FC2ブログ

中森明菜


以前から何度も取り上げているけれど、
自分は中森明菜の大ファン。
一昨年紅白にNYから中継で久しぶりに
世間の前に姿を現したのは記憶に新しい。

ファンとしてはとりあえず歌える姿を
確認できたのが嬉しかったはず。
同時に僕としてはやつれた、老けた姿をみて
なんだか寂しかった。

akina2015

明菜ももう51歳。世間でいえばおばさんなんだから、
容色の衰えは仕方ないにしても、苦労が偲ばれる
容姿になったと感じる。現実は厳しいものだ。

最近、往時の明菜を様々な動画で見ているけど、
デビュー当時の初々しさから短い時間で
とても綺麗になったと思う。
EastLiveの頃の可愛いから綺麗に変身仕掛けている
明菜なんて最高。
ライブ中の表情のなんと素敵なことか。

その後明菜は大ヒットを飛ばし、1985年の
「ミ・アモーレ」・1986年の「DESIRE -情熱-」で
2年連続となる日本レコード大賞を受賞するなど、
歌手としての王道をばく進していた。

その傍ら、1985年に近藤真彦と「愛・旅立ち」という
映画で共演したことから交際に発展。
一時期は結婚するのではという目で見られていた。
事実、明菜の1987-88年だと思うけど、
その頃の動画を見ると左手に真っ赤なルビーの指輪を
堂々とはめており、どんな歌番組にも外さずに
出演していた。
近藤からプレゼントされたものだったらしい。

そんな彼女が1989年に近藤真彦の自宅マンションで
自殺未遂騒動を起こしてしまう。
幸い、6時間の手術によりなんとか命は取り止めた。
が、これより明菜の人生の歯車が狂いだす。

自殺未遂から明菜が転落していくまでの
経緯はネットで情報を拾い集めると以下の様な感じ。

まず自殺未遂の原因。
これは明菜が近藤に入れあげて相当の金銭を
貢いでいたのに、近藤は帰宅するまで玄関で
待っているとか、気持ちの重い明菜を遠ざけ始めていた。
悩んだ明菜は振り向いて欲しいが為の自殺未遂。
情が深すぎるのかもしれない。
その後、ジャニーズ事務所に守られた近藤側のペースで
例の金屏風事件に突入。

金屏風事件

結婚会見と嘘をつかれ会場に引きずり出された挙句、
詫びの言葉を述べさせられた以降、明菜の精神は
病んだとされる。
その後もジャニーズが面倒みるからと所属事務所を
デビュー以来所属していた芸能プロダクション研音から
独立する形で辞めさせられたが、少しすると、
ジャニーズは派遣したマネージャーを召還し、
明菜を切り離してしまう。
要は自殺未遂以降、近藤を守る為か、徹底的に
明菜潰しをやったわけだ。

その他、実家の親兄弟が明菜の金に群がり、
明菜にぶら下がり、まともに働こうと
しなくなったとか、そんな家庭環境も遠因と一つと
言われている。
明菜は現在、家族とは絶縁状態らしいとも聞いた。

とまあ、ネットで情報を拾い集めるとこんな感じ。
近藤側・家族側の言い分もあるだろうから、
信じるか信じないかは読者の判断にお任せします。

さて、自殺未遂から明菜は1年間休養してしまうが、
1年3か月ぶりの1990年7月17日リリースされた
「Dear Friend」で復帰してきた。
この曲はオリコン初登場1位など結構売れた。
その後、事務所を変わりながら、
ドラマに出たり、アルバムを出し続け現在に至るが、
精神的な深いダメージを受けた彼女は重いうつ病に
陥ってしまい、休業、復帰を繰り返している。

電撃的に2014年の紅白に出場し、その後復帰が
予定されていたというが、紅白で披露した曲が
思ったほど売れず、それがショックでそれ以降
また明菜は体調を悪くして引きこもって
しまったらしい。

復帰後、ライブ等の動画をみると、
自分の恋のつらさ、破局した後の未練、
彼女の心の中は様々な感情がうずくまって
いるのだろう、泣きながら、涙を流しながら、
しかし、頑張って音を外さないように、
歌いきるように、歯を食いしばって歌う彼女を
みていると、本当にこちらが切なくなる。

乱花

今でも明菜のファンという方は、
あんな笑顔の素敵な娘が、どうしてこんなに
辛い人生を送らなくてはいけないのだろうか、
早くから家庭に入りたいと語っていた明菜であるが、
普通の女性としての幸せは許されず、歌姫としての道を
歩まざるを得なくなった彼女の運命の大いなる皮肉、
精神的に依存体質のかよわい女性としてはあまりに
過酷な人生を強いられていることに対して、
手を差しのべてあげたい、何かしら彼女の支えに
なってあげたい、
そんな感情を彼女に持っているに違いない。

たぶんそんな一人が村下孝蔵氏。
彼は明菜を励ますために「AKINA」という曲を
制作し、ライブで演奏していた。
明菜を歌った曲ではないとしながらも、
ご本人が明菜への応援歌として解釈してもらっても
構わないとコメントしている。
明菜も村下氏の「踊り子」をカバーしており、
親交があったのは事実。
心中、明菜応援団の彼も残念ながら不慮の死を迎え、
もはやこの世にはいない。

明菜を支える人たちが次々と去っていく。
こんなことからも何か明菜は人生、ついてないな
という気がするである。

僕はこれからも明菜を見守っていく。
彼女の歌姫としての宿命がどう完結するのか、
それを見届けたい。

頑張れ明菜、うちに籠らずに前に出ろ!
笑顔を忘れるな!
なんで僕は明菜と出会う機会がなかったんだ、
僕なら・・・。

明菜の動画を見るたびに、彼女の歌に涙し、
絶叫し、そして、あり得ない妄想まで
してしまう私なのである。
スポンサーサイト



朝日新聞の大罪


2014年8月5日、朝日新聞が朝刊で従軍慰安婦を
めぐる報道について、誤りがあったとして一部訂正した。
しかし、強制連行は、そういった事実はないと認めたが、
広い意味での強制性はあったと考えていると、
未だにその罪の大きさを認めない。

従軍慰安婦については、ネットでググれば
いくらでも朝鮮人慰安婦強制連行はなかったらしい、
嘘であろうという事実が探り出されるだろう。
いいまとめが転がっていたので転載しておく。

****************************************************

①強制連行があった村や町の名前が特定されていない。
「○○村慰安婦強制連行事件」という情報がない。

②この件が問題化した1990年代以前の韓国の記録で
慰安婦強制連行を記載したものが皆無。

③1990年代以前、これを描いた小説や映画も作られていない。
フィクションとしてすら記録がない。

④韓国の建国時から行われている反日教育の題材として慰安婦が
使用され始めたのも1990年代から。

⑤日韓基本条約の時にも議論されてない。
当時、韓国は様々な理由を並べて日本に金を要求していた。

⑥1945年から1990年代まで多数(20万人?)の被害者が全員、
沈黙していたというのは不自然。

⑦「私の娘/妻/母/姉/妹が日本軍にさらわれた」という人の記録がない。

⑧第三者目撃情報がない。誰にも見られずに多数の人を
連行するのは不可能。

⑨強制連行実行者の証言がない。吉田証言はウソと判明している。

⑩当時の朝鮮の警察官や役人の大半は朝鮮人だった。

⑪抗議活動の記録がない。多数の女性がさらわれたなら
暴動が起きたはず。

⑫韓国は昔も今も売春大国。第二次大戦中も売買春市場が
広く存在していた。

⑬慰安婦本人もしくは親などの代理人が多額の金銭を得ていた。

⑭売春業者が堂々と広告を出して、高額の報酬で慰安婦を
募集していた。

⑮多くの慰安婦が休日に映画やショッピングなどに出かけていた。

⑯元慰安婦の証言の多くは「親に売られた」「だまされた」と述べている。

⑰「強制連行された」という証言は少数で内容に疑問のあるケースが多い。

⑱日本の当局は悪質な売春業者を取り締まっていた。
その業者の多くは朝鮮人だった。

⑲戦後インドネシア慰安婦強制事件は犯罪として立件されている。
朝鮮では立件されていない。

⑳多数の慰安婦を強制連行するのに必要な組織、人員、設備、
費用に関する情報がない。


****************************************************

朝日新聞は43年から44年にかけて朝鮮半島で約2千人の女性を
強制連行したとする吉田証言を根拠に、「従軍慰安婦」についての
ねつ造記事を世界に向けて発信し続けた。
そして韓国の国を挙げての反日運動の根拠として採用され、
結果、現在、日本は世界中で悪者に仕立て上げられ、
慰安婦への国家補償などを勧告した96年2月の国連人権委員会の
クマラスワミ報告書、国連人権委員会(スイス・ジュネーブ)の
日本に対する賠償の勧告、米国における慰安婦像の建立等に
つながっている。

日本は性奴隷として韓国女性を強制連行して、
多大な苦痛を与えたのに、その反省と賠償を少しもしない
卑劣な国というレッテル貼りを世界中にされているのが現状なのだ。

今回、従軍慰安婦問題の一番大きな根拠は朝日新聞の
ねつ造だったことが明確になった。

安倍総理も朝日新聞は今回の訂正について、世界に向けて
きちんと発信すべきと言っている。

世界中に広められた風評に基づく日本に対する誤った認識を
変えさせるには、相当の労力と時間が必要だろう。
労力と時間を一番費やして弁明に奔走しなければならないのは
朝日新聞なのに、検証機関を作って、そこで検証して後日報告等、
未だに迅速に誤りをただすという真摯な態度は見られない。

しかも、朝日新聞は未だに世界に向けて訂正記事を、
大きくはっきりと発信しないまま、今度は女性の人権問題を
持ち出して、論点をすり替えて誤魔化そうとしている。

つまり、
「従軍慰安婦の証言は事実である→証言を検証してはならない→
人権問題である。」 という論法なのである。

従軍慰安婦の証言が嘘であることは明白だが、
嘘というはっきりとした証拠がないというのが根拠らしい。

また、社員が個々に姑息ないいわけを始めたり、被害者面をし始めている。
しかし同情の余地はない。

朝日新聞は福島原発における吉田調書に関しても、

「吉田調書を入手してるのは我々だけだから批判は当たらないと思った」

と会見で口走った。これをわかりやすく言えば、

「どうせバレないから適当に好きなように記事に書きました」ってことです。


「朝日新聞は信用できない反日情報機関。」

もはや日本に於いては常識となった認識である。
もはやまともなメディアとして立ち直れないのではないかと思うし、
立ち直らない方が日本国の為だろうとも思う。
ペンは剣よりも強しという。
しかし、朝日はペンの使い方を間違ってしまった。
ペンの使い方によっては大きな暴力になる。
朝日新聞は戦後長年にわたり、日本に対して暴力をふるい続けてきた。
政治の監視機関ではなく、政治を混乱させ日本の権威を失墜させる
ことに注力してきた。
その代償を私たち日本人は、いまこそ払ってもらわなければならないし、
日本社会全体で、この反日諜報組織の行動をこれからは
監視し続けなければならない。

テレ朝の番組内で、火を燃やす為に使ったのがライバル紙の
産経新聞だとか、わからないだろう、バレないだろうと思って、
陰でコソコソと姑息に、訂正会見後も反省することなく、
日本人をバカにするようなことをやってるのが、
この新聞社の体質なんですから。

また村山談話、河野談話等、誤った事実に基づいて出された
談話は直ちに撤回して、新たに事実に基づいて新しい談話を出すべきだ。
従軍慰安婦問題については、朝日新聞が一番の大罪であろうが、
安易に謝ってしまった政府や外務省にも責任の一端はあるように
思われる。
日本の矜恃と誇りを掛けて、政府機関の皆さん、
しっかりと仕事をしてください。

そして最後に朝日新聞がよく使う、外国の声の仕組みについてです。

【朝日新聞反日記事ロンダリングの仕組み】
1.偏向・曲解・自作自演で反日記事をでっち上げる。
2.朝日と同じ住所のNYタイムズや仲間の反日メディアWSJ等で
 自社記事を海外からの批判・懸念にロンダリング
3.ロンダリングした自社の反日記事を「輸入」し、ロンダリング後の
 自社記事をあたかも「海外からの批判・懸念」として大々的に報道
4.2-3をエンドレスリピート

※2で良く使われるメディア等
新聞・・・ニューヨークタイムズ・ウォールストリートジャーナル
(※毎日新聞と提携しているが、朝日の反日記事ロンダとも連動)・
ワシントンポスト・新華社・環球時報等の中国メディア・
韓国メディア、タイムズ・オブ・インディア等
団体・・・サイモン・ウィーゼンタール・センター
      (ユダヤホロコースト産業/反日請負ビジネス)等
議員・・・マイク・ホンダと仲間の反日利権ユダヤ人議員等
自己ロンダリング・・・ハフィントンポスト(=朝日新聞) テレビ朝日

ニューヨークタイムズ東京支局
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞社
東京都中央区築地5-3-2

【おすすめ検索ワード】
藤えりか サイモン・ウィーゼンタール・センター site:asahi.com

【何故か彼等の意見が「外国からの批判」になってしまう
                     不思議な記者達(棒】
・朝日新聞ロス支局 藤えりか
・朝日新聞 アメリカ総局 大島隆
・毎日新聞サンパウロ支局 朴鐘珠
・NYタイムズ 田淵広子 大西哲光 玉本偉
・AP通信 山口真里
・ロイター通信 久保信博
・ウォールストリート・ジャーナル 林由佳
・AFP通信 伊藤真悟
・サーチナ 李信恵

この仕組みが朝日新聞の外国からの批判の仕組みです。

朝日新聞、どこまで反日思想で腐りきってるのか、
もう唖然としてしまいますね。
こんな新聞社はもう日本からなくなってほしい。
心からそう願っています。

あさひ
<< 2012年10/5 朝日新聞への反日報道に関する抗議デモを
自社ビルから嘲るように見下ろす朝日新聞社の人間たち。 >>

日本の矜恃を!


08/06は広島、そして08/09は長崎に原爆が
投下され、多くの日本人が虐殺されました。
そしてその後、終戦になったわけです。
日本が悪かったから仕方ない。
と戦後の教育で私たちは学校で教えられたわけですが、
その自虐史観は正しいものでしょうか?

本日は以下の文を読んでみてください。
是非、知識として頭の片隅にとどめて頂ければ、
今後、戦後の日本を考える際に、一つの判断材料に
なるでしょうから。


「マッカーサーの告白」

日本の皆さん、先の大戦はアメリカが悪かったのです。
日本は何も悪くありません。
日本は自衛戦争をしたのです。
イギリスのチャーチルに頼まれて、対ドイツ参戦の口実として、
日本を対米戦争に追い込んだのです。
アメリカは日本を戦争に誘い込むためにイジメにイジメぬきました。
そして最後通牒としてハルノートを突き付けました。

中国大陸から出て行けだの、石油を輸入させないなど、
アメリカに何の権利があったというのでしょう。
当時、アジアのほとんどの国が白人の植民地でした。
白人はよくて日本人は許さなかったのです。
ハルノートのことは、私もアメリカの国民も知りませんでした。

あんな物を突き付けられたら、どんな小さな国でも戦争に立ち上がるでしょう。
戦争になれば圧倒的な武力でアメリカが勝つことは戦う前から分かっていました。
我々は戦後、日本が二度と白人支配の脅威とならないよう周到な計画を建てました。
アメリカは知っていたのです。
国を弱体化する一番の方法はその国から自信と誇りを奪い、
歴史を捏造することだと。

戦後アメリカはそれを忠実に実行していきました。
日本がアジアを白人の植民地から解放しようとしたという本当の理由を隠すため
大東亜戦争という名称を禁止し代わりに太平洋戦争という名称を使わせました。

東京裁判はお芝居だったのです。アメリカが作った憲法を日本に押し付け、
戦争ができない国にしました。
公職追放をしてまともな日本人を追い払い、代わりに反日的な左翼分子を
大学など要職にばら撒きました。
その教え子たちが今マスコミ・政界などで反日活動をしているのです。

徹底的に検閲を行い、アメリカにとって都合の悪い情報は
日本国民に知らせないようにしました。ラジオ・テレビを使って戦前の日本は悪い国だった、
戦争に負けて良かったのだと日本国民を騙しました。
これらの政策が功を奏し今に至るまで独立国として自立できない状態が
続いているのです。
(※註:1951年の時点で正気に帰ったマッカーサーが、この今に続く問題を憂いている)

私は反省しています。自虐史観を持つべきは、日本ではなくアメリカなのです。
戦争終結に不必要な原子爆弾を二つも使って何十万人という民間人を虐殺しました。
最後に私が生きていた時の証言を記して謝罪の言葉としたいと思います。

「私は日本について誤解をしていました。日本の戦争の目的は侵略ではなく
自衛のためだったのです。
太平洋において米国が過去百年間に犯した最大の過ちは、
共産主義を中国において強大にさせたことでした。東京裁判は誤りだったのです。

日本は八千万人に近い膨大な人口を抱え、その半分が農業人口で、
あとの半分が工業生産に従事していました。潜在的に、日本の擁する労働力は
量的にも質的にも、私がこれまで接した何れにも劣らぬ優秀なものです。
歴史上のどの時点においてか、日本の労働力は人間が怠けているときよりも働き、
生産している時の方が幸福なのだということ、つまり労働の尊厳と
呼んでよいようなものを発見していたのです。

これまで巨大な労働力を持っているということは、彼らには何か働くための材料が
必要だという事を意味します。
彼らは工場を建設し、労働力を有していました。
しかし彼らには手を加えるべき材料を得ることができませんでした。

日本原産の動植物は、蚕を除いてほとんどないも同然でした。
綿がない、羊毛がない、石油の産出がない。錫がない、ゴムがない、
他にもないものばかりでした。その全てがアジアの海域に存在したのです。
もしこれらの原料の供給を絶ちきられたら一千万から一千二百万の失業者が
日本に発生するであろうことを彼らは恐れたのです。
したがって日本が戦争に飛び込んでいった動機は、
大部分が安全保障の必要に迫られてのことだったのです」

アメリカ上院軍事外交合同委員会の公聴会にて
1951年5月3日
ダグラス・マッカーサー

大いなる疑問-五輪-日韓全面協力


日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長と
韓国オリンピック委員会(KOC)の金正幸会長は
9日、ブエノスアイレスで会談し、
韓国で開催される2018年平昌冬季五輪と20年
東京夏季五輪の成功に向け、全面的に協力することで合意した。

http://p.tl/vH46

JOC会長竹田氏がどうしてこのような約定をしてきたのか、
全く理解できないし支持もできない。

韓国は国をあげて日本の東京オリンピック誘致に対して
妨害工作を続けてきた。

アメリカで運営されている請願サイトに於いて、戦争犯罪への
反省がない日本には開催資格がないと東京五輪開催を
阻止する署名活動が行われ、3か月余で2万5000件に達したが、
ほぼ韓国からの署名であった。

韓国の団体もIOCに反対書簡を送り、韓国の聯合ニュースによると、
サイバー外交使節団として韓国の広報活動を展開している
「VANK(Voluntary Agency Network of Korea))」は2013年4月5日、
東京五輪に反対する書簡をIOCに送付した。
さらに米国のニューヨーク・タイムズ紙やCNNといった
主要メディアにも同様な書簡を送った。

五輪開催地決定選挙直前のタイミングで、韓国政府が東京電力
福島第1原発の汚染水漏れ問題を理由に被災地の水産物輸入の
全面禁止に踏み切り、案に放射線による影響は深刻と
誤った情報を世界に示唆した。

この他、ネットに於いては様々な掲示板等で、
韓国人は日本に対する妨害工作を実施してきた。

東京オリンピックが決定すれば、それまでの妨害工作から
手のひらを返した今回の提携。
厚顔無恥とはまさにこのことだ。

こういう状況下に於いて、なぜ日本は韓国と
提携するなどという暴挙を実施する必要があるのか、
全く、全く理解できない。

日本はオリンピックは韓国の手助けなんぞなくとも、
協力なんてなくても、自国で開催できるのは明白。
しかし、韓国は冬季オリンピックを控えているが、
開催地に雪は降らず、人工雪等の技術協力がないと開催が
危ぶまれているらしい。

つまり、協力とはいっても、いつもの日本が韓国に対して
一方的に技術と金の供与を強請られるパターンだ。
日本の税金ですよ、これ。

過去のワールドカップを無理やり共同開催にさせられ、
今回もまたオリンピックにむりやり絡んでくる。
日本が大嫌いなのに、日本にすり寄るゴキブリ民族。

前述した韓国の平昌冬季オリンピックについてだが、
スケートリンク、ボブスレー、スケルトンの施設建設などは
韓国のボブスレーやリュージュの選手は非常に少なく
ノウハウが全くない状態。
そのためコース設計は日本が補うことになりそうだ。
もちろんその資金は日本が立て替えなければいけない。

ちなみに過去2002年のワールドカップを強引に
合同開催した韓国だが、立て替えたスタジアム建設費の
300億円をびた一文払っていない。

韓国が協力して欲しいなら、対馬から盗んだ仏像を返して、
スタジアム建設費の300億円を返済してから、
すり寄ってこい。
竹田会長も勝手にこういう提携話を了承するな。
オリンピックには多額の税金を投入する。
竹田ひとりで話を進めるのが、そもそもおかしいし、
ブエノスアイレスでKOCの会長との会談を段取りしたのは
一体誰なのか、そこが知りたい。
たぶん、日本の売国朝鮮マスゴミが絡んでいると思うけれども。

しかし何故いつも、これほど日本人が嫌っている韓国と
日本が協力とか、日本国民感情とは全く逆の方向に
物事が進んでいくのだろう。

東京オリンピック開催決定で嬉しい気持ちになった途端、
冷水を浴びせられた、こんな気持ちですし、
憤りと悔しい気持ちで一杯なのです。

今回の提携話は断固反対。
とりあえずJOCやら政府に怒りの抗議メールでも
送っておきます。

MAZDA、きてます!


私が注文しているCX-5、先週末あたりにディーラーから
連絡があり、生産ラインに乗ったとのこと。
予定ではディーラー着が七月四日。
納車はその後、六曜をみてからということになるだろう。

さて、マツダについてはスカイアクティブ・エンジンが
好評で、特にディーゼルエンジンモデルが爆発的に
売れている様子。
国内販売台数が着実に伸びていると今日の日経に出てましたね。

マツダ起死回生のスカイアクティブは大当たりで、
CX-5、アテンザと、マツダはデザイン的にも、
性能的にも素晴らしい車を造り出すことに成功し、
高い評価を得ています。

そしてそのマツダから第三弾目、MAZDA3こと
新型アクセラが発表される予定です。

・2013年秋に発売予定
・パワートレーンは3タイプ:ガソリン(2種)、
 ハイブリッド、ディーゼル
・ガソリンモデルは、1.5Lと2.0Lで20km/L超の燃費
・ハイブリッドは、SKYACTIV-Gとトヨタのハイブリッド
 の掛け合わせ
・ディーゼルは、CX-5やアテンザの2.2L?1.5Lの
 新開発ディーゼル

なんて情報がネットにでてました。
私としては、ディーゼルの1.5Lに興味がありますね。




デザインは前から見ればアテンザにそっくり。
アテンザ5ドア版を短くしたような感じでしょうか。

サイズは4460×1790×1455mm(全長×全幅×全高)と
ちょっと大きめですが、CX-5よりはコンパクト。
なので、CX-5やアテンザより日本の道路事情や駐車場要件に
マッチするのでかなり人気がでると思います。

うちの車も妻がメインに乗ると考えれば、
CX-5より小型で取り回しが楽なこのMAZDA3という
選択肢もあったね。
まっ、もう遅いけどね。

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード