
所得税 - 給与所得控除などの見直し
法人税 - 消費税を上げるかわりの実効税率の引き下げ

どれだけ庶民への増税を目論んでたんだ?
これ以上、個人から金をむしり取ろうというのか!
歳出削減の検討も全然しないで増税だけの論議に
国民は今回の選挙でNo!を突きつけたはずなのに!
どれだけ霞ヶ関の言いなりになってんだよ。
だから安倍さん、あんたはおぼっちゃまクンだの
KY(空気読めない)くんだの言われるんだよ・・。

とみんながこう言ってることすら気が付かないんだよなぁ、このタイプの人は・・。
スポンサーサイト



参院選自民惨敗

惨敗したのは年金の問題と閣僚の相次ぐ失言によるもの。
事の奥底にあるものを見過ごして敗戦理由を単純にこう片付けてしまったら、
自民党は衆議院の選挙でも惨敗し、与党の座を追われるだろう。
自民党の推し進めてきた政策は都会に標準を当てたもので、
地方を簡単に切り捨てた。
俺が以前から言ってるように田舎で家を買ったり、
新車をポンと買うことができるのは公務員だけだ。
土曜日の子供の野球やサッカーの試合を観戦できるのも公務員だけ。
なぜなら地方と都会では当然給与や待遇にかなりの格差があり、
地方には地方の生活レベルが存在するのに、公務員だけは都会と同等の
待遇と給与をもらい、きっちりボーナスまで出てウハウハの生活ぶり。
田舎の産業と言えば建設業や林業、鉱山業、農業、漁業であり、
こういう生業しか成立し得ない状況なのに、どれをとっても斜陽産業、
景気のいい会社は存在しない。
当然、給与も低いしボーナスが出ない企業も多い。
田舎の人たちは苦しい家計をやり繰りしながら公務員の優遇ぶりに
実はとても怒りを覚えている。

こうした状況下において自分たちの苦しい生活の中から搾取された税金を
役人が不正に湯水のように使い、何一つきちんと是正されないことに対して
怒りを覚えていた矢先に住民税の増税。
そして秋には年金の基礎財源が無いので消費税の増税も有得ると聞こえてくる。
年金の基礎財源が足りなくなったのは役人が使い込んだからであって、
役人へまずそれを補填させるべきなのに、真面目に生活している自分達が
なぜその尻拭いをしなければならないのか、もし実行された場合、
これではいまでもギリギリの生活を強いられている田舎の家庭の生活は破錠する。
こうした地方切捨て、公務員優遇などの状況を何ら解決しようとしないのに、
選挙になると田舎の土建業者に票をまとめてくれだの、演説会に何人集めろだの
指示が飛ぶ。本人は日頃ほとんど地元に顔すら見せず、選挙の時だけ
皆さんのために一生懸命やっていると言い放つ。
何をしているのか知らないが説得力ゼロ。
集会など、面倒だし迷惑と思いながらも、田舎なので
他人の目が気になって集まるわけで、
当然そうした集会や演説会をいくらやっても票に結びつくことはない。
都合のいいときだけいい顔してあまり田舎の人間をバカにしないことだ。
このような数々の怒りが今回の選挙にぶつけられたのは明白だ。

自民党は実は田舎の実態を全然知らない、というか感心がないと感じられる。
改革だ自由競争だとその路線を突き進むのはよいけれど、田舎と都会では
勝負する土台ですら差異があるのだから、田舎のことも考えているなら
田舎に何かしらのハンデをつける必要があったのではないか。
これだけインターネットが普及し情報社会になった今、
田舎でも色んな情報が入ってくる。
選挙活動のあり方も、選挙の時だけ都合よく土建業者に頼る選挙、
組織票をアテにすることは困難な時代になったということに気づいて、
有権者ひとりひとりに対して政策で勝負するような選挙戦を展開しないと、
もう組織票をアテにしてもトップの言うことを下が素直に聞く時代でもない。

自民党は立ち直るべきだ。そして公明さの為に戦う政党に変貌すべきだ。
既得権にしがみつく役人、労働組合、族議員たちとあくまで戦い、
その既得権をぶっ壊し、無駄な税金の使い方をひとつひとつ是正して
国民から搾り取らなくても国が立ち行くように不断の努力をすべきだ。

その既得権を持った人たちの謀略と後押しにより今回大勝利となった民主党では
決してその既得権はぶっ壊せない。必ず税金の無駄遣いは続いていく。
地方の心を取り戻したいなら、まず戦い抜いてその姿勢を見せてくれたら、
律儀な田舎者たちの心はまた自民党に戻ってくるだろう。
優遇されすぎている公務員の減給、特殊法人の全廃、
特別会計の廃止、天下りの完全排除、
これだけ実施してもどれだけお金が浮くと思いますか?
先日の人事院の公務員の給与の引き上げ勧告についても、
国が大借金しているのに引き上げる必要ありますか?
というよりできる状況なんですか?どこからその財源をもってくるんですか?
こういう役人たちの感覚のズレも是正しないといけないし、
そもそも自分達も事務所の経費ぐらい1円単位で公表しろよ。
それぐらいできないでどうするの?

自分たちの目が誰に向けられているか、いつも意識して政治をやってくれ。
ちゃんと国民を見ていますか? 
独立した日本であり続けるために努力していますか?
とりあえずこの2点を忘れなければ自民党はきっと立ち直れるはずだ。

カマカのご帰還

昨年、初めてハワイでウクレレに出会ってすっかり虜になってしまい、
米のオークションで手に入れたカマカ・パイナップルブルーラベル。
いわゆるヴィンテージ・カマカと呼ばれる年代物だ。
kamakaPINoldblue

手に入れてすぐリフィニッシュしようと、京都のUなる某有名ビルダーに預けたが、
この京都のおっさん、ウクレレはどうですか?などと訊ねるたびに
気候がどうだの、京大の先生と木の修復について研究中だの、のらりくらりと
一年近く俺のカマカを放置しておいた挙句、通算3通目の修理確認の
メールに対してとうとう期限を切った仕事はできないから
返すわなどと言い出す始末。
出来ないなら出来ないと最初からはっきり言えばいいのに、
こっちも頭にきたけど最初に頼んだのはこっちなので、ここは大人の対応を
しようと穏便にウクレレ発表会の折にウクレレの展示をするので
一旦返却して欲しいとメールを送り、なんとか取り返した。
その時も『体調が・・入院か??』などとワケが分からないメールとともに
自分の作品のウクレレも弾いてみてくれと俺のウクレレと共に1本のウクレレを
送ってきたけど、ウクレレ展示会ということで自分のウクレレ宣伝の
いいチャンスとばかりに商売っ気を出したものであると思われ、
俺のウクレレは一年ほども放置しておいたくせに、
いざ自分のウクレレのこととなると、その対応の素早さが
あまりに露骨でありすぎ、もう完全に呆れ果て速攻で送り返した。
ちなみにその後もHPではしっかり新作のウクレレを次々と更新していた。
入院するんじゃなかったの??(笑) 
俺はね、このウクレレがとても大切なのできちんと修理していただきたい一心で、
敬意を表してわざわざ京都まで自身楽器を抱いて出向き丁重に
お願い申し上げるまで礼を尽くしたのに、結局修理するでもなく、
何の連絡も寄こさず1年近くも放置し、最後には逆ギレした非礼に対して、
いまでも考えると腹が立ってくる。
暑中見舞いも年賀状も全て無視、まぁそういう人なんだろう。

さてその後どうしようかと思案したが、今回の失敗も含めやはり作られた所へ
修理を依頼するのが一番確実だと思いつき、このウクレレが作られた
ハワイのカマカへメールで修理ができるかどうか問い合わせたところ、
可能だとの返事をいただいたのですぐにハワイへ送ったんだ。
としばらくすると思いがけずハワイから電話をかけてきてくれて
修理について説明をしてくれた。
修理代金は100ドル。塗装のやり直しも含めてだから安いと思う。
京都のおっさんの預かっても放置して1回も自分から連絡すら寄こさなかった
いい加減な対応とは大違い。

このカマカウクレレは1920年~1930年の間に作られたものと思われるので、
人間の年齢だと大体90歳前後なんだが、
その後カマカから仕上げについての質問が来て、
今回このウクレレを作った初代サミュエル・カマカ氏の曾孫の
ダスティン・カマカ氏がリペアを担当してくれていた事が判明した。
曽祖父の作品を曾孫が修理する。
わがウクレレもこの奇なる縁を喜んだのではなかろうか。
やがて修理完了したので送りますとのメールが届き、
先日の「日通事件」を経て、京都に預けてから約1年、
紆余曲折あったけどやっと我が家に落ち着いた次第。

このウクレレは決して鑑賞用ではなく、ダスティン・カマカがちゃんと
演奏できるものに仕上てくれましたよ。
しかもサービスでカマカ弦を張りなおしてもくれたんだ。
さすがによく乾燥しているので軽い、軽い。
弾くとホディ全体が振動しよく響き、カラッとした味わい深い音がします。
しかし、もともとカマカの歴史の一部を所有したいために手に入れた
ウクレレなのだからむやみやたらと弾くことはせず、
我が家の家宝の一品として扱い大切にしていきたいと思っています。

毎日、このウクレレを眺めてます。
それだけで嬉しいんです。

『わっかるかなぁ~、わかんねぇだろうなぁ~。』
titose.jpg


<オマケ>
複数の某楽器店のHPに
「現在カマカではオータサンモデルとHF-1Dのトラ目が美しい高級なコア材を
 使ったウクレレはその高級コア材が入手困難で作るのをやめています。」
と書かれてあった。
つまり在庫品は貴重ですので、今買っておかないと・・
みたいなことを言いたいのだろうが、
カマカ社は現在、先日募集したジェイクシマブクロの
シグネィチャーモデル100本の製作に全社をあげて取り掛かっており、
それに手一杯で通常モデル以外のオータサンモデルのような
手のかかるウクレレを作る暇がないというのが
俺がカマカとメールをやり取りした中で掴んだ情報なので、
材料が入らないのが理由で当分オータサンモデル等は
作らないという訳でもないんじゃないかと思う。
生産ラインの問題なのかもしれない。
楽器店の情報は例えばロ・プリンジ氏が引退しただの、
たまに、あやふやな情報をそのまま乗っけてる場合があるよ。
俺はウクレレで気になったことは直接工房へメール等で問い合せてますから、
たまに覗いてみてください。
今後調査しようと思っているのは、サニーD氏が引退し、サニーDのブランドを
わが敬愛するセニーザさんが引き継いでいるのではないかということです。
貝による装飾はせず全て木で装飾を行うなど、バインディングの工法や
仕上げが同じなのでサニーDとセニーザはたぶん同じ技術グループだと思われ、
昨年、俺がハワイの楽器店から聞いた昨年末でサニーさんが引退する話と、
最近のサニーDのウクレレは以前と違って造りに粗雑さがなくなっている事などを
あわせて考えるとその可能性が十分にあると思っているからです。

俺はウクレレ評論家か???(笑)

それでも民主党ですか?

バッシングされている安倍首相。
しかし、俺はよくやっていると思うよ。

安倍内閣、約10ヶ月間の実績(抜粋)                           Ver.0707
----------------------------------------------------
*北朝鮮経済制裁*朝鮮総連圧力  → 実施中 
防衛省昇格           → 済
海洋基本法・集団的自衛権    → 済・研究中
日米豪印4ヶ国同盟・韓国除外  → 実施中
サウジ等中東関係強化・中国サミット正式参加  → 実施中・拒否
宇宙基本法(偵察衛星)       → 準備中
国家安全保障会議(日本版NSC)創設 → 準備中
*国民投票法・憲法改正9条破棄   → 済・準備中
犯罪収益移転防止法(マネーロンダリング) → 済
*教育基本法改正*教員免許更新制度 → 済
*少年法改正厳罰化        → 済
*政治資金法改正(小沢10億円不動産禁止法) → 済 ← New
*社保庁解体(非公務員化)         → 済 ← New
*年金時効撤廃法(時効の貰い損ね救済)   → 済 ← New
*天下り制限・公務員削減・給与削減 → 済・準備中・準備中 ← New
*国立追悼施設阻止・女系皇室典範阻止 → 実施中
「従軍」慰安婦捏造・南京「虐殺」捏造 → 国会で強制否定・未(否定の動きあり)
マスごみ捏造放送対策・朝日捏造対策  → 準備中・提訴中 ← (笑)
*在日参政権阻止*人権擁護法案阻止   → 実施中
サラ金壊滅*パチンコ壊滅・同和利権にメス → ほぼ済・検定規制強化中・実施中
在日朝鮮人資産凍結・在日特権剥奪   → 未

中国・朝鮮・社保庁の犬、小沢自治労・民主党のやってきたこと。
上記の* 印は民主党が反対してきたものです。
------------------------------------------------------
仕事と言えば審議拒否、核開発・ミサイル乱射だろうが、
生活が、第一(笑) ← ポイント

民主党とは日本の為の政党ですか?
それとも中国・北朝鮮の為の政党ですか?
彼らと仲良くしなければならないと民主党は言うけれど、
その仲良くの仕方が日本にとってとんでもないことなんだと
いうことに皆さん、気づいてほしい。
例えば「在日参政権」や「人権擁護法案」。
これがどんなに危険な法案なのか、皆さん一度ネットで調べてみて欲しい。
あえてこの場では言及しませんが、こんな法案の成立を推し進める
小沢民主党には絶対日本は任せられない!

北、首相在任中は日本との対話拒否

笑ってしまった。
ゆすりたかりのチンピラ国家北朝鮮と対話しても日本には何のメリットもない。
そっちから対話拒否してくれるとはありがたいじゃないか。
むしろ困るのは日本からエネルギー支援や食料支援が
欲しくてたまらない北朝鮮のはず。
安倍首相をなんとか引かせて北朝鮮寄りの小沢に政権取って
欲しいだけの見え透いたポーズに過ぎない。
こんな国とまともに対話する方がバカをみるし時間の無駄だな。
拉致被害者家族には悪いけれど、北朝鮮の現政権が
倒れない限り拉致の問題は解決しないだろう。
拉致被害者という人質が米やお金になるんだから、
北朝鮮が日本を脅す唯一の手段をそう簡単に手放すものではない。
これがなくなったらもう日本へミサイル打ち込むしか脅す手はなくなるでしょ。
しかし近海の海に打ち込むぐらいが関の山。
日本の国土に打ち込む勇気はないよな。
もしそれを実行したらどうなるか、それぐらいは理解できているだろう。
当然こんなコケ脅しで支援再開などとは愚の骨頂だろうが、
しかしいよいよ追い詰められた場合、朝鮮総連という反日組織へ指示して
国内テロを実行する可能性を考慮に入れておく必要があるかもしれない。
と、こんなこと俺が心配しなくても当然安倍首相には
織り込み済みのことだろうけどね。

サッカーサウジ戦

いらいらしたなぁ。
日本は全体的にトロすぎる!!
しやらしい、しつこい程のサウジのボールを持った選手に対する
プレッシャーのかけ方は日本も見習った方がいいと思ったが、
試合後の選手のコメントで、
「実力が出せなかった。」というのがあったけど、
「実力がなかった。」の間違いじゃないのか?
なんでペナルティエリア内になってまで無意味にパスすんの??
とりあえずシュートを打たなきゃ試合には勝てないんだよ。
それを分かって行動できたのは中沢ぐらいだろな。。
攻撃陣の不甲斐なさにかなり怒ってたもんな。

腐りきった役人・官僚ども

「約6兆9000億円が年金給付以外に使われていることが
厚生労働省などの集計で分かった。」という記事が出た。

なぜこの時期にこんなことが明るみにでるのか。
なぜあれだけ調査していたのにこの時期なのか。
その理由は明白だ。
参議院選挙で自民党が負けて安倍首相が退陣すれば、
社会保険庁改革は消えるわけで、社会保険庁は自分たちがクビになることを
防ぎたいわけだから、安倍政権にダメージを与えるために、
いかに社保庁がむちゃくちゃかということを、いわば自爆テロ的に
リークしたに相違ない。

天下りの聞き取り調査に官僚のOBを召集しようとしたが、
政府官邸の言うこともきかず無視。

こいつらは日本の国がどうなろうが、国民がどうなろうが、
そういうことには一切興味なく興味あるのは楽して稼ぐためには
どうしたらよいか。たったそれだけ。

こういう奴らに対してきちんとお仕置きしてくれる政党はどこですか?
お仕置きしないといけない団体が支援母体の民主党で本当にいいんですか?

選挙があついです。

暑いですね~、テンプレもクリバン夏Ver.に変更です。

気温も暑いが選挙も熱い。

民主党の支持率が急増しているらしいですが、
小沢代表はテレビで、
「年金は支払っている、支払っていない人に関わらず
 年収600万円以下の人には全て一定額を支給する。」
「バイト料は最低時給1,000円にする。」などと言っていた。

これちょっとおかしいんじゃないか?
まず年金だがこんなことすると払わない人間の方が多くなるよな。
俺だったらもう払わない。
となると基礎財源が無くなるから増税という図式が当然成り立つ。
当然それは消費税ということになるだろう。
自民党の消費税を上げるとはっきり言わないことを攻撃しているけれど、
自分たちだってそうせざるを得なくなるのは明白。
経費を切り詰めて財源を確保する?
少なくとも労働組合を後援母体に持つ民主党ではそれは無理だろう。
そもそも年金とは個人が自分の老後の為に預けるお金だろ。
年収が多い人は高額な年金掛け金を払わされ、自分はそれを受け取れない。
これは民主主義じゃなくて社会主義の思想そのものだろ。
こんな変な社会主義制度を許すぐらいなら、個々で老後の年金を貯めた方がいい。
第一、なんで掛け金を払わない人間の為に俺たちが掛けた年金が使われ
なければならないのか。
俺は別に高額所得者でもないけれど、自由競争社会において努力する人間は
当然高給を得るべきであり、それが自由主義っていうものだと思うし、
しかしそれに関わらず年金については高額所得、低額所得に関わらず
支払った分は公平に支給されるべきだと思うんだ。
そもそも社会保障制度っていうのは全ての市民にあらゆる面で
公平であるべきだと思うけどな。
徴収と支給はどちらも公平に扱われるべきものだ。
当然支払わない者に支給する必要はないと思うよ。

そしてバイト料1,000円?
どう考えたって地方でこのバイト料は高すぎだ。
地方でこんなことしたらバイトで成り立っている会社は潰れてしまう。

小沢さんの言ってることは俺にとっては理不尽なことだらけ。
さすがに連合などの労働組合が後援している民主党だな。
前から言ってるように、社会保険庁の怠慢も社会保険庁の労働組合が、
わけのわからない労働規約を作ったのが原因。
思想と言い、後援団体の構成といい民主党は限りなく社会主義的思想の党だ。
労働組合に恩義がある以上、改革に対する官民の労働組合の抵抗を排除できず、
色んなことが理不尽のまま社会は停滞してしまうだろう。
そして外交においては間違いなく、中国・北朝鮮にお金ばら撒いて
「ごめんなさい外交」を展開するに相違なく、拉致被害は永遠に解決できないだろう。
民主党の躍進を北朝鮮が願っているとも聞く。

「生活が第一」といってる民主党。
しかし言ってることをその背後関係を包括してよくよく考えたら、
本当に俺たちの生活が楽になるのかは限りなく不明であり、不透明、
そして対外的には日本と言う国が自立自尊を捨て去ってしまうと俺には思えるな。

ここはやはり自民党に未来を託すしかないと俺は思っている。
ただ消費税増税だけはやめて欲しい。
その前に特別会計を全て失くして欲しい。
公務員の優遇を是正して欲しい。
官僚をきちんと抑えて法案を骨抜きにしてお茶を濁すことを
やめさせて欲しい。
これらを確実に実行してくれるなら、俺は100%自民党なんだけどな・・。

日通は高い!Part2

結局連絡はなく、いきなり荷物が届いて15,000円程度
支払うことになりました。。

ウクレレを海外へ送るとき、送ってもらうとき、
日通を使うのはやめましょう。
やはり郵便局が安価だと思います。

カマカは日通と提携しているらしいのですが、
なんとか交渉できる人は交渉して郵便局から
送ってもらう方がよいでしょう。
でなければ私のようにとても痛い目に合いますよ。

もう、今回のことで頭にきたのでうちの会社は
日通との取引はやめてやろう!

日通は高い!

昨日、消費税の件でドタバタしていたが、
納得できないけどまぁなんとか決着した。

で、電話で日通さんと話していると
「送料は24kgで18,000円です。」などと言うではないか!!!
日通さんが言うには実際の重さか箱の容積率でどちらか大きい方を
とるということで、その場はなんとなくそういうものかと
つい受話器を置いたのだが、しかしその後俺のウクレレは1kgもないから、
どう考えても理不尽だと思い、再度電話で料金についてクレームを言った。
だって、送るときは郵便局から4,950円だったのに、
同じルートで返ってくるのに何故料金が4倍にもなるのか納得いかないし、
カマカからも送料は1万円弱と電話で聞いていた。
今回俺のウクレレはケース入れて梱包しても3kgにもならないはず。
カマカの梱包が大きいにしても料金が高すぎだ。
相手は再度ハワイの日通に料金を確認したりして、また連絡しますと言う。

日通さん、もうちょっと良心的に商売しようよ。

修理品に消費税?

ハワイのカマカ本社にリフィニッシュに出していた
ビンテージカマカが返ってくる。
現在通関手続き中らしい。
カマカ社が日通さんを利用して送り返してきてくれたけど、
税のことでトラブっている。
ウクレレの価格が不明なので課税額を確定できないらしいのだ。

しかしよく考えてみると修理品を輸入する際に消費税が掛かるのが
そもそもおかしいと思ったので調べてみると、輸入時に個別通関し、
確かに修理品としての再輸入であるという証明をするために
多様な書類を提出しなければならず、その煩雑な手続きに耐えられず、
再度消費税を支払う輸入業者も多いということがわかった。

日通さんによると今回の俺の場合、
まず事前に上記のような修理品としての手続きを取っていないので、
修理費と日本からの送料の合計金額に課税することになるらしい。
なんであちらに送ったときの送料なのかも理解できないが、
日本からカマカに送ったときの送料が明確になる書類はないかとの
問合せがあったので送り状の控えを早速FAXしておいた。

でもこれはやはりちょっとおかしいんじゃないか?
もっと修理の為に海外へ出すものに対する減免措置の手続きを簡素化すべきだし、
俺のように修理品に対しては別途事前に特別な申請をしないと課税されるなどと
知らない人も大勢いるのだから、年金ではないにせよ修理品と明確に判別できれば
税金の減免措置をすべきだと思うけどな。
仕方なく税金払っている業者や個人が実在する以上、
これを問題視してもっと柔軟に簡素に対応できるように
法改正なぞして欲しいものだ。

しかし先日来、税関のミスで余分に課税された時、税金返還の為の書類を
作成しFAXしたりして時間と手間を俺にかけさせたくれたことがあったし、
また他人の書類を郵送したきたのを電話して送料俺もちで送り返したりもした。
しかし、俺は税関に対して一切の文句も言わなかったし、
誠意をもって対応したつもりだ。
他人の書類なんて破棄してもよかったはずなのにだ。

結構、自分らもミスをしてるんだから、国民へも柔軟に対応できる
体制作りを税関ならびに通産省へ強く要望したい。
ウクレレを修理の為に海外発送する人は再輸入の際の課税について
気をつけてください。

しかし今回俺の無知から出たこととは言え、
なんだか罠に嵌ったようで釈然としないな。

ウクレレ教室 34回目(たぶん)

台風一過、とても蒸し暑く時折雨がパラパラ、
でもとてもよいお天気になった連休中日。
岡山市内へ出かけてみた。
久しぶりに昼食は「プチマリエ」という仏料理店へ。
お得なランチを頂いた。
本日のランチはチーズハンバーグ+サーモンのソテー。
一皿に肉料理と魚料理を盛り付け、半分ずつそれぞれのソースを
かけたもの。サーモンにはたぶんオレンジを使ったソース。
ハンバーグには定番のデミグラスソース。
相変わらず旨い。
しかし、小柄で笑顔の素敵な奥様がディナータイムにしか
顔をみせてくれなくなり、お昼はシェフのお母様らしき方と
バイトの女子学生で回しているが、食事を楽しんでいる最中に
テーブルを移ってくれだの俺たちともう一組他のテーブルで食事を
楽しんでいたカップルもそうされ、もう雰囲気ぶち壊し。
接客態度がまるでなってない。
大衆食堂じゃないんだからそこはよく考えるべき。
効率を考えだすとサービスは低下する良い見本だ。
なんだかもう行きたくなくなってしまった。

さてその後、妻と買い物したりウクレレ弦を探して歩いたりした。
とりあえず私が調べた中ではシンフォニーのヤマハが弦のストックは
一番充実していたがお目当ての弦は無く、倉敷イオンの島村楽器に
あるかもと思いあきらめた。その後丸善で本を見ていたら
いつの間にやら17:00前。慌てて倉敷に向かう。
凄い渋滞で18:00ギリギリにヤマハに到着。
付くとKさんとFさんが居た。
Fさんの奥様は先日無事双子のお子様をご出産なさったばかり。
『おめでとうございます!!!!』
Fさん、お子様の世話でほとんど寝てない状態が続いているらしく、
当日もかなり疲れた顔をしていた。
そんな状態でウクレレレッスンに来たあなたはスゴい!
たぶん俺だと片頭痛になってしまっているだろう。

時間が来たのでレッスン教室に入る。
昨日のT先生のウクレレデモ演奏会は台風の影響で聴衆者は3人程度と
かなり寂しいものだったという。
昨日は俺たちも行くつもりだったがやはり台風が来ていたので自重したけど、
結果的にはそれほどの風雨ではなかったので行けばよかったとちょっと後悔。
さてアイちゃんはお休みで4人でレッスンスタート。
まず「涙そうそう」から。メロディの練習。スライドとビブラートを
上手く活用すると上手に聞こえると教えてもらったので意識して練習してみた。
1弦開放は2弦5フレットと同じ音なので、こっちでビブラートを
利かすなどの小技も教わった。
スライド奏法はKさんが上手い。カマカテナーからいい音聞こえてます。
それから新曲のレッスンに移る。「イパネマの娘」。
T先生アレンジのイントロがめちゃめちゃカッコいい。
しかし、右手で弦を押さえる方法と左手が4弦全てを押えている場合に
指を浮かしてカットする2種類の手法を使い分け演奏しなければならず
またリズムの取り方も難しいのでなかなか上手く演奏できない。
Kさんが携帯ムービーで先生の演奏を撮っていたので、
なるほどと思い、俺もそうさせてもらい家で研究することにした。

夢中になっていると1時間などすぐに経過してしまう。
その後倉敷イオンに寄って買い物と食事をして帰宅。
23時過ぎに帰宅。
明日はT先生のライブがお昼からあると聞いたので行く気になってたけど、
この時点でもう明日は自宅待機に決めた。
なんだかんだで暑さの中歩き回って結構疲れてたんだ。

バカンスはいつも『Rain』

tenkizu

台風来てます、連休初日から大荒れです。

今日はT先生のデモ・ライブがある日だ。
「ライブ前の午前中、公演で練習するんです。」と言ってたが
この暴風雨では無理だろうな。
逆に激しい風雨の中、公園の屋根付きベンチでウクレレを弾いていたら
事情を知らない人がみたらちょっとヒカれてしまうかもしれないな。

ウクレレには青い空、白い雲が似合う。
ウクレレを野外で弾く場合、状況と環境もちょっとは考えないと
痛い人と思われたら悲しいものがあるな。

ウクレレを集めてどうする?

弾かないウクレレが可哀想なので先日2本養子に出した。
プレイヤーの皆さんの言葉を聞いているうちに、
集めても弾かないのであれば意味がないと思い始めたからだ。
しかし弾いて楽しむだけがウクレレの楽しみ方ではなくて、
いろんなウクレレを所有する楽しみ方も有得ることを
その後色々なサイトを訪れて再認識した。
そうすると養子に出したケリーも状態のよかったマーチンも
惜しいことをしたと思ったが、たぶん縁がなかったんだとあきらめた。
俺のコレクターとしての心理としてはあと2本だけ欲しいウクレレがある。
それはハワイアン・コア製のウクレレはもう十分なので、
名工と言われるLoprinzi氏が手掛けるホンジュラスマホガニー製のウクレレ。
loprinzi Donna father

引退したという情報も流れたが、俺が直接メールで訊ねたところ、
娘のDonnaを指導しながらまだまだ現役でやってますよと
力強いお返事をいただいている。
Loprinzi氏の工房はフロリダ州クリアウォーターにある。
もちろんハワイアン・コア製のウクレレも製作されておられるけれど、
やはりマホガニー製の方がユークと呼ばれる
アメリカ本土のウクレレらしいと思うんだ。
今人気上昇中のレイラニとはハーブ・オータさんの要望を叶えるために
オータさん用のウクレレを共に研究した親しい間柄と聞いており、
両者のウクレレには共通点がいくつかあるようだが、
たぶん主導したのはLoprinzi氏の方だと思われる。
そういうことからも俺はレイラニよりLoprinziの方に惹かれるんだな。
もう1つ、本数が少なく手に入りにくい「Kamaka-Tiki」。
ゴールドラベルからホワイトラベルに移行する過程の
1968年頃~1973年頃までの短い間、製作されていた
ヘッドにハワイの神様「TIKI」のレリーフをつけたウクレレだ。
年代的にまだ完全にビンテージとは言えないので
状態の良いものも多々存在するはずだが、
なかなか素敵なウクレレなので手放す人が少ないのが現状だ。
kamaka-tiki

これらを手に入れたらウクレレ収集は俺の心の中で一応の決着をつけられる。

と思う。(笑)

自分が楽しむウクレレを目指します。

教室ではライブに向かってレッスンが進んでいくだろうけど、
自分としては人に聞かすウクレレじゃなくて
あくまで自分で楽しむウクレレを目指していきたい。
だから自分のペースでウクレレを練習していくつもり。

先日「レレの青い空」のソロパートのTab譜化は完了したので、
現在「雨を見たかい(Have you ever seen the rain)」という曲の練習を始めた。
始まり方がとてもいいんだ。
途中ちょっとリズムが取りにくいというか、弾きにくい部分があり
ちょっと難しいのだがなんとかモノにしたい。
これが終われば次は「オルフェのサンバ」に挑戦する予定。

レッスンの曲も練習しなきゃいけないけど、基本的にはどんどん
自分が楽しむために自分が弾きたい曲を中心に練習していく。
ライブや発表会などは自分が楽しむウクレレの完成に向けて、
ウクレレの上達の為に用いる方便に過ぎない。
たぶん今後もこのスタンスは変わらない。
だから俺にとって人前で演奏することは
それほど重要ではないのかもしれない。
それに自分自身、今はまだそれほどライブがやりたいわけでもなさそうだ。
まだまだ遠い先のこと、現実味をおびて感じられない。
それよりもとにかく今は1曲ずつ確実に弾けるようにしたいだけだ。

ただ、縁あって出会えた人たちと作ったウクレレサークル
「オハナ」は大切にしたい。
今後もみんなでワイワイやっていきたい。
ライブ目的のサークルじゃなくて、懇親に重きをおいた
サークルという位置付けの方がいいな。

そういえばもう少ししたら本格的な夏が来る。
夏の納涼大会みたいな飲み会でも企画してみようかな。

選挙後、また増税だってさ。

参院戦が終わると消費税率アップの議論をするんだって。

所得税から住民税への税源移譲だから負担は「変わりません」と
政府は説明し、テレビでもさかんに変わってないと言い張っている。
しかし定率減税廃止によって実質増税になっていることは
極力触れない。
そして姑息にこのことを小さな字で付けたしのように書いている。

増税につぐ増税。

もっと特別会計を全廃するなど税金の使い方の見直しをして、
公務員の給与もカットして対処するべきだ。
自分達の懐を痛めないで足りなければ国民からむしり取る
悪代官のような思考にしか行き着かないのであれば、
いくら自民党派の私でも切り捨てざるを得ないな。

昨夜、テレビで笹川たかし議員がこんな発言をした。
「結局、国民は増税というと反対するが、増税になった後は文句言わない。
 これはその増税された税金の使い道を納得しているからだ。」
あまりの俺たちとの意識の差にため息が漏れたよ。
納得してなきゃ税金払わなくていいのかって問題。
法案が通ってしまえば有無を言わさずむしり取るのだから、
文句を言っても始まらないし苦情が通るはずもない。
だから増税法案の前に反対と叫ぶんだ。
その悲痛な国民の声の意味が全然わかっていないじゃないか。

何故国民が増税に反対し嫌悪感を抱くんだ?
税金の使い道が公明正大ならば、理由を正直に話せばみんな納得するはず。
しかし今の現状は何だ!
役人が税金を盗む、天下りで何千万という金が個人の懐に入る、
各省においても税金の無駄遣いばかり、ついでに働かない公務員たちへの高給。
こんなことが明るみに出ていてなおかつ何一つ是正されていない現状に
おいては、増税など納得できるはずもない。
自分達の贅沢維持のために国民から金をむしり取るだけじゃないか。
何度も言う。
税金を使い込んだことっていうのは「横領罪」です。
何故、逮捕しないんですか?

考えれば自民党は長く政権に居座ったせいで官僚と
癒着しすぎたのかもしれない。
一度下野していただき官僚たちとの癒着を断ち切って、
改めて国政をしていただいた方がいいかもしれない。

国民と同じ視野に立って政治をしようと思うなら、
国民の平均所得と同じぐらいの給与で生活してみるといい。

仕事の経費が嵩むだの調査費がいるだの、そんなの言い訳に過ぎない。
国民はそれをどうにか凌いで生活しているんだ。
そこの部分を是非実感してもらいたい。
そうすればちょっとの増税でもどれだけ痛いか身に染みて
納得していただけるんじゃないのかな。

ウクレレ教室 33回目(たぶん)

「涙そうそう」の仕上げ。
前回まで歌詞部分のコードとソロ部分の練習をしたが、
今週はイントロやエンディングを含めて曲全体を「To-Coda」などの
リターン部分も含めて演奏した。
「P」と表記される弦を押さえている指でその弦を弾くテクを教わった。
自分としてはそのテクを用いる部分、Fから2弦をPして
3弦0-4弦3-2弦0-4弦2-2弦0の流れが頭では分かっていても
指がその通りに動かない。何故だか動かない・・。
そしてその上、俺の問題点は繰り返しが多いと演奏中舞い上がってしまい、
混乱してしまうところ。
つまりしっかり練習して曲を体で覚えないと頭で考えながらの演奏は
無理ってことだね。

さて、レッスン冒頭みんなでウクレレサークル「オハナ」の
デビューライブに向けて演奏したい曲をみんなで考えたんだ。
もちろんいままで練習してきた「Beyond the Reef」やら
「見上げてごらん・・」なども入っているというか、
技量の問題で入れざるをえないんだけど、その他ジェイクの曲、
つじあやのさんの曲、ジャズ系・ハワイ系・ジブリ関係の曲を
みんなで選んでみた。
う~ん、かなり今の俺たちのレベルではかなり濃い内容だ。
ライブデビューは先生の目算だと来年夏あたり。
今後のレッスンはそれを目指して選択した曲を練習していくことになる。
しかし来年夏までに選択曲全てがモノになるのかどうかかなり疑問。
逆にまあ大体いいでしょうレベルではやりたくないな。

現在趣味でライブで演奏してる人たちっていうのはどうなんだろう。
『あの曲がまだちょっとうまく弾けないけど、でもまぁたぶん、
 全体的にはいけるでしょ。』みたいな、根拠のない自信をもって
ステージに立っている人がいるんだろうか。
そんな状況で俺はライブに出たくないな。
そんな度胸ないし、たぶん俺自身そんなんじゃライブを楽しめないと思うから。

そういえば俺たちのレッスンのすぐ後に新たにウクレレレッスンが
始まるらしい。
生徒さんは新規の3人。1人はギター経験者とのこと。
だんだんウクレレ人口が増えていくのはいいことだが、
しかし後輩に技量的に抜かれたくはないな。
ライブを成功させる為に、後輩に抜かれない為に、
もちろん最大目的である自分のウクレレ上達の為に、
理由はあれこれあるけれど、とにかくがむしゃらに練習、練習!

なんだか心が熱くなってきた!
久しぶりに面白いじゃないか、この感覚。

究極のウクレレ練習DVD

ウクレレプレイヤーのIWAOさんの「究極のウクレレ練習DVD」を
買ってみた。

感想 ・・・・「微妙」。

いや~こんな感想でアレなんですが、よかったらあなたも
「微妙」な線でおひとついかがですか?(笑)


耳コピーに挑戦してみる。

以前から「レレの青い空」を練習している。
T先生Ver.なのでなかなか上達しないんだけどそれは今回おいといて、
この曲のTab譜には間奏部分(アドリプ部分?)がないので
作ってみようと思い立ち現在耳コピーに挑戦中。
CDを聞いてウクレレで音を探る。
そしてそれをネットで拾ってきたTab譜作成自動演奏ソフトを
利用してTab譜を作成し自動演奏で通して聞いてみる。この繰り返しだ。
やりだすと結構楽しいことを発見。
これでウクレレがすらすらと弾けたら最高に音楽が楽しくなるだろうな。
そうなることを期待しつつ今日も少しずつ練習しよう。

まともな政党がない。

久間前防衛相の発言は確かに言った内容の側面はあるかもしれないが、
あまりにも被爆者や被爆者親族に対する配慮に欠けた発言だった。

しかし問題を起した閣僚を庇い続ける安倍さんの態度には疑問を呈する。
いったい誰に対して配慮しているのだろうか。
どう見ても派閥やら自民、公明党内部に対しての配慮であって、
彼の目は決して国民を見ていない。
国民を見ていないということは彼は国民の立場にたって政治が
できないということになる。
増税問題、年金問題、天下りの問題。
最初は勢いはいいのだがいつのまにか官僚や派閥や公明党の圧力やらで
骨抜きにされ国民が納得できる解決ができていない。
そして選挙が終われば次は消費税率をあげる議論がいきなり浮上してきそうだ。
何度も言うけれど公務員達が税金を盗んだのが原因で今の国の財政難がある。
増税する前に公務員の給与を一律2割カットしてボーナス0にすべきだ。

国民から税金という形でお金を盗む方法しか考えない官僚たちを
制御できない政権はいらない。
国家公務員の盗んだお金を国民に穴埋めさせようとする官僚と
それと結託している議員や政権政党はいらない。
安倍政権は確かに北朝鮮との外交においては国民は納得しているだろう。
しかしその他の点では全く納得できない点が多い。
しかし仮に安倍政権が倒れたとして俺たちが希望の持てる人がいるの?
もちろん俺は政権政党は自民党でなければならないと思っている。
中国共産党の手先の社民党などと結託している民主党などには
政権を渡すべきでない。日本が実質的に中国に国ごと売られてしまう。
独立した国として日本が存在するには今は自民党以外にはないのが現実だろう。
しかしその唯一の選択肢である自民党の中に官僚を抑え、公務員の不正に対し
正しい制裁ができるような人間がいますか?
もちろん売国奴たる河野洋平・古賀誠などが閣僚になるなどは論外だが、
誰がいるのかちょっと頭を抱えてしまう。

そもそも自民党であって国民の為に真剣に体を張ってくれる人がいない。
議員の先生たちよ。
先生と呼ばれてふんぞり返って、4年か5年に1回選挙たる
自分の就職活動の時だけヘコヘコして甘言を弄するな。
こんなやつばかりだから選挙も行く気しないんだよ。
どうせ投票した人間が当選したって俺たちの為に何もしてくれず
豪華で安価な議員宿舎で東京生活を満喫し金儲けと保身ばかり
気にするような人たちしかいないのが現実だから。
今回の参議院選はどうすればいいんだろう。
自民以外には入れたくないけどその自民に入れることは躊躇する。
まったく日本には「まともな政権政党」が存在しないのが大きな問題だな。。

ウクレレ教室 32回目(たぶん)

2週間ぶりのレッスン。
「涙そうそう」のイントロやエンディングはさておいて
歌詞部分のリズムとコードを練習。
T先生の「簡単ですね~」の声に励まされ(?)ながら弾く。
それほど難しいこともなくなんとか弾けた。
「1時間弱でもうすっかり弾けるようになりましたねぇ~、
 簡単ですね~。」とT先生ニコニコしているけど、
でもホントは難しい部分はすっ飛ばしているので、
きっと自信をつけさせてくれようとしたんだろうなぁ。

さて最近、続々と課題曲が増殖中。
ひとつの課題を完全に消化しきれないうちに新たな課題が。
以前はひとつの曲をじっくり仕上ていたのに何故かなと思っていたら、
「ライブするんだったらある程度のレパートリーが・・」なんていう発言が。
「えっ、ライブするんですか??」
「しないんですか?」
「!!!・・・」
つまりライブデビューに備えてのレパートリー作りだったことが判明!
その時スタバライブの次の日の飲み会で「オハナ」というウクレレバンドが
誕生したことを思い出した。確かにみんなでライブに出ようって話したけど、
実質の活動は誰も考えもしなかった。
というか遠い夢のようなことで考えられなかったんだ。
しかしT先生のみがその実現にむけて動き始めていたんだ。

ライブに歌も欲しいんですなどの話を聞きながら、
次回以降曲の選定をすることになった。
つじあやのさんの『風になる』はいいと思う。
そして松任谷由実の『やさしさに包まれたなら』を提案しておいたよ。

「オハナ」デビューは来年らしい。
遠い未来のような感じがするけど半年や一年、あっという間だ。
正月迎えてもう今は7月。それを考えると月日がたつのは早い。
がんばって練習しよう。
でもしかし、ライブなんてマジっすか~。
正直ビビってるんですけど・・・。

**********************************************
<私信>
Yuko.T(旧姓M)さん、メールください。
メルアド不明になりました・・。

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード